「太賀」とは?

関連ニュース

忘れらんねえよが太賀、中村蒼、矢本悠馬と大騒ぎ「明日とかどうでもいい」MV - 10月16日(月)12:00 

忘れらんねえよの新曲「明日とかどうでもいい」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。
カテゴリー:

太賀、主演映画の原作者が「怖い」!?トークショー出席も「1カ月前から震えていた」 - 10月11日(水)21:20 

 早見和真氏の小説を実写映画化した「ポンチョに夜明けの風はらませて」のトークイベントが10月11日、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで行われ、主演の太賀と原作者の早見氏が出席した。 ・【フォトギャラリー】イベントの模様はこちら  処女作「世界グッドモーニング!!」が名だたる巨匠から激賞を受けた、新鋭・廣原暁監督がメガホンをとった青春ロードムービー。モラトリアムを持て余す男子高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)が経験する、ハチャメチャな珍道中を描き出す。  映画「ひゃくはち」(2008)で原作者、出演者という関係で初対面して以来、公私ともに交流が深い2人。「この1週間、復習を兼ねて太賀出演の映画を9本見た」という早見氏は、「今作に『おっさんたちが高校生役』と言う人がいるそうですが、僕は全然高校生に見えた。太賀の魅力のひとつはそこにある。(太賀が14歳で主演した)『那須少年記』は、今でも太賀が主演できる。でも30代の役もできるだろうし、面白いよね」と惜しみない称賛を送った。  トークは早見氏が矢継ぎ早に質問する形で進んだが、中盤で「俺のこと、苦手だよね?」と苦笑しつつ問いかけるひと幕も。太賀は目を閉じながら「おそれず言うと、怖いです(笑)」と述べ、「何で怖い?」と畳み掛けられると、「自分の未熟さがバレるというのがあって。眼差しの鋭さに足がすくむん...more
カテゴリー:

臼田あさ美、12年ぶり共演オダギリジョーにメロメロ 一瞬で出演者やスタッフたちをとりこに - 10月11日(水)10:16 

 映画『南瓜とマヨネーズ』完成披露上映会が10日、東京都内で行われ、出演者の臼田あさ美、太賀、オダギリジョーと冨永昌敬監督が出席した。  本作は、魚喃キリコ氏の代表作を映画化。夢を追いかけるミュージシャン志望の恋人・せいいち(太賀)と自由奔放で女好きな元カレ・ハギオ(オダギリ)の2つの恋に揺れる女性・ツチダ(臼田)の切ない恋模様と、もろく崩れやすい日常の大切さをリアルに描き出す。  臼田は「最初に監督から映画化のお話をいただいたのが今から3年以上前。去年やっと撮影があって、やっとここにたどり着いた」とファンを前に感慨深げ。冨永監督は「かなりフライング気味に臼田さんに伝わってしまい…。臼田さんじゃないとこの映画は成り立たなかったので」と苦笑交じりに裏事情を明かした。オダギリは、『パビリオン山椒魚』以来、11年ぶりに冨永監督作品への参加で、「監督とは同い年で同級生的な感覚」と出演を喜んだ。  オダギリと12年ぶりの共演という臼田。「オダギリさんがハギオとして現場に現れたとき、私だけじゃなくて女性スタッフも男性スタッフも皆、『これはせいちゃん(太賀)負けたね』という感じだった」と一瞬でその場の全員をとりこにしたことを明かし、「あれよあれよとペースを持っていかれちゃってどうしたら…という気持ちを味わった」。太賀も「言うなれば恋敵。牙をむいていようと思ったけど、いざ対面すると懐にすっぽり入っ...more
カテゴリー:

臼田あさ美&太賀、オダギリジョーの“魔性の男”ぶりにメロメロ!? - 10月10日(火)22:45 

漫画家・魚喃キリコ氏の代表作を実写映画化する「南瓜とマヨネーズ」の完成披露上映会が10月10日、東京・新宿武蔵野館で行われ、主演の臼田あさ美、共演の太賀、オダギリジョー、メガホンをとった冨永昌敬...
カテゴリー:

[オダギリジョー]「ストレス発散」の演技 臼田あさ美、太賀もメロメロに… - 10月10日(火)21:30 

 俳優のオダギリジョーさんが10日、東京都内で行われた臼田あさ美さんの主演映画「南瓜とマヨネーズ」(冨永昌敬監督、11月11日公開)の完成披露上映会に、臼田さん、太賀さんとともに登場。主演映画「エルネスト」での過酷なキューバロケを終えた直後に……
カテゴリー:

ホンマタカシが撮る臼田あさ美。Balenciaga (バレンシアガ) 2017年秋冬コレクション - 10月12日(木)21:03 

<映画情報> タイトル: 『南瓜とマヨネーズ』 監督・脚本: 冨永昌敬 原作: 魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』(祥伝社フィールコミックス) キャスト: 臼田あさ美、太賀、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ […]
カテゴリー:

太賀、主演映画の原作者が「怖い」!?トークショー出席も「1カ月前から震えていた」 - 10月11日(水)21:20 

早見和真氏の小説を実写映画化した「ポンチョに夜明けの風はらませて」のトークイベントが10月11日、東京・渋谷のHMV&BOOKS TOKYOで行われ、主演の太賀と原作者の早見氏が出席した。処女作...
カテゴリー:

臼田あさ美&太賀、オダギリジョーの魔性の男ぶりにメロメロ!? - 10月10日(火)22:45 

 漫画家・魚喃キリコ氏の代表作を実写映画化する「南瓜とマヨネーズ」の完成披露上映会が10月10日、東京・新宿武蔵野館で行われ、主演の臼田あさ美、共演の太賀、オダギリジョー、メガホンをとった冨永昌敬監督が登壇した。冨永監督から臼田へオファーが届いたのは、約3年前のこと。臼田は「やっと完成して、皆さんに見て頂けるということが、今でも信じられない。やっとここまで辿り着けたという気持ちです」と感慨深げに話していた。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  原作の世界観を忠実に再現した本作は、脆く崩れやすい日常の大切さ、そして女性の切ない恋模様をリアルに描出する等身大の恋愛映画。生活費を稼ぐため、密かにキャバクラで働く女性ツチダ(臼田)が、夢を追い続けるミュージシャン志望の恋人・せいいち(太賀)と、自由奔放で女好きな元カレ・ハギオ(オダギリ)の間で心が揺れ動く様を描く。  「桜並木の満開の下に」以来5年ぶりに主演を務めた臼田は、12年前に共演していたオダギリの魅力に改めて気づいたようだ。「スケジュール的にせいいちとのシーンが先だったんです。気持ちを作っていくなかで『せいちゃんと上手くいってほしい』と感じることもありました。こんなにせいちゃんと築き上げたものを、ハギオは一瞬で崩せるのかなと思っていたんです」と前置きし「ハギオを演じるオダギリさんが現場に入った瞬間、...more
カテゴリー:

映画「南瓜とマヨネーズ」臼田あさ美、太賀からオダジョーへの心変わりを赤裸々に - 10月10日(火)22:31 

魚喃キリコ原作による実写映画「南瓜とマヨネーズ」の完成披露上映会が、本日10月10日に東京・新宿武蔵野館にて開催された。
カテゴリー:

臼田あさ美、オダギリジョーの魅力熱弁「現場の男性スタッフまで…」 - 10月10日(火)21:06 

 女優の臼田あさ美、俳優の太賀、オダギリジョーが10日、都内で行われた映画『南瓜とマヨネーズ』(11月11日公開 冨永昌敬監督)の完成披露舞台あいさつに出席した。 【写真】太賀 、冨永昌敬監督も出席  同映画は、漫画家・魚喃キリコ氏の同名漫画が原作。同せい中の今彼「せいいち(大賀)」のミュージシャンになる夢を支えるため、キャバクラで働いていた主人公「ツチダ(臼田)」。そのことをしったせいいちは心を入れ替え働き始める。そんな矢先、ツチダにとって今でも忘れられない昔の恋人「ハギオ(オダギリ)」と偶然、再会。過去の思い出にしがみつくようにハギオにのめり込んでいくツチダだったが…、というストーリー。  オダギリとの共演は、12年前の初出演映画以来という主演の臼田は「私の記憶だとすごいアドリブをたくさんやられていた」と振り返りながら「せいちゃんとのシーンが先にあって、現場を一緒に作り上げた。この気持ちをハギオが崩せるのかなと思っていたんですが、オダギリさんが現場に入った瞬間、これはもう“せいちゃん、負けたね”と思いました」と、現場でのオーラに圧倒された様子。  続けて「女性にモテるだけではなく、人を引き付けるというか、現場の男性スタッフまで(オダギリの)ペースに持っていかれてましたね」と、その魅力を熱弁。恋敵役の太賀も「牙を剥いていようと思ったけど、対面すると、懐にすっぽり入ってしま...more
カテゴリー:

もっと見る

「太賀」の画像

もっと見る

「太賀」の動画

Wikipedia

第38回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞
淵に立つ 備考 = }} 太賀(たいが、1993年[[2月7日 - )は、日本俳優スターダストプロモーション所属。東京都出身。同じく俳優である中野英雄の次男。元EBiDAN

略歴・人物

2006年(平成18年)、13歳の時に芸能界入りしテレビドラマ新宿の母物語で俳優デビュー。小学生の時にドラマWATER BOYSに感動したことがきっかけで同作に興味を持ち、シンクロナイズドスイミングを真似てみたものの、自分は役者になりたかったのだと認識して以来主演の山田孝之に憧れ、映画バッテリーで共演した林遣都が山田と同じ所属事務所だったことから関係者に...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる