「太田光」とは?

関連ニュース

役満ボディー岡田紗佳らが「3代目てんパイクイーン」目指してオンナの闘い! - 11月18日(土)06:30 

女流プロ雀士や女性タレント、グラビアアイドル、モデルなど各界から確固たる“雀力”を誇るプロアマ混合の美女25人が競い合う「女流雀士 プロアマNo.1決定戦 てんパイクイーン シーズン3」が、CSテレ朝チャンネル2にて11月24日(金)から放送開始。 【写真を見る】圧倒的なボディーラインもくっきり! 岡田紗佳の全身ショット/(C)テレビ朝日 「シーズン1」より、卓上の闘いはスケールアップし、“女流雀士No.1”の称号を目指し、牌に命を賭けた女流雀士たちの熱く美しい闘いとなる。「シーズン3」では、女流プロ雀士16人に、芸能界屈指のタレント雀士8人が、“2代目てんパイクイーン・山脇千文美”に挑む。 ルールは、24人を4人ごとの6組に分け、予選各組2人ずつの雀士が準決勝に進出。さらに準決勝では各卓トップ1人が選出される。 決勝卓では決勝シードの2代目クイーン・山脇が加わり、3代目女王の座を懸けた真剣麻雀対局が繰り広げられる。もちろん優勝者には“3代目てんパイクイーン”の称号が付与される。 そんな熱き対局は、ドレスアップした衣装で参戦。実力だけではなく、美しさもこの番組を華やかに彩る。 注目は、最近“役満ボディー”と称されるグラマラスボディーを武器にバラエティーでも活躍する、non-no専属モデル・岡田紗佳。23歳にしてマージャン歴17年、初段という実力者の彼女は、二階堂亜樹プロに憧れてい...more
カテゴリー:

「お手てつないで仲良くゴール」←間違ってないよね 弱肉強食より皆が平等の社会で暮らしたいよな - 11月16日(木)07:43  news

6日放送の「世界が驚いた日本!スゴ~イデスネ!!視察団 2時間スペシャル」(テレビ 朝日系)で、海外の校長が日本での学校行事に異議を唱えた。 番組VTRでは、海外で校長をしている人たちが、日本の小学校を視察して驚いた部分を 順位別に紹介した。 第2位は「マラソン大会の順位付け」だった。船橋市立湊町小学校の教員・藤澤一博さん が1位から数名まで賞状を用意することを説明すると、フィンランドで小学校の校長を 務めるパシさんは「正直がっかりです」と失望する様子を見せた。 パシさんによると、「運動はそもそも良...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】爆笑問題 若手芸人の風潮に声荒らげる「そんな奴は向いてません」 - 11月15日(水)20:59  mnewsplus

14日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)で、お笑いコンビの爆笑問題が、最近の若手芸人の風潮に声を荒らげた。 番組で太田光は、お笑いを感動路線に持っていく最近の番組づくりに疑問があると話し始める。例えば、売れない若手芸人が人気芸人に弟子入りし、成長していく姿を追ったドキュメンタリー番組 「笑あがき~崖っぷち芸人成り上がり実録~」(NHK総合)がそうだという。 太田は続けて、ピース・又吉直樹の著書「火花」などを挙げ、作中で描かれる青春群像が現実でもありがちだというのだ。「作品とし...
»続きを読む
カテゴリー:

太田光「お前に何がわかる」木村太郎にかみついた - 11月15日(水)10:36 

 爆笑問題の太田光(52)が、体調不良により映画を降板することが明らかになった女優の真木よう子(35)を心配するとともに、「女優失格」と批判したジャーナリストの木村太郎氏(79)に対し「体調不良は許してやれよ」と反論した。  太田は14…
カテゴリー:

【テレビ】太田光、武豊の不倫疑惑を色に例えると「キタサンブラックですね」 - 11月12日(日)10:45  mnewsplus

 12日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前10時)では、写真週刊誌「FRIDAY」がスクープした競馬の武豊騎手(48)と タレントの小浦愛(26)との路上キス写真の話題を取り扱った。  武は、テレビ番組の取材などに、「ベロベロに酔っ払っていた」「キスは男でもする」などと釈明していた。  MCの爆笑問題・太田光(52)は「今回に関しては色でたとえると“キタサンブラック”ですね。昨日から考えていました」と例え、ゲストのタレント・ 片岡鶴太郎(62)は「武さんはジョッキーですから。牝馬が...
»続きを読む
カテゴリー:

極楽とんぼ山本のインスタに女子高生から総ツッコミ - 11月17日(金)20:30 

この日は“おっさんの理解力にカケル”と題して、極楽とんぼの2人が出題された問題に対し、どちらがより若者代表である女子高生に共感を得られる回答ができるかを競った。最初に出題された“今キテるイケメンは?”という問題に、加藤は「竹内涼真」、山本は「星野源」とそれぞれ回答。 スタジオの女子高生全員が加藤さんの回答に共感したものの、竹内涼真も、星野源も定番入りしてしまったようで、今キテるイケメンとしてモデルや俳優で活躍中の太田光るや新田真剣佑の名前があがった。 視聴者からは、「加藤さんの“真剣佑”のイントネーションが気になる」というコメントが多数寄せられ、女子高生に発音を笑われた加藤が「真剣佑のお父さん誰だか知ってんの?」と聞き、誰も答えられない様子を見ると「バカ言うんじゃないよ!真剣佑のお父さんも知らないで真剣佑良いって言ってんの?何をやってんだよお前らは!」と女子高生に反撃。「千葉真一さんよ?」と言っても、「顔と名前が一致しない」という微妙な反応に改めてジェネレーションギャップを感じていた。 “女子高生が最近1番ビックリしたニュースは?”という問題では、加藤が「佐藤琢磨の不倫問題」、山本は「日馬富士の暴行疑惑」と答えたが、残念ながら両ニュースとも共感を得ることができず、女子高生が答えたのは、藤田ニコルの『ViVi』専属加入のニュース。ご意見番で登場したくみっきーこと舟山久美子は、「...more
カテゴリー:

【テレビ】エレカシ、デビュー30周年で初紅白 ボーカル宮本は念願“凱旋” - 11月16日(木)05:03  mnewsplus

11/16(木) 5:00 スポニチアネックス エレカシ、デビュー30周年で初紅白 ボーカル宮本は念願“凱旋”  大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」(後7・15)の出場歌手が16日、発表される。  今年デビュー30周年を迎えたロックバンド「エレファントカシマシ」が初出場することが決定。7月には紅白との関連性が高いとされる音楽番組「SONGS」(木曜後10・50)に出演。名曲「今宵の月のように」などを披露したほか、ボーカル宮本浩次(51)と同じ1988年にデビューしたお笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(52...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】太田光「お前に何がわかる」木村太郎にかみついた - 11月15日(水)10:45  mnewsplus

爆笑問題の太田光(52)が、体調不良により映画を降板することが明らかになった女優の真木よう子(35)を心配するとともに、 「女優失格」と批判したジャーナリストの木村太郎氏(79)に対し「体調不良は許してやれよ」と反論した。 太田は14日深夜放送のラジオ番組「爆笑問題カーボーイ」で、真木が出演予定だった映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督、来年公開)を 体調不良により降板するとの報道に触れ「真木よう子ちゃん心配だね、なんか体調不良。 ほんとに体だけはね。痩せてたもんね確かに、かわい...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】関ジャニ∞村上、こじるりとの熱愛を改めて否定「してないです、僕」 - 11月12日(日)18:04  mnewsplus

 関ジャニ∞の村上信五(35)が、12日放送のTBSラジオ「爆笑問題の日曜サンデー」(日曜・後1時)に出演。 熱愛を報じられたタレントの小島瑠璃子(23)の話題を爆笑・田中裕二(52)、太田光(52)にいじられた。  爆笑・太田からいきなり小島の話題を振られた村上は、「(こじるりが)待ってるから、早く帰らないと」と 2人を笑わせる余裕を見せた。  爆笑はこの日、TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前10時)に生出演。同局の後番組に当たる 「アッコにおまかせ!」(日曜・前11時45分)に小島が...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】加藤浩次、『このハゲー!』流行語候補漏れに不満 「審査員の悪い忖度働いている」 - 11月10日(金)18:11  mnewsplus

お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が10日、日本テレビ系「スッキリ」で、 9日に発表された新語・流行語大賞ノミネート30語に「このハゲーッ!」が入っていないことに 「審査員の悪い忖度が働いている」と納得いかない表情を浮かべた。  番組ではノミネート30語について街の人500人にアンケート。 その結果、1位がブルゾンちえみの「35億」2位が「インスタ映え」3位が「ひふみん」 4位が「忖度」5位が「ちーがーうーだーろー!」だった。  だが加藤は、元議員の豊田真由子氏が放った「ちーがーうーだーろー...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「太田光」の画像

もっと見る

「太田光」の動画

Wikipedia

太田 光(おおた ひかり、1965年5月13日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、作詞家文筆家である。

田中裕二との漫才コンビ爆笑問題のボケならびにネタ作成を担当。埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)出身。タイタン所属。

略歴

1965年5月13日、太田三郎を父として埼玉県上福岡市で誕生。2012年3月21日に亡くなった父親の三郎は建築士で、書道も嗜んでおり文学お笑いにも興味を持っていた人である。「光」と命名したのは父三郎で、正しい「right」と明るい「light」という意味を掛けて「ライト」と名付けたかったが、漫才師のコロムビア・トップ・ライトと同じになるのでそれは避けて「光」としたと...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる