「宇多田ヒカル」とは?

関連ニュース

野田愛実、幸福感あふれる時間旅行へ誘うワンマンライヴ - 03月22日(水)13:00 

野田愛実のワンマンライヴ「『時間旅行』 〜晴れ女、今日も快晴なんです(笑)〜 」が、3月12日に名古屋CLUB QUATTRO で開催された。【その他の画像】野田愛実昨年3月に行われた名古屋・新栄SPADE BOXでのワンマンから1年。今回のワンマンライヴはキャパシティを大きく上げ、名古屋CLUB QUATTROにて開催された。満員の客席の笑顔に対面した彼女はどんな反応をするのだろう。観客のたくさんの期待によって、会場は開演前から幸せな空気感に包まれていた。 「タイムトラベラー」の前奏を合図に、ステージの椅子に腰かけた野田にスポットライトが当たる。原曲はアップテンポなポップナンバーだが、始まりはこのピアノ弾き語りアレンジ。曲終わりに「皆さん今日はよろしくお願いします!」といつもの元気な声と笑顔がはじけると、「ミライ」「100%片想いでしょ」と力強いサウンドが印象的な楽曲が続く。いつもはソロ形態、ギターやピアノの弾き語りでステージに立つ彼女だが、この日はギター、ベース、ドラム、キーボードのフルバンドセット。演奏隊の頼もしい音圧に背中を預け、響き渡る伸びやかな歌声が会場を一気に満たしていった。 「皆さん時間旅行へようこそ。今日は一緒に楽しい旅をしましょう」と呟くと、「チェシャ猫のシッポ」を披露。ハンドマイクを取り歌い上げた「さよなら」やスロウ・バラード「片想い」では、いつものシ...more
in English
カテゴリー:

小田和正、イチロー出演CMに新曲提供 松たか子がコーラス参加 - 03月21日(火)12:56 

 シンガー・ソングライターの小田和正が、米大リーグ マイアミ・マリーンズのイチロー選手が出演するNTT東日本の新CM『「いっしょに、一生懸命に。」チームイチロー篇』のために新曲(タイトル未定)を提供した。同CMはきょう21日から放送される。 【写真】NTT東日本「いっしょに、一生懸命に。」CMカット集  小田が書き下ろした新曲には、コーラス・松たか子、ギター・佐橋佳幸が夫妻で参加。ほかにもネイサン・イースト(B)、木村万作(Dr)、金原ストリングスグループの豪華布陣で制作された。  地上波テレビCMでは30秒しか聴くことができないが、NTT東日本の特別サイトでは60秒のスペシャルCMを順次公開。第1弾として、『チームイチロー篇』の60秒スペシャルCMを公開。第2弾は24日から『イチロー バント篇』の60秒バージョンを公開予定。それぞれ楽曲の使用箇所が異なる60秒×2タイプのスペシャルCMとなっている。  同サイトではほかにも、小田が楽曲に込めた思いをしたためた直筆メッセージも掲載されている。 ■「いっしょに、一生懸命に。」特別サイト http://www.ntt-east.co.jp/cm-message/ 【関連記事】 若者も共感 小田和正の“世代を繋ぐ歌” (16年04月21日) 宇多田ヒカル、15年越しに小田和正と夢の共演 (16年12月19日) 小田和正、沖縄...more
in English
カテゴリー:

結婚35年の64歳男性 「鼻毛が出ている」と妻から三行半 - 03月19日(日)07:00 

 20年以上連れ添った夫婦の離婚、いわゆる「熟年離婚」は、2万6000件を超えている(2015年の厚労省『人口動態調査』より)。これは25年前と比較して7割増だという。  離婚を切り出すのは、多くの場合「女性」のほうだ。もちろん、妻が離婚という大きな決断に至るには、それまでに積もりに積もった様々な不満があるのだろう。しかし、最後に背中を押す「きっかけ」となるのは驚くほど理不尽な理由であることが少なくない。  今回、本誌は多くの「バツイチ中高年男性」に取材。突如妻から突きつけられた耳を疑うような「離婚理由」(外見・その他編)を集めた。  加齢とともに、見た目も衰えてくるのは仕方がない。ただし、夫は“お互い様”だと思っていても、妻には許しがたいこともあるようだ。 ◆鼻毛が出ていた  結婚35年目を迎えたある日、A氏(64)の妻が「離婚する」と言い出し、すでに独立している子供3人を集めて“家族会議”が開かれた。 「離婚理由は私の鼻毛がいつも数本出ていたことでした。妻は『歳をとっても身だしなみには気を遣ってくれる人だと思って結婚したのに』というんですが、聞いていた私も子供たちも唖然。子供たちが思い止まるように説得してくれましたが、妻の決意は変わりませんでした」(A氏) ◆服の襟を立てる  A氏とは逆に、オシャレをしすぎて“三行半”を突きつけられた人もいる。 「『いい歳をして派手な服を着て、...more
in English
カテゴリー:

実際にあった驚きの離婚理由「リンゴの皮を剥かずに食べた」 - 03月18日(土)07:00 

 夫婦関係のもつれは、いつの時代もどこから始まるかわからない。だが、最近では「えっ、こんなことで!?」と耳を疑いたくなるような理由で妻から三行半を突きつけられる夫が増えているという。  王貞治・福岡ソフトバンクホークス会長の次女、王理恵氏(47)は、医師・本田昌毅氏と3度目の結婚を目前にした“ハワイ婚前旅行”からの帰りに、「そばをすする音が嫌」という理由で“成田離婚”ならぬ“成田婚約破棄”をして話題になった。  育ってきた家庭環境の違いが顕著に現われ、生理的な嫌悪感に直結しやすいのが食卓でのふるまいである。  今クールの人気ドラマ『カルテット』(TBS系)でも、「勝手にからあげにレモンをかけた」ことが、松たか子(39)と宮藤官九郎(46)が演じた夫婦に溝を生み、最終的には離婚に至っている。  そこで、本誌も「バツイチ中高年男性」や専門家に取材したところ、食事中に突如突きつけられた耳を疑うような「離婚理由」が出てきた。 ◆食べる時にくちゃくちゃ音を立てる、犬食いする 「くちゃくちゃ噛む音がうるさい。もうあなたとは一緒に食事したくない」  そういって結婚32年目に離婚したのはA氏(55)だ。 「つい面倒なので、箸で食べ物を口に運ばず、皿や茶碗を口につけてかきこむ“犬食い”のクセが出てしまうのですが、妻はそれが許せなかったそうです」  なぜ結婚して何十年もしてから……と思うかもしれないが...more
in English
カテゴリー:

【音楽】Suchmos、最新アルバムから「PINKVIBES」のMV公開、監督はyahyel山田健人 - 03月16日(木)18:36 

http://natalie.mu/music/news/224765 2017年3月16日 7:00 Suchmosの楽曲「PINKVIBES」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。 「PINKVIBES」は1月にリリースされた最新アルバム「THE KIDS」の収録曲。 このMVは、yahyelのVJとして活動しているdutch_tokyoこと山田健人による監督作品で、山田はSuchmosの「STAY TUNE」や、宇多田ヒカル「忘却 featuring KOHH」、米津玄師「orion」など話題のMVを手掛けている。 Suchmos "PINKVIBES" (Official Music Video) https://youtu.be/3N4fu4ovOcs ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『真田丸』の録画を消した63歳男性、妻と離婚協議に発展 - 03月21日(火)16:00 

 夫婦関係のもつれは、いつの時代もどこから始まるかわからない。だが、最近では「えっ、こんなことで!?」と耳を疑いたくなるような理由で妻から三行半を突きつけられる夫が増えているという。  離婚を切り出すのは、多くの場合「女性」のほうだ。もちろん、妻が離婚という大きな決断に至るには、それまでに積もりに積もった様々な不満があるのだろう。しかし、最後に背中を押す「きっかけ」となるのは驚くほど理不尽な理由であることが少なくない。  今回、本誌は多くの「バツイチ中高年男性」に取材。突如妻から突きつけられた耳を疑うような「離婚理由」を集めた。 ◆録画番組を消した  ハードディスクの録画番組を巡って離婚沙汰になってしまったのはA氏(63)だ。 「いつも妻は大河ドラマを見ないので、『真田丸』の録画は自分が見た後に消していました。するとある日妻に『私も大河見たいな。録画してあるんでしょ? 見せて』といわれて。消してしまったことを告げたら、『何で勝手に消すのよ! 一緒に見ようという気持ちはないの!?』と怒鳴られてしまった」  この夫婦、現在離婚協議中だという。 ◆「通帳を見せて」という  現役時代は妻に家計を任せきりだったB氏(68)。定年後、老後資金が気になったので妻に「通帳を見せて」といったのが運の尽きだった。 「『私が家計をやりくりしているのを信じてくれないのね』といわれて離婚話に。皮肉にも、離婚...more
in English
カテゴリー:

宇多田ヒカルに次ぐ歌姫・Aimer、デビュー6年目で脚光 - 03月19日(日)08:10 

 全国のCDショップ店員が“本当にオススメしたい”作品を投票で決める『第9回CDショップ大賞2017授賞式』(全日本CDショップ店員組合主催)で大賞の宇多田ヒカルに次ぐ準大賞を受賞したAimer(エメ)。認知度はそれほどまでに高くはないが、多くの作品のなかから宇多田の次に選ばれたAimerとはいったいどんな人物なのか? その歌声の魅力を紐解く。 【写真】大賞を受賞した宇多田ヒカルのアルバム『Fantome』 ◆RADWIMPSの野田も楽曲提供、“他の人と溶け合わない”声質が魅力  Aimerは11年にシングル「六等星の夜」でメジャーデビューした女性シンガー。受賞作は自己最高となる2位を記録。累積売上では7.5万枚のスマッシュヒットを記録している。音楽ライターの柴那典氏は、同作について「ONEOK ROCK のTaka など、さまざまなアーティストがプロデュースに加わったことで、彼女の持つポテンシャルがこれまで以上に引き出された」と評する。また、RADWIMPSの野田洋次郎が提供した収録曲「蝶々結び」を挙げ、「彼のキャリアの中でも屈指の名曲。これを自身のバンドではなく、彼女に提供したというのも大きな意味があると思います」と語る。  Aimerの最大の魅力はその歌声にある。『daydream』に投票したCDショップ店員は「儚さと力強さ、両極端の要素を感じ取れる不思議な歌声」と語...more
in English
カテゴリー:

涙の発表も!?希島あいりワンマンライブ振り返りレポート - 03月19日(日)02:30 

セクシー女優の希島あいりが、本人もファンも待ちに待った初ワンマンライブ「#KIJIMANIA vol.1」を3月5日に東京・J-SQUARE SHINAGAWAで開催した。 赤いドレス姿の希島がステージへ上がると大歓声! 主催は、「オリジナル楽曲」「生楽器」にこだわりライブを行う、元&現役セクシー女優所属の音楽プロジェクト「Milky Pop Generation」(通称“みるじぇね”)。同プロジェクトとしては沖田杏梨、希美まゆに続く、ワンマンライブ第3弾。 開場後すぐに、オリジナルグッズを求める行列ができると同時に、希島のファン(=“希島Family”)=“Kijimania(きじまにあ)”同士の交流もそこかしこで見られ、会場はどこかアットホームな空気に包まれる。また、他の女優さんと比べて女性ファンが多いのも“きじまにあ”の特長と言っていいだろう。 今回のバンドはいつものアコースティックライブの時とは異なる4人編成で、ギター(二木元太郎)×キーボード(平方元)×パーカッション(豊田稔)×ベース(伊藤千明)。 セットリストは次の通り。「この世界で」(オリジナル)、「FREE」(ERIKA名義[沢尻エリカ])、「世界中の誰よりきっと」(中山美穂&WANDS)、「think of me」(安室奈美恵)、「My Holy Night」(オリジナル)、「叶わぬ恋」(オリジナル)、「3月9日...more
in English
カテゴリー:

前川清「宇多田ヒカルの義父」になる可能性もあった!? - 03月17日(金)16:05 

 3月11日放送の『サワコの朝』(TBS系)に歌手の前川清(68)が出演し、元妻の故藤圭子について語った。  前川は「内山田洋とクール・ファイブ」時代の『長崎は今日も雨だった』『東京砂漠』『そして、神戸』や、ソロの『男と女の破片』など、数々のヒット曲を持つ昭和歌謡を代表する存在。はじめは歌についていろいろ聞いていた阿川佐和子(63)だったが、番組後半に「古い話を蒸し返すのも何なんですけど……」と前川に切り込んだのが、元妻の藤圭子のことだった。  阿川が「藤圭子さんと結婚なさったときはね、お客さんにこびない二人は気が合う、っていうふうな感じがあったんですけど。私、もうちょっと長いと思ったら、たった1年だけしか結婚生活が?」と質問すると、前川が「たった1年でしたね」と返答。さらに「あのときはですね、おつきあいさせていただいて、あの、非常にその、愛してる愛してないとか、そういう……。まあ、好きだっていう部分はもちろんありましたけど、その……隠れて会うのが面倒くさいってのがあったんですね。だったら面倒くさい、一緒になろうかと」と結婚に踏み切った理由を明かした。  1971年に結婚した前川と藤。スター同士の結婚ゆえ、世間的に大注目された二人だったが、本人たちとしては「結婚式は挙げず、ただ籍だけ入れようとした」とのこと。しかしテレビ局や事務所とのしがらみもあり「そういうもの(結婚式)をやってく...more
in English
カテゴリー:

デーブ大久保 極秘離婚&15才年下同棲新恋人 - 03月16日(木)07:00 

 自らが経営する東京・新橋の居酒屋の営業を終えて出てきたのは深夜2時を過ぎていた。デーブ大久保(50才)の隣に、若い女性がぴたりと寄り添う。ふたりはタクシーに乗り込むと、都内のマンションへ。  デーブは、プロ野球に入って3年目、20才のときに幼なじみだったA子さんと結婚、3人の子供に恵まれた。だがその夜、デーブの隣にいた女性は妻ではなく、帰宅したマンションは自宅ではなかった。球界関係者が明かす。 「デーブさん、実は奥さんと離婚したらしいんです。新恋人はデーブさんより15才年下で、もう一緒に暮らしていますよ」  デーブは過去に不倫や隠し子が報じられるなど、奔放な女性関係で知られてきた。だが、A子さんは「プロ野球選手とはそういうもの」と黙認。しかしA子さんの堪忍袋の緒が切れる事件が起こる。 「7年前、デーブさんが、当時コーチをしていた西武ライオンズの有望若手選手への暴行疑惑で解雇されたんです。A子さんは“暴行は犯罪。不倫みたいに笑いの種にもならない”と怒り心頭。大きな溝ができてしまった」(前出・球界関係者)  その後、デーブは東北楽天ゴールデンイーグルス(仙台)でコーチ、監督を歴任し、単身赴任生活に。 「2015年いっぱいで監督を辞めて東京に戻りましたが、やっぱり“一緒には暮らせない”とデーブさんが家を出たんです。離婚を公にしなかったのは、お子さんが結婚を控えていたことが理由だったそう...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「宇多田ヒカル」の画像

もっと見る

「宇多田ヒカル」の動画

Wikipedia

シングル

  • Rainy Day
  • New Life
  • THANK YOU/子供たちの歌が聞こえる (1999年5月1日)
    • アルバムU・STARから宇多田ヒカルがメインボーカルを担当した2曲をシングルカット。
    • THANK YOU 作詞:RA U. & H°IKASO U.(宇多田ヒカル) 作曲:RA U. 編曲:平岩嘉信
    • 子供たちの歌が聞こえる 作詞・作曲:RA U. 編曲:平岩嘉信

アルバム

  • STAR (1993年9月17日、1999年2月(再発売))
Cubic U

シングル

  • 冷たい月 〜泣かないで〜 c/w ゴールデン・エラ(1996年9月26日)
  • ゴールデン・エラ (1999年5月5日)
    • 藤圭子 with Cubic-U名義
    • 作詞・作曲:Ra U.and Sking.U 編曲:宮川彬良 メインボーカル:宇多田ヒカル
    • シングル「冷たい月 〜泣かないで〜」のカップリング曲だったこの曲を単独で再発売。
  • Close to You (1998年1月16日)
    • 作詞・作曲:Hal David and Burt Bacharach
    • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる