「太賀」とは?

関連ニュース

ディーン・フジオカ、ワイルドなヒゲ姿を公開 『海を駆ける』でミステリアスな横顔 - 12月14日(木)19:00 

 ディーン・フジオカが主演を務め、深田晃司監督とタッグを組むインドネシアが舞台の映画『海を駆ける』のティザービジュアルが公開された。公開されたビジュアルは、ヒゲを生やし、どことなくミステリアスな雰囲気が漂うディーンの横顔が映し出されている。【関連】「ディーン・フジオカ」フォトギャラリー 本作は、『淵に立つ』で第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した深田監督の最新作。インドネシアを舞台に、国境を超えた若者たちの友情を通して、人間の生活が自然とともにあるさまを描く。 深田監督は、2004年スマトラ島沖大震災で津波による壊滅的な被害を受けつつも復興を遂げた街バンダ・アチェを訪れた際に、本作のアイデアを想起。今回インドネシア・オールロケで撮影が行われた。 自然は時に豊かに美しく、時に脅威となり人を飲み込み、また人間の生活は自然と共にあるという様を、インドネシアの美しい海、そして国籍や宗教を越えて育まれる若者たちの友情を通して描き出す。 奇跡を起こす正体不明の主人公のラウを演じるのはディーン・フジオカ。ラウと一緒に暮らすことになる日本人の貴子に鶴田真由、貴子の息子・タカシを『淵に立つ』の太賀が演じる。そしてタカシの従妹を若手女優の阿部純子が務める。さらに、本作の舞台であるインドネシアから、国民的人気俳優アディパティ・ドルケン、新鋭の女優セカール・サリが出演する。 解禁されたビ...more
カテゴリー:

臼田あさ美、大阪舞台挨拶で「生きてる感じが伝わる」と語る - 12月12日(火)18:06 

魚喃キリコによる同名漫画が原作の映画『南瓜とマヨネーズ』の舞台挨拶が12月7日(木)大阪のテアトル梅田で行われた。主演の臼田あさ美が登壇し、公開から1か月近く経ちながらも客層が伸び続けている本作の魅力を語った。 【写真を見る】出演した映画なので客観的に見れないが、3回も観賞したという 映画『南瓜とマヨネーズ』は恋人でミュージシャン志望のせいいちの生活を支えるためキャバクラで働くツチダが忘れられない元恋人のハギオに再会し、過去にすがるように彼にのめりこんでいく物語。 女性からの評価が高く、リピーターとして2度、3度と観られることが多いという本作。臼田は舞台挨拶でも観賞2度目だという観客が半数以上いることに「すごい」感激。しかし、臼田自身も自慢げに「3回観てるんですよ」と満面の笑みで話し笑いを誘った。臼田は劇場で「このシーンで笑うんだ」「ここで感動するよね」などお客さんと同じ空間で共有して観ることができてすごく良かったと振り返った。また、臼田はインスタグラムにファンから「共感しました」などの反響や、映画レビューサイトを見ていると「こんなダメな人たちに共感しないで」と不安になるという。「でも、そのくらい日常の地続きにこの話があって、終わってからもせいいちやツチダがどこかで生きているような気持ちになる。決して派手な作品じゃないけど人が生きている感じが伝わって、それを受け取ってくれる人がいる...more
カテゴリー:

賀来賢人「乳が気になりすぎて…」Fカップ女芸人の服装に困惑 - 12月06日(水)12:32 

俳優の賀来賢人と太賀が、12月5日に放送された『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系、毎週火曜23:59~ ※一部地域を除く)に出演。女芸人のFカップボディに困惑する一幕があった。毎回、総勢50名を超える若手芸人がゲストについて調査を行い、興味の持てる“おもてなし”を提案する同番組。ゲストがその中から数組のテーマを選出し、MCのヒロミとフットボールアワーの後藤輝基らと共にトークを繰り広げる。現在、肉体改造中で食事制限をしている賀来は、フォーリンラブのバービーがプレゼンする「濃い味だけどヘルシーな料理」をチョイス。グラビアでも活躍する女芸人・ばーん(高坂友衣・高田千尋)と共に料理対決をすることに。時折賀来にセクハラをしつつも、低カロリーな“油揚げたい焼き”を作るバービー。対する高田は“ヘルシー豆腐生チョコ”を調理する。しかし、Fカップある高田は、胸の谷間が強調される服を着ていたため、後藤から「乳気になる!」とツッコミを受ける。その後も一生懸命料理をするのだが、同様の言葉で注意を受けていた。双方の料理を食し、一定の評価をする2人。賀来は悩んだ末、勝者にバービーを選んだ。理由として「どちらとも美味しかったのですが、生チョコは、乳が気になりすぎて……」と述べる。納得のいかない高坂は「じゃあ(高田の胸を)揉んでもいいっすよ」とコメントを残し、スタジオを笑わせた。また、「アイスのチョコモナ...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカ、ヒゲをたくわえワイルドに!「海を駆ける」新ビジュアル完成 - 12月14日(木)06:00 

 深田晃司監督とディーン・フジオカが初タッグを組んだ映画「海を駆ける」のティザービジュアルが、このほど完成した。  「淵に立つ」が第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門の審査員賞を受賞した深田監督の最新作。インドネシア、バンダ・アチェの海岸で、片言の日本語やインドネシア語を話す謎の男(フジオカ)が発見される。震災復興の仕事をしている日本人・貴子(鶴田真由)と息子・タカシ(太賀)は、その男にラウ(=インドネシア語で「海」の意味)と名付け、保護することに。正体不明の男・ラウが、数々の不思議な奇跡と事件を巻き起こしていくさまを描く。  インドネシアでオールロケを敢行した本作は、美しい海や現地の若者たちの姿を通して、自然の驚異や「人間の生活は自然とともにある」という本質を訴える。深田監督は、東日本大震災後の震災復興リサーチへの参加や、スマトラ島沖地震の被害を受けた街バンダ・アチェを訪れた経験をもとに、本作を製作した。「震災による津波の被害を受けた2つの国の地で、見聞きして刺激を受けたことを、魅力ある俳優たちと共に大切にすくい取って作り上げた作品です」と話している。  ティザービジュアルは、謎の男・ラウの姿をとらえており、ヒゲをはやしワイルドな姿に変ぼうしたフジオカの姿を確認することができる。香港や台湾で実績を積んだ、国際派俳優として知られるフジオカは「日本とインドネシア、私にとって大切...more
カテゴリー:

臼田あさ美、主演映画3度観賞も誰にも気づかれず - 12月07日(木)21:13 

 女優臼田あさ美(33)が7日、大阪市内で主演映画「南瓜とマヨネーズ」(冨永昌敬監督)の大ヒット記念の舞台あいさつを行った。ミュージシャンを目指す恋人(太賀)と、忘れられない昔の恋人(オダギリジョー)との間で揺れ動く様を描いた大人の恋愛…
カテゴリー:

「太賀」の画像

もっと見る

「太賀」の動画

Wikipedia

第38回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞
淵に立つ 備考 = }} 太賀(たいが、1993年[[2月7日 - )は、日本俳優スターダストプロモーション所属。東京都出身。同じく俳優である中野英雄の次男。元EBiDAN

略歴・人物

2006年(平成18年)、13歳の時に芸能界入りしテレビドラマ新宿の母物語で俳優デビュー。小学生の時にドラマWATER BOYSに感動したことがきっかけで同作に興味を持ち、シンクロナイズドスイミングを真似てみたものの、自分は役者になりたかったのだと認識して以来主演の山田孝之に憧れ、映画バッテリーで共演した林遣都が山田と同じ所属事務所だったことから関係者に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる