「子会社」とは?

関連ニュース

【企業】電機業界の名門、日立と東芝 ライバル2社の命運分けた「トップの覚悟」 - 08月20日(日)05:53  newsplus

電機業界の名門、日立と東芝 ライバル2社の命運分けた「トップの覚悟」 8/19(土) 7:15配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170818-00000007-fsi-bus_all  電機業界の名門としてしのぎを削ってきた日立製作所と東芝の明暗がくっきりと分かれている。東芝は不正会計問題、米原子力発電事業の巨額損失と不祥事が続き、存続の危機にひんする一方、日立はかつての不振から復活し、利益規模は国内電機大手でトップだ。ライバル2社にこれほどまでに大きな差が開いたのはなぜか-。  英国ウェールズ北西部のアングルシー島。英...
»続きを読む
カテゴリー:

月内の半導体売却 主要行、東芝に要請 - 08月19日(土)20:33 

 経営再建中の東芝に対し、半導体子会社「東芝メモリ」の売却契約を8月中に締結するよう主要取引銀行が要請したことが19日、分かった。主要行の金融支援は東芝が来年3月末に債務超過を解消することが前提となっている。関係各国の独占禁止法の審査期間を考慮して早期契約を改めて促した。
カテゴリー:

【東芝】半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める - 08月19日(土)18:26  newsplus

東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。提携する米ウエスタンデジタル(WD)の反対で売却交渉が難航しているほか、東芝メモリが東芝全体の営業利益の9割以上を稼ぐ好業績を挙げているためだ。  複数の東芝関係者は「社内には東芝メモリを売りたくないという雰囲気が漂っている」と打ち明ける。これに対し主力取引銀行は、支援の枠組みが崩れかねないとして、計画通り年度内に売却手続きを終えるよう求めており、売却見送りのハードルは高い。  東芝メモリが生産する記憶用半導...
»続きを読む
カテゴリー:

セレス、仮想通貨取引事業を行う子会社を9月に設立 - 08月18日(金)18:41 

セレスは8月18日、取締役会において仮想通貨取引事業などを行うことを目的とする子会社として「マーキュリー(仮称)」を設立すると発表した。資本金は5000万円、9月に設立を予定している。
カテゴリー:

フォーメンバーズ、8/21(月)イオン茅ヶ崎中央店に「イオンハウジング 茅ヶ崎中央店」をオープン - 08月18日(金)15:30 

[株式会社ギガプライズ]  株式会社ギガプライズ(セントレックス上場、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:梁瀬 泰孝 以下、ギガプライズ)の子会社である株式会社フォーメンバーズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:矢野 晃教 ...
カテゴリー:

丸紅、中国カフェ大手と協業へ コーヒー豆販売1位狙う - 08月20日(日)05:02 

 丸紅が中国の大手カフェチェーン「パシフィックコーヒー」(PC)と、協業に向けた契約を結んだことがわかった。年内にも完全子会社「アロマコーヒー上海」の株式の40%を、香港に拠点を置く華潤集団傘下のPC…
カテゴリー:

東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める:時事ドットコム - 08月19日(土)19:52 

東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める:時事ドットコム東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める 東芝 が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。提携する米ウエスタンデジタル(WD)の反対で売却交渉が難航しているほか、東芝メモリが東芝全体の営業利益の9割以上を稼ぐ好業績を挙げているためだ。  複数の東芝関係者は「社内には東芝メモリを売りたくないという雰囲気が漂っている」と打ち明ける。こ...
カテゴリー:

【EV】“和製テスラ”の国内ベンチャーGLMが香港企業傘下に - 08月19日(土)10:05  bizplus

電気自動車(EV)の国内ベンチャー企業、GLMは香港の投資会社オーラックスホールディングス(HD)の傘下に入り、開発中の高級スポーツカーや車台(プラットフォーム)を、EV化が加速する中国や欧州市場などに向けて販売していく計画だ。  GLMの小間裕康社長は「メインターゲットである中国市場を中心に、急いで体力をつけていかないといけない段階に来た」と話した。EVは開発競争が激化し、大手メーカーも参入しているため、資金調達を急ぎ、開発を加速する必要があるという。調達可能な資金額を考えると、香港の投資会...
»続きを読む
カテゴリー:

セレス、仮想通貨取引事業を行う子会社を9月に設立 - 08月18日(金)18:41 

セレスは8月18日、取締役会において仮想通貨取引事業などを行うことを目的とする子会社として「マーキュリー(仮称)」を設立すると発表した。資本金は5000万円、9月に設立を予定している。
カテゴリー:

セレスが後場急伸、仮想通貨事業の子会社設立を好感 - 08月18日(金)15:20 

■持分法適用のビットバンクのサービスを利用して仮想通貨取引所を新規運営 インターネットマーケティングなどのセレス(東1)は18日の後場、一気に急伸し、一時19%高の1563円(248円高)まで上げて約3週間ぶりに1500円台を回復した。
カテゴリー:

もっと見る

「子会社」の画像

もっと見る

「子会社」の動画

Wikipedia

子会社(こがいしゃ、英:subsidiary)とは、会計学会社法の用語の一つで、財務及び営業又は事業の方針を決定する機関株主総会その他)を他の企業によって支配されている企業である。

定義

定義は、形式基準が排除された。実質基準で行う。

親会社とは、他の企業の財務及び営業又は事業の方針を決定する機関(株主総会その他これに準ずる機関をいう。以下「意思決定機関」という。)を支配している企業である。

そして「子会社」とは、当該他の企業をいう。つまり他の企業によって、意思決定機関を支配されている企業である。これを支配力基準という。なお、分類には「子会社」と「完全子会社」の2種類があるが、子会社の場合は一部の株式が証券取引所などで自由に売買できる状況にあるため、少数特定者持株比率(上位10位までの持ち株比率の合計)が一定の割合を超えない限り、親子上場も可能である。一方、完全子会社は完全親会社に株式の100%を掌握されている(つまり、B社がA社の完全子会社になると、B社の株式を証券取引所などで自由に売買することが不可能になったり、B社の株式が全てA社の株式に置き換わったりする...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる