「奥山和由」とは?

「奥山和由」の画像

もっと見る

「奥山和由」の動画

Wikipedia

、2作目として製作されたうなぎはカンヌで最高賞のパルムドール賞を受賞した話題性もあり、興行的に貢献した。それ以降の作品は、東京夜曲(監督:市川準)、CURE(監督:黒沢清)、バウンス ko GALS(監督:原田眞人)、そして翌年のカンヌ国際映画祭正式出品となったフラワーズ・オブ・シャンハイ(監督:侯孝賢)など、世界各国の映画祭の多くの賞を受賞したが、興行的には振るわなかった。

1998年1月の奥山解任劇をもって「シネマジャパネスク」は終焉を迎えた。当時同プロジェクト内で撮影が進行・完成・上映間近になっていた映画は撮影中止や上映延期になり、CS放送の名前は再び「衛星劇場」に戻された。ルーズボーイなど未だにオクラになったままの作品もある。また後に無事上映された映画からは「製作総指揮:奥山和由」のクレジットが外され、奥山色は一掃された。

解任騒動

1998年1月19日松竹は取締役会を開き、父・融社長と、専務の和由を同日付けで解任した事を発表した。専務から昇格した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる