「女子ダブル」とは?

関連ニュース

バドミントン国別対抗戦トマス杯・ユーバー杯、テレ朝などで生中継 - 05月17日(木)05:00 

国と国が威信をかけて戦う団体戦『世界バドミントン国別対抗戦 2018 トマス杯・ユーバー杯』が、5月20日(日)にタイで開幕。テレビ朝日、BS朝日、CSテレ朝チャンネルでは、グループリーグから決勝まで生中継する。同大会は、男子の大会がトマス杯、女子の大会がユーバー杯で、出場できる国は男女それぞれ16か国のみ。各試合でシングルス3試合、ダブルス2試合が行われ、3勝すれば勝利する団体戦だ。16か国が4グループにわかれ、それぞれのグループリーグの上位2か国が決勝トーナメントに進出し、優勝を目指す。日本は男子が台湾・香港・ドイツと同グループ、女子がオーストラリア・カナダ・インドと同グループになり、決勝リーグ進出をかけて戦う。個人戦が主なバドミントンの中で、団体戦である本大会は、選手にとっても特別な大会として位置づけられている。番組内で解説者やリポーターとして番組をサポートする小椋久美子も、「国別対抗の世界選手権と認識していただければ。2年に1度しかなく、歴史の長い大会のため、私も憧れの大会だった」と語るほど。バドミントン競技の日本のレベルはとても高く、特に女子は優勝候補の筆頭にあげられている。小椋も「現在の女子日本代表は技術面だけでなく、経験、精神面、どれをとっても過去最強」と絶賛する。また、4年前に中国の6連覇を阻止し優勝している男子にも期待がかかる。実際、5 月 10 日時点の世界ラン...more
カテゴリー:

【バドミントン】今井彰宏氏「不正行為」否定声明を発表 再春館製薬所元監督 - 05月16日(水)15:00  mnewsplus

バドミントン今井彰宏氏「不正行為」否定声明を発表 2018年5月16日8時52分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/sports/news/201805160000190.html 今井彰宏氏(2014年8月7日撮影) バドミントンの再春館製薬所元監督で、現在岐阜トリッキーパンダースに所属する今井彰宏氏(48)が15日、前チーム在籍時に所属選手の賞金を私的に利用していたとされる問題について、弁護士を通じて説明文を発表した。 現在、この問題について、再春館製薬所が日本協会に告発状を提出している状態。また、同チームを管轄する熊...
»続きを読む
カテゴリー:

【バドミントン女子】福島由紀、広田彩花が移籍説明「彰宏さんのサポート必要」 再春館製薬所から岐阜トリッキーパンダースへ移籍 - 05月09日(水)18:25  mnewsplus

バド福島広田が移籍説明「彰宏さんのサポート必要」 2018年5月9日18時3分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/sports/news/201805090000495.html 福島由紀(左)、広田彩花(2017年8月29日撮影) バドミントン女子ダブルス世界ランキング3位で、5月1日付で再春館製薬所から岐阜トリッキーパンダースへ所属を移した福島由紀(24)広田彩花(23)組が9日、所属先を通じて「移籍説明文」を発表した。再春館製薬所時代に約5年間指導を受けて、現在くち岐阜トリッキーパンダースに在籍する今井彰宏氏とともに...
»続きを読む
カテゴリー:

マクラクラン組が2回戦へ=マドリードテニス - 05月09日(水)08:42 

 【マドリード時事】テニスのマドリード・オープンは8日、マドリードで行われ、男子ダブルス1回戦でマクラクラン勉、ヤンレナート・シュトルフ(ドイツ)組はジョン・イスナー、ジャック・ソック組(米国)を6-4、7-6で下し、2回戦に進んだ。 女子ダブルス1回戦では青山修子(近藤乳業)加藤未唯(ザイマックス)組がアシュリー・バーティ(オーストラリア)ココ・バンダウェイ(米国)組に1-6、6-7で敗れた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【バドミントン】山口茜「何も言えない」所属の再春館から相次ぐ退部 女子シングルス世界ランク2位 - 05月04日(金)18:37  mnewsplus

山口茜「何も言えない」所属の再春館から相次ぐ退部 2018年5月4日18時18分 日刊スポーツ https://www.nikkansports.com/sports/news/201805040000661.html バドミントンの日韓交流戦で実戦復帰した女子シングルスの山口茜 バドミントン女子シングルス世界ランク2位の山口茜(20=再春館製薬所)が4日、富山・高岡市内で取材に応じ、所属先の再春館製薬所から次々と選手、スタッフが退部していることについて、「私の口からは何も言えないですけど、個人的には何も変わらずという感じです」と話した。 今年3月末に吉富桂子...
»続きを読む
カテゴリー:

バドミントン国別対抗戦トマス杯・ユーバー杯、テレ朝などで生中継 - 05月16日(水)17:44 

国と国が威信をかけて戦う団体戦『世界バドミントン国別対抗戦 2018 トマス杯・ユーバー杯』が、5月20日(日)にタイで開幕。テレビ朝日、BS朝日、CSテレ朝チャンネルでは、グループリーグから決勝まで生中継する。同大会は、男子の大会がトマス杯、女子の大会がユーバー杯で、出場できる国は男女それぞれ16か国のみ。各試合でシングルス3試合、ダブルス2試合が行われ、3勝すれば勝利する団体戦だ。16か国が4グループにわかれ、それぞれのグループリーグの上位2か国が決勝トーナメントに進出し、優勝を目指す。日本は男子が台湾・香港・ドイツと同グループ、女子がオーストラリア・カナダ・インドと同グループになり、決勝リーグ進出をかけて戦う。個人戦が主なバドミントンの中で、団体戦である本大会は、選手にとっても特別な大会として位置づけられている。番組内で解説者やリポーターとして番組をサポートする小椋久美子も、「国別対抗の世界選手権と認識していただければ。2年に1度しかなく、歴史の長い大会のため、私も憧れの大会だった」と語るほど。バドミントン競技の日本のレベルはとても高く、特に女子は優勝候補の筆頭にあげられている。小椋も「現在の女子日本代表は技術面だけでなく、経験、精神面、どれをとっても過去最強」と絶賛する。また、4年前に中国の6連覇を阻止し優勝している男子にも期待がかかる。実際、5 月 10 日時点の世界ラン...more
カテゴリー:

桜本、高畑組が優勝=バドミントン・豪OP - 05月13日(日)16:32 

 バドミントンのオーストラリア・オープンは13日、シドニーで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで桜本絢子、高畑祐紀子組(ヨネックス)が韓国ペアをストレートで下して優勝した。 女子シングルスの峰歩美(再春館製薬所)は中国選手に敗れ準優勝。 [時事通信社]
カテゴリー:

福島・広田組、再春館退部の思い公表 バドミントン - 05月09日(水)18:13 

 バドミントンの女子ダブルスで世界ランキング3位の福島由紀、広田彩花組が4月末に所属先の再春館製薬所を退部した問題で、2人が移籍先の岐阜トリッキーパンダースを通じて、移籍する思いを初めてコメントした。…
カテゴリー:

テニス:青山・加藤組は1回戦敗退 マドリード・オープン - 05月09日(水)08:28 

 テニスのマドリード・オープンは8日、マドリードで行われ、女子ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)加藤未唯(ザイマックス)組はアシュリー・バーティ(オーストラリア)ココ・バンダウェイ(米国)組に1-6、6-7で敗れた。
カテゴリー:

【バドミントン】福島・廣田(フクヒロ)ペアが、再春館製薬を退社!?岐阜トリパンへ?もめる可能性も - 04月23日(月)21:39  mnewsplus

https://www.nikkansports.com/sports/news/201804230000801.html   昨年、バドミントンの世界選手権女子ダブルスで銀メダルを獲得し、2020年東京五輪(オリンピック)でのメダル獲得が期待される福島由紀、広田彩花組が、4月末で再春館製薬所を退社する意思を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。既に辞表を提出している。  2人は岐阜トリッキーパンダースに入団するが、再春館製薬所は移籍を認めない方針。日本実業団連盟の取り決めで、前所属の移籍承諾が得られていない場合は、国内の団体戦に2年間出場でき...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「女子ダブル」の画像

もっと見る

「女子ダブル」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる