「子自身」とは?

関連ニュース

『母になる』の小池栄子は女が受けるハラスメントのデパートだ!ツラ過ぎ… - 05月24日(水)09:01 

 門倉麻子(小池栄子)のメイン回で、ついに彼女の過去が明らかになった連続ドラマ『母になる』(日本テレビ系列)。  門倉朝子を取り巻く環境に、特に年齢が近かったりすると、ドラマとはいえども共感してツラい気持ちになった女性も多かったのではないでしょうか?  不幸な出来事が彼女のように、すべて重なるわけでもありませんが、一つ一つの事柄を見ていくと、アラサー・アラフォーの女性なら、誰しも起こることかもしれません。改めて、ハラスメントのデパートである門倉麻子が経験したものをピックアップしてみたいと思います。 ◆母親からの産め産めハラスメント「女の幸せは出産」  麻子は高校、大学、就職までは完璧でした。社内で付き合っている男性もいて、結婚を考えます。  これが10年前なので、27、28ぐらいの時でしょうか。忙しくてなかなか会えない恋人でしたが、その頃、病気になったという母親から「結婚を考えている人がいると言っていたが、どうなっている?」と麻子の年齢への焦りが書かれた手紙が届きます。  テレビの前の私も、最初こそは小包や手紙を送ってくれる優しい母親なのかと思いました。もちろん、フツーの親の感覚としては、娘の結婚って楽しみですもんね…でもそんな甘いもんではありませんでした。  この母親、たびたび、結婚、出産のプレッシャーを、真綿で首をしめるように手紙でじわじわとかけてきます。本当は肉...more
カテゴリー:

出身でもないのに「エセ関西弁」を使う男子ってどう思う?女子の答えは… - 05月14日(日)19:00 

異性が話す方言には、自分にはない魅力があります。思いがけない一面に、思わずドキッとしてしまう女子も多数……!? しかし一方で、何の縁もないはずなのに、「エセ関西弁」を操る男子もいるようです。こんな男子に対して、女子はどのような感想を抱いているのか、18歳から35歳の女性112名に赤裸々な本音を聞いてみました。 ■「エセ関西弁」男子、その実態は? 方言の中でも、「魅力的!」と思われる機会も多いのが関西弁です。「ノリがいい」「面白そう!」なんて、プラスのイメージにつながることもありますよね。こうしたプラスイメージを最大限に活用するため(!?)、縁もゆかりもない土地の方言を使う男性って、本当に存在しているのでしょうか。女子たちの経験から、その実態を探ってみます。 Q. 出身でも住んでいたこともないのに、「~やん」「ええで」など関西弁チックな言葉を使う男性に今まで出会ったことはありますか? ある……67% ない……33% なんと「ある」と答えた女子は7割近くという結果になりました。「エセ関西弁」男子とは、決して珍しい存在ではないようですよ。 ■女子の本音!ぶっちゃけ……キライ! さて次は、そんな「エセ関西弁」男子に対する、女子たちの本音をチェックしてみましょう。 Q.出身でも住んでいたこともないのに、「~やん」「ええで」など関西弁チックな言葉を使う男性をどう思いますか? キライ……6...more
カテゴリー:

【芸能】ビートたけし、NHK“紅白乱入”を宣言 「また志村けんとコントやるから」 - 05月10日(水)17:02 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170510-00000561-sanspo-ent サンケイスポーツ 5/10(水) 16:50配信  タレント、ビートたけし(70)が応援する歌手、金田知子(年齢非公表)が10日、東京都内で行われた新曲「思い出のシエナ」の発売イベントに出席した。  知子の夫は、たけしの監督作品「アウトレイジ ビヨンド」(2012年公開)に出演した俳優、金田時男(年齢非公表)。たけしとは15年来の友人で、知子自身も親交が深く、今回はその縁で応援に駆けつけた。  知子は2002年に歌手デビューし、新曲発売は1...
»続きを読む
カテゴリー:

辻 仁成が新作『父 Mon Pere』で描く父子の物語 「小説なので、現実に僕らに起きたこととは無関係ですけど…」 - 05月19日(金)10:00 

芥川賞作家、ミュージシャン、映画監督、演出家…など様々な顔を持つ辻 仁成――。その新作小説『父 Mon Pere』(集英社)はフランス・パリに住む日本人の父子の物語を息子視点で描いた作品だ。 パリで生まれた「ぼく」は、「パパ」の男手ひとつで育てられた。大人になり語学学校の教師として働いているが、70歳を過ぎたパパに健忘症の症状が出はじめ、街で迷子になった場所から「すまないが迎えに来てくれないか?」と電話が入る日々…。 異国で暮らし続ける老いた父と、その面倒を見る息子の間には複雑な過去のドラマがある。ぼくの中国系の彼女とその家族、やはり移民のメイド一家までを運命は巻き込み…。 「パリで息子とふたり暮らし」という自身の境遇とも重なり、必然的に紡がれた大切な一作。5月20日には原作小説を監督として映画化した『TOKYOデシベル』も公開されるが、常に意欲的に挑戦し続ける創作者・辻 仁成の“今”と生き様にロングインタビューで迫った。(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一)。 * * * ―まずは今回、“父と息子の物語”という題材で書こうと思われたきっかけから教えてください。 辻 小説家っていうのは、自分の周りに題材を探すんですけど、僕に...more
カテゴリー:

【芸能】神田沙也加vs.松田聖子の”骨肉の争い”に周囲の関係者も辟易のワケ - 05月14日(日)12:13 

俳優・村田充(39)との結婚を発表し、5月13日に結婚披露パーティーを開いた神田沙也加(30)だが、いまだ母・松田聖子(55)との不仲説がくすぶり続けている。 沙也加は自身のインスタグラムで父・神田正輝(66)とのスリーショットを投稿した一方で母・聖子へのコメントを求められても、いまだ口を閉ざしたまま。 対する聖子も現在まで祝福の言葉などを一切口にしていない異常事態が続いている。 「沙也加は、過去に交際していた男性に関しても、松田に反対されてばかりだったとあって、村田との交際も一切報告していなかったとみ...
»続きを読む
カテゴリー:

「子自身」の画像

もっと見る

「子自身」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる