「太鼓台」とは?

「太鼓台」の画像

もっと見る

「太鼓台」の動画

Wikipedia

太鼓台(たいこだい)とは、

  • 太鼓を載せる台。
  • 神社祭礼において練り出される山車の一種。内部に太鼓が積まれており、太鼓に合わせて音頭をとって担ぐ。舁き山(かきやま、担ぎ山)と曳き山(ひきやま、引き山)がある。 本項で2について詳述する。
  • 太鼓台(舁き山)

    太鼓台(屋台)宮入りの様子
    (大宮八幡宮)
    舁き山の太鼓台は、瀬戸内海沿岸を中心に西日本一帯で多く見られる。地域によって様々な違いがあるが、2~6名程度の人間が乗り込んで内部の太鼓を叩き、その太鼓の音に合わせて掛け声をかけ、数十人~百人以上で担ぎ上げ、練り歩くという形式は共通している。他の呼称として太鼓ふとん太鼓ちょうさ頂載(ちょうさい)千歳楽(千才楽)ヤッサ四つ太鼓ふとん御輿御輿太鼓布団だんじり太鼓山等、総称として屋台太鼓屋台等がある。

    神輿が神社の所...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる