「女ざかり」とは?

「女ざかり」の画像

もっと見る

「女ざかり」の動画

Wikipedia

女ざかり(おんなざかり)は、1984年4月9日から同年7月30日まで、日本テレビ系列の月曜スター劇場(毎週月曜日21:00 - 21:54の枠で放送されたテレビドラマ。全17回。

概要・内容

小説家・森瑤子の脚本描き下ろしによる作品。本作は同じ1984年に角川書店より書籍化もされた。

キャッチフレーズは「35歳・女は美しく生まれ変わる」。寝具店を経営しながら離婚調停の最中の主婦・乃里子、一流商社マンが夫の専業主婦・加世、テレビリポーターを務める独身女性・麻子の3人が、女盛りと言われる年齢の最中でありながら、自分探しに悪戦苦闘。その様子を周りの人々と共に描いた。

乃里子、加世、麻子の3人は同じ高校の同級生同士。乃里子は夫・治夫の浮気に悩んでいたが、陸上選手でもある娘・亜矢に修平が指導に当たっていることを知った加世は夫・修平と乃里子の関係を邪推。そんな中、愛人の元で生活していた治夫が家に戻り、寝具店改装に反対し、折り合いの悪かった姑・わかも家を出て行ってしまい、家族の関係は悪化。乃里子は友人に勧められてカウンセラーの指導を受け始めるが、そのような中で乃里子は初恋の人に再会する1980年代全ドラマクロニクル(TV LIFE(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる