「学習指導要領」とは?

関連ニュース

【教育】早ければ2018年度から! なぜいまプログラミングなの? - 04月27日(木)09:30 

 各教科の目標や学習内容を定めている学習指導要領の改定で、2020年度から、国内の小学校でプログラミング教育が必修になります。改定内容は各学校の判断で先取りが可能で、早ければ2018年度から、改定内容を踏まえたプログラミング教育が小学校ではじまります。 なぜ、小学校でプログラミング教育が必修になるのでしょうか。新しい学習指導要領では、プログラミング教育について、「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるため学習活動」と規定しています...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

全例文に“うんこ”の漢字ドリル好セールス - 04月27日(木)04:00 

今週発表の最新5月1日付けのオリコン週間“本”ランキング(集計期間:4月17日〜23日)の総合部門にあたるBOOK部門では、新学習指導要領対応の学習参考書でありながら、3,018の例文すべてに「うんこ」のワードを使った小学1〜6年生対象の漢字学習ドリル「日本一楽しい漢字ドリルうんこ漢字ドリル」(編著:文響社編集部/文響社/3月24日発売)が急上昇。「〜小学2年生」が週間1.7万部で先週35位から5位、「〜小学1年生」が週間1.6万(16,346)部で先週34位から6位、そして「〜小学3年生」が週間1.6万(15,550)部で先週28位から7位に順位を上げ、同一シリーズの学習参考書による同時TOP10入り最多記録となる3作同時TOP10入りを達成した。
in English
カテゴリー:

大前研一氏 「忖度」行政は我が国の文化に反する - 04月25日(火)07:00 

 今年を代表する流行語となりそうな「忖度(そんたく)」は、安倍晋三政権下の政治や行政に蔓延している。森友学園問題や、「道徳の教科書」でパン屋が和菓子屋に変更されたことなどに表れている。経営コンサルタントの大前研一氏が、日本の伝統文化がもつ本来の精神性について、実例を挙げながら忖度とは正反対の日本文化の精神性について解説する。  * * *  安倍首相は「戦後レジームからの脱却」を唱え、本音では東京裁判やアメリカに押しつけられた現行憲法を否定している。ところが、アメリカの上下両院やハワイ・真珠湾での演説では「日本にとって、アメリカとの出会いとは、すなわち民主主義との遭遇でした」「和解の力」などとおべんちゃらを連発した。本音と建前が完全に乖離しているのである。  そんな安倍首相の持論は、「美しい国」の復活だ。そして、安倍政権下の学習指導要領は「伝統と文化の尊重、国や郷土を愛する態度」を養えと説いている。これでは“戦前回帰”を目指しているようにしか見えない。  だが、そもそも日本固有の文化や生活とは何か?  日本の伝統文化というものを考える上で、私がいつも思い出すのは台湾の故宮博物館である。あそこを訪れると、書画にしても陶芸にしても蒔絵にしても、日本の範はすべて中国にあると痛感せざるを得ないのだ。私が大好きな江戸中期の画家・伊藤若冲でさえ、もともとは中国の絵を模写することで、その腕を磨い...more
in English
カテゴリー:

みんなのコード、授業で使えるプログラミング教材「プログル」無料提供 - 04月18日(火)15:15 

 みんなのコードは4月18日、学校の授業ですぐに使えるプログラミング教材「プログル」を無料で提供開始したと発表した。児童が自分たちの力で取り組むことができ、ログインやインストールは不要。さまざまな学校のICT環境で利用できる。 次期学習指導要領では、小学校のプログラミング必修化について、「総合的な学習の時間」や「各教科内」で実施することになった。しかし、プログラミングの専門家ではない教員が既存の汎用的なプログラミング教材を利用して「教科内でのプログラミング教育」を実践するのは容易ではないことから、同社はプログラミング教材「プログル」を開発した。 「プログル」は、「できること」「やること」「かんがえること」の目的に特化したドリル型のコース設計。児童が自分たちの力で取り組むことができ、学習ペースの異なる児童がそれぞれのペースで深く学習できる。先生にとっては課題が明確のため授業設計しやすい。先生の意見を取り入れて開発されたシンプルな画面構成により、難しい前提知識がなくても簡単にプログラミング教育を実践することができる。また、ログインやインストールの必要がなく、さまざまな学校のICT環境で利用できる。 コースは「公倍数コース」と「多角形コース」の2種類。公倍数コースでは、小学校5年生の算数の単元である公倍数を学習する。1~30までの数字をキャラクターに数えさせながら、「3で割り切れる数」や...more
in English
カテゴリー:

中学校の授業採用で話題! 全日本銃剣道連盟・副会長に聞く「銃剣術との違い」 - 04月18日(火)06:00 

各種報道で話題となっている“銃剣道”。旧日本軍を連想させる前時代的なビジュアルだけでなく、謎が多すぎな銃剣道とはいったい!? * * * 3月31日に文科省が公示した「中学校学習指導要領」で、保健体育の授業で習う武道の選択肢として“銃剣道”が明記された。これにより2021年より銃剣道が中学の授業で扱えることになったのだが……。 当然、各メディアや、ツイッターをはじめとするネット上では【軍靴の音がー!!】という感じで不快感が強め。確かに、着剣された小銃を模した木銃(もくじゅう)を持ち、対戦相手を突く。その姿が旧日本軍の戦闘スタイルをイメージさせがちな銃剣道だが、果たしてその実態は? 全日本銃剣道連盟の鈴木健副会長に聞いてみました。 鈴木「1884年、フランスの銃剣術が日本に導入されました。しかし、古くから槍術(そうじゅつ)に親しんだ日本人には不向きでした。そこで日本式の銃剣術の研究がスタートしたのです」 ―完全に軍用ですよね。その後、どう発展を? 鈴木「1894年に江戸時代から続く剣術の流派である津田一伝流を取り入れ、日本独自の銃剣術が確立します。その後、日清・日露戦争の実戦経験から新たな技を取り入れ、1940年に初め...more
in English
カテゴリー:

日本一楽しいと話題の漢字ドリル、3作同時TOP10入り - 04月27日(木)04:00 

 新学習指導要領対応の学習参考書でありながら、3018の例文すべてに「うんこ」のワードを使った小学1~6年生対象の漢字学習ドリル『日本一楽しい漢字ドリルうんこ漢字ドリル』の『~ 小学2年生』、『~ 小学1年生』、『~ 小学3年生』3作(3月24日発売)が、5/1付オリコン週間“本”ランキングの総合部門にあたるBOOK部門で急上昇した。 【画像】全ての例文で「うんこ」を使用  『~ 小学2年生』は、週間1.7万部(先週35位→5位)、『~ 小学1年生』は、週間1.6万部(先週34位→6位)、『~ 小学3年生』は、週間1.6万部(先週28位→7位)を売り上げ、それぞれ順位が上昇。同一シリーズの学習参考書による同時TOP10入り最多記録となる3作同時TOP10入りとなった。(※1、2年生向けの作品名は『日本一楽しい漢字ドリル うんこかん字ドリル』/当ランキングは2008年4月から集計・発表開始)。  これまで同一シリーズの学習参考書による最多同時TOP10入りは、初音ミクなどのボーカロイド曲で勉強ができる参考書『MUSIC STUDY PROJECT』シリーズの『~ ボカロで覚える中学歴史』、『~ ボカロで覚える中学理科』(2016年4月発売)が2016/7/18付で、それぞれ4位と8位を記録した同時2作だった。  なお、『~ うんこ漢字ドリル』は、前出3作以外の同日発売3作も好...more
in English
カテゴリー:

「忖度の連鎖」が蔓延する安倍政権下の日本 - 04月26日(水)07:00 

 日常生活ではあまり使われることがなかった言葉「忖度(そんたく)」が、森友学園問題が起きて以来、ちょっとした流行語となっている。経営コンサルタントの大前研一氏が、政治や行政の世界に「忖度」が蔓延し、連鎖していることが日本の文化とは本来、合っていないことを解説する。  * * *  森友学園問題の発覚以降、今年の流行語になった「忖度(そんたく)」。それは単に一学校法人の問題にとどまらず、「安倍一強」体制が長期化して政権の“暗黙の圧力”が強まる中で役人や議員たちの間に蔓延した弊害にほかならない。  一例は「教育勅語」を学校で教材として用いることの是非をめぐる議論だ。松野博一文部科学相は4月4日の記者会見で「どの教材を使ってどう教えるかは、憲法などに反しない限りは一義的には教員、学校長に権限があり、問題があれば所轄庁、所管庁が適切に指導すると考えている」と述べた。これでは結局、教育現場が政府の意向を忖度して判断することになる。  もともと安倍晋三首相は「教育勅語」について、官房長官時代の答弁で「大変すばらしい理念が書いてある」と評価しているのだから、周囲はその復活が首相の本意だと忖度するだろう。  新たに始まる「道徳の教科化」でも、安倍政権の意向を色濃く反映する状況になっている。たとえば、文科省の教科書検定で小学校1年の道徳の教科書では「パン屋」が「和菓子屋」に、「アスレチック公園」が「...more
in English
カテゴリー:

横浜や中学生もOK、バイリンガル教師「お迎えシスター」エリア対象拡大 - 04月19日(水)13:45 

 バイリンガル教師による子ども向けプライベート英語レッスン「お迎えシスター」を提供するSelan(セラン)は、サービス提供エリアを従来の港区や渋谷区から大きく拡大し、対象年齢も従来の上限小学6年生から中学3年生まで引き上げると発表した。 「お迎えシスター」は、海外経験3年以上、面接試験通過率20%という条件を突破したバイリンガル教師が、子どもを保育園や学童にお迎えに行き、自宅へ帰宅後英会話レッスンをするという、「お迎え」×「英会話」を組み合わせた子ども向けプライベート英語レッスンサービス。2015年1月のスタート以降、共働き世帯の増加や、新学習指導要領による小学3年生からの英語必修化の流れなどを受け、直近1年での利用者数は7倍に増加、継続率も93%と高い水準を維持しているという。 今回、4月から新たに仕事復帰する母親や子どもたちの進学といった新学期の習い事ニーズに合わせて、サービス提供エリアと対象年齢を拡大する。エリアは、従来の東京都港区・渋谷区に続き、世田谷区・目黒区・中央区・大田区・新宿区・中野区・横浜市の9エリアへ拡大。対象年齢は、従来の「5歳~小学6年生まで」から「5歳~中学3年生まで」へ拡大し、幼児期から中学生まで一貫したレッスン環境を整備した。 さらに、英語レッスンのみの希望者向けに、新たにお迎え不要の「週1回ショートレッスン60分」メニューも提供開始する。これにより、...more
in English
カテゴリー:

プログラミング教材「プログル」をリリース - 04月18日(火)12:00 

[一般社団法人みんなのコード] [画像1: https://prtimes.jp/i/15742/12/resize/d15742-12-937635-1.jpg ] 【プログルとは】 文部科学省では次期学習指導要領での小学校のプログラミング必修化について、「総合的な学習の時間」や「各教科内...
in English
カテゴリー:

小学校英語「早期化」約8割肯定、中学校改革の認知度低く - 04月17日(月)12:15 

 小学校英語教育の「早期化」および「教科化」について、それぞれ7割以上の保護者が肯定的であることが、英会話教室イーオンが実施した「子どもの英語学習に関する意識調査2017」で明らかになった。一方で実施に向け不安点や課題も浮き彫りになっている。 調査は、全国のイーオンキッズに通う小学生の子どもを持つ保護者500人と、全国の英会話教室に通っていない小学生の子どもを持つ保護者500人の計1,000人を対象に、インターネットにて実施したもの。調査期間は4月1日~4月2日。2020年度から施行される新学習指導要領が3月31日に告示されたことを受け、大きな変革を迎える英語教育について保護者がどう認識し考えているのかを把握するねらい。 新学習指導要領で今後変更が予定されている英語教育のおもな4点について現時点での認知度を調査したところ、「小学校英語の教科化」についての認知度は比較的高く74.6%が「知っている」と回答。一方、もっとも認知度が低かったのは「中学英語では2020年より原則英語で英語の授業を行う」という項目で36.8%にとどまった。「小学校英語の早期化」は認知度59.5%、「大学入試センター試験の廃止と新テスト導入」の認知度は53.3%であった。 小学3~4年生から英語教育を開始する「小学校の英語教育の早期化」については、64.2%が「よいこと」と回答。さらに「もっと引き下げるべき」と...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「学習指導要領」の画像

もっと見る

「学習指導要領」の動画

Wikipedia

学習指導要領(がくしゅうしどうようりょう)は、文部科学省告示する教育課程の基準である。

学習指導要領の概要

学習指導要領は、小学校中学校中等教育学校高等学校特別支援学校の各学校が各教科で教える内容を、学校教育法施行規則の規定を根拠に定めたもの。国立学校公立学校私立学校を問わずに適用されるが、実際の状況では公立学校に対する影響力が強い一方で、私立学校に対する影響力はそれほど強くない。なお、幼稚園または...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる