「太川陽介」とは?

関連ニュース

うどんととんかつが一緒になった「とんかつうどん」 - 06月19日(月)13:10 

6月16日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、意外と知らない群馬県前橋市を散策した中で、太川陽介さんが「パーラー・レストラン・モモヤ」(群馬県前橋市)を訪れた。同店は上毛電気鉄道上毛線・中央前橋駅から徒歩10分程の所にあるアットホームな雰囲気のレストランだ。 番組では、お店の名物「とんかつうどん」(820円)を紹介。あたたかいうどんにとんかつを合わせたインパクトのある一品。群馬県は小麦栽培が古くから盛んで、前橋市は養豚業が盛んな事から、その両方を食べたい!という大学生の言葉から生まれたメニューなんだそう。 太川陽介さんはとんかつにかぶりつくと、「ありじゃない!え、このおつゆ何?ちょっと違うの?うどんのつゆ」と驚いた様子で、「油っこくならないように根生姜がきいてます」とコメント。続いてうどんを頂くと、「麺おいしいです。これで十分美味しいじゃない!」と絶賛していた。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:モモヤ(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:前橋のお店紹介・同じジャンルのお店を見る:その他の料理のお店紹介・ぐるなび検索:前橋×その他の料理のお店一覧・夢のような海鮮丼が食べられる「お刺身食べ放題ランチ」
カテゴリー:

「あげまんじゅう」を片手に草津の旅をもっと楽しく - 06月13日(火)12:10 

6月12日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、父の日にオススメの家族で楽しめる草津の穴場スポットを特集したコーナーで、太川陽介さんが「山びこ温泉まんじゅう」(群馬県吾妻郡草津町)を訪れた。 草津を代表する“湯畑“を中心に何本もの大きな通りが伸び、たくさんの旅館やお土産屋さんが並んでいる。同店はその湯畑の東側にあるお饅頭屋さんだ。店頭では、お饅頭を揚げている。お店の方曰く「草津では揚げ饅頭のお店はここしかない」そうだ。 「あげまんじゅう」を手にした太川陽介さんが「(食べる際に)注意事項は何かありますか?」とユーモアたっぷりに質問すると、「やけどに気をつけて召し上がっていただければ…」とお店の方が答え、ほっこりとした雰囲気が流れた。やけどに気をつけながら一口頬張った太川陽介さんは味を噛みしめながら「あぁ…」と「あげまんじゅう」を見ながら微笑んだ。「中は甘いんだけれど、周りがすこし…」と言うと、お店の方が「塩気がありますね」とコメント。興味津々に「揚げたものって普通そうなんですか?」と太川陽介さんが尋ねた。聞けば「山びこ温泉まんじゅう」の奥さんが、お店であまってしまったお饅頭を自宅で揚げて食べていたのが始まりだそうで、塩気が味のポイントとなっている。 この「あげまんじゅう」、冷めたら硬くなってしまうため、お土産用には販売していない。食べ歩きのためのお饅...more
カテゴリー:

生地やクリームにこだわった「王様のプレミアムシュークリーム」 - 06月16日(金)12:10 

6月15日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時30分~)では、意外と知らない群馬・前橋市を散策した中で、太川陽介さんが「景気屋笑売ウエイブ・本店」(群馬県高崎市)を訪れた。同店は高崎線高崎駅から徒歩5分ほどにある、大きなシュークリームの広告が掲げられたケーキ店だ。 「王様のプレミアムシュークリーム」(380円)は、もともとあった「王様のシュークリーム」よりも美味しいシュークリームを作りたいと思った店主が考案したこだわりの1品。メイプルシュガーを使って甘い香りと風味を付けた、特製のカスタードクリームをたっぷり詰め、シュー生地にはマカロンを纏わせ食感の違いを演出している。豪快に齧りついた太川陽介さんは「シューがパリパリ!」と感激。 「似顔絵デコレーションケーキ」(15cm6400円)は、元となる写真があれば作成できるということで早速注文。制作には1日以上かかるが、特徴を捉えた絵とデコレーションが施されている。 ※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。【関連記事】・ニュースのお店を見る:景気屋笑売ウエイブ 本店(ぐるなび)のお店紹介・周辺のお店を見る:高崎のお店紹介・同じジャンルのお店を見る:カフェ・スイーツのお店紹介・ぐるなび検索:高崎×カフェ・スイーツのお店一覧・甘さとコクの...more
カテゴリー:

【ワイルド】 スギちゃん生存確認 お前らもう忘れてただろ - 06月05日(月)16:23 

タレントのスギちゃん(41)が5日、都内で行われたミュージカル初挑戦作「キス・ミー・ケイト」の製作発表に出席した。 杉本英司の旧芸名でギャングの一人に抜てきされたスギちゃんは「『ワイルドだろぉ?』でなく『悪いだろぉ?』です。でも楽譜も読めず、耳で聞いても(音楽が)分からない」と苦笑い。 それでもオファーが来たことについて「(同じサンミュージックで共演する)太川陽介さんのバーターでしょう」と明かすと、太川は「歌も何もほめず『人間性はいい』とだけ言ったら決まっていた」と驚いていた。 主演の松平...
»続きを読む
カテゴリー:

「太川陽介」の画像

もっと見る

「太川陽介」の動画

Wikipedia

太川 陽介(たがわ ようすけ、1959年1月13日 - )は、日本俳優タレント、元アイドル歌手である。本名、坪倉 育生(つぼくら いくお)。

京都府中郡大宮町(現:京丹後市)出身。東京都調布市在住。サンミュージックプロダクション所属。

身長171cm。妻は女優の藤吉久美子

来歴・人物

1976年、「陽だまりの中で」でレコードデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「昇れ!太陽くん」。芸名は都倉俊一によるもので、「太陽という文字を入れてみました」とのことである。

翌1977年、3曲目の「Lui-Lui」が太川自身最大のヒット曲となり、同年暮れの第1...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる