「宇宙開発」とは?

関連ニュース

SpaceX、「ロケット着陸失敗事例集」の動画公開 - 09月19日(火)22:07 

米国の民間宇宙開発会社SpaceXが、「How Not to Land an Orbital Rocket Booster」という動画を公開した。
カテゴリー:

ロケット技術は悪くない。某国は悪用するのをやめてほしい - 09月18日(月)17:00 

某国が発射したものを、日本政府は「飛翔体」と表現しました。 公文書では、弾道ミサイルだけでなく宇宙ロケットも「飛翔体」と表現するようです。 本来、ロケット技術は良いものです。カーナビやスマホ地図に使われている「GPS衛星」の打ち上げには、ロケット技術が欠かせません。爆弾を付けてミサイル化するから有害になるのです。 そこで、ロケット技術を好きになってもらうために、とっておきの映画を紹介します。 映画『遠い空の向こうに』 原題は『October Sky』。アルファベットを並べかえると『Rocket Boys(ロケット・ボーイズ)』になります。 octoBeR sky Rocket Boys その名のとおり、自作ロケットの打ち上げを成功させるために青春をささげた若者たちのストーリーです。 「宇宙事業なんて無意味だ。税金の無駄づかいだ!」という意見もあります。しかし、映画『遠い空の向こうに』を観たあとには、宇宙開発やロケット技術についての印象が変わるかもしれません。 ロケットボーイズの活躍 映画『遠い空の向こうに』のなかで、ロケット開発にチャレンジするのは4人の若者です。 若者といっても、MIT(マサチューセッツ工科大学)やプリンストン大学に通っているようなエリート学生ではありません。 アメリカのウェストバージニア州の田舎町で生まれ育った、あまり成績がよろしくない4人の高校生たちです。 ...more
カテゴリー:

宇宙開発に喫緊の課題、宇宙ゴミ除去のアストロスケールにJAXAが協力 - 09月17日(日)17:32 

JAXAとアストロスケールは12日、宇宙ゴミ(デブリ)除去技術の共同研究を発表した。
カテゴリー:

主人公にスパイ疑惑浮上!NASAで活躍した黒人女性を描く「ドリーム」本編映像を入手 - 09月15日(金)12:00 

 第89回アカデミー賞で作品賞、助演女優賞、脚色賞の3部門にノミネートされた「ドリーム」の本編映像の一部を、映画.comが先行入手した。 ・【動画】「ドリーム」本編映像  「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ監督がメガホンをとった本作は、1962年に米国人として初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を影で支えたキャサリン・ジョンソンと、その同僚で友人のドロシーとメアリー、3人の黒人女性数学者に焦点をあてたヒューマンドラマ。有色人種への差別意識が色濃く存在していた60年代初頭、ソ連との宇宙開発競争でしのぎを削っていた米NASAを舞台に、3人が困難に立ち向かっていく姿をパワフルかつポジティブに描き出す。  NASAで計算手として働いていたキャサリンは、数学の才能が認められ、黒人女性として初めて宇宙特別研究本部に配属されるが、そこには白人男性しかおらず、まともに仕事をさせてもらえない。このほど入手した本編映像は、そんな劣悪な職場に身を置くキャサリンが、重要な部分が黒く塗りつぶされた資料から機密事項を突き止めてしまい、上司や同僚に尋問される場面を収めている。  半分以上の情報が消された資料から、機密事項を解き明かした経緯を問われたキャサリンは、持ち前の計算力を駆使して行間を埋め、黒塗りの箇所は光に透かしたと告白。半信半疑の様子の上司ハリソンは、...more
カテゴリー:

インフォステラが8億円を調達、衛星通信アンテナ共有事業を2018年にローンチへ - 09月13日(水)07:05 

人工衛星の運用に欠かせない要素の一つがアンテナだ。資金を投入しリスクを背負って打ち上げた人工衛星も、地上で電波を送受信するアンテナを確保できなければ運用できない。この衛星用アンテナのシェアリング事業を手がけるインフォステラが、シリーズAラウンドで8億円を調達した。航空宇宙分野のスタートアップを中心に投資活動を展開するAirbus Venturesがリードインベスターとなり、早稲田大学発のベンチャーキャピタルであるウエルインベストメント、D4V、Sony Innovation Fund、そして既存投資家であるフリークアウト・ホールディングス、500 Startups Japanの6社を引受先とする第三者割当増資を実施した。出資比率は非開示。 調達した資金の使途は事業開発と人員拡充である。同社は自社開発の通信機器の開発と生産を予定しており、そのための資金に使う。同社CEOの倉原直美氏は「ソフトウェアエンジニアはすぐにでも増やしたい」と語る。例えばアドテクやゲームインフラ分野のスキルは宇宙分野でも活用できるそうだ。 同社はアンテナシェアリングプラットフォーム「StellarStation」のプロトタイプを完成させ、事業化直前の段階にある。倉原CEOは次のように話す。「宇宙ビジネスには、ロケット、衛星、地上設備の3つが欠かせない。ロケットや衛星ではスタートアップがいくつか出ているが、地上設...more
カテゴリー:

【連載/ウワサの映画 Vol.1】ストレスMAXで働いた、先輩ワーキングウーマンの実話 - 09月19日(火)13:29 

年間200本以上の映画を鑑賞するライターが、これから公開になる作品をひと足先にレビュー! ジャンルを問わず鑑賞し、これはオススメ!というものを毎週アップしていきます。記念すべき1本目は、逆境にくじけることなく働く女性たちの作品です。 【写真を見る】ロケット打ち上げに必要な計算が膨大すぎて、人手不足から雇われることになった黒人女性たち/©2016 Twentieth Century Fox Film. 今年のアカデミー賞で作品賞や助演女優賞(オクタヴィア・スペンサー)にノミネートされ、公開が待ち遠しかった「Hidden Figures」(原題)。なのに、紆余曲折あって落ち付いた邦題が「ドリーム」ですか…。“Figures”には”数字”と”黒人女性たち”の2つの意味が託され、それが”Hidden”=隠れてた・歴史に埋もれてた、っていう原題ですよ!?もう「ラ・ラ・ランド」も「ビリギャル」も「『ドリーム』で」ってなりそうで、なんだかもったいないんだよなー。  まぁ、肝心なのは本編ですからね。ってことで「ドリーム」、人種や性の差別問題を扱いながらも晴れ晴れしい秀作!ユーモアも効いて史実の暗い側面は過剰に重くならず、NASAでの宇宙開発っていう仕事のスペシャル感とのコントラストが冴えるお仕事&歴史エンターテインメントです。 アメリカ初の有人宇宙飛行となった”マーキュリー計画”を陰で支えた、黒...more
カテゴリー:

マーキュリー計画で活躍したヒロインたちの物語『ドリーム』。そのスピーチが感動を呼ぶ! - 09月17日(日)18:57 

東西冷戦下に、アメリカ合衆国初の有人宇宙飛行を目標に実施されたマーキュリー計画。宇宙飛行士に選ばれた7人の男たちは、映画『ライトスタッフ』(83)などでその人生が描かれ、多く人に知られる存在だが、彼らの陰で“知られざるヒロインたち”が活躍していたことをご存じだろうか。 【写真を見る】技術者を夢見るメアリーは判事に前例となることの意義を訴える/[c]2016Twentieth Century Fox 彼女たちの存在を今に伝えた作品『ドリーム』(9月29日公開)が、多くの人に勇気と感動を与え、全米で拍手喝采を浴びた。昨年末の限定公開を皮切りに大きな反響を呼び、年明けから拡大公開を迎えると、それまで3週連続首位だった『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)を抜き去り全米映画興行ランキング1位を獲得。その後11週連続でトップテン入りし、本年度の第89回アカデミー賞では、作品賞、脚色賞、助演女優賞の3部門へのノミネートを果たした。 1961年、ソ連との熾烈な宇宙開発競争を繰り広げるNASAのラングレー研究所には、ロケット打ち上げに必要不可欠な“計算”を行うために、優秀な頭脳を持つ黒人女性のグループがあった。キャサリン、ドロシー、メアリーは、優秀であるにもかかわらず“黒人だから”“女性だから”という理不尽な差別よって、仕事上で壁に直面する。 今回、NASAの技術者を夢見るメアリー...more
カテゴリー:

失敗してもへこたれず成功するまで諦めない大切さがわかるSpaceXのロケット着陸失敗まとめムービー - 09月15日(金)19:00 

火星への移住を究極目標に宇宙開発を続けるSpaceXは、ロケットの再利用を実用化するべく、Falcon9ロケットの帰還テストを繰り返してきました。成功するまでに数年間かかったロケットの着陸の様子を一気に振り返るムービー「How Not to Land an Orbital Rocket Booster」を見れば、失敗しても諦めないことの大切さが伝わってきます。続きを読む...
カテゴリー:

Startup Weekend Tokyo Space開催! - 09月14日(木)18:00 

[テクノロジーシードインキュベーション株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/23080/11/resize/d23080-11-847873-0.jpg ] 『Startup Weekend Tokyo Space』は、近年シリコンバレーの起業家が宇宙開発参入していることで注目されている「宇宙ビジネス」をテー...
カテゴリー:

【核実験】中国の大学が北朝鮮の科学者受け入れ続行 核ミサイルに転用可能な分野も 国連決議に違反 米WSJ紙が報じる - 09月10日(日)09:11  newsplus

http://www.sankei.com/smp/world/news/170910/wor1709100003-s1.html 2017.9.10 00:21  【北京=西見由章】北朝鮮による核実験を受けて国連安全保障理事会が昨年、核・ミサイル開発に応用可能な分野の北朝鮮人への専門教育を禁止した後も、中国の大学が北朝鮮の機械工学研究者らを受け入れていたと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が報じた。 << 下に続く >>  国連安保理は昨年3月に採択した制裁決議で、全ての加盟国に対して北朝鮮の「核活動および核兵器運搬システムの開発に寄与し得る分野」で同...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「宇宙開発」の画像

もっと見る

「宇宙開発」の動画

Wikipedia

宇宙開発(うちゅうかいはつ、)は、宇宙空間人間の社会的な営みに役立てるため、あるいは人間の探求心を満たすために、宇宙に各種機器を送り出したり、さらには人間自身が宇宙に出て行くための活動全般をいう。

宇宙開発の歴史

各国のロケットの祖となるV2ロケット。

人類が宇宙空間へ進出する宇宙開発の構想としては、19世紀にはSF作家のジュール・ヴェルヌの小説に描かれた砲弾宇宙旅行などがあるが、実現化を目指した研究として、1903年にはロシアコンスタンチン・ツィオルコフスキーが、液体燃料型多段式ロケットや人工衛星、惑星への殖民など宇宙開発の基礎技術を提言した。アメリカでは1926年に、ロバート・ゴダードによる液体燃料ロケット打ち上げが成功している。ドイツでは、1923年に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる