「宇野常寛」とは?

関連ニュース

世界的評価を受けるアニメ監督・渡辺信一郎は、なぜ音楽プロデューサーとしても活動するのか? - 02月16日(金)15:00 

2017年に誕生から100周年を迎えた日本のアニメ――。日本が世界に誇る一大コンテンツのメモリアルイヤーに、週プレNEWSでは旬のアニメ業界人たちへのインタビューを通して、その未来を探るシリーズ『101年目への扉』をお届けしてきた。 第6回目は、アニメ監督の渡辺信一郎さん。『カウボーイビバップ』や『サムライチャンプルー』といった海外でも評価の高いアクション作品や、SFコメディの『スペース☆ダンディ』、クライム・サスペンスの『残響のテロル』といった幅広い作風で多くのアニメファンから支持される人物だ。 2017年秋には、映画『ブレードランナー 2049』のスピンオフアニメ『ブレードランナー ブラックアウト2022』をWeb無料配信で手がけたことも話題に。これは3月2日に発売される同作のblu-ray・DVDにも収録予定となっている。そんな、世界的に活躍する渡辺氏に自作へのこだわりについて話を聞いた。 ■『ビバップ』の繰り返しはイヤだった ―『ブラックアウト2022』は、伝説的映画である『ブレードランナー』のスピンオフということもあり、多くのメディアにも取り上げられました。やはり反響は大きかったですか? 渡辺 そうですね。自分はSNSを見ないんだけど、人づてに...more
カテゴリー:

せーの石川涼が出演、フジテレビのトーク番組「放談ナイト」が放送 - 02月08日(木)19:41 

 フジテレビの新旧番組についてゲストが放談するトーク番組「放談ナイト~Hold on Night~」に、株式会社せーの石川涼代表、SHOWROOM代表取締役社長 前田裕二、「PLANETS」編集長で評論家の宇野常寛が出演する。放送は2月8日25:35~27:05。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

高倉健の名作をジョン・ウーがリメイクした理由「100%、日本映画としてずっと題材を探していた」 - 02月09日(金)15:00 

1976年に映画化された西村寿行原作、高倉健主演の『君よ憤怒の河を渉れ』は、アジア映画史に輝かしい足跡を残した日本映画の代表作だ。当時、国内のみならず中国でも大ヒットを記録し、社会現象を巻き起こした初の邦画となった。 無実の罪を着せられ逃走する主人公と彼に命を助けられ匿(かくま)う女性、そして主人公を執拗に追う刑事との追跡劇の間に芽生える感情とドラマティックな展開が、国境を超えて多くの人々の心を踊らせたのである。 あれから40年余り経た今日、そんな熱狂を直に体験した、自他ともに「日本映画ファン」として知られるジョン・ウー監督が新たに映画化を果たした『マンハント』が2月9日(金)より公開。 高倉健が演じた主人公、杜丘役に『戦場のレクイエム』で知られる中国の人気俳優チャン・ハンユー、彼を追う刑事役に福山雅治が扮し、“ジョン・ウー流”熱い男たちの友情のドラマが繰り広げられる。 『男たちの挽歌』シリーズで一世風靡し、ハリウッドでも『フェイス/オフ』『ミッション:インポッシブル2』などヒット作を手がけてきたアクション映画の世界的巨匠が挑んだ新たな土壌。中国製作でありながら、ほぼ日本人スタッフによるオール日本ロケを敢行した画期的な新作で、久々に全開のアクションとハードボイルドな魅力を堪能させ...more
カテゴリー:

「宇野常寛」の画像

もっと見る

「宇野常寛」の動画

Wikipedia

宇野 常寛(うの つねひろ、1978年11月17日 - )は、日本評論家。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰。批評誌PLANETS編集長。

人物

青森県生まれ。

函館ラ・サール高等学校を卒業後「(フロントランナー)宇野常寛さんプロフィル」朝日新聞be on Saturday(2013年4月27日)、宇野常寛@オールナイトニッポン0金曜日@wakusei2nd、浪人生活を経て、立命館大学文学部へ進学する。

会社員生活を送りながら「第二次惑星開発委員会」を立ち上げ、2005年12月にミニコミ誌PLANETSを発刊。

デビュー評論ゼロ年代の想像力――「失われた10年」の向こう側をSFマガジン2007年7月号から2008年6月号まで連載の後、2008年7月に単行本ゼロ年代の想像力を上梓した。

2011年4月から東京大学教養学部で自治会自主ゼミ「現代文化論」を担当。2011年秋学期は明治学院大学で「現代文学論」を担当(サバティカル休暇に入る...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる