「孤独死」とは?

関連ニュース

孤独死のほとんどが離婚後の中年男性。荒れ果てた単身生活の行く末 - 03月24日(金)08:55 

 亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。その中でも急速に増えているのが40代からの「団塊ジュニア」世代だ。今なぜ彼らは「孤独に死する」のか? その実態に迫る。 ◆最も多い孤独死は離婚後の一人暮らし ⇒【写真】はコチラ(※閲覧注意※ボカシ無し)http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1298710  大阪府に住む50代の男性は、死後3週間で床に突っ伏した状態で、近隣住民からの通報で発見された。20代前半で結婚し、妻、娘とともに家庭生活を送っていたが、40代半ばで離婚してからは妻子とは疎遠に。その最期は、もがくような姿で亡くなっていた。部屋には小豆のようなハエのサナギが床一面に散らばり、蛆が這い回る、あまりにも無残な状態だった。変わり果てた父親の末路に、遺体確認にきた娘は絶句していたという。そうした離婚男性の孤独死が近年多発していると、大阪で特殊清掃を営むダイウンの山本直嵩氏は証言する。 「離婚した男性は、引け目を感じてか、子供や元妻と連絡を取らなくなることが多い。自分の様子を心配してくれる人もおらず、万が一死ねば誰にも見つかることなく、遺体の腐敗は進行。遺族にも迷惑を掛けるケースが多いですね」  山本氏の現場では、孤独死のほとんどが離婚後、単身生活を余儀なくされた中年男性...more
in English
カテゴリー:

「夫婦は一生添うべし」が当然ではない理由江戸時代の日本は「離婚」「再婚」大国だった! - ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― - 03月24日(金)06:00 

「結婚しないと、孤独死するぞ!」既婚者が、結婚しない人々、「ソロモン」たちによく言う言葉です。確か…
in English
カテゴリー:

生涯未婚、非正規雇用…「孤独死大国ニッポン」になりつつある恐ろしき実態 - 03月19日(日)08:54 

 亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。その中でも急速に増えているのが40代からの「団塊ジュニア」世代だ。今なぜ彼らは「孤独に死する」のか? その実態に迫る。 ◆団塊ジュニアが直面する「孤独死大国ニッポン」  誰にも看取られずに、たった一人でその最期を迎える孤独死――。無数の蛆が部屋中に散らばり、空中をブンブンと飛び交うハエ。業界用語で「人型」と呼ばれる、人が亡くなった部屋の痕跡には髪の毛がベットリと残っている……。 ⇒【写真】はコチラ(※閲覧注意※ボカシ無し)http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1298692  ニッセイ基礎研究所の調査によると、そんな悲惨な人生の末路である孤独死を迎えている人は、年間約3万人だとしている。しかし、’30年には3世帯に1世帯が単身世帯になることから、これからさらにその数は増えるだろうと懸念が広がっている。  孤独死というと高齢者の問題だと捉えられがちだが、深刻なのはむしろ現役世代のほうだ。孤独死が起こる原因としては、なんといっても、血縁、社縁、地縁、趣味縁など、さまざまな縁から隔絶された末に起こる「社会的孤立」の問題がある。  この孤立度がOECDの20か国のなかでも日本は圧倒的に高い。同じくニッセイ基礎研究所の調査では、団塊ジュ...more
in English
カテゴリー:

故人を偲ぶオーダーメイド「お別れ会」が単なる結婚式二次会の葬儀バージョンではない理由 - 03月16日(木)15:57 

 近年人気を集めているテーマ型の結婚式。これと同様に、オーダーメイド葬式やオリジナルコンセプトによるお別れ会の存在感が増していることは、以前の記事【「オーダーメイド葬式」はなぜ増えたのか? 祭壇がひまわり畑、ライブハウスで故人を偲ぶ「お別れ会」も】で報じた。  だが、いざ自分が故人のお別れ会を開く立場となれば、不明点も多く、そもそも会のイメージも湧きにくいのが実情ではないだろうか。 ◆もし「坂本龍馬のお別れ会」が開かれたら ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1302125  葬儀の総合情報サイトを運営する株式会社鎌倉新書。お別れ会のプロデュースサービス『新しいカタチのお別れ会・偲ぶ会「Story(ストーリー)」』を手がける同社は、今月10日、東京都青山葬儀所でお別れ会体験「龍馬Story」を開催した。  同イベントは発起人を坂本龍馬の妻・おりょうと仮定した坂本龍馬を偲ぶ会がコンセプト。龍馬とおりょうの思い出をモチーフにした祭壇に祈りを捧げ、おりょうが好んで弾いた月琴の生演奏を聴き、龍馬の愛した土佐の郷土料理に舌鼓をうつというもので、坂本龍馬を偲びながらお別れ会を体感できる内容だ。  従来の形態や形式にはこだわらず、葬儀やお墓といった弔いの形が多様化している近年。市場が拡大しつつあるお別れ会(偲ぶ会)にはどのような...more
in English
カテゴリー:

【一生独身者必見!】一人暮らしの防災 普段から近所とつながりで孤独死回避へ - 03月12日(日)07:40 

地震への備えはできていますか? 特に一人暮らしの人はどんなことに気をつければいいのでしょうか。熊本地震の被災者や専門家を取材しました。  ライターの福嶋晴美さん(49)=熊本市=は昨年4月の熊本地震のとき、マンションの10階の部屋で被災した。一人暮らしだった。  14日の前震では、冷蔵庫の上の電子レンジが頭上をかすめて飛んでいった。電気が消え真っ暗な中、熊本市内に住む母に連絡しようとスマートフォンを探したが、 部屋中に物が散乱してすぐには見つからなかった。ようやく見つけても今度は不通で、メー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

孤独死のほとんどが離婚後の中年男性。荒れ果てた単身生活の行く末 - 03月24日(金)08:55 

大阪府に住む50代の男性は、死後3週間で床に突っ伏した状態で、近隣住民からの通報で発見された。20代前半で結婚し、妻、娘とともに家庭生活を送っていたが、40代半ばで離婚してからは妻子とは疎遠に[…]
in English
カテゴリー:

【団塊ジュニア】生涯未婚、非正規雇用…「孤独死大国ニッポン」になりつつある恐ろしき実態 - 03月19日(日)17:05 

亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者数は、この10年間で3倍にも増加している。 その中でも急速に増えているのが40代からの「団塊ジュニア」世代だ。今なぜ彼らは「孤独に死する」のか? その実態に迫る。 ◆団塊ジュニアが直面する「孤独死大国ニッポン」 誰にも看取られずに、たった一人でその最期を迎える孤独死――。無数の蛆が部屋中に散らばり、空中をブンブンと飛び交うハエ。 業界用語で「人型」と呼ばれる、人が亡くなった部屋の痕跡には髪の毛がベットリと残っている……。 ニッセイ基...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

生涯未婚、非正規雇用…「孤独死大国ニッポン」になりつつある恐ろしき実態 - 03月19日(日)08:54 

団塊ジュニアが直面する「孤独死大国ニッポン」  誰にも看取られずに、たった一人でその最期を迎える孤独死――。無数の蛆が部屋中に散らばり、空中をブンブンと飛び交うハエ。業界用語で「人型」と呼ばれる、人が亡くなった部屋の痕跡には髪の毛がベットリと残っている……。[…]
in English
カテゴリー:

若手・中年も危ない孤独死が待ち受けるセルフネグレクト - 03月12日(日)12:03 

先頃、千葉県北西部で、昨年5月に一軒家のごみがたまった一室から、足が壊死した状態の高齢女性が救出されていたことが判明した。 「事件性はありませんでした。女性は生活意欲な...
in English
カテゴリー:

【独身中年男性の孤独死が止まらない!】大量のエロ本に囲まれ孤独死!死後1か月以上経過で漸く発見へ - 03月04日(土)12:18 

亡くなっても誰からも発見されず、無残に虫の餌食になる痛ましい孤独死者。その数は、この10年で3倍にも増加しているという。 男性の一人暮らしで孤独死したケースを見てみよう。  部屋の壁面に溢れんばかりのアダルトビデオに、腰の位置ほども積み重なったエロ雑誌の切り抜き――。かつては大手自動車メーカーに勤めていたという神奈川県の50代の男性は、 このエロ雑誌の切り抜きに埋もれ、腐乱した状態で息絶えていた。死因は心筋梗塞。死後1か月以上が経過していた。 「孤独死とひと言で言っても、亡くなられた方のお部屋には...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「孤独死」の画像

もっと見る

「孤独死」の動画

Wikipedia

孤独死(こどくし)とは主に一人暮らしの人が誰にも看取られること無く、当人の住居内などで生活中の突発的な疾病などによって死亡することを指す。特に重篤化しても助けを呼べずに亡くなっている状況を表す。

なお関係する語としては後述する孤立死(こりつし)が公的にも使われるが、ほかにも単に独居者が住居内で亡くなっている状況を指す独居死(どっきょし)のような語も見いだせる用例「阪神」独居死61人…昨年、兵庫の復興住宅読売新聞2013年1月15日。

概要

この言葉は日本で核家族化の進んだ1970年代独居老人の死後、だいぶ経って久し振りに訪ねてきた親族に発見されたという事件の報道で登場、同種の事例がたびたび発生した1980年代ごろからマスメディアに繰り返し用いられた。ただし孤独死に相当する事件は、具体的名称に欠くものの明治時代より報道されている小辻寿規・小林宗之孤独死報道の歴史「Core Ethics vol.7」2011年 立命館大学大学院先端総合学術研究科。

特に隣家との接触のない都市部などにおいて高齢者が死後数日から数ヶ月(長いケースでは1年以上という事例もある)経って発見されるケースが過去に相次いで報告される一方、都市部に限定...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる