「宇野常寛」とは?

関連ニュース

隈研吾氏登壇、明治大学「アカデミックフェス」11/23 - 11月13日(月)10:15 

 明治大学は2017年11月23日、「アカデミックフェス2017」を駿河台キャンパスで開催する。世界で活躍する建築家の隈研吾氏による基調講演や学長との対談、評論家でPLANETS編集長の宇野常寛氏を招いたシンポジウムなどが行われる。入場無料。 3万人以上の学生が学んでいる明治大学は、総合大学としてのメリットを最大に生かし、文系理系の枠を取り去り、新しい「知」をかけ合わせた高次の価値を生み出し、自在にネットワークで着る共創的コミュニティーの構築を目指している。 アカデミックフェスは、領域を超えた共創的研究の促進と発信、特色ある研究の発掘と企業マッチングなどが目的。世界で活躍する建築家の隈研吾氏が、「グローバリズム時代における日本文化と創造」について講演するほか、明治大学の土屋恵一郎学長との対談も予定されている。 シンポジウムには、評論家でPLANETS編集長の宇野常寛氏が参加。「『知』のリブランディング」をテーマに、各分野での新しい「知」の胎動の報告を通じて、これからの「知」の在り方について議論するとともに、明治大学発の「知」を提言する。 このほか、ミニフォーラム、分科会、学生による自主企画、企業とのマッチングコーナーなどが予定されている。対象は、学部・大学院生、高校生、卒業生、関連企業、明治大学教職員。入場無料。プログラムなど詳細はWebサイトで確認できる。◆明治大学アカデミックフ...more
カテゴリー:

【芸能】加藤浩次が狂犬の本領発揮 ”お花畑論理”の共産党若手議員を追い詰める - 11月10日(金)11:59  mnewsplus

 加藤浩次(48)が11月5日に放送された『加藤浩次vs政治家~政治のオモシロイところ集めました~』(フジテレビ系)の中で、 自衛隊問題について”お花畑な言説”を連発する共産党議員に詰め寄り、久々に「狂犬・加藤」の顔を見せたと話題になっている。 「やり玉に上がったのは、共産党・吉良よし子参議院議員。 終盤の『憲法改正』をめぐる議論で、彼女は『自衛隊は違憲だけど、今すぐなくそうとは言ってない。 まずは自衛隊なんかいなくても安心できる平和な国際社会を作りろう、と。それがあって、みんなが納得できたら自衛隊を...
»続きを読む
カテゴリー:

【小林よしのり】わしはネトウヨ全部を敵に回して戦っている - 10月26日(木)18:01  seijinewsplus

http://lite.blogos.com/article/254691/ 昨日、「そもそも総研」の玉川徹氏がインタビューに来た。 ブログで批判しておいたのが効いたらしい。 護憲がアイデンティティーの政党なら社民党や共産党がある。 立憲民主党は「護憲」よりも「立憲主義」にアイデンティーがあるということを言っておいた。 明日の朝、放送されるようだ。 宇野常寛が立憲民主党を「旧社会党的なガス抜き政党」と酷評してたらしい。 つまり宇野は、「小林よしのりが騙されている」と言っているのか、「小林よしのりが変節して護憲派になった」と言っ...
»続きを読む
カテゴリー:

宇野常寛氏「なぜオタクはネット右翼の温床になったのか」 - 11月12日(日)15:21  news

■なぜオタクはネット右翼の温床になったか ――この本では宮崎駿、富野由悠季、押井守だけでなく、戦後アニメと社会との結びつきを徹底的に論じています。これはどういう問題設定だったんでしょうか。 これまで「オタク」の問題は、自意識の問題だと思われていたんです。 しかし、僕はオタクというのは自意識の問題ではなくて、実は技術であり、社会であり、思想の問題ではないかと考えています。 だからアニメ作品と政治の結びつきについて論じました。というのも、僕はアニメや特撮が好きな人間として、オタクがネット右翼の温床...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】加藤浩次が狂犬の本領発揮?”お花畑論理”の共産党若手議員を追い詰める - 11月09日(木)21:14  mnewsplus

加藤浩次(48)が11月5日に放送された『加藤浩次vs政治家~政治のオモシロイところ集めました~』(フジテレビ系)の中で、 自衛隊問題について”お花畑な言説”を連発する共産党議員に詰め寄り、久々に「狂犬・加藤」の顔を見せたと話題になっている。 「朝の『スッキリ!!』(フジテレビ系)では自分の意見を抑え気味の加藤ですが、こちらは”狂犬健在”の暴れっぷりでした」と語るのは、ある週刊誌記者だ。 「やり玉に上がったのは、共産党・吉良よし子参議院議員。終盤の『憲法改正』をめぐる議論で、彼女は『自衛隊は違憲だけど、今...
»続きを読む
カテゴリー:

「宇野常寛」の画像

もっと見る

「宇野常寛」の動画

Wikipedia

宇野 常寛(うの つねひろ、1978年11月17日 - )は、日本評論家。企画ユニット「第二次惑星開発委員会」主宰。批評誌PLANETS編集長。

人物

青森県生まれ。

函館ラ・サール高等学校を卒業後「(フロントランナー)宇野常寛さんプロフィル」朝日新聞be on Saturday(2013年4月27日)、宇野常寛@オールナイトニッポン0金曜日@wakusei2nd、浪人生活を経て、立命館大学文学部へ進学する。

会社員生活を送りながら「第二次惑星開発委員会」を立ち上げ、2005年12月にミニコミ誌PLANETSを発刊。

デビュー評論ゼロ年代の想像力――「失われた10年」の向こう側をSFマガジン2007年7月号から2008年6月号まで連載の後、2008年7月に単行本ゼロ年代の想像力を上梓した。

2011年4月から東京大学教養学部で自治会自主ゼミ「現代文化論」を担当。2011年秋学期は明治学院大学で「現代文学論」を担当(サバティカル休暇に入る...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる