「宅配事業」とは?

関連ニュース

EC業界初!スタートトゥデイとヤマト運輸が連携し、「ZOZOTOWN」での購入時に、商品の受け取り場所としてオープン型宅配ロッカー「PUDO(プドー)ステーション」が指定可能に - 08月23日(水)15:00 

[ヤマト運輸株式会社] 1.背景  近年、スマートフォンの利用拡大もあり、Eコマースの利用が増加しています。それにともない、共働き家族の増加などによるライフスタイルの多様化により、宅配事業者の営業時間外に荷物を受取りたいと...
カテゴリー:

【物流】ドローンで荷物配送 新飛行ルール策定へ - 08月06日(日)14:50  bizplus

小型の無人機=ドローンを使った荷物の配送など物流への利用促進を目指して、国土交通省は今月にも専門家の検討会を立ち上げ、安全対策がとられたドローンは、監視がなくても飛行できるなど新たな飛行ルールを策定することを決めました。 政府はドローンを使った荷物の配送を来年から山間部で、2020年代には都市部で始めることを目指していますが、現在の航空法ではドローンは常時、目視で監視できる範囲でしか飛行できません。 このため、国土交通省は今月にも経済産業省と合同で専門家の検討会を立ち上げ、ドローンによる配送を...
»続きを読む
カテゴリー:

【宅配便】佐川急便も11月から運賃値上げ 個人向け1.1%~33.3%↑ - 07月26日(水)18:03  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASK7V5H4PK7VULFA01V.html  宅配便大手の佐川急便は26日、個人客向けの基本運賃を11月21日から値上げすると発表した。対象は、縦・横・高さの3辺合計が80センチ超の荷物。2004年に宅配事業に本格参入してから、基本運賃を上げるのは初めてとなる。  基本運賃は、荷物の大きさと運ぶ距離ごとに定めている。値上げにより、3辺合計が80センチ超~100センチの荷物は60円、100センチ超~120センチは230円、140センチ超~160センチは180円(いずれも税別)を、それ...
»続きを読む
カテゴリー:

再配達問題で、過半数が「配達員にねぎらいの声がけ」 - 08月09日(水)11:00 

[株式会社ジャストシステム] [画像: https://prtimes.jp/i/7597/260/resize/d7597-260-240176-0.jpg ] 【調査結果の概要】 ■再配達問題の報道以降、過半数が「配達員にねぎらいの声をかけるようになった」 ECの再配達問題といった宅配事業...
カテゴリー:

【運輸】 アスクル「置き配」で再配達率1%台へ 配達員が置いた荷物を撮影、購入者に送信 - 07月29日(土)08:35  bizplus

アスクルが個人向け通販「ロハコ」の利用者向けに、玄関先など指定の場所に荷物を置いてもらう「置き配」や段ボールの回収サービスを来月2日から東京や大阪の一部で始めることが28日わかった。 置き配は再配達削減のため、ネット通販各社や宅配事業者が導入を進めており、アスクルは新サービスで再配達率を1%台まで減らすことを目標にする。 アスクルの置き配は、都心を中心に東京都内10区や大阪市内9区を対象地域として、配達時間の1時間単位での指定や配達10分前のアプリへの通知などができる受け取りサービス「ハッピー...
»続きを読む
カテゴリー:

「宅配事業」の画像

もっと見る

「宅配事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる