「安倍政権」とは?

関連ニュース

どこも報じない、山口敬之氏「疑惑」の背後でうごめく権力の闇 - 12月17日(日)08:00 

「なぜ「スパコン社長」は逮捕されたのか?中島聡が恐れる巨大な闇」で詳しく取り上げた、「スパコン」社長・齋藤元章氏の逮捕劇は、当の齋藤氏が、女性への性的暴行疑惑で姿を消したジャーナリスト・山口敬之氏と共同で財団を立ち上げるなど深い繋がりがあったことが報じられ始めています。先の性的暴行疑惑で山口氏はなぜ不起訴とされたのでしょうか? メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者で元全国紙の社会部記者だった新 恭さんは、いまだ拭いきれぬ山口氏の疑惑とその背後でうごめく権力の闇について言及しています。 “アベ友”記者への逮捕状不執行を説明せぬ当局、報じぬメディア 当メルマガ6月8日号で、安倍首相と親しい元TBSワシントン支局長、山口敬之氏の性的暴行疑惑と、そのもみ消しに動いたかもしれない権力の闇について書いた。 裁判所から所轄の高輪署が逮捕令状をとっているのに、警視庁刑事部長(当時)、中村格氏の指示で握りつぶし、担当を署から捜査1課に移して、山口氏を不起訴に誘導した。テレビドラマのような話である。 中村氏は菅義偉官房長官の秘書官をつとめたあと、警視庁刑事部長を経て、いまや警察庁の長官、次長に次ぐ有力ポスト、長官官房総括審議官となっている。 報道ステーションのコメンテーターだった古賀茂明氏の安倍政権批判にクレームをつけ、2015年3月、テレ朝幹部に古賀氏の降板を決断させたのも官房長官秘書官時代...more
カテゴリー:

自衛隊や、軍隊は必要ない。韓国・中国・米国・ロシアに守って貰えばいい - 12月16日(土)15:45  liveplus

今の世の流れを見ていると、自衛隊が日本軍になるのではないかと危惧している そうなれば、徴兵制度の復活も決してありえない事ではないのである 過去、我が国は軍部が暴走し、原爆を2回落とされてようやく降参したのである では、どうすればよいか? 韓国、中国、米国、ロシアの軍隊に日本国内に駐留して貰い、国土防衛に努めて貰うのだ 現在は米国の一国のみであるが、四カ国に防衛をして貰えば、パワーバランスが働き、 米国の言いなりになる事はない そうすれば、いくら安倍政権が暴走しようとも、戦争は起きないし、徴兵さ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】安倍政権一転、「一帯一路」支持で動き出す経済界 - 12月16日(土)08:07  newsplus

安倍政権が一転、中国の「一帯一路」支持で動き出す経済界 日本の経済界が、中国政府のシルクロード経済圏構想「一帯一路」に熱い視線を注いでいる。これまで冷淡だった安倍政権だが、日中関係改善の“切り札”として構想に協力する姿勢に転換したことで、これまで及び腰だった企業も積極姿勢に転じている。 中国では道路、港湾などで大規模なインフラ工事が進む。この工事を受注できるかどうか。日本企業にとってもビジネスチャンスである。 この2人が日中の国旗をバックにほほ笑みながら握手するのは初めてだった。11月11日...
»続きを読む
カテゴリー:

「原発の新設」で日本は世界の敗者になる──安倍政権と原子力ムラの呆れたやり口とは? - 12月16日(土)06:00 

国民に原発への根強い抵抗感があるなか、安倍政権が原発の新設に動き出したという。 『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏が落胆する、安倍政権や原子力ムラのやり口とは――? * * * 慌ただしい年の瀬に、目立たないが気になるニュースがふたつ流れた。 ひとつは国の「エネルギー基本計画」見直しのなかで、「経産省が原発新設の議論に着手した」というニュース。 もうひとつは「東京電力が原子力事業を今後も安定的に続けるため、国に経営環境整備を求めた」というニュースだ。 まず原発新設のニュースについて。安倍政権は2014年に「エネルギー基本計画」を策定し、原発を国の「重要なベースロード電源」と位置づけた。それを前提に、翌15年には30年度の電源構成で、原発の比率20~22%を目指すことを決めた。 この数字の意味することは原発の新・増設である。 なぜか? 原発は運転期間40年で廃炉にするというのが基本原則だ。これを忠実に実行すると、30年の原発シェアは15%までに下がる。20~22%のシェアを死守するには、40年廃炉をやめて、古い原発をどんどん運...more
カテゴリー:

【偉人】安倍首相はチャーチル氏やドゴール氏と並ぶ大指導者になる可能性★2 - 12月16日(土)03:25  newsplus

10月の衆院選勝利により、安倍政権はより磐石になった。だが、約5年の政権運営で積み残した課題があるのも事実だ。今度こそ、それを果たさねばならない。保守の重鎮・田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授・日本会議会長)が、安倍首相に真の保守政治家としての奮起を期待し叱咤激励する。 * * * 北朝鮮の核開発において、鍵を握るのは中国だ。 中国が本気で対北制裁を行えばこの問題は解決する。だが、本腰を入れないのは北朝鮮を米国との取引材料にしようと目論んでいるからではないか。北朝鮮問題の解決と引き替えに、かねて中国が主張...
»続きを読む
カテゴリー:

【韓国】アベノミクスにやられた…韓国企業に円安ショック - 12月16日(土)21:23  news

記事入力 : 2017/12/16 05:02  トヨタ、ホンダなど日本の自動車メーカー5社は今年1-11月に米国市場で600万3000台を売り上げた。シェアは昨年の37.2%から38.4%に上昇した。特に7-10月のシェアは48.7%を記録。米国で販売された自動車の2台に1台が日本車だった計算だ。 一方、韓国の現代・起亜自動車の販売台数は116万9000台にとどまり、前年を10%以上下回った。日本車は韓国でも前年比25%増の3万9968台が売れ、輸入車市場でのシェアは18.8%に上昇した。  日本メーカーが「アベノミクス」と「円安」を武器に華やかに復...
»続きを読む
カテゴリー:

【偉人】安倍首相はチャーチルやドゴールと並ぶ大指導者になる可能性★3 - 12月16日(土)15:25  newsplus

10月の衆院選勝利により、安倍政権はより磐石になった。だが、約5年の政権運営で積み残した課題があるのも事実だ。今度こそ、それを果たさねばならない。保守の重鎮・田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授・日本会議会長)が、安倍首相に真の保守政治家としての奮起を期待し叱咤激励する。 * * * 北朝鮮の核開発において、鍵を握るのは中国だ。 中国が本気で対北制裁を行えばこの問題は解決する。だが、本腰を入れないのは北朝鮮を米国との取引材料にしようと目論んでいるからではないか。北朝鮮問題の解決と引き替えに、かねて中国が主張...
»続きを読む
カテゴリー:

アベノミクスにやられた…韓国企業に円安ショック - 12月16日(土)06:58  liveplus

 トヨタ、ホンダなど日本の自動車メーカー5社は今年1-11月に米国市場で600万3000台を売り上げた。シェアは昨年の37.2%から38.4%に上昇した。特に7-10月のシェアは48.7%を記録。米国で販売された自動車の2台に1台が日本車だった計算だ。一方、韓国の現代・起亜自動車の販売台数は116万9000台にとどまり、前年を10%以上下回った。日本車は韓国でも前年比25%増の3万9968台が売れ、輸入車市場でのシェアは18.8%に上昇した。  日本メーカーが「アベノミクス」と「円安」を武器に華やかに復活している。しかし、文在寅(ムン・ジェ...
»続きを読む
カテゴリー:

佐藤優×鈴木宗男が不安視する安倍自民の支持率との乖離「政局は世の中が思うほど安定していない」 - 12月16日(土)06:00 

鈴木宗男・新党大地代表と、元外務省主任分析官で作家の佐藤優氏による対談講演会「東京大地塾」。 今回は自民党の圧勝に終わった衆院選後の政局、そして安倍首相との密接な関係を示したトランプ大統領の訪日とその後の韓国、ロシア訪問について分析する! * * * 鈴木 今回は8月以来の開催となります。10月22日に衆議院総選挙の投開票が行なわれました。私は残念ながら当選とはなりませんでしたが、娘の貴子は自民党の若手として出馬し、おかげさまで3回目の当選を果たしました。私も生涯政治家として、これからも政治活動をひたむきに続けていきたいと思っています。 さて、まずはその衆院選後の政局にまつわる分析から、佐藤さんにお願いしたいと思います。 佐藤 わかりました。正直なところ、今の政局は世の中が思うほど安定していないと思っています。国会議員の7割5分ほどが、かなり右寄りの考えを持っているという状況ですが、そのような政治情勢において、昨今話題になっているようなスキャンダルや暴言の類いは、政局を大きく揺るがす要因になりかねません。 加えて、安倍総理の支持率と、自民党の獲得議席数から見た支持率にも乖離(かいり)がありすぎる。このことは、党内政局を引き起こす...more
カテゴリー:

【偉人】安倍首相はチャーチル氏やドゴール氏と並ぶ大指導者になる可能性も - 12月16日(土)00:01  newsplus

夕刊フジ2017.12.15 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171215/soc1712150026-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop  10月の衆院選勝利により、安倍政権はより磐石になった。だが、約5年の政権運営で積み残した課題があるのも事実だ。今度こそ、それを果たさねばならない。保守の重鎮・田久保忠衛氏(杏林大学名誉教授・日本会議会長)が、安倍首相に真の保守政治家としての奮起を期待し叱咤激励する。 北朝鮮の核開発において、鍵を握るのは中国だ。  中国が本気で対北制裁を行えばこの問題は解決する。だが、本腰を入れな...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「安倍政権」の画像

もっと見る

「安倍政権」の動画

Wikipedia

  • redirect安倍内閣...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる