「子育て」とは?

関連ニュース

コンビニの支払いに人気!便利な「モバイル決済」のトレンド - 03月24日(金)18:00 

レジでピッとかざすだけで支払いが完了する、便利な“モバイル決済”。 混雑時のレジでも、小銭を数えながら取り出す手間もなくストレスフリーなので、近ごろ人気を集めているようです。 モバイル決済と一口に言っても、さまざまなサービスがあり、それぞれメリット・デメリットも違います。 そこで今回は、マイボイスコム株式会社が実施したインターネット調査を参考に、“モバイル決済”のトレンドについてご紹介します。   ■もっとも多いのはクレジットカードなどの“カードによる決済”。スマホ決済は意外と少なめの1割 同調査では、11,504件の回答を得ています。 直近1年間でネットショッピング以外の商品・サービスの代金を現金以外の方法で支払った人は全体の8割弱でしたが、その内訳は「クレジットカード」が67.9%、「電子マネー」が44.5%、「デビットカード」が4.1%。 現金以外の支払い手段としてもっとも多かったのは、「クレジットカードや電子マネーのカード本体」で93.6%。「スマートフォンや携帯電話のアプリ・機能」は13.3%でした。 スマホを支払いに使っている人の数は、以前よりは増えたとはいえ全体的に少なめ。 「スマートフォンや携帯電話のアプリ・機能」と答えた人が実際に使用しているアプリ・サービスも気になるところ。ここでのトップは、「おサイフケータイ」(71.6%)。次いで「ApplePay...more
in English
カテゴリー:

【連載】ママ友がこわい 第5回「幸せなはずなのにどうして孤独だと思ってしまうんだろう(3)」 - 03月24日(金)16:30 

仲間だとおもっていたママ友から、気が付かないうちにハブられていた主人公。ママであることは楽しくて幸せなはずなのに、なんでこんなに孤独で不安でしんどいの? 【漫画を無料で読む】 雑誌に掲載され話題となった連載『離婚してもいいですか?』の著者・野原広子が送る、子育てママたちが抱える心の闇を描いた、セミフィクションコミックエッセイ。 第1回~14回までを2週に渡って特別に公開します。 作=野原広子 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】 【関連記事】 ・【連載】ママ友がこわい 第1回「いったいなんでこんなことになってしまったんだろう(1)」 ・【連載】ソーラー女子は電気代0円で生活してます! 1日目「電気メーターを切った日(1)」 ・【連載】コミック版 たった1分で人生が変わる片づけの習慣 第1回 ・【抜粋連載その1】ねことじいちゃん3 「春が来た」
in English
カテゴリー:

パワフルベビーズに奮闘する男子高校生描く「学園ベビーシッターズ」がアニメ化決定! - 03月24日(金)14:40 

 白泉社「LaLa」で、時計野はりさんが連載中の漫画「学園ベビーシッターズ」のアニメ化が3月24日発売のLaLa5月号で発表されました。 【拡大画像や他の画像】  同作の主人公は、飛行機事故で両親を亡くした竜一と幼い弟・虎太郎。森ノ宮学園の理事長が後見人を引き受ける交換条件として提示したのは「学園内の保育ルームでベビーシッターをすること」。学園のベビーシッター部の部員第一号としてパワフルなベビーズたちと繰り広げる大騒動がほっこりする学園子育てラブコメディーです。  原作コミックスは既刊13巻で、4月5日には最新14巻が発売。アニメ化の続報は今後「LaLa」誌上で発表されます。ベビーズたちの声優が気になりますね。 【関連記事】 ・原作結末まで初めて描く「劇場版 はいからさんが通る」、前編公開は11月11日に決定 ・オムニバス学園ラブコメ「徒然チルドレン」が今夏テレビアニメ化! 金子ひらく×Studio五組で ・「サンリオ男子」アニメ化は2018年冬に決定! キャストは江口拓也、内田雄馬などゲーム版から続投 ・新3部作「交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション」始動 誰も知らない新たな結末へ
in English
カテゴリー:

保育のプロが管理する家でひとり親世帯がシェアハウスする「下宿事業」スタート - 03月24日(金)13:48 

ひとりで過ごすこどもの悩み 平成27年の国勢調査によると、15歳未満のこどものうち17%となる約262万人が、ひとり親世帯で暮らして生活しています。 『ひとり親とこどもの支援』を手掛けるシングルズキッズ株式会社の調査によると、ひとり親世帯で育った人々からは、こども時代にひとりで過ごす時間が多いほか、核家族化によって祖父母の世代と過ごす機会が少なく日本の文化を学ぶ機会を得にくい、習い事に通いにくいといった声が聞かれました。 頼もしいシニアと暮らす環境 同社はこうした状況を受け、シングルマザーとそのこどもたちとシニア世代が同居する下宿事業をスタートさせると発表しました。 下宿には、東京都世田谷区にある一戸建ての物件を利用します。この物件を管理するシニアは、保育士、幼稚園教員資格を持つ保育経験30年のプロフェッショナルです。 シェアハウスで助け合いも この家では4世帯のシングルマザーとこどもが、2階の部屋をシェアリングして生活します。管理人やその周りの人々の知恵や経験、助けを借りられる、より豊かな子育てができる環境です。 大きなリビングでは、入居者以外のシングルキッズも一緒に食事を摂ることができます(夕食のみ、1食300円)。様々な世代と一緒に過ごすにぎやかな食事は、こどもたちにとって一層楽しみな時間となるでしょう。 場所は田園都市線用賀駅から徒歩12分。シェアハウスの...more
in English
カテゴリー:

ママ・パパ・ベビーのための日本最大級の体験型イベントが開催 - 03月24日(金)13:45 

妊婦ママ、産後ママの役に立つ!「マタニティ&ベビーフェスタ」 日本マタニティフィットネス協会は、4月8日(土)、9日(日)の2日間、パシフィコ横浜にて「マタニティ&ベビーフェスタ2017」を開催します。 この「マタニティ&ベビーフェスタ」は、妊婦ファミリーや産後ファミリーのための子育て支援事業であり、2005年から毎年開催されているものです。 バラエティに富んだイベント内容 「マタニティ&ベビーフェスタ」会場内では、家族で楽しめるマタニティフィットネスやハイハイ競争、素敵なマタニティ&ベビー商品などが当たる抽選会のほか、著名な医師らの講演、最新のマタニティ情報などが得られる催しを多数開催予定です。 妊婦ママ、産後ママの妊娠、出産、子育てに活かせる 昨年の「マタニティ&ベビーフェスタ」は雨天にもかかわらず、2日間で29,121名が参加し毎年人気を博しています。 今年の「マタニティ&ベビーフェスタ」には、エステティシャンの髙橋ミカさんや蛯原英里さんなどの著名人もトークショーを予定しており、健康的な妊娠生活や自分らしいお産、楽しい子育てのヒントとなる事でしょう。 参考サイト マタニティ&ベビーフェスタ2017 ホームページ 【関連記事】 ・心の成長に繋がる0歳児におすすめの製作 ・0歳児の赤ちゃんの心と身体を育てる手遊び ・生後1カ月、母乳もミルクも飲んだ後はゲップ...more
in English
カテゴリー:

働く女性93.1%が「女性が働くことは普通のこと」と回答 - 03月24日(金)17:07 

博報堂は3月23日、「働く女性(キャリジョ)の意識調査」の結果を発表した。調査は2月17日~20日、個人年収300万円以上の22~39歳の有職女性437名を対象に、インターネットリサーチで行われた。なお、対象エリアは、東京・大阪・名古屋・札幌・仙台・神戸・広島・福岡。 ○働く女性の仕事観 働く女性の「仕事観」を聞くと、93.1%の女性が「女性が働くことは、ごく普通のことだと思う」(「あてはまる」42.1%+「ややあてはまる」51.0%)と回答。 また、「今後も仕事をしていると思う」という女性は94.6%(「ずっと仕事をしていると思う」55.5%+「子育てなどで一度辞め、今よりも負担の軽い仕事をしていると思う」32.0%+「子育てなどで一度辞め、工夫しながら何か仕事をしていると思う」7.1%)。 理由として、「生きていくためのお金が欲しいから」(86.2%)や「自分の好きに使えるお金が欲しいから」(78.3%)が多くあがった。 ○副業や転職は? 「副業」について聞くと、73.7%が「可能なら副業してみたい」(「あてはまる」35.9%+「ややあてはまる」37.8%)と回答。また、「転職することに抵抗がない」という人は59.2%(「あてはまる」24.9%+「ややあてはまる」34.3%)だった。 さらに、「仕事のために資格や語学を習得したい、あるいはしたことがあるか」を聞くと...more
in English
カテゴリー:

元読売テレビ・清水健アナ 亡き妻の映像を見る勇気が出ない - 03月24日(金)16:00 

 最愛の妻・奈緒さんを乳がんで失ってから約2年、清水健さん(40才)が16年のアナウンサー生活にピリオドを打った。妻が命に代えて守った息子を、次はぼくが命の限り守る番――その胸中には、父としてすべき大きな役割が芽生えていた。読売テレビ退社後、初のインタビュー。  清水さんは、2013年5月にスタイリストを担当していた奈緒さんと結婚。翌年、彼女のお腹に新しい命が宿ったがその直後、奈緒さんに乳がんが見つかった。ふたりは「子供も治療もあきらめない」ことを選択。2014年秋に元気な男の子が誕生し、奈緒さんは治療に専念。しかし、すでにがんは肝臓や骨などに転移しており、2015年2月11日、奈緒さんは29才の若さでこの世を去った。長男が誕生してから、わずか112日後に訪れた別れだった。 「“大切な人の「想い」とともに”をテーマに、講演に呼んでいただく機会が多くあります。まだまだ多くのかたにご心配をおかけしているんだなと強く感じます。でも、こんなぼくの言葉に一緒に涙を流してくれる人がいる。多くのかたが、いろんなことをグッと堪えていらっしゃるんです。だから、少しでも誰かの支えになるのなら、ぼくは伝えていきます。それが、どれだけつらくても。  ただ、ぼくが人生をかけて伝えていかなければならないこと、それは“ママがあなたを産むために命がけで闘って、どれだけあなたを愛して、どれだけ悲しくて悔しかったか...more
in English
カテゴリー:

「ペンギン夫婦」とは? 新しい夫婦のカタチ - 03月24日(金)14:37 

 昔から仲の良い夫婦のことをおしどり夫婦と呼ぶが、お宅はどう? 時代が変われば夫婦のあり方も変わる。結婚情報誌『ゼクシィ』は、20~50代の既婚男女1,600人を対象に「新しい夫婦のカタチと夫婦円満度」に関するアンケート調査を実施した。その結果、イマドキ夫婦はかつての夫婦の理想像である、いつも一緒にいて仲むつまじい“おしどり夫婦”から進化し、共に働き、共に子育てをし、お互いをリスペクトする“ペンギン夫婦”化していることが分かった。 ペンギン夫婦とは、ペンギンの生態にちなんでつけたネーミングで、若い世代に見られる、共働き・密なコミュニケーション・お互いへの尊敬の気持ちを持つといった特徴の新しい夫婦のカタチを指す。イマドキの夫婦たちに100点満点で自己評価をしてもらったところ、全年代の平均点は76点。若い世代ほど点数が高く、20代は81点。一方、一番低い50代は71点だった。 また、自己評価が90点以上の「高円満度」夫婦と、74点以下の「低円満度」夫婦を比較したところ、「お互いを尊敬している」と回答した夫婦は高円満度の家庭では72%にあたるのに対し、低円満度家庭ではわずか18%。「毎日コミュニケーションを取っている」割合も、高円満度家庭では82%だが、低円満度家庭では34%。「お互いが変化することを好意的に受け止めている」ということについても、高円満度家庭では53%だが低円満度家庭では...more
in English
カテゴリー:

東京都がキッズアスレティックスを各地で開催! - 03月24日(金)13:46 

子どもの運動力を高める機会 3月16日に、東京都が、「キッズアスレティックス ParksChallenge」を開催すると発表しました。 キッズアスレティックスは、国際陸上競技連盟(IAAF)が、子どもの身体能力向上を目的として開発した世界共通のプログラムであり、「走る」「跳ぶ」「投げる」といった多様なプログラムを通じて、子どもが楽しみながら運動に取り組むことができるものとなっています。 オリンピック経験者などが講師となって子どもを導く 人間の運動能力を向上させることに対して、運動する上で必要となる基礎能力が大きく伸びる時期に、多様な運動の動きを経験することが大きな影響力を持つと言われており、東京都は、今回の「キッズアスレティックス」を通して、その機会を提供します 同プログラムは、基礎能力が飛躍的に伸びる時期にある子どもを対象としており、たとえば学校における運動会などにおいて行われる競技で、子どもが活躍するための能力向上を目的に参加するといった良い機会になります。 同プログラムは4月の下旬から6月上旬の主に土曜日などに行われる予定で、5歳から小学3年生までを対象として行われる予定です。 講師には、オリンピックや世界陸上などに参加した経験を持つ、キッズアスレティックス指導の有資格者が担当。 定員は各回30名から50名を予定しており、定員が充足次第応募終了となります。申込...more
in English
カテゴリー:

2人目不妊は1人目不妊より大変!? 先輩ママに聞いた「現実と乗り越え方」 - 03月24日(金)13:00 

少子化の影響もあり「待機児童問題」と並行して「不妊問題」が社会的に注目されています。 【妊活】夫婦間のコミュニケーションを円滑にする「Iメッセージ」って? 今や不妊に悩むカップルは5.5人に1人と言われ、不妊治療を受けている患者数は50万人とも言われています。 潜在患者数を合わせればもっと増えるのではないかと言われていることから、もはや「不妊問題」は他人事ではなくなってきました。 「不妊」とは、子どもを望んでいるのに出来ない状態のことを言いますが、1人目不妊も2人目不妊も同じ不妊には違いありません。 しかし社会が注目するのは1人目不妊であることが多く、2人目不妊はどちらかと言えば軽視されてしまいがちです。 妊娠を望んでいるのに出来ない辛さは1人目も2人目も変わりはなく、言葉では言い表せないほど辛く切ないもの。 不妊問題はデリケートな問題だけあり、気軽に人に相談できるものではありません。 そのため誰にも相談できずに、一人で悩み込んでしまう可能性が高いものです。 今回は2人目不妊に着目し、働きながら1人の子どもを育て、辛い不妊治療に挑んだ経験のあるママにインタビューをしてみました。 どのような苦労があり、どうやりくりして2人目を授かったのか……働きながら子育てをしている、2人目不妊に悩むママの参考になればと思います。 2人目不妊は1人目不妊より大変! 望んでいた...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「子育て」の画像

もっと見る

「子育て」の動画

Wikipedia

子育て(こそだて)とは、を育てることである広辞苑「【子育て】子を育てること。育児」。

概説

「子育て」は様々な年齢の子供の養育全般を指す。それに対して、「育児」という場合、(基本的には)主として乳幼児を育てることを意味しており広辞苑「【育児】乳幼児を育てること」、子供が赤ちゃんから幼児期ころまでの子育てを指す。ここは子育ての記事なので様々な年齢の子を育てることについて解説する(したがって結果として、前半で育児にも触れる)。

ただし(日本ではかつては早ければ12歳から13歳にかけて元服し、大人の仲間入りをしたわけであるが)近年、子供全般が社会的に独り立ちする年齢が遅くなる傾向があるので、従来「育児」と呼ばれていた行為の対象年齢を、中学・高校の年齢まで引き上げて考える必要もでてくるようになった。

なお、近年では妊娠中の女性の心身の健康状態が胎児に及ぼす影響が大きいことが知られるようになり、妊娠中に母体の健康を維持することや、健全な精神生活を維持することも育児・子育ての一部だと認識されるようになってきている。

育児

狭義の育児、すなわち乳幼児の子育てについて解説する。

育児の基本条件の第一は愛情である。 育児の基本的条件としては、愛情、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる