「宇野昌磨」とは?

関連ニュース

宇野昌磨、表現力見せた 「ユヅくんにまた近づきたい」 - 04月23日(日)20:51 

 宇野は紺のシャツ姿で登場。トリプルアクセル(3回転半)を決めると会場は大きな拍手に包まれた。優雅な曲に合わせて豊かな表現力を武器に、ショートプログラム、フリーとは一味違った魅力を見せた19歳。「技術…
in English
カテゴリー:

【フィギュア】日本がフィギュア国別対抗戦を制す、メドベデワ圧巻も三原と樋口が上位進出 - 04月23日(日)09:57 

http://www.afpbb.com/articles/-/3126074 【4月23日 AFP】世界フィギュアスケート国別対抗戦(ISU World Team Trophy in Figure Skating 2017)は22日、東京で3日目が行われ、日本が優勝を果たした。  この日の女子シングル・フリースケーティング(FS)では、世界女王のエフゲニア・メドベデワ(Evgenia Medvedeva、ロシア)が優雅さと運動能力の両方でレベルの高さを見せてライバルやファンを魅了し、自身の記録を更新する世界歴代最高の160.46点をたたき出した。  それでも日本は、三原舞依(Mai Mihara)が146.17点、樋口新...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「五輪前のいい収穫」=羽生、国別対抗戦終えて-国別対抗フィギュア - 04月22日(土)16:30 

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦に出場した男子の羽生結弦(ANA)と宇野昌磨(中京大)が22日、東京都内で取材に応じた。羽生はフリーで4回転を5本組み込んで4度着氷。そのうち三つを得点の増す演技後半に入れた意欲的なプログラムで1位となり、「久しぶりに難しいことに挑戦して、やりたいことをできて楽しかった。五輪前のいい収穫」と振り返った。 エキシビションの練習では、まだ決めたことがない4回転のルッツ、フリップに挑み、ルッツは一度耐えて着氷。しかし、平昌五輪のある来季に向けては「構成を大きく変える予定はない。気持ちよく跳べるものを増やし、GOE(出来栄え点)を上げて演技をきれいに通したい」と話し、4回転の種類を増やすことには慎重な姿勢を示した。 宇野はショートプログラム1位、フリー2位と高いレベルでの安定感が光った。今季は2位に入った世界選手権を含めて出場した全試合で表彰台に上がった。大躍進のシーズンを振り返って「いろいろな失敗を成功につなげられた。技術的にはここでとどまらない。どんどん挑戦していけたら」と話し、さらに上を見据えた。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

羽生と宇野が男子FSでワンツー、日本は首位守る フィギュア国別対抗戦 - 04月22日(土)08:43 

【4月22日 AFP】世界フィギュアスケート国別対抗戦は21日、東京で2日目が行われ、男子シングル・フリースケーティングでは羽生結弦が見事な4回転ジャンプを成功させ、宇野昌磨とともにワン・ツーフィニッシュを飾った。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

【フィギュアスケート】羽生がフリー1位! 宇野2位で上位独占 日本首位キープで3大会ぶりV射程[04/21] - 04月22日(土)02:00 

THE ANSWER 4/21(金) 21:00配信  フィギュアスケートの世界国別対抗戦(代々木第一体育館)2日目は21日、男子シングルのフリーが 行われ、ショートプログラム(SP)7位と不発に終わった羽生結弦(ANA)が200.49で1位。世界王者の 底力を発揮した。SP1位の宇野昌磨(中京大)は198.49点で2位で上位を独占した。3大会ぶりの 優勝を目指す日本は合計81点で初日に続いて首位を守り、最終日を迎える。  最終滑走で登場した宇野は、2本目の4回転フリップで着地でバランスを崩すなど、ジャンプでミスが出た。 それでも、キレのあるス...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

羽生も三原もPPAP 国別対抗エキシビション - 04月23日(日)19:24 

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は23日、エキシビションがあり、3大会ぶり2度目の優勝を飾った日本からは、男子フリー1位の羽生結弦(ANA)や同2位の宇野昌磨(中京大)、女子フリーで日本歴代最高得…
in English
カテゴリー:

羽生結弦、4回転ルッツ着氷 エキシビション公式練習 - 04月22日(土)17:56 

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は22日、東京・代々木競技場で最終日を迎えた。22日の午後にはエキシビションの公式練習があり、男子フリーで1位になった羽生結弦(ANA)、同2位の宇野昌磨(中京大)…
in English
カテゴリー:

フィギュア=国別対抗戦で日本首位キープ、羽生が男子フリー1位 - 04月22日(土)10:13 

[21日 ロイター] - フィギュアスケートの世界国別対抗戦は21日、東京・国立代々木競技場で競技を行い、男子フリーでは羽生結弦が4回転ジャンプを4本成功させてトップの200.49点をマーク。宇野昌磨は198.49点で2位となった。
in English
カテゴリー:

フィギュア世界国別対抗戦、日本がワンツーで首位キープ - 04月22日(土)02:47 

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦2日目です。今シーズン最後の戦いで世界王者の羽生結弦選手と、世界2位の宇野昌磨選手が平昌(ピョンチャン)オリンピックを見据えた新たな試みを取り入れました。
in English
カテゴリー:

宇野昌磨「心地よく滑ることができた」 フリー2位 - 04月21日(金)23:55 

 (21日、フィギュア世界国別対抗戦 男子フリー) 男子フリー2位の宇野昌磨の話 「真剣に集中して頑張ろうという以上に、(プログラム曲への)感謝の気持ちで心地よく滑ることができた」…
in English
カテゴリー:

もっと見る

「宇野昌磨」の画像

もっと見る

「宇野昌磨」の動画

Wikipedia

初出場のグランプリファイナルでは、フリーで自身初の190点台を記録し、銅メダルを獲得した。男子シングルの選手が、シニアのグランプリシリーズデビューの年に、ファイナルでメダルを獲得するのは初めてのことである。

全日本選手権ではショート2位、フリー3位の総合2位となり、昨季に続き四大陸選手権に選出されたほか、世界選手権の代表にも初選出された。四大陸選手権ではSPで自己ベストを出し2位につけるが、フリーで4回転ジャンプの回転が抜けてしまうなどのミスがあり、総合4位となり表彰台を逃した。初出場となった世界選手権では、SPで4位につけるが、フリーで後半の4回転トウループで転倒するなどのミスがあり、総合7位に終わった。

主な戦績

18pxマークが付いている大会はISU公認の国際大会。 {

プログラム使用曲 脚注 注釈

出典 外部リンク
  • 宇野昌磨公式サイト
  • 日本スケート連盟による強化紹介 - 宇野昌磨

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる