「孤独死」とは?

関連ニュース

職歴ゼロの41歳に未来はあるのか? 税金、保険料、ケータイ料金も年老いた両親に頼る日々 - 05月28日(日)08:54 

働き盛りの世代でありながら、独身かつ無職――。ここでは、一度のつまずきで社会から孤立してしまった男たちの日常に密着取材を敢行。彼らが無職となった理由は何なのか? なぜ孤立から抜け出せないのか? 決して他人事ではない、彼らの心の叫びに迫った。 ◆職務経験まったくなし。老いゆく親に不安を抱く ●相沢康英さん(仮名・41歳)/無職歴41年/前職アルバイト  「人生で一度も定職に就いた経験がない」という相沢康英さん(仮名・41歳)。密着取材をしたこの日は昼すぎに起床。大量のモノに埋もれた部屋で読書に勤しんでいる最中だった。長年の定位置である万年床に座り、職に就かなかった理由をこう語る。 「僕が高3の頃はちょうど就職氷河期でした。僕よりうんと優秀な生徒でも就職活動に失敗していたのを目にし、僕なんかが職に就けるわけがないと思ってしまったんです。まぁ、それを言い訳にして面倒な就活から逃げていた部分もあったんでしょうが……」  進路を何も決めずに高校を卒業した後は、アルバイトで生活費を稼ぐ日々が始まったという。 「甘栗の販売や建設現場、翻訳会社の事務など、さまざまなバイトをしましたが、どれも長くは続きませんでした。特に、運送業や引っ越し業者などの肉体労働はすぐ面接に受かるのですが、持病の喘息が出てしまって体力的に続かなかったんです。20年近いアルバイト生活のなかで一番続いたものでも、期...more
カテゴリー:

<災害公営住宅>孤独死宮城で43人 増加傾向 - 05月25日(木)06:05 

東日本大震災に伴い宮城県内の被災者が入居している災害公営住宅で、誰にもみとられずに亡くなる「孤独死」が3月末時点で43人に上ったことが24日、県のまとめで分かった。入居が本格化した2016年から増加傾
カテゴリー:

無職12年の独身50代、メール相手もいない…2500万円のマンションで孤独死を待つ生活 - 05月22日(月)08:54 

ファミリー世帯が多い分譲マンション、玄関を開け出迎えてくれた田中淳一さん(仮名・51歳)の目は虚ろで、呂律が回ってない状態だった。「すいません、病気もあって、あまりうまく喋れなくて……」[…]
カテゴリー:

女性たちの間で密かなブーム「空中ブランコ教室」に潜入『マツコ会議』 - 05月21日(日)11:10 

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。5月20日の放送は、女性たちの間で密かに人気の空中ブランコ教室を探った。名古屋の閑静な住宅街にある「フランインフィット」は、日本で唯一の室内型の空中ブランコ教室で、料金は120分6000円。建物はちょっとした体育館ほどの大きさがあり、中には、空中ブランコ用の7メートルの高さのスタート台が設置してあった。空中ブランコの体験を終えたばかりの36歳の女性に、「失礼な質問になっちゃうかもしれないんですけど」と前置きし、「何のために?」と習う理由を尋ねるマツコ。女性によると、「小さい頃の夢がサーカスの空中ブランコのお姉さん」だったが、その夢は大人になるにつれ薄れ、現在は、作業療法士の仕事を続けながら、趣味としてこの教室に通っているという。また、空中ブランコを体験した瞬間はアドレナリンがたくさん出るので、楽しい状態になると熱弁。マツコに精一杯、空中ブランコの魅力を伝えていた。しかし、「聞いていてもよくわからんのよ」と、マツコにはいまいち魅力が伝わっていない様子。ここで、マツコが「ヤギさん、あなた飛んでみて」と、中継班の“ヤギ”こと、川端ディレクターに、実際に空中ブランコを体験するように指示。7メートルの高さから飛び立ち、脚を...more
カテゴリー:

友達も無く…「4か月風呂に入らない」生活を送る43歳自虐うつ男のリアル - 05月14日(日)09:00 

 些細なことをきっかけにして生活意欲を失い、自身の健康や衛生、人生に対して捨て鉢になってしまうセルフネグレクト。放置すると、ゴミ屋敷から孤独死まで向かってしまうという恐ろしい状態が今、30~40代を中心に広がっているという。週刊SPA!5/16号でも「死を招く自虐うつの正体」と題し、この自暴自棄に陥ってしまう人たちのメカニズムを紹介したが、その取材の中で出会った坂田住太さん(仮名・43歳)も、そんなセルフネグレクト状態に陥ってしまった一人だ。まずは彼の物語から振り返ってみたい。 ◆30歳すぎから友人もいなくなった  銀行員の父親のもと真面目な家庭で育ち、高校は地元の進学校を卒業。東京の大学に進み、彼女もできるなど普通の学生生活を送っていた。しかし、就職活動に失敗したあたりから人生が狂い始める。 「就職せずに職を転々としました。ペンションで住み込み従業員になってみたり、ラブホテルで働いてみたりしたんですが、どれも長続きせずに、次第に“働くことが怖い”と感じるようになって、お酒を大量に摂取するようになったんです」  30歳をすぎると、当時付き合っていた半同棲中だった彼女にも「出ていけ!」と言われ、「学級委員長だった俺が誘っても、友人は誰も一緒に飲んでくれない」(坂田さん)状況になり、友達もいなくなる中、孤立。気がつけば、引きこもり状態になっていた。 「ある日、お酒を飲んでいた...more
カテゴリー:

長時間労働に耐えかね36歳で無職に…ネットやゲーセンで不安をごまかす日々 - 05月26日(金)08:55 

働き盛りの世代でありながら、独身かつ無職――。ここでは、一度のつまずきで社会から孤立してしまった男たちの日常に密着取材を敢行。彼らが無職となった理由は何なのか? なぜ孤立から抜け出せないのか? 決して他人事ではない、彼らの心の叫びに迫った。 ◆長時間労働を苦に退職。待っていたのは焦燥感 ●長浜良則さん(仮名・36歳)/無職歴6か月/前職印刷会社  6年前に印刷会社への転職のために関西から上京した長浜良則さん(仮名・36歳)。ここ2~3年は人手不足が慢性化し、時間外労働は月100時間を超えたほか土日出勤も当たり前に。そんな環境に耐えかね、昨年10月に退職した。 「朝9時に出勤し、帰りは毎晩24時前後。家には寝に帰るだけという仕事漬けの毎日でした。残業が増えるに従って、動悸がすることも増えてきて……。それまでも何度か辞めたいと会社に申し出たのですが、そのたびに人手が足りないと引き留められてしまって辞められず。結局、『地元に帰って家族の介護をしなければならない』と嘘をついて無理やり辞めました。次の職のあてはまったくなかったのですが、まだ40前だし探せばなんとかなるだろうと。とにかく、逃げ出したい一心だったんです」  退職後しばらくは仕事に追われることのない自由な日々に清々しさを感じていたという長浜さん。だが退職から2か月、そろそろ働こうかと腰を上げた瞬間に現実の厳しさを知ること...more
カテゴリー:

「島倉千代子」絶縁弟が孤独死 過去には姉を告発も - 05月23日(火)05:57 

 中絶、離婚、借金、がん――。島倉千代子の「人生いろいろ」がヒットしたのは、それが歌い手自身の人生と重なり合っていたからであろう。そして没後4年を経ても「いろいろ」は続いていて……。「絶縁」していた実弟が、孤独死していたのだ。  ***  千葉県市原市の築40年経つ一軒家。ここで76歳の男性の遺体が見つかったのは2月末のことだった。遠方に住む女性家主が言う。 「(借主の)征夫さんは心臓が悪く、何かあるといけないので朝と晩に連絡する約束をしていました。2月25日の朝は話ができたのですが、その晩から電話が通じなくなった。27日の朝になっても繋がらないので、隣宅の方に様子を見てもらうことにしたのです」  隣のご主人が言葉を継ぐ。 「呼びかけても反応がなかった。で、警察を呼んだのです。中に入ると風呂場で倒れていてね。服は着ていたので、掃除でもしていたのでしょうか。死後2日と思うのですが、きれいなままでした」  島倉征夫氏は千代子のすぐ下の弟で、8人きょうだいの7番目。離婚歴が2度あり、タクシー運転手やスナック経営、晩年は年金とカラオケ講師などで生計を立てていた。かつては歌手デビューし、姉の所属事務所の社長も務めたのだが、この40年程は「絶縁」状態に。確執の深さで業界では知る人ぞ知る存在だった。 『島倉千代子という人生』(田勢康弘著)にはこうある。 〈島倉は征夫を社長に「島倉音楽事務所」を設...more
カテゴリー:

女性たちの間で密かなブーム「空中ブランコ教室」に潜入『マツコ会議』 - 05月21日(日)11:10 

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。5月20日の放送は、女性たちの間で密かに人気の空中ブランコ教室を探った。名古屋の閑静な住宅街にある「フランインフィット」は、日本で唯一の室内型の空中ブランコ教室で、料金は120分6000円。建物はちょっとした体育館ほどの大きさがあり、中には、空中ブランコ用の7メートルの高さのスタート台が設置してあった。空中ブランコの体験を終えたばかりの36歳の女性に、「失礼な質問になっちゃうかもしれないんですけど」と前置きし、「何のために?」と習う理由を尋ねるマツコ。女性によると、「小さい頃の夢がサーカスの空中ブランコのお姉さん」だったが、その夢は大人になるにつれ薄れ、現在は、作業療法士の仕事を続けながら、趣味としてこの教室に通っているという。また、空中ブランコを体験した瞬間はアドレナリンがたくさん出るので、楽しい状態になると熱弁。マツコに精一杯、空中ブランコの魅力を伝えていた。しかし、「聞いていてもよくわからんのよ」と、マツコにはいまいち魅力が伝わっていない様子。ここで、マツコが「ヤギさん、あなた飛んでみて」と、中継班の“ヤギ”こと、川端ディレクターに、実際に空中ブランコを体験するように指示。7メートルの高さから飛び立ち、脚を...more
カテゴリー:

多死社会で「遺体ホテル」需要増加 保冷庫は常に遺体で満杯 - 05月16日(火)07:00 

 神奈川県川崎市。JR南武線武蔵新城駅から車で5分ほど離れた住宅街にある工場が立ち並ぶ一角に、『ビジテーションホーム そうそう』ができたのは2014年10月のこと。シルバーとグレーを基調にしたシックな外壁の3階建てで、一見するとおしゃれな会社のようにも見える。建物の一方には町工場があり、もう一方には住宅が立ち並ぶ。建物前の道路は細いが、車が行き交い、人の往来もある。  ふと、小さな子供が、補助輪付き自転車を一生懸命こいで、通りを行くのが目に飛び込んできた。普段ならそう気にもならない、ごく普通の何気ない日常にすぎないが、このときは、生と死が混在している不思議な空間に迷い込んでしまったかのような不思議な気持ちになった。  道路に面したその建物の中には、壁一枚を隔てて、火葬を待つ遺体が何体も安置されているから――。  現在65才以上の高齢者が人口に占める割合は27.3%で、2060年にはその割合が39.9%と、2.5人に1人が高齢者になると予測されている。一方で合計特殊出生率は1975年以降、人口を安定できるといわれている2を切っており、生涯未婚率も過去最高を更新し続けている。  そんな超高齢社会が、次に迎えようとしているのが「多死社会」だ。  厚生労働省によると、2015年の死亡者数は約130万人となり、2039年にはその数が167万人に達すると予想されている。ほかの世代に比べ...more
カテゴリー:

友達も無く…「4か月風呂に入らない」生活を送る43歳自虐うつ男のリアル - 05月14日(日)09:00 

 些細なことをきっかけにして生活意欲を失い、自身の健康や衛生、人生に対して捨て鉢になってしまうセルフネグレクト。放置すると、ゴミ屋敷から孤独死まで向かってしまうという恐ろしい状態が今、30~40代を中心に広がっているとい [...]
カテゴリー:

もっと見る

「孤独死」の画像

もっと見る

「孤独死」の動画

Wikipedia

孤独死(こどくし)とは主に一人暮らしの人が誰にも看取られること無く、当人の住居内などで生活中の突発的な疾病などによって死亡することを指す。特に重篤化しても助けを呼べずに亡くなっている状況を表す。

なお関係する語としては後述する孤立死(こりつし)が公的にも使われるが、ほかにも単に独居者が住居内で亡くなっている状況を指す独居死(どっきょし)のような語も見いだせる用例「阪神」独居死61人…昨年、兵庫の復興住宅読売新聞2013年1月15日。

概要

この言葉は日本で核家族化の進んだ1970年代独居老人の死後、だいぶ経って久し振りに訪ねてきた親族に発見されたという事件の報道で登場、同種の事例がたびたび発生した1980年代ごろからマスメディアに繰り返し用いられた。ただし孤独死に相当する事件は、具体的名称に欠くものの明治時代より報道されている小辻寿規・小林宗之孤独死報道の歴史「Core Ethics vol.7」2011年 立命館大学大学院先端総合学術研究科。

特に隣家との接触のない都市部などにおいて高齢者が死後数日から数ヶ月(長いケースでは1年以上という事例もある)経って発見されるケースが過去に相次いで報告される一方、都市部に限定...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる