「夫婦喧嘩」とは?

関連ニュース

「体型センシング」は夫婦喧嘩の元になる? 妻のサイズをみて余計な一言を言うと… | エンジニア夫婦の「あるある日記」 | 東洋経済オンライン - 02月25日(日)15:00 

今やたくさんの人がお世話になっているインターネット通販。日本で代表的なものはアマゾンや楽天ですが、…
カテゴリー:

実は逆効果!夫を「嫉妬させる」のがNGな理由4つ【勘ちがい妻#01】 - 02月23日(金)21:45 

source:http://www.shutterstock.com/ 「嫉妬は恋愛のスパイスになる」 なんて言われたりもするように、“嫉妬”という感情は、恋愛関係にあるふたりの間にちょっとした刺激を与えてくれたりもします。 ただ、夫婦の間で無理に嫉妬をさせるようなことをすると、“変な誤解”を生んでしまうだけの結果になるでしょう。 そこで今回は、夫婦関係において勘違いしてしまっている「勘違い妻」にならないよう、夫を嫉妬させるのが逆効果な理由を紹介します。 ▼夫を「嫉妬させる」のが逆効果な理由4つ (1)「浮気」を疑われる 他の男性と仲良くしてみたり、他の男性のことを必要以上に褒めてみたりなど、下手に嫉妬させるような行動を取ると、やはり単純に“浮気”を疑われる可能性が大。 なので、夫婦間で行うにはちょっとリスクが高い行為だと言えるでしょう。 妻の浮気を疑うようになったら、夫婦関係もどんどんギクシャクし始めるでしょうし、夫だって他の女性に目がいくようになるかもしれません。 また、一度浮気を疑うようになると、その後もちょっと何かある度に疑うような状態にもなりかねませんよ。 関連記事: 本気で嫌になる!夫が思わず「別れ」を考える瞬間4つ #25【逃げられ妻】 (2)夫婦の「信頼関係」が崩れる source:http://www.shutterstock.com/ 嫉妬をしてしまうよう...more
カテゴリー:

「出ていけ!ここは自分の持ち家だ!」夫の暴言に法的効力はあるのか? - 02月19日(月)08:00 

夫婦喧嘩でヒートアップした夫から放たれる「誰に食わせてもらっていると思っているんだ!」というこの台詞。さすがに今の時代でこんな言葉を言う男性もいないのではないか……と思っていたところ、「教えて!goo」で「夫婦喧嘩の領域?夫婦の崩壊?」という質問を発見。投稿によると、質問者は夫婦喧嘩の度に夫から「今後生活費は一切出さない」などの暴言を浴びせられているという。売り言葉に買い言葉的になっている可能性もあるが、実際のところ法律的にこのようなことがまかり通るのか、疑問に思ったので弁護士に聞いてみることにした。 ■夫婦は互いに同居・協力。扶助する義務がある お話を伺ったのは、弁護士法人アディーレ法律事務所の吉岡一誠弁護士。まずは、「この家の所有者は自分だ。今すぐ出ていけ」。このような言い分はどうなのだろうか? 「夫婦には同居し、互いに協力・扶助すべき義務があることから(民法第752条)、妻は夫に対して同居を求める権利を有しています。したがって、夫には、自宅不動産の名義が自己のものであるとしても、妻を家から出て行かせる権利はなく、仮に暴行脅迫等により妻を追い出した場合は、上記義務の違反となり、離婚原因になる可能性や、慰謝料の支払義務を負う可能性があります」(吉岡弁護士) 夫名義だとしても、妻は当然その家に住む権利があるとのことだった。では、続いて「自分が稼いだお金で生活費を払っている。...more
カテゴリー:

恐怖の「だんなデスノート」!家事をしない夫へ、妻の仕返し3連発 - 02月16日(金)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ 突然ですが、あなたは『だんなデス・ノート』というウェブサイトをご存知ですか? 「旦那の食事は高脂肪、糖質高め」 「排水口を洗った歯ブラシで使ってる姿を見るのが楽しみ」 「実は、夫の味噌汁に鼻クソを入れている」 妻たちが吐き出した思わずゾッとするような“毒”がズラリ!  会員数は1万人超、1日約70万アクセス以上。夫への不平や不満を投稿する、いま話題のウェブサイトが昨年10月ついに書籍『だんなデス・ノート ~夫の「死」を願う妻たちの叫び~』となって登場したのです。 そこで今回は、首都圏在住の20~40代既婚女性を対象に『だんなデス・ノート』に関するアンケートを実施! 実際にあった恐怖のエピソードをこっそりご紹介します……。  ▼イラッとした日は、夫の洗濯物で復讐を! 休みになると1日中ゴロゴロしている夫。家事を手伝ってとお願いしても、「疲れているから無理!」と背中を向けて二度寝、三度寝。怒りをぶつける場所がないから、夫の洗濯物だけ洗剤も柔軟剤も入れずに水洗いしてやった。ちなみにこの前は本当に頭に来たから、洗わずにタンスの中へ……(34歳/東京都/2児の母) 仕事が大変なのは分かるけど、365日休みなしで働いている妻の身にもなってほしいもの。 ちょっと子どもをあやしてくれるだけでもいいのに、「疲れて...more
カテゴリー:

妻の妊娠中にもタバコに飲み会…ありえない!夫の行動を変えるには? - 02月13日(火)22:00 

source:https://www.shutterstock.com/ 妊娠中、夫に異常にイライラすることって多いですよね。 妊娠中は妻の身体には大きな変化が次々と起こるため、とても不安定になるものですが、そんな時ってちょっとした夫の非常識な行動が許せなくなることも……。 今日は妊娠中の夫のありえない行動についてと、イライラを招かないように妻が意識できる“ちょっとしたポイント”を、経験を元にお伝えします。 ▼妻が妊娠中に平気でタバコ!? ありえないと思う夫の行動 妻が妊娠中でも、男性はつわりや胎動も感じず、お腹の大きさも変わりません。 頭では「妻は妊娠中だ」と分かっているものの、気が利かないことも多々あると思います。たとえば…… ・重い荷物を妊娠中の妻に当たり前に持たせる ・妊娠前と変わらず妻の目の前でタバコを吸う ・お風呂掃除など、お腹が大きいと難しくなる掃除を「手伝って欲しい」と言ってもやらない ・予定日が近くても気にせずに飲みに行く このように「私妊娠中なんですけど?」「もうすぐ出産だけど知ってますか?」と言いたくなること、多くのママが経験あると思います。 関連記事:イライラMAX!「妊活とタバコ」にまつわる夫との仁義なき戦い ▼夫のありえない行動を防ぐ・変えるには? 夫の信じられない行動・言動にイライラしていると、ママの体にも赤ちゃんにも良い影響はありません。 でき...more
カテゴリー:

「サレ妻」は意外に多い!? 夫の浮気発覚→修羅場エピソード3つ - 02月23日(金)22:30 

source:http://www.shutterstock.com/ 「浮気したら国外追放!」 プライベートではおしどり夫婦として知られる女優・仲里依紗さんが、テレビ朝日系金曜ドラマ(夜11時15分~)『ホリデイラブ』で単身赴任中の夫に浮気される、“サレ妻”を熱演中。 幸せいっぱいの家庭に訪れた悲劇は、決して他人ごとではありませんよね。 「もしかしたら、うちの夫も……」 そこで今回は、首都圏在住の20~40代既婚女性を対象に“浮気”に関するアンケートを実施!  実際にあった“サレ妻エピソード”をまとめてみましたよ。 ▼エピソード1:健康面が心配で、多めに資金を送っていたら… とにかく真面目で家族想いだったから、「うちの夫に限って、浮気は絶対にない!」と過信していた。でも、それは大きな間違い。仕事が忙しくて健康面に気遣う時間がないだろうから、せめておいしいご飯でも……と思って送った資金を遣って、若い女性と浮気していた。クレジットカードの明細表はウソをつかないからね。私たちが節約して送金したお金で彼女にプレゼントを購入していたなんて、ありえないでしょ!(37歳/埼玉県/2児の母) どんなに子煩悩で優しい夫でも、外へ出れば1人の男。若い女性から誘惑されたら、「まさか……」と目を疑ってしまうほど、コロッと落ちてしまうものなのです。 単身赴任中の男性は、まるで独身貴族になった気分で時...more
カテゴリー:

言葉遣いが悪くて…友達とトラブルにならないか心配です【小学校入学前Q&A】 - 02月20日(火)21:45 

source:http://www.shutterstock.com/ 「うちの子、口が悪いんです」 「バカとか、お前とか、うるせー!とか、どうしたら使わないでくれるでしょうか…」 「このまま小学生になると、友達とのトラブルも起こすんじゃないかと心配になってしまいます」 4〜5歳になると言葉を巧みに使えるようになり、ちょっと悪い言葉や下品な言葉にも興味を持って使うようになりますよね。 このままでは先が思いやられる……と小学生になる前のタイミングで言葉遣いを見直したいと思う方も多いようです。 そこで今回は園児から小学生の教育現場にいる塾講師の筆者が、子どもの言葉遣いの正し方をご紹介します。 ▼まずは親の言葉遣いを見直す 子どもの言葉づかいは、友達などの身近な人々からの影響を受けることが多く、中でも親の影響はとても大きなものです。 親が電話や外で丁寧な言葉遣いをして見本を見せていたり、塾に見送りに来た際に大きく爽やかな挨拶をしてくださる保護者のお子さんはとても丁寧な挨拶をしています。 日頃の会話で「っつーかさ、(ていうか)」などの省略言葉を使ったり、叱る場面などで「〜ってんじゃねーよ」「~するな」などの乱暴な言葉を使っていませんか? それだけで子どもが同じ言葉を使う可能性が高まります。子どもは親を見て成長しています。 使って欲しい言葉で日々の会話をするようにしましょう。 関連...more
カテゴリー:

ノーメイク&ノーブラでママ会!? ママ達の「ズボラ行動」を大暴露! - 02月18日(日)21:45 

source:https://www.shutterstock.com/ 「いつまでもキレイな妻・ママでいたい……」 結婚当初はそう心に誓っていたはずなのに、気が付いたら“ズボラ行動”が増えてきてハッとした経験はありませんか?  やらなければならないのは分かっているけど、なかなか直せない……。 そこで今回は、首都圏在住の20~40代既婚女性を対象に、”ズボラ行動”に関するアンケートを実施! ここだけの話……をこっそり暴露してもらいましたよ。 ▼幼稚園/保育園の送迎編 朝はバタバタしているから、顔を洗って着替えるのがやっと……。だから、基本的に幼稚園に送っていくときは、ノーメイクで帽子にマスクの完全防備! 仲良しのママ友に会ったら「誰だか分らなかったよ~(笑)」と呆れられてしまった。(32歳/千葉県/3児の母) どんなに朝が早くても、周りのママは“ばっちりメイク”しているからスッピンで行くのは気が引ける。でも、正直時間がないからマスクをしたときに見える“部分だけメイク”することが多い……。(29歳/東京都/1児の母) 幼稚園や保育園の送り迎えを経験したママたちが、「わかる!」「私も私も!」と声を揃えていたのが「ノーメイク」「マスク」「ニット帽」の3点セット。 子どもを起こしてご飯を食べさせて、着替えさせて……と忙しない朝の光景が目に浮かびますね。 でも、毎日ズボラ登園をして...more
カテゴリー:

落ち着きがないのですが…集団生活に馴染めるでしょうか?【小学校入学前Q&A】 - 02月15日(木)21:15 

source:https://www.shutterstock.com/ 「うちの子、落ち着きがないのでちゃんと席に座っていられるか心配」 「先生の話をしっかり聞いて行動できるかしら……」 「自分だけ勝手な行動をしてしまわないかヒヤヒヤします」 小学校入学目前の時期になると子どもが学校生活でしっかりやっていけるか不安になってきますよね。 そこで今回は、園児たちの教育現場で集団授業をしている塾講師の筆者が、ママ達からの相談事で多い“集団生活”についてお伝えします。 ▼小学校で必要になってくる集団生活のシーン2つ まずは、小学校生活のどんなシーンで“集団に合わせて行動する”必要があるのかを確認しましょう。 (1)授業中、先生の話をきく時 授業は先生の指示で進みます。 そのため、ポロポロと指示を聞き逃してしまったり、活動する場所にいられない状態では、クラスの友だちと同じように授業を受け、理解することが難しくなってしまいます。 基本は、クラスの中で自分の席につき、先生の指示通りに学ぶこと。一度でしっかり指示を理解できる子は学力の面でも力を伸ばしていきます。  関連記事:【3歳~】家庭でもできます!「小学校受験に通用する」力の伸ばし方   (2)皆で一つの活動をする時 給食の準備をする、教室の掃除をするなど、何人かのチームで一つの活動を行う場合は、協力や連携が必須です。 自分の思い通り...more
カテゴリー:

ママの辛い悩み…「ワンオペ育児」撲滅キャンペーンとは? - 02月13日(火)21:00 

source:https://www.shutterstock.com/ 今や子育て世代に大きく広まった「ワンオペ育児」というワード。 2017年の「ユーキャン新語・流行語大賞(※1)」にもノミネートされてから今でもなお、社会問題になっている気がします。 2歳の息子がいる筆者も、夫は週6で仕事ですし、夜は毎日22時過ぎの帰宅……という完全な“ワンオペママ”。 そこで今回はそんな筆者が、「ワンオペでも、もっと育児を楽しむ方法」を経験を元に紹介していきます。 ▼「ワンオペ育児」の辛さとは… 子育ては楽しいことばかりではありません。 可愛いわが子の成長を間近で見ることは出来ても、全部自分1人で子どもの命を守るという責任ははかりしれないもの。 危険がないよう一瞬も目を離せない緊張感がある中で、掃除してもすぐに散らかる部屋や、一生懸命作っても食べてくれないご飯と毎日1人で向き合うのは“終わりがない戦い”のようです。 働くワンオペママは、これに仕事や保育園準備・送迎などが加わり、朝から晩まで動きっぱなしになることも。 一番辛いのは、自分の時間が持てないストレスと、その大変さを共有する相手がすぐ側にはいないことだと筆者は思います。 どんなに忙しくても、子どもを見つめながら「大変だね」と誰かと言い合えるだけで、気持ちはとても楽になるのではないでしょうか? 関連記事:ワンオペ育児に陥る前に!「ブラ...more
カテゴリー:

もっと見る

「夫婦喧嘩」の画像

もっと見る

「夫婦喧嘩」の動画

Wikipedia

夫婦喧嘩(ふうふげんか)とは、夫婦の間での喧嘩のことである。

概説

夫婦喧嘩は、喧嘩の中でも最もありふれたものに分類される類のものである。

昔から「夫婦喧嘩は犬も喰わないまず基本的には、何でも喰いたがるはずの雑食性のですら 夫婦げんかは喰わない、それくらい“喰えない”ものだ、という意味である。」と言うが、この表現には、夫婦喧嘩というのは放置しておいても自分たちで勝手に仲直りしてしまう、よけいなおせっかいはしないほうがいい、という意味が込められている平凡社世界大百科事典vol.9 p.37「喧嘩」竹内常一 執筆。ただしこれらの考え方が警察や行政によるドメスティックバイオレンスモラルハラスメント対策の遅れを招いたとの批判も存在するDV被害・子供への暴力有限会社北原調査事務所DV相談増加「飲酒暴力」の撲滅も課題だ琉球新報2015年3月2日閲覧。

近年では夫婦喧嘩に関するアンケート調査も行われているほか、この仲裁警察官が出動するケースも多い...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる