「好景気」とは?

関連ニュース

米金利が3年半ぶり高水準 10年債、一時2・66% - 01月20日(土)10:11 

19日のニューヨーク債券市場は、世界的な好景気でインフレが加速することへの警戒感から米国債を売る動きが続き、相場が下落(利回りは上昇)した。米長期金利の指標とな…
カテゴリー:

希望・早期退職を募集した上場企業は5年ぶり増 採用活動活発化も追い風 平成29年、商工リサーチ調査 - 01月19日(金)22:16 

 東京商工リサーチは19日、平成29年に希望・早期退職者を募集した上場企業が25社に上り、5年ぶりに前年水準を上回ったとの調査結果を発表した。好景気で業績が好調なうちに既存事業の構造改革を進める企業が増えたほか、人手不足が深刻になる中、企業の採用活動が活発化し転職が比較的容易になったことも人員整理を後押しした。
カテゴリー:

【社会】自殺者2万1140人 8年連続減少 - 01月19日(金)10:25  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180119/k10011293801000.html 1月19日 10時04分 去年、自殺した人は2万1140人と8年連続で減少したことが警察庁のまとめでわかりました。 警察庁によりますと、去年1年間に自殺した人は全国で2万1140人と、前の年よりも757人、率にして3.5%減り、8年連続で減少しました。 男女別では男性が1万4693人、女性が6447人でした。 都道府県別では東京都が2146人と最も多く、次いで神奈川県が1256人、大阪府が1167人などで、最も少なかったのは鳥取県で98...
»続きを読む
カテゴリー:

米好景気、政府機関閉鎖どこ吹く風 - 01月19日(金)07:14 

 政府機関が一時的に閉鎖されたとしても、米経済は難無くやり過ごすだろう。だからといって投資家は無関心でいられるわけではない。
カテゴリー:

政府「人手不足は好景気」 → - 01月17日(水)22:22  news

17年の企業倒産、人手不足倒産が前年比47.2%と急増 帝国DB調査 帝国データバンクは16日、2017年の全国企業倒産集計を発表した。 【こちらも】医療・福祉事業と飲食業の倒産件数、2017年も増加 東京商工リサーチ調べ  17年の倒産件数は前年比2.6%増の8,376件。09年以来8年ぶりの前年比増加となった。 業種別では小売業やサービス業など7業種中4業種、地域別では関東や中部、近畿など9地域中7地域で 前年を上回ったとしている。  17年の負債総額は1兆5,551億3,300万円。前年比21.9%減と2年連続で前年を下回った。 負債ト...
»続きを読む
カテゴリー:

「いい学生が採れない」と嘆く前に経営者がすべきこと - 小宮一慶の週末経営塾 - 01月20日(土)05:00 

2018年の経営課題として特に重要な「採用」をどう考えるか。日本は戦後2番目の景気拡大を続け、その中で有効求人倍率は1.56倍に達しています。中小企業経営者にとって、好景気の中での採用は深刻な悩みになっています。
カテゴリー:

内部留保増えまくりワロタ…しかし賃金は下がるばかり 日本企業ってクソばかりだわ。なぁ、安倍? - 01月19日(金)20:55  news

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180119-00010010-agora-bus_all 年が明けても、日本の景気拡大が続いている。 1965年から70年にかけて続いた、あの「いざなぎ景気」を昨年9月に超え、戦後2番目の景気回復期になった、といわれている。 求人倍率は2.7%、日経平均株価は2万3000円台。 たしかに数字だけを見れば、いかにも好景気である。しかし、そこに「強さ」は感じられない。 企業の内部留保は、400兆円を超えている。 内部留保とは、企業が投資や賃上げにお金を使わず、内部に溜め込んでいるお金だ。それが増え...
»続きを読む
カテゴリー:

コラム:賃金上昇でもインフレが起きない可能性 - 01月19日(金)10:03 

[ロンドン 16日 ロイター] - 世界各国で長期金利が上昇している。世界的な好景気、高水準でさらに上がり続ける石油価格、企業の活発な設備投資、ここ数年(国によってはここ数十年)で最も低い失業率など、インフレの兆候となるジグソーパズルのピースが揃いつつあるからだ。
カテゴリー:

外国人投資家の目に日本の政治はどう見えているか - 01月18日(木)11:00 

世界が好景気を謳歌(おうか)する中、世界的な株高が続いてきた。そこに冷や水をかけるのが、世界中に広がっている政治不安である。欧米のポピュリズム、北朝鮮の暴走、中国の海洋進出、中東の地政学リスク、テロの頻発など、不安の種は数え上げるときりがない。こういう中で、外国人投資家に、日本の政治はどう見えているのでだろうか。
カテゴリー:

今年で10年「ふるさと納税」よくわかる2018年の最新事情 - 01月17日(水)11:00 

「1万円で15キロもらえたお米が10キロになったり、お肉の量が減ってしまったりしたこともあって、それまで頼んだことのなかった北海道のアイスクリームを選んだら、量は多いし、びっくりするほどおいしかった! 魅力的な返礼品はまだまだあるんですね」 こう驚くのは、5年間ふるさと納税を続けている東京都在住の主婦・中塚幸代さん(46)。故郷や応援したい地方に寄付ができるふるさと納税は、実質自己負担2,000円で税金対策になり、返礼品をもらえるとあって活用しないと損! とはいえ、'17年4月に総務省が豪華な返礼品を控えるよう“お達し”を出したことで、返礼品の還元率が寄付額の3割以下に制限され、パソコンや自転車などの高額商品、金銭類似性が高い商品券やプリペイドカードなどがNGに。 「確かに一部で変更はありましたが、より使いやすく、魅力は依然高まっています。昨年4月から大きく変わったのは、自治体側が税金の使い道をより明確にするようになったこと。返礼品もこれまでのようにお得感だけでなく、地域の魅力をアピールするものを増やしたり、寄付者目線になっていたりするんです」 そう教えてくれたのは、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画運営するトラストバンクの宗形深さんと田中絵里香さん。'08年4月にふるさと納税がスタートして、ちょうど10年。 返礼品の還元率が3...more
カテゴリー:

もっと見る

「好景気」の画像

もっと見る

「好景気」の動画

Wikipedia

  • redirect景気循環...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる