「学習指導要領」とは?

関連ニュース

安倍首相、「情報」科目は国英数のような基礎科目にと - 05月20日(日)19:11 

安倍晋三総理は高校の新学習指導要領で必修化される「情報1」を大学入学共通テスト科目として、各大学の判断で活用できるよう具体策を検討するよう文部科学大臣に17日指示した。
カテゴリー:

【EDIX2018】真のグローバリストを育成、灘式アクティブラーニング…和田孫博校長 - 05月18日(金)12:30 

 2020年からの新学習指導要領で示される、「主体的・対話的で深い学び」、いわゆる「アクティブラーニング」とは何だろうか。難関大学への進学者を多数輩出する、国内有数の進学校である灘中学校・高等学校校長の和田孫博(わだ まごひろ)氏は2018年5月17日、東京ビッグサイトで開催されている「第9回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」において、灘が実践する教育について特別講演を行った。 自らも灘中学校・高等学校の卒業生であり、母校に英語科教諭として就職したのち2007年から同校校長および灘育英会理事に就任した和田校長。仲間と切磋琢磨しあった時代を経て、今は子どもたちの学びを見守る立場にある同氏は、灘の教師らを「寄席芸人気質の教員集団」と表現する。職員室は「楽屋」で、教室は「舞台」。常に先輩教師の技を盗み、自らの教育法に昇華させる体質は、自走して学び続ける「アクティブラーナー」の鏡だ。良き師のもと研鑽を積む灘の生徒らは、まさに伸び伸び学んでいるようす。自由闊達な校風は、教師と生徒の学び合いの上に成り立つ賜物であることがわかる。 一体、どのような教育が“灘らしさ”を醸し出しているのか。和田校長は当日、講演で同校の成り立ちや、校是にもとづく灘の教育について伝授した。リベラルとバンカラ、灘の教育 灘中学校・高等学校は、兵庫県神戸市東灘区に位置する私立の男子中高一貫校。灘中学校は、中学校...more
カテゴリー:

初日の会場レポート!【教育 IT ソリューション EXPO(EDIX)/学校施設・サービス展】~ 5/18(金)まで東京ビッグサイトにて開催! ~ - 05月17日(木)13:22 

[リード エグジビション ジャパン株式会社] 明日(5月16日)まで東京ビッグサイトにて「第9回 教育ITソリューションEXPO」を開催しております。本展は、700社が一堂に出展する、教育分野日本最大の専門展です。 2020年より改訂される『新学習指導要領』...
カテゴリー:

【EDIX2018】英語4技能サービス、焦点は大学入試改革 - 05月17日(木)09:45 

 2018年5月16日から18日まで、東京ビッグサイトで開催されている教育分野の専門展「第9回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」。最先端のICT機器や教育ICT導入例を求め、多くの教育関係者が来場している。 「セキュリティゾーン」「学校業務支援ゾーン」「教材・教育コンテンツゾーン」「eラーニングゾーン」「ICT機器ゾーン」「学びNEXT みらいの学びゾーン」など6つあるゾーンのうち、「教育・教材コンテンツゾーン」の展示では2020年からの新学習指導要領に準拠した教材・教育コンテンツの展示が目立つ。 特に、進む大学入試改革を受け、現行の大学入試センター試験に代わる2020年度からの新入試「大学入学共通テスト」を見据えた新製品も多く打ち出されていた。そのうち、今回は英語の民間試験導入を焦点に、グローバル人材の育成に必要な「話す、聞く、読む、書く」の「英語4技能」を育てる教材をいくつか紹介しよう。Z会 ICTを活用し、個別に英語4技能学習を進めることができるiPadオンライン講座「Z会Asteria(アステリア)」を展示中。全部で3つある講座のうち、英語に関わるのは「英語4技能講座」だ。画像:Z会ブースで展示されているAsteria 最新テクノロジーによる指導で、個人の理解や学習進度に合わせて学べるアダプティブラーニング方式の「Training」と、人による指導「Brush ...more
カテゴリー:

大学入学共通テスト、情報科目の導入を検討 - 05月16日(水)13:15 

 政府は次期学習指導要領を踏まえ、平成36年度以降の大学入学共通テストに、プログラミングなどの情報科目の導入を検討する。IT人材育成に繋げるのが狙い。平成36年度以降の方針については、平成33年度を目途に策定・公表予定。 大学入学共通テストは、大学入学希望者を対象に、高等学校段階の基礎的な学習の達成の程度を判定し、大学教育を受けるために必要な能力について把握するテスト。大学入試センター試験に代わり、平成33年度入学者選抜より導入される。 次期学習指導要領で高等学校の教科・科目が抜本的に見直されることから、平成36年度以降は教科・科目の簡素化を含めた見直しを図る。平成36年度以降の方針については、平成33年度を目途に策定・公表予定。 平成34年4月1日に施行される新高等学校学習指導要領では、情報科の科目を再編し、すべての生徒が履修する「情報I」を新設し、プログラミングやネットワーク(情報セキュリティを含む)、データベース(データ活用)の基礎内容を必修とする。また、データサイエンスなどに関する内容を充実させる。 政府は、大学入学共通テストの情報科目導入を含めたIT人材育成について、未来投資会議の中で検討を進めていくとしている。【関連写真】大学入学共通テスト、情報科目の導入を検討■関連記事東大、民間英語認定試験の活用で方針転換…大学入学共通テスト大学入試改革、7割以上の保護者「不安」大学...more
カテゴリー:

【夏休み2018】先生のための金融教育セミナー、小中・高向け開催 - 05月18日(金)18:15 

 金融広報中央委員会主催の「2018年度 先生のための金融教育セミナー」が2018年8月に東京都千代田区の日本教育会館で開催される。8月10日は小学校・中学校向け、8月17日は高校向けに開催。参加無料で6月上旬に募集を開始する予定。 対象は、全国の小学校・中学校・高等学校・高等専門学校・高等専修学校・特別支援学校(学級)・大学の教員、教育委員会指導主事および教職を目指す大学生・大学院生。児童生徒の生きる力を育むことを目的に、先生たちで金融教育について考える場を提供する。 セミナーでは、小学校・中学校向け、高校向けともに午前中に「新学習指導要領の下での金融教育」と題したパネルディスカッションを実施。午後からは4つの分科会に分かれ、全国の小中高校などによる実践発表を行い、その後発表に関連する内容のワークショップを行う。アクティブラーニングを手法として取り入れた例など、金融教育の実践に役立つノウハウやヒントを紹介するという。 定員は各日とも約160名。参加費は無料だが、現地までの交通費や宿泊代、昼食代などは各自負担となる。募集は6月上旬頃開始予定。FAX応募欄付きの募集チラシを金融広報中央委員会Webサイトに掲載するとともに全国の小中高校等に送り、FAXおよびメールにて申込みを受け付ける。なお、セミナー参加者を対象とした「日本銀行貨幣博物館の見学プログラム」を各セミナーの前日に開催。申込...more
カテゴリー:

大学入学共通テストで「情報」出題を検討 文科省 - 05月17日(木)23:00 

 文部科学省は、大学入試センター試験に代わる大学入学共通テストで「情報」を出題の教科に加える検討を始めた。林芳正文科相が17日、成長戦略を作る政府の未来投資会議で表明した。新しい高校の学習指導要領で情…
カテゴリー:

【EDIX2018】カギは「学校導入」プログラミング教材展示の今 - 05月17日(木)13:00 

 年々高まるプログラミング教育への注目。2020年からの学習指導要領で小学校で必修化されることが決定されて以来、教育現場での最大の関心は「どの教材をどのように導入し、活用するか」という点にある。その傾向は、2018年5月16日から東京ビッグサイトで開催されている「第9回 教育ITソリューションEXPO(EDIX)」でも見られた。 「EDIX(エディックス)」は、教育業界における業務支援システム、ICT機器、デジタル教材、eラーニング、各種学校向けサービスなどが一堂に展示される、教育分野では国内最大級の専門展。「セキュリティゾーン」「学校業務支援ゾーン」「教材・教育コンテンツゾーン」「eラーニングゾーン」「ICT機器ゾーン」「学びNEXT みらいの学びゾーン」の6つに分かれ、出展企業・団体が最先端の学校関連教材・サービスを紹介している。プログラミング教材展示の中心地「学びNEXT」 そのうち、STEM教育やAI・ロボット、EdTech(エドテック)やプログラミング教材が集うブースが「学びNEXT みらいの学びゾーン」。2016年の第7回EDIXで新設されたゾーンで、毎回、盛況のようすを見せている。カギは「学校導入」 提示情報に変化 展示が盛り上がる一方で、来場者からは「教材やサポートが多々あることはわかったが、何をどのように教育現場に落とし込めばよいのかわからない」という悩みの声があ...more
カテゴリー:

【EDIX2018】プログラミングは「楽しい」 学ぶ力を養う導入例…帝塚山小学校・池田節校長 - 05月16日(水)17:13 

 「何でもかんでもはできない。教師と子どもには限界がある。でも、子どもたちには最先端の教育を与えたい。では、どうすればいいのか」―奈良県奈良市の帝塚山小学校 校長の池田節氏は、2018年5月16日に「教育ITソリューションEXPO」で行われた専門セミナーにおいて、プログラミング教育導入の意義と魅力について説いた。 約20年にわたり「英語教育」と「情報科」のふたつを掲げ、子どもたちによりよい学びの場を授けようとしてきた帝塚山小学校。2020年に向けて活気づく、学校教育現場への「プログラミング教育」導入のヒントを得ようと、講演会場を訪れた。最先端の教育を子どもに…「情報科」の進化 帝塚山小学校(てづかやましょうがっこう)は、2017年で創立65周年を迎えた、奈良県奈良市に所在する私立小学校。池田校長は2012年に同小学校校長に就任した。 帝塚山小学校が「情報科」授業のカリキュラムにプログラミング教育を組み込んだのは、2016年のこと。当初は3年生から5年生を対象に「プログラミング学習」を導入した。2017年からは、全学年が独自カリキュラムのもと、低学年は文部科学省の「プログラミン」、高学年は「スクラッチ」を活用し、プログラミングによるアニメーション作成や「卒業論文」制作(小学校6年生)に取り組んでいるという。 もともと同小学校にはICT教育の中心を担う「情報科」という授業があり、その時...more
カテゴリー:

現在の教育制度は明治時代から変わっていない!?2020年「新学習指導要領」の真実とは【衆議院議員・下村博文】 - 05月15日(火)12:00 

2020年の教育改革で、小学校に外国語活動として英語教育が本格導入されたり、道徳が教科になったりと、これまでの教育と大きく変わります。ところで、なぜ教育改革を実施する必要があるのでしょうか? 長年日本の教育問題に取り組んできた下村博文元文部科学大臣にお話を伺いました。 2020年4月から「新学習指導要領」が実施される 2020年の4月から全国の小学校で「新学習指導要領」が実施されます。それにともない道徳が教科に加わり、小学校3・4年生から外国語活動が始まり、5・6年生からは英語が教科として成績がつくようになります。もう1つ大きな改革でいえば、大学入試センター試験が廃止され、「大学入学共通テスト」がスタートします。 現在の学校制度は、明治時代に導入した「義務教育法」がベース 一言でいえば、時代の転換期です。現在の学校制度は、明治時代に導入した義務教育法をベースとしているのです。明治は西洋の文化に追いつけ追い越せの時代、戦後は高度成長期を支える優秀な人材を育てるための理にかなった教育法でした。ところが、1990年代を境に情報化社会になってからは、教育に求められる質が変わってきたのです。 これまでの教育は「学んだことをきちんと理解しているか」が重要でしたが、これからは「学習して学んだことを社会の中でどう生かすのか」ということが重要になってきます。つまり、変化の激しい21世紀の社会を...more
カテゴリー:

もっと見る

「学習指導要領」の画像

もっと見る

「学習指導要領」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる