「宇宙開発」とは?

関連ニュース

今年も宇宙開発は"わん"ダフル!-注目のロケット/衛星/探査機を大紹介 第2回 【5~8月】 新たな火星、太陽探査機の打上げ-民間の有人宇宙船も打上げ - 01月19日(金)10:21 

2018年に予定されている、注目のロケットの打ち上げや、衛星、探査機の活動を紹介する連載。第2回では5月から8月までに予定されている、新たな火星、太陽探査機の打ち上げや、日米の小惑星探査機の小惑星への到着、そして民間企業が開発した有人宇宙船の打ち上げなどについて紹介。
カテゴリー:

【宇宙開発】〈続報〉イプシロン3号機打ち上げ成功 小型観測衛星搭載 - 01月18日(木)07:06  scienceplus

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は18日午前6時6分、 高性能小型観測衛星「ASNARO(アスナロ)2」を載せた固体燃料ロケット「イプシロン」3号機を 内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げた。 52分後には衛星を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。 イプシロンの打ち上げは2016年末以来で、試験機も合わせると3回連続の成功となった。  3号機は全長約26メートル、重さ約96トンで、打ち上げ費用は45億円。 ロケットの姿勢を制御するシステムなどを簡略化してコスト削減を狙ったが、 大型...
»続きを読む
カテゴリー:

「石器時代から宇宙開発時代に向けた冒険に出る」、丸一鋼管が管理業務にAIを導入する理由 | IT Leaders - 01月17日(水)08:00 

大阪に本社を置く鋼管メーカーの丸一鋼管がIT環境を一新するプロジェクトに取り組んでいる。会計分野にはAI(人工知能)機能を持つERP(統合基幹システム)の「HUE」(ワークスアプリケーションズ製)を採用。メインフレーム上で稼働する生産・販売管理システムはクラウド化を計画すると同時に、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)の仕組みの導入も進める。ERPの切り替えは過去からの検討事項だったが、なぜ今回、システム一新を決断したのか。その理由を管理部門を管掌する執行役員 経理部部長の河村 康生 氏に聞いた。 (聞き手は志度昌宏=DIGITAL X編集長、文中敬称略)
カテゴリー:

米Apple、『ハンガー・ゲーム』監督×『TABOO』クリエイターによる新作ドラマ製作を決定 - 01月13日(土)18:00 

『ハンガー・ゲーム』シリーズや『TOUCH/タッチ』などを手掛けたフランシス・ローレンス監督が米Appleにて新たなオリジナルシリーズを制作する。米Deadlineが報じた。【関連記事】『TABOO』トム・ハーディ、映画並みの追跡で窃盗犯を捕まえる!『ピーキー・ブラインダーズ』や『TABOO』のクリエイターで脚本家のスティーヴン・ナイトとローレンス監督がタッグを組む本作のタイトルは『See(原題)』。未来を舞台にした世界の壮大なドラマとなるそうで、パイロット版を作ってからではなく、シリーズものとして製作される。全8話構成になる予定。同作はAppleにとって4つ目のオリジナルプロジェクトにあたる。その他3作品いずれも詳細は伏せてあるが、一つ目はリース・ウィザースプーン(『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』)とジェニファー・アニストン(『フレンズ』)が製作・出演を務める、モーニングショーを題材としたドラマ『Are You Sleeping?(原題)』。2つ目は、スティーヴン・スピルバーグが1980年代に生み出した人気オムニバスドラマ『世にも不思議なアメージング・ストーリー』のリブート版。そして3つ目は、『バトルスター・ギャラクティカ』『アウトランダー』の製作総指揮者として、高い評価を得ているロナルド・D・ムーアが手掛ける宇宙開発競争が終わらなかった世界を描く1時間枠の...more
カテゴリー:

【宇宙開発】中国、年内に史上初の「月の裏側」着陸目指す:昆虫と植物を送って「生態系」確立も - 01月12日(金)13:49  scienceplus

中国は2018年中に、月の裏側へ無人探査機を送り込む計画を進めている。 月の裏側への軟着陸が成功すれば、史上初の快挙となる。 また、このミッションでは昆虫と植物を収めたコンテナを月面に持ち込み、 月面上で簡素な生態系を確立することも目指すという。 人民日報オンライン版(人民網)、ユニバース・トゥデイなどが報じた。 〈月の裏側は「未踏の地」〉 中国は2003年から「嫦娥(じょうが)計画」と呼ぶ月探査計画を進めてきた (嫦娥とは、古代中国の神話に登場する月の女神の名前)。 2013年12月の「嫦娥3号」ミッシ...
»続きを読む
カテゴリー:

アンバー・ハード 天才起業家と復縁と報じられる - 01月18日(木)09:40 

 米俳優ジョニー・デップ(54)の元妻で女優のアンバー・ハード(31)が、電気自動車テスラモーターズや宇宙開発事業スペースXなどで知られる天才起業家イ-ロン・マスク氏(46)と復縁したと報じられた。  2016年7月頃から熱愛が噂されて…
カテゴリー:

今年も宇宙開発は"わん"ダフル!-注目のロケット/衛星/探査機を大紹介 第1回 【1~4月】超大型/超小型ロケットの打上げ-月と火星、系外惑星の探索 - 01月17日(水)10:40 

2018年に予定されている、注目のロケットの打ち上げや、衛星、探査機の活動を紹介する連載。第1回では1月から4月までに予定されている、超大型ロケットや超小型ロケットの打ち上げ、新たなる月と火星の探査、そしてもうひとつの地球を探す宇宙望遠鏡について紹介したい。
カテゴリー:

次のビジネスの舞台は月?過熱する宇宙開発 1/15 17:36更新 - 01月15日(月)17:36 

人類初の「月面着陸」から半世紀。その“月”が今、新たなビジネスチャンスの場として注目され、民間企業が次々と参入している。早ければ20年後には月に街を作るという驚きの構想も。さらには「火星」にも…。競争が過熱している“宇宙開発”の現状とは。
カテゴリー:

動画:インド、100基目の国産衛星打ち上げに成功 - 01月13日(土)16:51 

【1月13日 AFP】インド宇宙開発機構は12日、国産地球観測衛星として100基目となる「CARTOSAT-2」を載せたロケットの打ち上げに成功した。≫続きを読む
カテゴリー:

印民間企業が宇宙産業進出 20年ロケット発射へ政府とJV - 01月11日(木)05:00 

 インドは、民間企業の宇宙産業への本格進出が近づいている。宇宙開発を担当する国家機関インド宇宙研究機関(ISRO)のキラン・クマール総裁は、2020年のロケット発射に向けてISROと民間企業のジョイントベンチャー(JV)の設立作業を既に開始したことを明かした。現地紙タイムズ・オブ・インディアなどが報じた。
カテゴリー:

もっと見る

「宇宙開発」の画像

もっと見る

「宇宙開発」の動画

Wikipedia

宇宙開発(うちゅうかいはつ、)は、宇宙空間人間の社会的な営みに役立てるため、あるいは人間の探求心を満たすために、宇宙に各種機器を送り出したり、さらには人間自身が宇宙に出て行くための活動全般をいう。

宇宙開発の歴史

各国のロケットの祖となるV2ロケット。

人類が宇宙空間へ進出する宇宙開発の構想としては、19世紀にはSF作家のジュール・ヴェルヌの小説に描かれた砲弾宇宙旅行などがあるが、実現化を目指した研究として、1903年にはロシアコンスタンチン・ツィオルコフスキーが、液体燃料型多段式ロケットや人工衛星、惑星への殖民など宇宙開発の基礎技術を提言した。アメリカでは1926年に、ロバート・ゴダードによる液体燃料ロケット打ち上げが成功している。ドイツでは、1923年に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる