「子自身」とは?

関連ニュース

実力派女優・久我陽子が、山崎まさよし書下ろし楽曲で2年ぶりにシングルリリース! - 09月23日(土)16:45 

2017年10月11日(水)、女優・久我陽子が、シンガー・ソングライターの山崎まさよし書下ろし楽曲『月になる』で、約2年ぶりに待望のニューシングルをリリースすることが発表された。 1990年のデビュー以来、NHKテレビ小説「君の名は」、大河ドラマ「花の乱」など数々の話題作に出演してきた実力派女優の久我。2008年に中島みゆき全面バックアップのもと、アーティスト名〈YOKO〉として歌手活動を開始し、「闘りゃんせ」や「春よ来い/サーカス」をリリース。2015年に、アーティスト名〈YOKO〉を女優名である久我陽子に改め、中島みゆきカバー曲で5年ぶりに「ひとり上手」をリリースした後は、しばらく歌手活動を休業していた。今回2年ぶりとなる待望のシングル『月になる』を、ユニバーサルミュージックよりリリースする。 音楽活動を再開するにあたり、久我本人の強い希望で、かねてからファンだった山崎まさよしに作曲を依頼した。女優であり歌手の、”久我陽子の新たな一面”を表現するべく音楽活動を再開したという久我だが、次作へのイメージを構築した時、作家は「山崎さんしかいなかった」という。 実際に会い、久我本人が山崎に思いを伝え完成したという、今回のニューシングル『月になる』。成就しない夢の儚さを山崎が久我に投影し、曲に詰め込んだ。 楽曲を初めて聞いたとき、久我本人もその切なく儚い曲の旋律に...more
カテゴリー:

【芸能】<水原希子ヘイト騒動の原因>偏見・差別だけではない本人の言動に問題 - 09月18日(月)10:16  mnewsplus

藤本貴之[東洋大学 教授・博士(学術)/メディア学者] *** サントリーのCMに出演したモデル・水原希子に対する、出自・人種差別的なヘイトツィートが問題になっている。簡単に書いてしまえば「水原希子はアメリカ人と韓国人のハーフなのに、日本名を使って活動しているエセ日本人だ」という差別攻撃である。 もちろん、どのような状況であれ、人種や国籍・出自での偏見による差別などあってはならないし、そんなことが話題になったり、炎上すること自体に日本のネット社会の国際性の低さや未熟さを感じる。 一方で、今回の...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】<水原希子ヘイト騒動の原因>偏見・差別だけではない本人の言動に問題 ★2 - 09月18日(月)16:30  mnewsplus

藤本貴之[東洋大学 教授・博士(学術)/メディア学者] *** サントリーのCMに出演したモデル・水原希子に対する、出自・人種差別的なヘイトツィートが問題になっている。簡単に書いてしまえば「水原希子はアメリカ人と韓国人のハーフなのに、日本名を使って活動しているエセ日本人だ」という差別攻撃である。 もちろん、どのような状況であれ、人種や国籍・出自での偏見による差別などあってはならないし、そんなことが話題になったり、炎上すること自体に日本のネット社会の国際性の低さや未熟さを感じる。 一方で、今回の...
»続きを読む
カテゴリー:

「子自身」の画像

もっと見る

「子自身」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる