「奥貫薫」とは?

関連ニュース

押見修造の人気コミック『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』映画化決定 - 12月14日(木)19:30 

 押見修造の人気コミック『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』が、南沙良・蒔田彩珠の主演で映画化され、来年7月に公開することを発表した。南は「悩みを乗り越えようとする様子を見た時に感じられるものが必ずあると思うので、是非たくさんの方に観ていただきたいです」とコメントを寄せている。【関連】映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』フォトギャラリー 本作は、思春期を迎えた少年少女たちが抱える葛藤や苦悩を描きながら、誰しもが持っているコンプレックスとの向き合い方、自分のあるべき姿について描く。主演の南は、上手く言葉が話せないことに引け目を感じ、周囲と馴染めずにいる高校1年生・大島志乃を演じ、劇中では歌声も披露する。メガホンをとるのは、これまで林海象監督や押井守監督のもとで助監督を務めてきた湯浅弘章が監督を務め、脚本は『百円の恋』の足立紳が担当。南、蒔田のほかキャストには萩原利久、小柳まいか、池田朱那、柿本朱里、中田美優、蒼波純、渡辺哲、山田キヌヲ、奥貫薫らが名を連ねている。 音楽好きだが音痴な同級生・岡崎加代を演じる蒔田と共に主演を務める南は「小学生の頃から押見先生の作品が大好きだったので、お話を頂いた日は嬉しさのあまり興奮してなかなか寝付けない反面、作品の世界観を崩してしまわないかと少し不安な気持ちになりました」と当時の胸の内を告白。だが、本作で映画初主演を飾ることもあり「こんなに早く主演...more
カテゴリー:

宮沢氷魚、堀田茜らが山崎賢人主演『トドメの接吻』でセレブ学生役 - 12月07日(木)05:00 

 俳優の山崎賢人が主演する来年1月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『トドメの接吻』(毎週日曜 後10:30)の追加キャストとして宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依らの出演が決定した。彼らが演じるのは新田真剣佑扮する御曹司・並樹尊氏とその妹の美尊(新木優子)と同じ乗馬倶楽部に所属するセレブな学生たち。フレッシュな面々がどう物語と関わっていくのかにも注目だ。 【写真】連ドラ初主演!ホスト役に挑戦する山崎賢人  同ドラマは、主人公で金と権力を愛する“クズホスト”旺太郎(山崎賢人)は次のターゲットとしてお嬢様・並樹美尊に狙いを定めていた。そんなある日、突然目の前に現れた謎の女(門脇麦)に贈られた“接吻”によって、死亡。目覚めるとそこは7日前の世界で、彼はタイムリープして同じ時間を繰り返していた…。  先週、宮沢らが劇中で演じる布袋道成(宮沢)、森菜緒(堀田)、小柳奈々子(山本)、青田真凛(唐田)のキスマークと“次世代キャスト”という情報のみがヒントとして公開。誰が演じるかが話題を呼んでいた。またこれまで、若手メインキャストの出演が発表されてきたがほかにも光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎らベテラン俳優陣たちも脇を固めることがわかった。  来週14日には旺太郎の後輩ホスト・小山内和馬役のキャストが発表予定。公式ホームページではヒントとしてそのキャ...more
カテゴリー:

キスマークの主は宮沢氷魚、堀田茜らフレッシュな新キャスト『トドメの接吻』 - 12月07日(木)05:00 

俳優の山﨑賢人が主演を務める1月クールの連続ドラマ『トドメの接吻(キス)』(日本テレビ系、毎週日曜)の出演者4人が発表。先週公開された”4つのキスマーク”の主が、宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依であることが明らかになった。本作は、謎の女に“死の接吻”で殺される度にタイムリープをするNo.1ホストが、殺される理由や女の正体を追っていく“邪道ラブストーリー”。ホストとして女性を手玉にとるクズ男・堂島旺太郎(山﨑)は、12年前のある事件をきっかけに、人を愛さなくなり、成り上がることだけを追っている孤高の男。とある社長令嬢をターゲットにした旺太郎の前に、ある女(門脇麦)が現れて“死の接吻”をする。すると旺太郎は、呼吸困難、身体痙攣、異常な動悸を覚えて死んでしまうが、次の瞬間、見覚えのある7日前の景色の中で意識を取り戻す。繰り返される出来事、場面、会話から「もしや、俺は同じ時間を繰り返している?」と気付くのだった……。今回発表された、宮沢が演じる布袋道成、堀田が演じる森菜緒、唐田が演じる青田真凛、山本が演じる小柳奈々子は、旺太郎とどういう関係の人物なのかは、まだ謎に包まれたまま。また、光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎が出演することも発表された。そして今週は“キスの音=キスボ”が番組の公式ホームページで公開。この「キスボ」の主は、山﨑演じる旺太郎と同僚...more
カテゴリー:

押見修造の実体験漫画が映画化決定!南沙良&蒔田彩珠W主演で18年7月公開 - 12月13日(水)05:00 

 「悪の華」「スイートプールサイド」などで知られる押見修造氏が実体験を基に描いた漫画「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」が実写映画化されることになり、15歳の新鋭女優・南沙良&蒔田彩珠がダブル主演することがわかった。脚本は「百円の恋」などの足立紳が手がけ、2018年7月に全国公開される。  押見作品のなかでも人気が高い同名青春コミックが、ファン待望の映画化。上手く話せないことに引け目を感じ、周囲となじめずにいる高校1年生・志乃(南)と、音楽好きだが音痴な同級生・加代(蒔田)が出会い、バンド結成をきっかけにコンプレックスや自分のあるべき姿に向き合っていくさまを描いた。  押見氏は、映画の出来栄えに対し「漫画以上に、まるで現実に起こったことをそのまま切り取ったような感触でした」と太鼓判。主要キャラの仕上がり具合について「生々しく存在していると思いました。泥臭い青春映画でありながら、恥ずかしくなるほどキラキラしていて。そして、むせかえるような思春期のオーラに満ち溢れている。漫画を超えて、広く心に届く作品を作っていただいたことに感謝します」と絶賛のコメントを寄せた。  さらに浅野忠信&田中麗奈共演作「幼な子われらに生まれ」で女優デビューを果たした南は、今作が映画初主演。志乃の揺れ動く内面を繊細に表現したほか、澄み切った歌声も披露しており、「小学生の頃から押見先生の作品が大好きだったの...more
カテゴリー:

宮沢氷魚&堀田茜&唐田えりか、山崎賢人主演ドラマ『トドメの接吻』に出演決定 - 12月07日(木)05:00 

 山崎賢人が主演する2018年1月スタートの新ドラマ『トドメの接吻』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、宮沢氷魚、堀田茜、唐田えりか、山本亜依ら若手注目株が出演することが分かった。宮沢は、「大活躍中の若手役者のみなさんとご一緒できることを本当に光栄に思っています」と出演の喜びを語っている。【関連】『トドメの接吻』新キャストフォトギャラリー 本作は、カネと権力だけを追い求める主人公・堂島旺太郎(山崎)が、“ある女”(門脇麦)のキスにより死亡、しかし次の瞬間、目覚めると7日前に戻っており、そこから死のタイムリープをくり返す異色のラブストーリー。旺太郎の人生のライバルとなる御曹司・並樹尊氏(新田真剣佑)や、その妹の美尊(新木優子)、美尊へ恋心を寄せる幼なじみ・長谷部寛之(佐野勇斗)など、多彩な登場人物たちの思いが交錯する。 新たに発表された若手キャスト陣は、尊氏や寛之が所属する並樹乗馬倶楽部の部員で、宮沢が布袋道成役、堀田が森菜緒役、唐田が青田真凛役、山本が小柳奈々子役として出演する。宮沢は「同年代の役者が勢揃いしているので、お互いを刺激しあっていきたいと思います」と意気込みを見せた。 併せて、光石研、奥貫薫、岡田義徳、弓削智久、山田明郷、高橋ひとみ、小市慢太郎の出演も発表。劇中のホストクラブで旺太郎に懐く“可愛い後輩ホスト”である小山内和馬役は14日、旺太郎にアドバイスを贈る“謎...more
カテゴリー:

「奥貫薫」の画像

もっと見る

「奥貫薫」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる