「奥山和由」とは?

関連ニュース

京都国際映画祭、ピース又吉原作「火花」初上映 - 09月06日(水)20:27 

 今年で4回目となる「京都国際映画祭2017」(10月12~15日、よしもと祇園花月など)の概要が6日、京都市内で発表され、ピース・又吉直樹(37)の芥川賞受賞作を映画化した「火花」が、同映画祭で初上映される。  同映画祭の奥山和由総合…
カテゴリー:

京都国際映画祭2017で菅田将暉×桐谷健太「火花」がワールドプレミア上映! - 09月06日(水)19:55 

 吉本興業グループが企画推進する京都国際映画祭2017の概要発表会見が9月6日、京都・よしもと祇園花月で行われた。映画祭実行委員会・名誉実行委員長の中島貞夫、総合プロデューサーの奥山和由をはじめ、門川大作京都市長、アートプランナー・おかけんた、「NMB48」の渋谷凪咲、谷川愛梨、内木志、村瀬紗英、若手俳優・稲葉友らが出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の会見、その他の写真はこちら  前身の京都映画祭から伝統と志を引き継ぎ、2014年にスタートした京都国際映画祭は、映画にとどまらずアート、パフォーマンス、工芸など、あらゆる分野を対象としている。第4回となる今年のキャッチコピーは「京都3泊4日。」。オープニングセレモニーは、昨年の京都・元離宮二条城から会場を移し、西本願寺の南能舞台で10月12日に行われる。重要文化財である同所での開催に対し、西本願寺・執行長の本多隆朗氏は「ご縁の深さを感じております」と喜びを述べた。またレッドカーペットは、国宝である唐門の側に設置されるため「皆さんには、国宝・唐門をバックに歩いていただく」と明かした。  映画部門は、第153回芥川賞を受賞した「ピース」又吉直樹の小説を菅田将暉と桐谷健太の主演で映画化した「火花」(板尾創路監督)がワールドプレミア上映されることが決定。主演2人のビデオメッセージが披露され、「嬉しいですね。僕らは大阪出身ですから」...more
カテゴリー:

京都国際映画祭2017で菅田将暉×桐谷健太「火花」がワールドプレミア上映! - 09月06日(水)19:55 

吉本興業グループが企画推進する京都国際映画祭2017の概要発表会見が9月6日、京都・よしもと祇園花月で行われた。映画祭実行委員会・名誉実行委員長の中島貞夫、総合プロデューサーの奥山和由をはじめ、...
カテゴリー:

「奥山和由」の画像

もっと見る

「奥山和由」の動画

Wikipedia

、2作目として製作されたうなぎはカンヌで最高賞のパルムドール賞を受賞した話題性もあり、興行的に貢献した。それ以降の作品は、東京夜曲(監督:市川準)、CURE(監督:黒沢清)、バウンス ko GALS(監督:原田眞人)、そして翌年のカンヌ国際映画祭正式出品となったフラワーズ・オブ・シャンハイ(監督:侯孝賢)など、世界各国の映画祭の多くの賞を受賞したが、興行的には振るわなかった。

1998年1月の奥山解任劇をもって「シネマジャパネスク」は終焉を迎えた。当時同プロジェクト内で撮影が進行・完成・上映間近になっていた映画は撮影中止や上映延期になり、CS放送の名前は再び「衛星劇場」に戻された。ルーズボーイなど未だにオクラになったままの作品もある。また後に無事上映された映画からは「製作総指揮:奥山和由」のクレジットが外され、奥山色は一掃された。

解任騒動

1998年1月19日松竹は取締役会を開き、父・融社長と、専務の和由を同日付けで解任した事を発表した。専務から昇格した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる