「奥田瑛二」とは?

関連ニュース

著名人たちも声を揃える、「介護殺人」を招く「在宅介護」の問題点 - 04月21日(金)08:01 

■他人事ではなかった「介護殺人」の恐怖(6)  せめて最期は住み慣れた自宅で――。誰もが願うこのささやかな「夢」が、悲劇を生む引き金となり得るのだという。超高齢人口減社会のなかで問題視されている、肉親が肉親の命を絶つ介護殺人。介護体験者である著名人たちが、在宅介護の限界を指摘する。  *** 「そらお金もあって、立派な家もあればアレやけど」  その「介護殺人者」の女性(71)は呟いた。 「この間、テレビで介護の番組やっててんけど、癌の旦那さんを奥さんが看てて、最後は家でガリガリになって子どもや、孫に看取られて。最後の最後まで看るっていうんも、それはそれで大変やなあと。私みたいにああするのと、どっちがええんかなって……」  間口が約2メートルしかない、「バラック」という言葉がしっくりとくる大阪府内の木造長屋。この古く狭い自宅で、彼女は認知症を患った夫を介護し続けた。金銭面だけではなく、「密室性」ゆえに精神的にも追い込まれていったであろうことは想像に難くない。そして2007年、彼女は介護に行き詰まり、夫の首をタオルで絞め、殺(あや)めた。 「最後の最後」まで、伴侶を在宅で介護したことはテレビ番組の内容と変わらないが、彼女は自らの手で夫の最後の最後を「勝手に」決めた。言うまでもなく重大な犯罪である。実際、彼女は殺人容疑で逮捕され、3年弱、刑に服した。だが、程度の差こそあれ「うさぎ小屋」...more
in English
カテゴリー:

満島ひかりも衝撃を受けた和製マイケル三浦大知 - 04月14日(金)17:00 

満島ひかりがパーソナリティをつとめ、時を超え今なお輝きを放つ名曲たちを紹介するTOKYO FMの番組「おとなの自動車保険 presents 光のメロディー」。 4月9日(日)の放送では、“1980年代キング・オブ・ポップのDNA”をテーマに時代を彩った名曲たちを振り返りました。 “キング・オブ・ポップの象徴は?”と聞かれれば、誰もが挙げるであろうアーティスト、マイケル・ジャクソン。 マイケルは、11歳からジャクソンファイブとして活躍し、1970年代から2009年に50歳という若さで亡くなるまで、トップスターであり続けました。そんな彼の超越したパフォーマンスに影響を受けたというアーティストは数多く存在しますが、カナダ出身のR&Bシンガー、ザ・ウィークエンドもそのひとり。 現在27歳の彼は幼いころからマイケルを聴いて育ち、いつか自分もマイケルのようなポップスターになりたいと憧れ続けていたそうです。マイケルがアルバム『スリラー』でソロ・アーティストとして大ブレイクしたのが24歳。ザ・ウィークエンドも同じく24歳にして楽曲「キャント・フィール・マイ・フェイス」が全米ナンバーワンに輝き、2016年にはグラミー賞を2部門獲得するほどの活躍ぶりで、“第2のキング・オブ・ポップ”と称されています。 新しいサウンドながらも、ときにマイケルを彷彿とさせるブレスや歌い方からも彼が影響を受けた...more
in English
カテゴリー:

【ドラマ】多部未華子が“告白”「恥ずかしくて…」NHKドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」記者会見 - 04月11日(火)18:13 

https://mdpr.jp/news/detail/1677987 2017.04.11 13:10 女優の多部未華子が11日、東京・渋谷のHNK放送センターで行われたドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」(4月14日スタート/毎週金曜よる10時、連続8回) の記者会見に、共演者の高橋克典、上地雄輔、片瀬那奈、新津ちせ、江波杏子、奥田瑛二、倍賞美津子とともに出席した。 今作は、古都鎌倉を舞台に、新米の代書屋となった雨宮鳩子(多部)が、ちょっと風変わりな人々と触れ合い、成長していく姿を描く。 ドラマの内容にちなみ、最近手紙を書いたことや、もし手紙...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ドラマ】多部未華子主演、NHK連続ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』 4月スタート - 03月08日(水)17:56 

http://www.oricon.co.jp/news/2087134/full/ 2017-03-08 09:02 女優の多部未華子が、NHK総合で4月14日スタートの連続ドラマ『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(毎週金曜 後10:00、全8回)に主演することが発表された。同局の連ドラに出演するのは、2009年の連続テレビ小説『つばさ』以来となる。 2017年本屋大賞にノミネートされた小川糸氏の小説『ツバキ文具店』(幻冬舎)をドラマ化。 古都鎌倉を舞台に、手紙を書くことを生業(なりわい)とする主人公が、さまざまな依頼に応えていきながら成長していく姿を描く。 8年ぶ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

安藤和津、「介護自殺」を身近に感じた20年間の介護生活を明かす - 04月19日(水)08:01 

■他人事ではなかった「介護殺人」の恐怖(2)  超高齢社会の日本で相次ぐ、介護殺人事件。小社刊『介護殺人─追いつめられた家族の告白』(毎日新聞大阪社会部取材班著)にまとめられているのは、おぞましくも哀しい手段に手を染めざるを得なかった関係者たちの声である。  ***  俳優の奥田瑛二の妻であるエッセイストの安藤和津(69)は、介護していた実母の死を夢に見たことがあったと振り返る。彼女は、脳腫瘍を患い認知症に至って亡くなった母親の介護に20年間奔走した。 「母を介護している際、一度こんな夢を見たんです。私が母の首を絞めて殺そうとしている――。まさに『介護殺人』の中の女性そのものです。『やってしまった!』と愕然として、ハッと目覚めました。現実には殺すなどと思ってもいなかったのに、夢では殺人をイメージしてしまっていた。とてもショックで、自分が怖くなりました」  同時に彼女は、「介護自殺」も身近に感じていた。 「06年に母が亡くなる直前のことです。夜にふと窓の外を見ると庭の大きな木が目に飛び込んできた。それを見ていたら、『この木に紐をぶら下げて首をくくったら楽になる』と思ってしまったんです。宵闇に浮かぶ木に、自分が吸い込まれていくような感覚とでも言えばいいでしょうか」 ■愛情があればあるほど  そこまで追い詰められた安藤の体験とは、 「『介護殺人』の人たちもそうでしたが、私も母の介護に追...more
in English
カテゴリー:

都心の「室内墓」 お参りしやすい環境が人気の理由 - 04月12日(水)16:00 

 首都圏を中心に、自動搬送式の室内墓が増えている。交通の便がよく、手入れも比較的簡単で、気軽にお墓参りができると好評だというのだ。そこで、ノンフィクションライターの井上理津子さんが、東京・文京区にある興安寺『本郷陵苑』の様子をレポートする。  * * *  2002年の開館。上から目線で恐縮だが、15年を経ているだけあって人いきれの蓄積がある。新しい建物にどこか感じがちな落ち着きのなさはない。使われてこそ建物だなあと思った。 「本館と新館に34の参拝ブースがあり、合計1万基です」と、総責任者の中澤亨さんが言う。巨大だ。利用者は、約15%が近隣、あとは交通至便なため、遠方から求めている。「会社が近いから」「巨人ファンなので東京ドームに観戦に来るときに寄るから」といったことを理由に挙げる購入者もいるとか。わざわざの墓参ではなく、「ついで」の墓参も大いにアリ、と15年の実績からうかがえる。 「母が好きだったから」と、カップのコーヒーを手に持ち、お参りに来た女性に会った。恵比寿のアルバイト先からの帰路だという板橋区の主婦、田中雪枝さん(41才)。コーヒーは本郷三丁目駅近くのカフェでテイクアウトしてきたという。「墓前に供えて、母に“どうぞ”と。それから私が飲むんです。月イチくらいの頻度でふらっと来て、母とコーヒーを媒介に会話するのが習慣になりましたね」  カジュアルな墓参に見えるが、思いは深...more
in English
カテゴリー:

【芸能】小雪の爆死ドラマ打ち上げで大物俳優が「フジがダメなんだよ!」とブチギレ - 03月23日(木)19:53 

3月21日発売の「女性自身」が、12日に最終回を迎えた小雪主演のテレビドラマ「大貧乏」(フジテレビ系)の打ち上げの様子を報じた。同ドラマは全編、低視聴率に苦しんでいたという。 「『大貧乏』は初回から視聴率7.7%の低空スタートで、その後も、ほとんどの回が5%割れという悲惨な状況でした。さらに通常、ドラマでは盛り上がるはずの最終回まで、4.4%という大爆死。裏番組に木村拓哉主演のドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)や、バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)があったとはいえ、関係者はこの結...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】安藤サクラが妊娠7カ月半♪柄本明の長男・佑との待望の第1子 - 03月07日(火)05:06 

サンケイスポーツ 3/7(火) 5:00  女優、安藤サクラ(31)が、夫で俳優、柄本佑(30)との第1子を妊娠していることが6日、分かった。複数の関係者の話を総合すると、妊娠7カ月半で6月に出産予定。現在、出演映画の撮影中で、その後産休に入るとみられる。佑の父で俳優、柄本明(68)にとっては初孫。2012年の結婚から5年、芸能一家に新たな“金の卵”が誕生する!!  2012年度と14年度のブルーリボン賞で主演女優賞を獲得した邦画界を背負う実力派が、新たな命を宿していた。  複数の関係者によると、妊娠7...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「奥田瑛二」の画像

もっと見る

「奥田瑛二」の動画

Wikipedia

キネマ旬報ベスト・テン
第68回 主演男優賞棒の哀しみ他
日刊スポーツ映画大賞
第2回 主演男優賞千利休 本覺坊遺文 ヨコハマ映画祭
第16回 主演男優賞棒の哀しみ
高崎映画祭
第9回 主演男優賞棒の哀しみ
日本映画批評家大賞
第4回 男優賞深い河 第16回 監督賞長い散歩 }}

奥田 瑛二(おくだ えいじ、1950年3月18日 - )は、日本俳優映画監督画家声優ナレーター。本名は、安藤 豊明(あんどう とよあき)。旧芸名は奥田 英二身長175cm、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる