「宇宙航空研究開発機構」とは?

関連ニュース

次期国立天文台長に常田氏 - 11月20日(月)11:44 

 自然科学研究機構は20日、来年3月末に任期満了となる国立天文台の林正彦台長(58)の後任に、常田佐久・宇宙航空研究開発機構(JAXA)理事(63)を内定したと発表した。就任は来年4月1日付で、任期は4年。 常田 佐久氏(つねた・さく)東京大大学院理学系研究科博士課程修了、理学博士。東大助教授、国立天文台教授を経て2013年4月からJAXA理事・宇宙科学研究所長。 【時事通信社】
カテゴリー:

【宇宙】宇宙は太陽と同じ物質でできている?X線天文衛星「ひとみ」の観測で判明 - 11月16日(木)02:37  scienceplus

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月14日、X線天文衛星「ひとみ」の観測データを解析した結果、 地球から2億光年以上離れたペルセウス座銀河団のガスが太陽と同じ物質でできている可能性が高いという研究結果を発表、 科学雑誌「ネイチャー」に掲載した。宇宙の成り立ちを解明する手がかりがまたひとつ発見された。 〈でき方が違えば、物質も違う〉 宇宙が同じ物質でできていると言われても、そもそもどういうことなのかわかりにくい。 宇宙が誕生したとき、物質は水素とヘリウムしかなかった。 その後、宇宙に星が誕生して核反...
»続きを読む
カテゴリー:

【ロケット】次期主力国産ロケット「H3」のエンジンを初公開 - 11月15日(水)01:30  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171114/k10011223231000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_035 (リンク先に動画ニュースあり) 11月14日 17時58分 3年後の2020年度の打ち上げを目指す日本の次期主力ロケット「H3」のメインエンジンが14日、鹿児島県の種子島宇宙センターで初めて公開されました。 「H3」は、現在の主力ロケット「H2A」の後継機としてJAXA=宇宙航空研究開発機構などが開発を進めている日本の次期主力ロケットで、2020年度に初の試験機の打ち上げが予定されています。 14...
»続きを読む
カテゴリー:

太陽の元素組成は「平均的」=衛星「ひとみ」観測で-JAXAなど - 11月14日(火)20:40 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と東京理科大などの研究チームは14日、X線天文衛星「ひとみ」による観測で、約2億4000万光年離れたペルセウス座銀河団内部の高温ガスと、太陽を構成する元素の割合(元素組成)がほぼ一致することが分かったと発表した。銀河団内のガスは、宇宙全体の元素組成を示しているといい、太陽もごく平均的な組成であることが分かった。論文は13日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。 物質を構成する元素は、約138億年前の宇宙誕生直後にはほぼ水素とヘリウムしかなく、その後に生まれた恒星の内部や超新星爆発などで、鉄までの重い元素が合成されたと考えられている。 研究チームは、100個以上の銀河が集まり、合成された元素をため込んだ銀河団をひとみで観測。内部に含まれる鉄やクロム、ニッケルなどの元素組成を高精度で測定することに初めて成功した。 その結果、銀河団内部の元素組成は、太陽のそれとほぼ一致。太陽の元素組成も特殊ではなく、他と変わらない平均的なものであることが分かった。 世界最高感度のX線望遠鏡を搭載したひとみは昨年2月に打ち上げられたが、試験観測中の翌3月に通信が途絶、4月に運用継続を断念した。JAXAは2020年度の打ち上げを目指し、代替機の開発を進めている。 【時事通信社】
カテゴリー:

JAXAが次期主力ロケットH3のメインエンジン初公開 従来の1.4倍の推力かつ簡素化し低コストに - 11月14日(火)18:25  news

3年後の2020年度の打ち上げを目指す日本の次期主力ロケット「H3」のメインエンジンが14日、鹿児島県の種子島宇宙センターで初めて公開されました。 「H3」は、現在の主力ロケット「H2A」の後継機としてJAXA=宇宙航空研究開発機構などが開発を進めている日本の次期主力ロケットで、2020年度に初の試験機の打ち上げが予定されています。 14日は、「H3」ロケットの心臓部となる「LEー9エンジン」が鹿児島県の種子島宇宙センターで報道陣に初めて公開されました。 新たなエンジンは全長およそ3.7メ...
»続きを読む
カテゴリー:

ペルセウス銀河中心部の元素組成は太陽と同じ、定説を覆す発見 - 11月16日(木)11:54 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)などによる観測によって、ペルセウス座銀河団中心部の鉄属元素の組成比が、太陽のそれと同じであることが明らかになったという。
カテゴリー:

H3エンジン「LE9」公開 推力1.4倍、低コスト化 種子島宇宙センター - 11月15日(水)06:30 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、南種子町の種子島宇宙センターで、2020年の初飛行を目指す次期主力ロケット「H3」のメインエンジン「LE9」を報道陣に公開した。
カテゴリー:

銀河団の高温ガスの元素組成比と太陽のものは同じ-ひとみの観測結果で判明 - 11月14日(火)21:30 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月14日、X線天文衛星「ASTRO-H(ひとみ)」に搭載された軟X線分光検出器(SXS)による観測結果から、ペルセウス座銀河団中心部の鉄属元素の組成比は太陽のものと同じであることが判明したと発表した。
カテゴリー:

JAXA、「LE-9」エンジンの実機型を公開 「H3」ロケット第1段に搭載へ | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイト - 11月14日(火)20:32 

JAXA、「LE-9」エンジンの実機型を公開 「H3」ロケット第1段に搭載へ | sorae.jp : 宇宙(そら)へのポータルサイトJAXA、「LE-9」エンジンの実機型を公開 「H3」ロケット第1段に搭載へ 2017/11/14 宇宙開発 JAXA (宇宙航空研究開発機構)は、 次世代ロケット「H3」の第1段に搭載予定 となる 「LE-9」エンジンの実機型 を、種子島宇宙センターにて機体公開しました。 LE-9は 三菱重工業とIHIが開発 し、エンジンサイクルには「 エキスパンダブリード 」を採用。「H-IIA/B」ロケット...
カテゴリー:

【SS520】世界最小級ロケット、打ち上げ再挑戦へ JAXA - 11月13日(月)16:18  newsplus

世界最小級ロケット、打ち上げ再挑戦へ JAXA 2017年11月13日15時51分 http://www.asahi.com/articles/ASKCF42CCKCFUBQU001.html  宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日、今年1月に打ち上げに失敗した世界最小級のロケット「SS520」を、12月25日午前10時~午後2時15分に鹿児島県肝付(きもつき)町の内之浦宇宙空間観測所から再び打ち上げると発表した。  同ロケットは全長9・5メートル、重さ2・6トンで、重さ約3キロの超小型衛星を高度約200キロで軌道に投入する。JAXAによると、前回は打...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「宇宙航空研究開発機構」の画像

もっと見る

「宇宙航空研究開発機構」の動画

Wikipedia

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(うちゅうこうくうけんきゅうかいはつきこう、英称:Japan Aerospace eXploration Agency, JAXA)は、日本の航空宇宙開発政策を担う研究・開発機関である。内閣府総務省文部科学省経済産業省が共同して所管する国立研究開発法人で、同法人格の組織では最大規模である。2003年10月1日付で日本の航空宇宙3機関、文部科学省宇宙科学研究所 (ISAS)・独立行政法人航空宇宙技術研究所 (NAL)・特殊法人宇宙開発事業団 (NASDA) が統合されて発足した。本社は東京都...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる