「安倍総理」とは?

関連ニュース

日本とチリ TPP協定の早期発効へ緊密連携 - 02月24日(土)04:22 

安倍総理大臣は、23日夜日本を訪れているチリのバチェレ大統領と会談し、TPP=環太平洋パートナーシップ協定を早期に発効できるよう、緊密に連携していくことで一致しました。
カテゴリー:

【話題】安倍首相「日本人として本当に誇りに思います」 羽生「ありがとうございます」電話で羽生結弦選手を祝福 - 02月23日(金)12:20  newsplus

安倍総理大臣は、平昌オリンピック男子フィギュアスケートで金メダルを獲得した羽生結弦選手を電話で祝福し、 「多くの人たちに勇気を与えた」などと快挙をたたえました。 安倍総理は、海外でもニュースになっていることを「日本人として誇りに思う」とたたえました。 http://www.aab-tv.co.jp/news/ann_shownews.php?id=000121160&cat=99%EF%BF%BDj 安倍晋三首相は17日夜、 平昌五輪のフィギュアスケート男子で、2大会連続の金メダルに輝いた羽生結弦(23)=ANA=に祝福の電話をかけた。  安倍首相「羽生選手、...
»続きを読む
カテゴリー:

首相 裁量労働制の拡大 ”長時間労働の事業者を適切に指導” - 02月22日(木)18:55 

安倍総理大臣は衆議院予算委員会で、働き方改革関連法案に盛りこむ裁量労働制の適用業務の拡大をめぐり、長時間労働を生じさせた事業者を適切に指導することなど、法案に対策を盛り込むと理解を求めました。また、加藤厚生労働大臣は、多くの誤りが見つかった厚生労働省の労働時間の調査で、他に誤りがないか早急に精査する考えを示しました。
カテゴリー:

【人手不足】外国人労働者受け入れに向け 安倍首相が制度改正検討を指示★4 - 02月22日(木)08:32  newsplus

深刻な人手不足を踏まえ、専門的・技術的な外国人労働者をさらに受け入れるため、安倍総理大臣は、ことし夏までに関係省庁による作業チームを設けて制度改正の具体策を検討するよう経済財政諮問会議で指示しました。 この中で安倍総理大臣は、外国人労働者の受け入れの在り方について「安倍内閣としていわゆる移民政策をとる考えはなく、この点は堅持する。他方で深刻な人手不足が生じており、生産性向上や女性・高齢者の就業環境の整備を推進するとともに、専門的・技術的な外国人受入れの制度の在り方について早急に検討を進める必要...
»続きを読む
カテゴリー:

【外国人労働者】受け入れ分野拡大も視野に検討へ - 02月21日(水)21:00  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180221/k10011336921000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_079 2月21日 8時47分 政府は、深刻な人手不足の中、専門的・技術的分野の外国人労働者をさらに受け入れるため、関係省庁による作業チームを新たに設け、受け入れの対象を介護や農業などの分野に拡大することも視野に、制度改正の具体策の検討を急ぐことにしています。 安倍総理大臣は、20日に開かれた経済財政諮問会議で、深刻な人手不足を踏まえ、在留期間の上限を設定し、家族の帯同は認めないことを前提に専門的・技術...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】ダウンタウン浜田「じゃあ俺これ買って」『森友・加計事件―朝日新聞の報道犯罪』の本を大野におねだりして爆笑 - 02月23日(金)18:13  mnewsplus

画像 ダウンタウンの浜田雅功が番組「浜ちゃんが!」(読売テレビ)の中でゲストとともにショッピングを楽しむ企画で、 小川榮太郎氏が執筆したモリカケ本をおねだりする場面があった。 朝日新聞がガチギレして訴訟を起こした問題作。 番組はモデルの藤井サチ(父親の藤井清孝が元ルイ・ヴィトンの社長)、俳優の大野拓朗をゲストに迎えて一緒にショッピング。 俳優の大野拓朗は読書が趣味ということで書店に行き、まとめ買い。その間に藤井サチがビートたけしの「アナログ」に注目する。 大野拓朗は「買ってあげる」と気前...
»続きを読む
カテゴリー:

首相 衆院議員と意見交換 総裁選への地ならしか - 02月23日(金)04:35 

安倍総理大臣は、今月に入ってから総理大臣公邸に自民党の衆議院議員を当選回数別に招いて意見交換を続けていて、党内からは、ことし秋の総裁選挙で再選を果たすための地ならしではないかという見方も出ています。
カテゴリー:

「商売のルールを中国に勝手に作られている」中国との商売に軍事込みの圧力が必要な理由を自民党議員が解説 - 02月22日(木)12:00 

 自民党参議院の山本一太氏が番組ホストを務める「直滑降ストリーム」に同じく自民党参議院議員の青山繁晴氏がゲストで登場し、対中関係について対談を行いました。 法制度の不備による中国の日本の土地買い占め問題や、日本と中国の外交力の比較、そして「中国共産党は意外にも、どうすれば生き残れるかを模索している」と青山氏が中国事情について解説を行いました。 したたかな中国共産党の戦略を読み誤ってはいけない 山本一太氏、青山繁晴氏。 山本: いよいよ参議院議員の議員立法の排他的経済水域(EEZ)を何とか守ろうという法律の議論がはじまって、当然外務省も対中関係を考えて慎重になる。中国、外国人による土地所有の問題が出ていて、たとえばアメリカでもイギリスでも国益のために制限する法律はあるけれど日本はない。  たとえば「科学的調査について違法なことをやったら罰則を設ける」と、これは中国も韓国も持っている。そういう法律すらないというのはまずいと思うんですよ。日中関係は大事なんですけれど、こういう枠組みを粛々と作っていかないといけないと思うんですけど、いかがでしょうか。 青山: 日本の法制度の不備や、あるいは日本の実質国立と言っていいバイオ関係の研究機関の国家意識のなさ、国際法の枠組みや、お互いに対等だという意識がなくて、とにかく中韓の言うことは聞かないといけないという人たちがいます。  悪気はない...more
カテゴリー:

日本人は定額で働かせ放題へ? 裁量労働制にあるホントの問題 - 02月22日(木)05:00 

かねてから「政府が主導する、定額働かせ放題プラン「残業ゼロ法案」の危険性」の記事などで政府主導の「働き方改革」に関連した法案の危険性について訴えてきたメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の著者で健康社会学者の河合薫さん。今回は、安倍総理の的外れな発言が議論を呼んだ「裁量労働制のデータ問題」について、「もっと論じるべきはほかのところにある」とした上で、懸念点を具体的にあげ、考察しています。 裁量労働制問題のホントの問題 裁量労働制をめぐる調査データ問題に関するゴタゴタが続いています。 簡単に振り返っておくと、問題となったのは1月29日の衆院予算委員会で、「裁量労働制の拡大は長時間労働を助長し、過労死を増やしかねない」と追及する野党議員に、「裁量労働制で働く方の労働時間は、平均的な方で比べれば一般労働者よりも短いというデータもある」と安倍首相が反論したことが発端でした。 その後、首相が答弁の根拠にしたデータは一般的な平均値ではなく実際の労働時間でもない。比較対象の一般労働者のデータにも様々な不備が見つかり、撤回し謝罪。 19日には厚労省が、「一般労働者と裁量制で働く人の労働時間を異なる条件で比較し不適切なデータを作成していた」と公表しました。 “異なる条件”と言えば聞こえはいいですが、 「1ヶ月で最も長く働いた日の残業時間」(一般労働者) 「1日の平均的な労働時間」...more
カテゴリー:

働き方改革 あす集中審議で合意 衆院予算委 - 02月21日(水)10:13 

衆議院予算委員会は、21日の理事会で22日午後、安倍総理大臣も出席して、働き方改革をテーマに集中審議を行うことで与野党が正式に合意しました。
カテゴリー:

もっと見る

「安倍総理」の画像

もっと見る

「安倍総理」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる