「奥田瑛二」とは?

関連ニュース

「黒革の手帖」4話。まつ毛が増えてギラつく武井咲を応援したいんだけど、できなくなるかも - 08月17日(木)10:00 

8月10日(木)よる9時から放送の木曜ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)第4話。敵を作りながら悪女の道を突き進む武井咲。視聴率は10.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と2桁台をキープ。4話あらすじ銀座で一番大きなクラブ「ルダン」が売りに出されると聞いたクラブ「カルネ」のママ・原口元子(武井咲)。銀座一のママになる夢を叶えるために、どうしても売値3億円のルダンを手に入れたいと考える。元子に執着する上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)から、なんとか費用を引き出せないか画策していた。そんな折、赤坂の料亭「梅村」の仲居・島崎すみ江(内藤理沙)をカルネのホステスとして雇うことに。橋田からホテルに誘われた元子は、自分の代わりにすみ江を向かわせた。愛すべきバイプレイヤー内藤理沙・憎み切れない高嶋政伸元子「ふふ、私を信頼してくれるの?」すみ江「お会いしたばかりですけど、なんていうか……、直感で」すみ江は、料亭「梅村」で橋田に手籠めにされかけた元子を勝手口から逃がして助けた。元子を大通りまで送るときに「(無事で)良かった」と笑う。心底安心したようなため息と笑顔が、すみ江の善良さと人懐っこさを一瞬で表していた。可愛らしくてすぐに好感を持ってしまう。そんな愛すべきすみ江を、橋田に弁当を届けるためにホテルへ送り込む元子。その交通費として100万円を渡す。弁当はもちろん建前で、橋田は元子との逢瀬...more
カテゴリー:

『黒革の手帖』羽原大介氏「悪人たちにも五分の魂」 - 08月15日(火)06:00 

 女優の武井咲(23)が主演するテレビ朝日系『黒革の手帖』(毎週木曜 後9:00)。何度も映像化されてきた松本清張の不朽の名作に挑んでいるのは、脚本家の羽原大介氏(52)。「有名な原作に取り組むプレッシャーは僕にもありました。主人公の原口元子を『黒革の手帖』史上最年少の武井さんが演じるということもすごく意識していましたし、不安がなかったといえばうそになりますが、それも取り越し苦労だったというか、武井“元子”が思っていた以上に大人だったので、いま、終盤を執筆していてとても充実感があります」と、執筆秘話を明かす。 【写真】武井咲が着こなす和装も見どころ ■武井“元子”が思っていた以上に大人だった  羽原氏は、故・つかこうへいさんに師事し、運転手兼大部屋俳優を経て、脚本家デビュー。舞台作品の脚本・演出のほか、アニメ『ふたりはプリキュア』(2004年)などプリキュアシリーズを数作手掛けたこともあり、映画『フラガール』(06年)では日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。映画・ドラマの脚本で活躍しており、NHKの連続テレビ小説史上初となる外国人ヒロインを迎えた『マッサン』(14年)でも高く評価された。  『黒革の手帖』は、派遣社員として勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領した元子が、その金と借名口座のリストが記された“黒革の手帖”を盾に、東京・銀座に自身のクラブ「カルネ」をオープ...more
カテゴリー:

武井咲「黒革の手帖」3話。奥田瑛二と高畑淳子の情交はさぞエロかろうと妄想してしまう - 08月10日(木)10:00 

8月3日(木)よる9時から放送の木曜ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)第3話。主要な登場人物とその背景もほぼ出揃い、武井咲の悪女っぷりもだいぶ板についてきた。それぞれの復讐もここからグンと加速していく。3話あらすじ銀行の派遣社員から、銀座のクラブ「カルネ」のママに転身した原口元子(武井咲)。黒革の手帖に書いた借名口座の情報を利用し、常連である楢林クリニック院長・楢林(奥田瑛二)から5,000万円の大金をもらい受けることに成功した。そのせいでパトロンを失ったホステスの山田波子(仲里依紗)に恨まれることになってしまう。元子は、楢林クリニックで婦長として働いていた市子(高畑淳子)へ、楢林から得た金の中から1,000万円を退職金として手渡す。「このお金で商売でも始めたら」と勧めるが、市子は気が進まないようだった。奥田瑛二と高畑淳子の情交はきっとエロい市子は、元子が楢林に出させた退職金を返しに元子の家へやってきた。そのお金がなければ今後やっていけないだろう、と言いたげに微笑み呆れる元子。市子は声を荒らげる。市子「元子さん、あなたいま幸せ? 銀座に店を持てて、幸せ? それで本当に満足している?」元子の母親の事情や、水商売の危うさにも口を出し「あなたには、本当の女の幸せがわかってないのよ」と捨て台詞を残して去っていった。市子がこんなことを言い出したのは、一度は別れた楢林のもとに戻りたくなったか...more
カテゴリー:

『黒革の手帖』武井咲と滝藤賢一がゲスなバトル!“貴族”繋がりも話題に - 08月04日(金)11:51 

武井咲の“悪女っぷり”が話題にもなっている『黒革の手帖』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)。8月3日に放送された第3話では、滝藤賢一演じる村井亨とゲスなバトルが展開されたが、インターネット上では、彼らの“ある繋がり”に注目が集まった。平均視聴率は10.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。7月20日に初回15分拡大でスタートしたこの作品で武井は、「松本清張史上最強」とも言われる“悪女”を歴代最年少の23歳で演じており、初回から平均視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートをきった。当初、米倉涼子版『黒革の手帖』と比べて、「武井咲、若すぎない?」といった声もあったが、見事下馬評を覆して注目を集めてる。今回放送された第3話では、元子が巡らせた策により、波子(仲里依紗)の新店オープンの話が頓挫。その背景を知らなかった波子は、お店オープンの資金を用意してくれるはずだった楢林謙治(奥田瑛二)を追求すると、楢林から「文句があるなら『カルネ』のママに言え!」と言われ、「楢林先生に何をしたの!?」と元子に詰め寄るところから始まった。冒頭からバトル勃発? という状況だったが、元子はそんな波子を軽くいなし、ボーイを使って店から追い出してしまう。「銀座で商売できないように潰してやる……」と怒りを露わにする波子は、元子が東林銀行で何をしたのか、当時の次長・村井から聞き出そう...more
カテゴリー:

「黒革の手帖」2話。目で魅せる武井咲、口もとで豹変する仲里依紗。若手女優の悪女演技覇権争い勃発中 - 08月03日(木)10:00 

7月27日(木)よる9時から放送の木曜ドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)第2話。初回の視聴率は11.7%、2話はそれを上回る12.3%だった(ビデオリサーチ調べ/関東地区)。過去に悪女役で女優として飛躍を遂げた『ブザー・ビート』(フジテレビ系)の相武紗季や『女囚セブン』(テレビ朝日系)の剛力彩芽に、武井咲も続きそうだ。2話あらすじ派遣社員として勤めていた東林銀行から1億8000万円を横領し、それを開業資金として銀座にクラブ「カルネ」をオープンさせた原口元子(武井咲)。一方、同じ銀行で働いていた山田波子(仲里依紗)は、街頭でティッシュ配りをしていた。クラブは開店できたが経営が思ったほどは順調でない。美容師の牧野(和田正人)の提案で、波子をホステスとしてスカウトした。すぐに楢林クリニックの院長・楢林(奥田瑛二)に気に入られた波子は、マンションやスポーツカー、さらには自分の店までもねだりはじめる。目で魅せる武井咲、口元で演じる仲里依紗クラブ「カルネ」でホステスになった波子。手を叩いて大口を開けて笑ったりお客様と野球拳をしたりと、銀座のクラブとは思えない庶民的な振る舞いが目立つ。クラブ「燭台」のママ・叡子(真矢ミキ)には「店の格が下がる」と注意されるが、かえって素人感がウケて人気が出てしまった。波子「私、知らなかった。お金稼ぐのって、こんなに簡単だったんだね」元子への恩義も忘れ、カルネが...more
カテゴリー:

【芸能】突然「打ち切り」になった特撮番組のウラ事情 - 08月15日(火)19:35  mnewsplus

 子どもたちに楽しみにされながらも、突如として打ち切りになってしまった特撮テレビ番組が存在する。いったい何が起きていたのか調べてみると、そこには驚きの理由があった!  人気があったにもかかわらず、わずか半年で打ち切られたのが、1989年に放送された特撮ドラマ『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』(フジテレビ系)。当初は同年1月から12月までの放送を予定していたが、主演を務めた女優の小沢なつき(45)が撮影を放棄して途中降板するというハプニングがあり、番組は7月で打ち切りとなった。後年、小沢は降板の理...
»続きを読む
カテゴリー:

自堕落な井浦新&成田凌…「ニワトリ★スター」新場面写真お披露目!公開は18年3月 - 08月14日(月)15:00 

 井浦新の主演映画「ニワトリ★スター」が2018年3月に公開されることが決まり、新場面写真がお披露目された。 ・【フォトギャラリー】「ニワトリ★スター」場面写真  「殴者 NAGURIMONO」の原作や「ハブと拳骨」の原案・音楽(ともに田中雄一郎名義)を手がけているたなか雄一狼氏が、初めてメガホンをとり自著(電子書籍)を映画化。麻薬の売人・草太と同居人の楽人が、予想だにしない事態に巻き込まれていく様を描く。井浦が主人公・草太 、成田が全身タトゥーで色欲狂いの若者・楽人に扮し、紗羅マリーがドラッグ中毒のシングルマザー月海、津田寛治が弱小暴力団の組長・八田、奥田瑛二が草太の父を演じている。  場面写真は、草太と楽人が自堕落な生活をおくる様子をとらえており、草太は柄シャツ&オールバック姿でガンを飛ばし、隣の楽人は派手な赤髪と腕のタトゥーが目を引く。また草太が父とタバコを吸うシーン、号泣するシーンなども切り取っている。  さらに、映画ファンとの一体感を高めることを目的としたクラウドファンディングもスタート。目標金額は100万円で、集まった資金は参加者へのリターン品の制作に使われる。リターン品はオリジナルポスター、Tシャツ、ロゴステッカー、メイキングDVDなどのグッズのほか、サイン入り台本、撮影現場見学ツアーなどを予定している。参加コースは6種あり、詳細はクラウドファンディング特設ペ...more
カテゴリー:

『黒革の手帖』武井咲と滝藤賢一がゲスなバトル!貴族繋がりも話題に - 08月04日(金)12:00 

武井咲の“悪女っぷり”が話題にもなっている『黒革の手帖』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00~)。8月3日に放送された第3話では、滝藤賢一演じる村井亨とゲスなバトルが展開されたが、インターネット上では、彼らの“ある繋がり”に注目が集まった。平均視聴率は10.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だった。7月20日に初回15分拡大でスタートしたこの作品で武井は、「松本清張史上最強」とも言われる“悪女”を歴代最年少の23歳で演じており、初回から平均視聴率は11.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートをきった。当初、米倉涼子版『黒革の手帖』と比べて、「武井咲、若すぎない?」といった声もあったが、見事下馬評を覆して注目を集めてる。今回放送された第3話では、元子が巡らせた策により、波子(仲里依紗)の新店オープンの話が頓挫。その背景を知らなかった波子は、お店オープンの資金を用意してくれるはずだった楢林謙治(奥田瑛二)を追求すると、楢林から「文句があるなら『カルネ』のママに言え!」と言われ、「楢林先生に何をしたの!?」と元子に詰め寄るところから始まった。冒頭からバトル勃発? という状況だったが、元子はそんな波子を軽くいなし、ボーイを使って店から追い出してしまう。「銀座で商売できないように潰してやる……」と怒りを露わにする波子は、元子が東林銀行で何をしたのか、当時の次長・村井から聞き出そう...more
カテゴリー:

『黒革の手帖』武井咲VS仲里依紗 悪女の闘いに滝藤賢一も参戦「ゲスくてドロドロ」 - 08月04日(金)11:30 

 3日、武井咲主演のドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系/木曜21時)が放送。夜の銀座を舞台に、欲深い男女がうごめき、足を引っ張りあう展開にSNS上では、「黒革の手帖ゲスくてドロドロでおもしろい」「あの欲望と思惑が渦巻くドロドロした感じがヤバイ」と称賛の声があがっている。【関連】「武井咲」フォトギャラリー 原作は松本清張による不朽の名作。親が残した莫大な借金を一人で返済し、「金を支配したい」という観念の持ち主となった銀行員・原口元子(武井)。税金逃れのために多くの上客が作っていた借名口座の存在をネタに上司を脅し、1億8千万円を横領することに成功。それを元手に銀座に「クラブ カルネ」をオープンし、夜の女王にのし上がっていく。 第3話では、元子の策略によって、銀行時代の元同僚でライバルホステスでもあった山田波子(仲里依紗)の新店オープンの話が頓挫。激怒する波子は「クラブ カルネ」に乗り込み、「化けの皮を剥がしてやる」「銀座で商売できないようにしてやる」と暴れまくる。  だが、元子を恨んでいるのは波子だけではなかった。横領事件をきっかけに人生を狂わされた銀行時代の元上司・村井亨(滝藤賢一)だ。彼も店で暴れまくり、元子に、銀行時代の事件の秘密をバラすと脅すも、「バラされたらお互い様」と軽くあしらわれてしまう。逆上した村井は、ネクタイで元子の首を絞め殺そうとするが、その瞬間……。  放送終了後...more
カテゴリー:

【芸能】武井咲 初悪女役「黒革の手帖」成功の鍵を握るお色気シーン - 07月30日(日)16:13  mnewsplus

 7月20日からスタートしたドラマ『黒革の手帖』(テレビ朝日系)に注目が集まっている。  「ご存じ、松本清張の小説が原作。勤め先の銀行から横領した1億8000万円を元手に、“黒革の手帖”に書かれた顧客の秘密を武器に、銀座に自分のクラブをオープンさせ、夜の世界で闘う物語です」(テレビ朝日関係者)  ヒロイン・原口元子役は若手女優の武井咲(23)。  「このドラマは、'04年に米倉涼子主演で高視聴率を獲得。それまでイマイチ吹っ切れずにいた米倉を、一躍、人気女優の座に押し上げました。武井は米倉が所属するプロダクション...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「奥田瑛二」の画像

もっと見る

「奥田瑛二」の動画

Wikipedia

キネマ旬報ベスト・テン
第68回 主演男優賞棒の哀しみ他
日刊スポーツ映画大賞
第2回 主演男優賞千利休 本覺坊遺文 ヨコハマ映画祭
第16回 主演男優賞棒の哀しみ
高崎映画祭
第9回 主演男優賞棒の哀しみ
日本映画批評家大賞
第4回 男優賞深い河 第16回 監督賞長い散歩 }}

奥田 瑛二(おくだ えいじ、1950年3月18日 - )は、日本俳優映画監督画家声優ナレーター。本名は、安藤 豊明(あんどう とよあき)。旧芸名は奥田 英二身長175cm、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる