「好業績」とは?

関連ニュース

【株式市場】円高への警戒感があり日経平均は75円幅でもみ合うが好業績株などは個別に高い - 08月22日(火)11:56 

◆日経平均の前引けは1万9406円61銭(13円48銭高)、TOPIXは1597.02ポイント(1.83ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億4414万株 22日(火)前場の東京株式市場は、円相場が昨日の夕方に1ドル108円台に入る円高進行となったため手控え気分があり、日経平均は9時30分過ぎの31円18銭安(1万9361円95銭)を下値として、10時30分にかけての44円12銭高(1万9437円25銭)を上値に約75円幅でもみ合う展開になった。
カテゴリー:

ヒーハイスト精工がストップ高、業績見通しの増額は不可避の見方 - 08月21日(月)10:31 

■全体相場に不透明感がある中で絶好の好業績株として注目続く ヒーハイスト精工(JQS)は21日、大幅続伸し、10時15分過ぎにストップ高の551円(80円高)まで上げて2006年以来の高値に進んだ。
カテゴリー:

今週の【マザーズ市場】8月14日~18日『好業績株物色で下げ渋るも、週末にかけてポジション調整の動き』 - 08月20日(日)15:07 

【3日続落、好業績株が買われ下げ渋る】14日(月) ■概況■1067.35、-10.84 14日(月)のマザーズ市場では、北朝鮮情勢の緊迫化や円高進行を受けて日経平均が続落スタートとなるなか、リスク回避の売りが先行する展開となった。
カテゴリー:

東芝、「東芝メモリ」売却に慎重論…利益の9割以上を稼ぐ好業績&交渉難航で 金融機関は再建計画の変更には応じない見通し - 08月19日(土)22:50  bizplus

東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める  東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。提携する米ウエスタンデジタル(WD)の反対で売却交渉が難航しているほか、東芝メモリが東芝全体の営業利益の9割以上を稼ぐ好業績を挙げているためだ。  複数の東芝関係者は「社内には東芝メモリを売りたくないという雰囲気が漂っている」と打ち明ける。これに対し主力取引銀行は、支援の枠組みが崩れかねないとして、計画通り年度内に売却手続きを終えるよう...
»続きを読む
カテゴリー:

【東芝】半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める - 08月19日(土)18:26  newsplus

東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。提携する米ウエスタンデジタル(WD)の反対で売却交渉が難航しているほか、東芝メモリが東芝全体の営業利益の9割以上を稼ぐ好業績を挙げているためだ。  複数の東芝関係者は「社内には東芝メモリを売りたくないという雰囲気が漂っている」と打ち明ける。これに対し主力取引銀行は、支援の枠組みが崩れかねないとして、計画通り年度内に売却手続きを終えるよう求めており、売却見送りのハードルは高い。  東芝メモリが生産する記憶用半導...
»続きを読む
カテゴリー:

レントラックス大きく反発、7月の月次売上高が13%増加など大幅に伸びる - 08月22日(火)10:58 

■連続最高益の見込みで、好業績動向への注目が再燃する可能性も インターネット広告などのレントラックス(東マ)は22日、大きく反発し、10時を過ぎては6%高の940円(52円高)前後で推移。
カテゴリー:

今週の日本株は弱含み、米政局に懸念 注目はジャクソンホール会合 - 08月21日(月)08:08 

[東京 21日 ロイター] - 今週の東京株式市場は、弱含みとなる見通しだ。週後半の米ワイオミング州ジャクソンホールでの経済シンポジウムが最大の焦点となる。だが、トランプ米大統領の2つの助言組織が解散するなど米政治情勢が混乱しており、展開次第では一段の円高・株安もあり得る。半面、好業績・割安株の見直し買いが見込め、相場の下支えとなりそうだ。
カテゴリー:

今週の【JASDAQ市場】8月14日~18日『週初に25日線割り込むも、徐々に値を戻す展開』 - 08月20日(日)12:07 

【続落、ヒーハイストなど好業績銘柄には物色向かう】14日(月) ■概況■3285.61、-20.93 14日(月)のJASDAQ市場では、JASDAQ平均が続落、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexが反落となった。
カテゴリー:

東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める:時事ドットコム - 08月19日(土)19:52 

東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める:時事ドットコム東芝、半導体売却に慎重論=利益の9割、交渉難航で-主力行は断行求める 東芝 が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、東芝社内で慎重論が浮上してきた。提携する米ウエスタンデジタル(WD)の反対で売却交渉が難航しているほか、東芝メモリが東芝全体の営業利益の9割以上を稼ぐ好業績を挙げているためだ。  複数の東芝関係者は「社内には東芝メモリを売りたくないという雰囲気が漂っている」と打ち明ける。こ...
カテゴリー:

日経平均株価の2017年9月中旬までの値動きを ネット証券4社のエースアナリストがズバリ予想! 日本企業は好業績だが、FRBの金融政策には要注意! - 最新記事 - 08月19日(土)08:00 

9月中旬までの日経平均株価の値動きを、SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、松井証券のネット証券4社のエースアナリストがファンダメンタルズの面からズバリ予想! 8月21日(月)発売のダイヤモンド・ザイ10月号から抜粋して紹介する。
カテゴリー:

もっと見る

「好業績」の画像

もっと見る

「好業績」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる