「宅配事業」とは?

関連ニュース

【UBER】マクドナルド ウーバ-の宅配導入 都内33店、公園などへも 大戸屋、スシローも導入 - 06月27日(火)07:37 

日本マクドナルドは26日、東京都内の33店で29日から、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの宅配事業「ウーバーイーツ」を導入すると発表した。 利用者は、スマートフォンの専用アプリやウェブサイトを通じ、近くのマクドナルドからハンバーガーなどを取り寄せられる。配達手数料は1回税込み380円で、利用時間は午前10時半~午後11時。 日本マクドナルドは、自社サイトや電話で注文を受け、店員が客の自宅やオフィスに配達する「マックデリバリー」を全国約200店で展開中。 ウーバーイーツは、建物以外の公...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】「未払い残業代」に質問相次ぐ ヤマトHDが株主総会…大幅減益 - 06月24日(土)18:21 

 違法な長時間労働が常態化し、大規模な残業代の未払いが発覚した宅配便最大手、ヤマトホールディングス(HD)の株主総会が23日、東京都内であった。山内雅喜社長は、荷物量の増加や人手不足に体制の構築が追いつかない状況に陥ったことを「厳粛に受け止める」と陳謝。株主からは、労働環境の改善に向けた対策を問う質問が相次いだ。  総会には昨年を100人ほど上回る約450人の株主が出席。所要時間は昨年より20分長い約2時間だった。山内氏は冒頭、「多額の一時金発生などによる大幅な減益という結果について、心よりお...
»続きを読む
カテゴリー:

秋元才加 宅配業界の実態に驚き「1日に約200万個の荷物が再配達に!」 - 06月19日(月)11:00 

生活に身近な情報や政府の取り組みをわかりやすくお届けするTOKYO FMの番組「秋元才加のWeekly Japan!!」。 6月17日(土)の放送では国土交通省 総合政策局 物流政策課 課長の平嶋隆司さんをゲストに迎え、「1回で受け取ろう! 宅配便の再配達を減らす方法」をテーマにお話を伺いました。 インターネットの普及に伴い、さまざまなものがネット通販でショッピングできるようになり生活がとても便利なった反面、宅配事業者の人手不足や長時間労働の問題などいろいろな課題も抱えています。 平成27年度の国土交通省の実績調査によると、宅配便で全国の家庭に届く荷物の数は、1日に約1000万個(※1世帯4人家族の場合で換算すると、1年間におよそ120個の荷物を受け取っていることに!)。 そして、1日約1000万個の荷物のうち、およそ2割にあたる約200万個もの荷物が再配達になっているのだそうです。 そんな実態を聞いた秋元は「……ということは、配達するドライバーさんの負担が200万回分もプラスされているということですよね!?」と驚きを隠せない様子。 平嶋さんによると、その再配達によって増えた時間を換算すると、年間でおよそ1億8000万時間にも上るそうで「年間9万人に相当するドライバーが再配達に費やされている計算になります」と説明。 宅配便の取扱件数は年々増加の一途をたどっており、人...more
カテゴリー:

マルエツ、宅配ロッカーを設置 8月末までに「100店」目標 - 06月15日(木)08:00 

関東地方に店舗を展開するスーパー大手の「マルエツ」が、宅配ロッカーサービスの「パックシティジャパン」と協力し、一部店舗で宅配ロッカーの設置を進めている。すでに2017年5月から、6店舗で稼働。8月末までに、全店舗(292か店、4月12日現在)の3割強の100店への設置を目指す。 買い物のついでに荷物を受け取り マルエツの担当者は2017年6月14日、J-CASTニュースの取材に、「来店頻度の高いスーパーは、何かの用事のついでに立ち寄ることも多いはず。買い物と同時に荷物を受け取れると便利になるのではないか」と、宅配ロッカーを設置する意義を語った。 マルエツの宅配ロッカーは、宅配便の受け取りロッカーを展開するパックシティジャパンが運営する。同社の担当者によると、マルエツで運営している宅配ロッカーは、オープン型の「PUDOステーション」という。 宅配ロッカーの利用で業務提携を結んでいる宅配事業者は、ヤマト運輸と佐川急便、順豊エクスプレスの3社としている。 ただ、現在マルエツで利用できるのは、ヤマト運輸の会員制サービスの登録者が再配達の指定先として利用できるようになっているのみ。マルエツの担当者は、「順次、サービスの利用対象を広げていき、佐川急便と順豊エクスプレスの荷物も受け取れるようにする」と話す。 国土交通省によると、2015年度の宅配便取扱個数は、前年度と比べて1億3114万個(3....more
カテゴリー:

【宅配】ヤマト、大口値上げ15%以上 「個人より幅大きく」 - 06月14日(水)07:57 

宅配最大手ヤマトホールディングス(HD)の山内雅喜社長は13日、日本経済新聞の取材に応じ、大口顧客と交渉中の運賃改定について「法人の見直し幅は個人より大きくなる」と述べ、平均15%以上の値上げを求める考えを示した。 配達員への負担が重い当日配送に割増料金を設けることも検討。サービスの質に応じた運賃を求め、宅配インフラの維持を目指す。 宅配事業を手掛ける子会社のヤマト運輸は、個人が対象となる基本運賃…※続く 配信 2017/6/14 2:00 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます http://www.nikkei...
»続きを読む
カテゴリー:

マック、ウーバ-の宅配導入 都内33店、公園などへも - 06月26日(月)19:38 

 日本マクドナルドは26日、東京都内の33店で29日から、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの宅配事業「ウーバーイーツ」を導入すると発表した。利用者は、スマートフォンの専用アプリやウェブサイト…
カテゴリー:

「車と人をかき集めろ!」 物流企業間でヤマトが撤退方針のアマゾン当日配達「争奪戦」が始まる…新聞配達店も候補に - 06月21日(水)13:13 

ヤマト運輸は総量規制で8000万個の荷物を減らし、当日配達から撤退する方針だ。そこに目を付けた新興勢力が、のろしを上げた。一方、佐川急便と日本郵便はどう出るのか。(週刊ダイヤモンド編集部 柳澤里佳) 「車と人をかき集めろ!」。中堅物流企業、丸和運輸機関の和佐見勝社長はこう社内にげきを飛ばしている。「桃太郎便」で展開する宅配事業を強化するためだ。5月、軽ワゴンを新車でなんと1万台発注。年内に3500台が納品予定だ。中古車も500台ほど手当てした。 「ラストワンマイルは今がチャンス。ネット通販が伸び盛りの中、...
»続きを読む
カテゴリー:

ファンデリーは自律調整一巡して5月の上場来高値試す、健康食宅配会員数増加基調で18年3月期も2桁増益予想 - 06月19日(月)09:18 

ファンデリー(東マ)は健康食宅配事業を主力として、ヘルスケア総合企業を目指している。
カテゴリー:

【物流】ヤマト、大口値上げ15%以上 「個人より幅大きく」 - 06月14日(水)14:49 

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13HWU_T10C17A6EA2000/?n_cid=TPRN0001 2017/6/14 2:00日本経済新聞 電子版  宅配最大手ヤマトホールディングス(HD)の山内雅喜社長は13日、日本経済新聞の取材に応じ、大口顧客と交渉中の運賃改定について「法人の見直し幅は個人より大きくなる」と述べ、平均15%以上の値上げを求める考えを示した。配達員への負担が重い当日配送に割増料金を設けることも検討。サービスの質に応じた運賃を求め、宅配インフラの維持を目指す。  宅配事業を手掛ける子会社のヤマト運輸は、個人が対象...
»続きを読む
カテゴリー:

「宅配事業」の画像

もっと見る

「宅配事業」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる