「安めぐみ」とは?

関連ニュース

12星座・2018年はどんな年? 石井ゆかりが星で占う(後編) - 12月18日(月)11:00 

安めぐみがパーソナリティをつとめ、霧島の焼酎と美味しい料理でゲストをおもてなしするTOKYO FMの番組「霧島リラックスタイム 焼酎ダイニング J-Fairy YASU」。12月16日(土)の放送では、星占いで人気のライター・石井ゆかりさんが登場しました。 石井さんは数多くの雑誌・Webでもコラムを手掛ける大人気のライター。120万部のベストセラー「12星座シリーズ」をはじめさまざまな著書を執筆されています。 冒頭では2018年~2020年をカバーした占い本「3年の星占い」の話に。 石井さんによると「3年間の締めくくりとなる2020年に土星と木星がすごく近くなる」のだとか。この2つの星が出会うのは20年に1度のタイミングだそうで、「この時期にたくさんの方が人生の転機を迎えるはず。その節目に向かう3年」と話していました。 そして前回の放送に引き続き、石井さんに12星座ごとに2018年の動きを「おつまみで使う食材」に例えていただきました。後半の6星座について紹介します。 ■天秤座:キャビア、またはブタ(ラード)、またはバター 贅沢な食材と言ってこれが思い浮かびました。最近はトリュフが流行ってるらしいですが、トリュフでもいいです。2018年の天秤座は、何かと贅沢したくなるかもしれません。あと、別な意味での贅沢として「ラードであげたカツ」みたいなイメージのラードを思い浮かべまし...more
カテゴリー:

“保活”の厳しい現実を芸人がブログでつづり反響 家賃よりも高い保育園代に驚く - 12月11日(月)15:19 

お笑いコンビ、ピーマンズスタンダードの南川が10日に自身のアメブロを更新。保活の厳しい現実についてつづり、多くの反響をよんでいる。 12月2日から、息子の保育所問題についてアメブロで語っている南川は、これまでに9回に渡って、その様子を報告。 区役所に相談に訪れた際にインターナショナルスクールを勧められたため調べてみると、ようやく見つかった一軒が月額22万円だったことを明かしている。 週3の預かりでも月額14万だった南川は、家賃よりも高い現実に驚きながらも入所を決断。 10日のアメブロでは「さあ、決断すれば踏ん切りもつくってなもので、わかりやすい話が節約と収入の増加のみを考えればいいと言う事です。 それも来年の4月まで。」と、これからの意気込みを語っている。 「我が区では来年の4月に認可保育が数カ所増えるのです。素晴らしい。ありがとうございます。やはり少しずついい環境になってるんだとは思います。」と子育て環境の改善に感謝しつつ、「区役所の人は僕達にこう言いました。「南川さんのこの点数(夫婦共働き、認可以外に預けてた実績)だとおそらく90パーセントの確率で入れます」こう確かに言いました。」と、報告。 しかし、あくまで90%の確率ということに言及し、「逆に言ったら10パーの確率でも落ちる可能性があるって事!?」と、不安な気持ちを告白。 最後には、「息子落ちた。父親滑った。では誰も...more
カテゴリー:

【話題】芸能人の子供の名前が凡人泣かせでキラキラしてて全然読めない2017年最新版 - 11月24日(金)17:16  mnewsplus

やはり一芸に秀でた人間の考えることは、凡人とは一線を画すのである。つまり、芸能人がつける子どもの名前は、とにかく凡人泣かせなのである。まず読めない。そりゃあそうだ、凡人とはおつむが違うのだから。「いや、芸能人がつけた子どもの名前くらい、読めらあ」という方がいるのなら、ぜひ以下の読み方にチャレンジしてほしい。 <初級:なんとなく読める編> 1.笑福(鈴木おさむ・大島美幸) 2.誠希千(マック鈴木・小原正子) 3.茉叶菜(藤本敏史・木下優樹菜) 4.萌愛(新山千春) 5.十愛(ジャングルポケット太田博久・...
»続きを読む
カテゴリー:

12星座・2018年はどんな年? 石井ゆかりが星で占う(前編) - 12月12日(火)17:00 

安めぐみがパーソナリティをつとめ、霧島の焼酎と美味しい料理でゲストをおもてなしするTOKYO FMの番組「霧島リラックスタイム 焼酎ダイニング J-Fairy YASU」。12月9日(土)の放送では、星占いで人気のライター・石井ゆかりさんが登場しました。 石井さんは数多くの雑誌・Webでもコラムを手掛ける大人気のライター。120万部のベストセラー「12星座シリーズ」をはじめさまざまな著書を執筆されています。「J-Fairy YASU」には約1年ぶりの出演となります。 そんな石井さんに、この日は現在絶賛発売中の著書「星ダイアリー 2018」に関する話や、当番組限定「おつまみで使う食材に例えた星占い」について語っていただきました。 星座ごとに出版されている「星ダイアリー 2018」は年間占い、月間占い、12星座プロフィールなど、石井さんによる占いが盛りだくさんのスケジュール帳。表紙は毎年各星座ごとの1年を表すようなデザインになっていて、今回の表紙イラストのテーマは“鳥”。 その理由について、石井さんは「『天にある“星”と、地にいる“人間”の間には何かかかわりがあるはず』という考えが星占いの発想の原点。今回のダイアリーの表紙イラストがすべて“鳥”なのは、鳥は天と地の間に存在することから、古来『メッセンジャー』のイメージで神話などに描かれており、星占いに重なるところがあるため」...more
カテゴリー:

間下このみ 自らも経験した「不育症」の『コウノドリ』登場について言及 - 12月10日(日)13:32 

写真家でタレントの間下このみが、「不育症」がドラマ「コウノドリ」(TBS系)で取り上げられたことについて、9日のアメブロにて言及した。不育症とは、反復して妊娠はするが、その妊娠を完遂できず、流産や早産、死産などで健常な生児に恵まれない状態のことをいう。間下は2006年、死産を経験した末に翌年女児を出産。『ママになりたい… ~ハイリスク出産を越えて~ / たまご日記 ~ちいさな命の記録~」の著書がある。 『コウノドリ』では、今まで2回流産して、3回目の流産を迎える女性を描いていたが、その確率は0.3~0.8%だという。 間下は、ドラマを見て、「私もおなかの中で赤ちゃんを亡くした経験があり またその後不育症の原因のひとつと言われている病気が、検査で自分にあることがわかったこともあって あの時の自分と重ねるというか、十数年前の事を思い出しながら…」と、感想を述べた。さらに、こう続ける。 「亡くなった子どもの事、無理に忘れる事はないと思います 悲しい結果にはなってしまったけど、流産でも死産でも自分たちの子どもである事にはかわりはないから…」 このように、お腹の中で既に亡くなっていた赤ちゃん(男の子)を陣痛を経て産んだ経験を明かした。ドラマでも描かれていたように、主治医や家族による心のケアが大切だと述べ、「正直今もね、息子に喜んでもらいたいなぁと頑張っている部分もあるかな そ...more
カテゴリー:

「安めぐみ」の画像

もっと見る

「安めぐみ」の動画

Wikipedia

安 めぐみ(やす めぐみ、1981年12月22日 - )は、日本タレント、女優である。

東京都府中市出身、 - 府中市広報誌(広報ふちゅう)2009年1月1日号。ハーモニープロモーション所属。血液型はA型。

人物

2006年(平成18年)、「男性が選んだ結婚したいと思う、いいお嫁さんになりそうな女性のタレントランキング」で1位に選ばれた。

ペットとしてうさぎを飼っている。

温泉ソムリエアロマテラピー検定1級に合格している。

経歴

1999年(平成11年)、集英社週刊ヤングジャンプ主催の「第10回YJ全国女子高生制服コレクション」で準グランプリを受賞し、翌年8月23日、シングル「Private Venus」で歌手デビューした。

2002年(平成14年...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる