「奥寺佐渡子」とは?

関連ニュース

脚本賞は「リバース」 『原作にないラストを、と言われたときは気が重かった』 - 08月10日(木)13:30 

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」。 【写真を見る】奥寺は「毎話のラストに分かりかけていたことがひっくり返るような構成をめざしました」と語る/(C)TBS 見事、最優秀脚本賞に輝いたのは「リバース」(TBS系)の奥寺佐渡子、清水友佳子の両氏。そんな奥寺氏にインタビューを敢行して、「二転三転する展開と、原作にないラスト」で湊かなえファンからも評価された作品作りについて聞いた。 ■ 試行錯誤を繰り返した“飽きられない”ための仕掛け ――最優秀脚本賞に選出されました。受賞のお気持ちをお聞かせください とてもうれしいです。見て下さった皆さんと、スタッフ・キャストの皆さんに支えられての受賞だと思います。書くのに良い環境を与えてくれたチームと、原作の湊かなえ先生に心から感謝いたします。 ――今作の脚本を書く上で、気を付けたことやこだわりなどを教えてください 「なぜ、広沢由樹は死んだのか?」という1つの謎を10話かけて解いていくので、途中で飽きられることのないよう、清水友佳子さんやプロデューサーの新井(順子)さんたちと何度も試行錯誤を重ねました。「リバース」のタイトルにふさわしく、毎話のラストに分かりかけていたことがひっくり返るような構成をめざしました。湊さんの原作は、お互い疑心暗鬼になるなど、人間関係の面白さも見どころです...more
カテゴリー:

「奥寺佐渡子」の画像

もっと見る

「奥寺佐渡子」の動画

Wikipedia

奥寺 佐渡子(おくでら さとこ、女性、1966年 - )は、日本脚本家岩手県出身。東海大学文学部卒業。

最初は特に脚本家になろうと考えていたわけではなく、たまたま大学当時に書いた脚本がディレクターズ・カンパニーの公募に受かって相米慎二監督から連絡されたが、卒業後は就職先として決定していた石油会社で普通に働きながら、3年ほど深夜番組の台本を副業で書いていたというvol.15 シナリオライター 奥寺佐渡子さん - 日活。

1980年代半ばに鳩よ!にて詩人としてデビュー。1993年に相米のお引越しで脚本家デビュー。1995年には学校の怪談で日本アカデミー賞脚本賞受賞。1998年には文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学。2010年にはサマーウォーズで第9回...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる