「太田光」とは?

関連ニュース

香取慎吾、欽ちゃんは「憧れのモンスター」 『仮装大賞』の後継指名には困惑 - 01月20日(土)06:00 

 タレントの萩本欽一(76)と香取慎吾(40)がこのほど、都内で司会を務める日本テレビ系人気番組『欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞』(2月3日、後7:00)の取材会に参加。香取は萩本から仮装大賞についてのあれこれを伝授されているそうで「結構、本気なんです。困ってます…」と“後継指名”に戸惑いを明かした。 【写真】揃いのスーツでポーズを決める慎吾&欽ちゃん  番組は第1回から萩本が司会を務め、2002年の第65回から香取も参加。第66回から69回、第77回から『欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』のタイトルで放送されている。コンビ結成16年目を迎えており、取材会の冒頭で萩本は「今さら語り合う仲でもないけど」とぽつり。だが、2人で話せばトークは盛り上がった。  香取は今回の収録を終えた印象について「欽ちゃんは、お元気になりました。数年前に、ちょっと危なかった」と体調面で不安を抱えていた萩本をちらりと見てニヤリ。欽ちゃんは「そういう時期があるんだよ(笑)。でも、そういう好きなことを言える仲になったのは最近だな」と言いつつ「おかしいだろ」とツッコんでバツグンのコンビネーションを見せた。  萩本の香取への信頼は厚い。「慎吾ちゃんは力がある。それと、苦しませると、飛んでるところに行く」と評価し、「最初のころは一目置いてましたね。こないだ半目ぐらいになりましたけど(笑)」と話し...more
カテゴリー:

ドリフ仲本工事、怪しすぎる27歳年下妻の尻に敷かれていた - 01月19日(金)05:00 

1月19日放送の『爆報!THE フライデー』(毎週金曜19:00~)では、ザ・ドリフターズの仲本工事、かつて人気を博したワニのカイマンくんの現在に迫る。 爆笑問題(太田光・田中裕二)がMCを、田原…
カテゴリー:

ドリフ仲本工事、怪しすぎる27歳年下妻の尻に敷かれていた - 01月18日(木)14:16 

1月19日放送の『爆報!THE フライデー』(毎週金曜19:00~)では、ザ・ドリフターズの仲本工事、かつて人気を博したワニのカイマンくんの現在に迫る。爆笑問題(太田光・田中裕二)がMCを、田原俊彦がスペシャルゲストMCを務める同番組。今回のテーマは、「あの人は今…、大追跡SP」。『8時だョ!全員集合』や『ドリフ大爆笑』などのバラエティ番組で活躍し、70~80年代に圧倒的な人気を誇ったザ・ドリフターズ。そのメンバーである仲本は、加藤茶に負けじと27歳差の年の差婚を果たしていた。さらに、怪しすぎる年下妻の尻に敷かれていたことも発覚した。一体、どんな妻なのか?また、80年代にワイドショーを一世を風靡したのが、ワニのカイマンくんだ。ペットショップで売れ残っていたのを不憫に思った広島の男性に引き取られたカイマンくんは、現在激変し、ある問題に直面していた。そして、1987年に16歳でプロレスラーデビューして以降、女子プロレス界の第一線で活躍し人気を博した美女プロレスラーのTは、昨秋多くのファンに惜しまれながら現役を引退した。そんな彼女は今、ボロボロの体に様変わり。父の介護、職探しに苦しんでいた……。さらに、16歳の時に出場したカラオケ大会で優勝、スカウトされ、その後1993年に演歌歌手デビューしたIの現在にも密着。2016年には、水森かおり以来13年ぶりとなる女性演歌歌手のNHK紅白歌合戦初...more
カテゴリー:

太田光「相変わらずだなコイツら」ウーマン村本擁護 - 01月17日(水)11:08 

 爆笑問題の太田光(52)が、ウーマンラッシュアワーの村本大輔(37)が憲法改正に関する発言で批判を浴びた騒動について、「謝る必要なんか全然ない」と村本を擁護。批判した有識者たちを切り捨てた。  村本は元日に放送されたテレビ朝日系「朝ま…
カテゴリー:

堀江貴文、「R-1」出場はエハラマサヒロと飲んでるときに決まった - 01月14日(日)13:28 

1月14日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)では、スタジオゲストで登場した“ホリエモン”こと堀江貴文が、芸人転身(?)と話題となった「R-1ぐらんぷり2018」の予選に出場した経緯を説明した。 【写真を見る】堀江貴文の“ブレーン”を務めるのは「R-1」準優勝経験のあるエハラマサヒロ 司会の田中裕二から、1回戦を突破したことが伝えられるとスタジオでは拍手が起こり、田中が「ちょっとあの本当に、皆さん思っていると思うんですけど、何でこれ出たんですか?」と質問。 すると「僕の素人の友達が、M-1に出たんですよ。で、2年連続1回戦で負けてて、その話をエハラマサヒロと僕と、何人かで飲んでる時にしてたら、“堀江さんR-1出ればいいじゃないですか。僕(エハラ)ネタ書きますから”って1年半くらい前に言われて、去年はエハラくんが出たから、ことし出ていないんですよ、彼。 で、突然(エハラから)連絡が来て、LINEで。堀江さん、ことし何日と何日と何日が予選ですけど、どうですか?って言われて。LINEでエハラくんとネタのやりとりしてて、で、ほとんど練習はしていないんです。前日とかにネタが来て、こんな感じで、と衣装を準備して」と出場の経緯を語った。 すると、田中が「なんかあの1回戦では、過去の騒動を自虐ネタにしたって言うことで」と言うと、アシスタントの山本里菜アナが「そうなんです。小学生に扮(ふん)した...more
カテゴリー:

『仮装大賞』史上初の0点出た 39年目の珍事に欽ちゃん・香取も驚き「新しくなった」 - 01月20日(土)06:00 

 タレントの萩本欽一(76)と香取慎吾(40)がこのほど、都内で司会を務める日本テレビ系人気番組『欽ちゃん&香取慎吾の第95回全日本仮装大賞』(2月3日、後7:00)の取材会に参加。39年の歴史を誇る番組で史上初の0点が出たことを明かした。 【写真】揃いのスーツでポーズを決める慎吾&欽ちゃん  番組は20点を満点(第1回は15点満点)とし、合格点を下回ると不合格となる。どんなに低くても、情けで2~3点は取れるのが通常で、それが40年近く続けられてきた。しかし、2月3日に放送される第95回では、まさかの事態が起きたという。第1回目から司会を務める萩本は「0点、出ちゃったね」と史上初の0点が飛び出したことを驚きながら明かした。  ただ、その出演者は2週間にわたる猛練習を行い、決してふざけていたわけではなかったという。応募総数3316組の中から予選を勝ち抜いた35チームに含まれる精鋭で真剣にやったからこそ、萩本は「どういうわけだか、嫌な気分がしなかったね。まずいかなって思ったりするんだけど(今回は)いいんじゃないのって思った」と清々しい結果だったと回想。客席にもどんよりムードはなかったそうで、香取は「客席も『0点』っていう感じ。1点も入ってないのに、え~っていうのがなかった。『はい、お疲れ様で~す』みたいな」と苦笑いで振り返った。萩本は「僕の中では2点か3点かなって思ったら、ポンと...more
カテゴリー:

ドリフ仲本工事、怪しすぎる27歳年下妻の尻に敷かれていた - 01月19日(金)05:00 

1月19日放送の『爆報!THE フライデー』(毎週金曜19:00~)では、ザ・ドリフターズの仲本工事、かつて人気を博したワニのカイマンくんの現在に迫る。爆笑問題(太田光・田中裕二)がMCを、田原俊彦がスペシャルゲストMCを務める同番組。今回のテーマは、「あの人は今…、大追跡SP」。『8時だョ!全員集合』や『ドリフ大爆笑』などのバラエティ番組で活躍し、70~80年代に圧倒的な人気を誇ったザ・ドリフターズ。そのメンバーである仲本は、加藤茶に負けじと27歳差の年の差婚を果たしていた。さらに、怪しすぎる年下妻の尻に敷かれていたことも発覚した。一体、どんな妻なのか?また、80年代にワイドショーを一世を風靡したのが、ワニのカイマンくんだ。ペットショップで売れ残っていたのを不憫に思った広島の男性に引き取られたカイマンくんは、現在激変し、ある問題に直面していた。そして、1987年に16歳でプロレスラーデビューして以降、女子プロレス界の第一線で活躍し人気を博した美女プロレスラーのTは、昨秋多くのファンに惜しまれながら現役を引退した。そんな彼女は今、ボロボロの体に様変わり。父の介護、職探しに苦しんでいた……。さらに、16歳の時に出場したカラオケ大会で優勝、スカウトされ、その後1993年に演歌歌手デビューしたIの現在にも密着。2016年には、水森かおり以来13年ぶりとなる女性演歌歌手のNHK紅白歌合戦初...more
カテゴリー:

おかもとまり:第7回 起業の夢を持ったのは太田光代さんに感銘を受けたから。好きな人、好きなものを輝かせたいと、ずっと思っていました - 01月17日(水)12:00 

2017年7月1日に、コラムサイト「minto.」を開設したおかもとまりさん。起業という長年の夢を実現させ、現在は二児の母として、起業家として忙しい日々を過ごしていらっしゃいます。 インタビュー第7回は、起業を夢見たきっかけ、二児の母として、育児と仕事の両立についての考え、そして、開設したばかりのコラムサイトで発信していきたいことなど、たっぷりとお話を伺いしました。 ■起業したいという夢を持ったのはいつからですか? 昔から、大ファンだった爆笑問題さんの本をたくさん読んでいたんです。中学生のときに読んだ本の中に、太田さんの奥さま・太田光代さんの話が出てきました。 もともとはご自身もものまねタレントとして活動されていた光代さんが、25歳のときに太田さんと結婚して、その後爆笑問題さんを支えるために会社を作ったとの経緯を読んで、ものすごく感銘を受けたんです。私が芸能界に入ったのも、光代社長に憧れを持ったからでした。 ■ずっと夢見てきた起業を、このタイミングでスタートさせたのはなぜですか? 出産後に登記だけはしていたんですけど、ずっとその会社で何をするかを考えていたんです。それが、今年のお正月に見た初夢で方向性が決まったんです。 ■どんな夢だったんですか? 仲良しのタレントさんがネットで叩かれている夢です。すごく良い子なのに、事実とは違うイメージで叩かれているタレントさん。私がそれを見...more
カテゴリー:

尼神インター・渚がヤンキースケベキャラに疲弊気味!? - 01月14日(日)17:30 

1月13日(土)放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジ系)に、人気女芸人が多数登場。山崎ケイ、ゆりやんレトリィバァらが、ヤンキースケベキャラが定着している尼神インター・渚の意外な一面を告発した。 【写真を見る】イベントで男装の麗人と化した尼神インター・渚 尼神インターと同期の山崎は、「渚ちゃんは超寂しがり屋」とヤンキーキャラを否定。尼神が上京する際、渚は、仲がいい山崎が住む駅の隣の駅にわざわざ引っ越してきたそうで、番組の収録の前日、前々日も2人で飲んでいたとか。さらに渚は、ガンバレルーヤとも週3のペースで飲んでいるらしく、山崎は「寂しくて、毎日誰かと飲んでいるんですよ(笑)」と暴露。渚が「32年間ずっと実家暮らしやったんですよ。誰もいない家に帰るのが寂しすぎて…」と本音を語ると、山崎は「優しくて照れ屋さんなんですよ~」とコメント。渚が「全然そんなんやない!」とあわてて否定する場面があった。 爆笑問題・太田光に「性病の風俗嬢!」とイジられた時も、1回目は「誰が風俗嬢や!」とツッこんだものの、その後「風俗嬢”さん”ちゃうんですよ!」と言い直したという渚。山崎は「その職業の方にもちゃんと“さん”をつけて、女性に対して優しいというか、育ちの良さを感じる素敵な女性」と分析し、MCの明石家さんまは「ヤンキーでエッチ好きな女性じゃないのか~。騙されてたわ~(笑)」とコメントした。 さらに大阪で...more
カテゴリー:

爆問・太田光、はれのひ被害者救済のキンコン西野を称賛「えらい」 - 01月14日(日)10:39 

お笑いコンビ・爆笑問題の太田光が14日、TBS系情報番組『サンデー・ジャポン』(毎週日曜10:00~11:22)で、振り袖の販売・レンタル業者「はれのひ」の被害に遭った新成人に「リベンジ成人式」をプレゼントすると発表したキングコングの西野亮廣を「えらい」と称賛した。
カテゴリー:

もっと見る

「太田光」の画像

もっと見る

「太田光」の動画

Wikipedia

太田 光(おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、作詞家文筆家である。

田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。

略歴

1965年5月13日、太田三郎を父として埼玉県上福岡市で誕生。2012年3月21日に亡くなった父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文学お笑いにも興味を持っていた人である。「光」と命名したのは父三郎で、正しい「right」と明るい「light」という意味を掛けて「ライト」と名付けたかったが、漫才師のコロムビア・トップ・ライトと同じになるのでそれは避けて「光」としたと...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる