「太川陽介」とは?

関連ニュース

路線バス、タクシー降りる時に「ありがとう」って言える人は人間出来てる - 03月21日(火)11:31 

[映画.com ニュース] テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の 新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、 俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送を もって卒業した太川陽介&蛭子能収に代わる、新たな“旅人”に 抜てきされた。なお太川は、ナレーションとして新シリーズにも参加する。 http://eiga.com/news/20170321/10/ ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【テレビ】新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東 路線バス旅 ★2 - 03月20日(月)20:10 

新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東路線バス旅  テレビ東京系人気番組の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に田中要次(53)芥川賞作家の羽田圭介氏(31)の新コンビが出演することが17日、発表された。前シリーズは太川陽介(58)蛭子能収(69)のコンビで人気番組となったが、2人は今年正月に卒業した。新コンビは昨年11月の特別編に出演していたが、今月25日放送の新シリーズ初回からあらためてレギュラー出演する。  初回はIMALU(27)をゲストに招いて静岡・下田港から愛知・師崎港ま...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

『路線バス旅』田中要次&羽田圭介コンビでリニューアル 太川陽介は声で参加 - 03月18日(土)12:59 

 今年1月の放送で俳優の太川陽介(58)と漫画家の蛭子能収(69)のコンビが卒業したテレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』とタイトルをリニューアルして今月25日(後6:30~)に放送される。新たな旅人は、俳優の田中要次(53)と芥川賞作家の羽田圭介氏(31)コンビで、マドンナはIMALU(27)が務める。 【写真】仲良く肩を組む“先輩コンビ”太川&蛭子  新旅人の2人は、昨年11月に放送された特別編に出演し、初めての乗り継ぎ旅ながら見事にゴールした実績を持つ。今回のコースは、静岡県伊豆半島下田港をスタートし、愛知県知多半島の先端・師崎港を3泊4日で目指す。  田中は「太川さんと蛭子さんの最後の旅を観て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビネーションも続いて楽しんで頂けたらと願うばかりです」と意気込み。  羽田氏も「太川さん・蛭子さんたちから引き継ぐだとか、レギュラーになるというような実感はない。今回がダメだったら、次はない。一回一回の連続に過ぎない。だから、続けたいのであれば、良い旅になるよう、努力しなければならない。事後的に見て、長く続いていれば、御の字なのかもしれない」と気合を入れている。  なお、これまで番組を大いに盛り上...more
in English
カテゴリー:

新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東路線バス旅 - 03月18日(土)07:36 

 テレビ東京系人気番組の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に田中要次(53)芥川賞作家の羽田圭介氏(31)の新コンビが出演することが17日、発表された。前シリーズは太川陽介(58)蛭子能収(69)のコンビで人気番組となったが、…
in English
カテゴリー:

『路線バスの旅』新コンビ決定!太川陽介もナレーションで参加 - 03月17日(金)20:59 

テレビ東京の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、この春リニューアル。太川陽介&蛭子能収の後任として、俳優の田中要次&芥川賞作家の羽田圭介が新たな旅人となることが決定した。2007年よりスタートし、10年目となる今年の正月に放送された第25弾をもって、これまで旅を続けてきた太川&蛭子が卒業。そしてこの度、新たなメンバーを迎え、新シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』としてリニューアル。新旅人となる田中と羽田は、昨年11 月の特別編で初挑戦し、見事ゴールを果たしたコンビ。新シリーズになっても“台本なし! 仕込みなし! アポなし!”というルールは変わらず、毎回マドンナ(女性ゲスト)を迎えて3泊4 日のガチンコ旅を繰り広げる。新シリーズの初回放送は、3月25日(土)。静岡県伊豆半島下田港をスタートし、愛知県知多半島の先端・師崎港を目指す。さらに今回、『バス旅』の先輩・太川が番組ナレーションとして参戦。おなじみキートン山田と共に、新シリーズを盛り上げる。このほど、旅を終えたばかりの 2 人と、今回のマドンナ・IMALUからコメントが到着。以下にて紹介する。<田中&羽田>――新シリーズ出演決定への意気込み田中:太川さんと蛭子さんの最後の旅を観て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビ...more
in English
カテゴリー:

テレ東「ローカル路線バス」新コンビに田中要次&羽田圭介! - 03月21日(火)10:00 

 テレビ東京系の人気旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」の始動が発表され、俳優・田中要次と芥川賞作家の羽田圭介氏が、第25弾の放送をもって卒業した太川陽介&蛭子能収に代わる、新たな“旅人”に抜てきされた。なお太川は、ナレーションとして新シリーズにも参加する。  「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は、2007年10月にスタートした旅バラエティ番組で、2人の旅人が、各回のマドンナとともに路線バスを乗り継ぎ、3泊4日の日程内に目的地への到着を目指す。前シリーズでは、太川と蛭子の凸凹コンビが繰り広げるかけ合いが人気を博した。田中&羽田の新コンビによる最初の旅は、マドンナにIMALUを迎え、静岡・伊豆半島の下田港から愛知・知多半島の師崎港までの旅を追う。  田中&羽田コンビは、昨年11月に放送された特別編で本シリーズに初参加し、見事目的地へのゴールを果たした。そんな経験を経て、新コンビに抜てきされた田中は「太川さんと蛭子さんの最後の旅を見て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田くんの新たなコンビネーションも続いて楽しんで頂けたらと願うばかりです」と“先輩コンビ”の人気の高さを痛感している様子だ。  一方、羽田氏も「テレビ東京の看板番組に自分が出ていいのか?...more
in English
カテゴリー:

『路線バスの旅』新コンビ決定!太川陽介もナレーションで参加 - 03月19日(日)06:00 

テレビ東京の人気番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が、この春リニューアル。太川陽介&蛭子能収の後任として、俳優の田中要次&芥川賞作家の羽田圭介が新たな旅人となることが決定した。2007年よりスタートし、10年目となる今年の正月に放送された第25弾をもって、これまで旅を続けてきた太川&蛭子が卒業。そしてこの度、新たなメンバーを迎え、新シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』としてリニューアル。新旅人となる田中と羽田は、昨年11 月の特別編で初挑戦し、見事ゴールを果たしたコンビ。新シリーズになっても“台本なし! 仕込みなし! アポなし!”というルールは変わらず、毎回マドンナ(女性ゲスト)を迎えて3泊4 日のガチンコ旅を繰り広げる。新シリーズの初回放送は、3月25日(土)。静岡県伊豆半島下田港をスタートし、愛知県知多半島の先端・師崎港を目指す。さらに今回、『バス旅』の先輩・太川が番組ナレーションとして参戦。おなじみキートン山田と共に、新シリーズを盛り上げる。このほど、旅を終えたばかりの 2 人と、今回のマドンナ・IMALUからコメントが到着。以下にて紹介する。<田中&羽田>――新シリーズ出演決定への意気込み田中:太川さんと蛭子さんの最後の旅を観て、これは本当に大変な役目なのだという事を思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビ...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東 路線バス旅 - 03月18日(土)08:20 

新コンビ!田中要次&羽田圭介氏でテレ東路線バス旅  テレビ東京系人気番組の新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」に田中要次(53)芥川賞作家の羽田圭介氏(31)の新コンビが出演することが17日、発表された。前シリーズは太川陽介(58)蛭子能収(69)のコンビで人気番組となったが、2人は今年正月に卒業した。新コンビは昨年11月の特別編に出演していたが、今月25日放送の新シリーズ初回からあらためてレギュラー出演する。  初回はIMALU(27)をゲストに招いて静岡・下田港から愛知・師崎港ま...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「バス旅」新シリーズ!太川&蛭子卒業後の新コンビ決定 - 03月18日(土)06:00 

テレビ東京ほかにて、3月25日(土)に「土曜スペシャル『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z』」が放送されることが分かった。太川陽介&蛭子能収卒業後の新コンビは、昨年「ローカル路線バス乗り継ぎの旅~特別編~」でタッグを組んだ田中要次&羽田圭介に決定した。 【写真を見る】ゲストにIMALUを迎えて3泊4日旅する/(C)テレビ東京 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は3泊4日で路線バスを乗り継いで指定されたゴールを目指す“ガチ旅”バラエティー。これまで25回にわたるシリーズがオンエアされ、太川&蛭子の正反対の性格の2人が人気を博した。今回より新コンビの田中&羽田にバトンタッチする。 同放送では静岡・伊豆半島下田港をスタートし、愛知・知多半島の先端・師崎港を3泊4日で目指す。女性ゲストはIMALU。 さらに番組のナレーションで、“バス旅”の先輩・太川陽介も参戦。おなじみキートン山田と共に、新シリーズを盛り上げる。 ■田中要次コメント ――新シリーズ出演決定への意気込みをお願いします。 太川さんと蛭子さんの最後の旅を見て、これは本当に大変な役目なのだということを思い知らされました。先人への思い入れが強い視聴者の方々も多いと思われますが、僕と羽田君の新たなコンビネーションも続いて楽しんでいただけたらと願うばかりです。 ――前回の特別編の経験は生かされましたか? 僕は移動だけに集中するストイックな旅は...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】<テレ東「バス旅」復活か !?>“犬猿の仲”太川&蛭子が歩み寄り - 02月19日(日)09:45 

 あの名コンビが復活か――。今年1月2日の放送で打ち切りとなったテレビ東京系「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」。歌手の太川陽介(58)と漫画家の蛭子能収(69)の掛け合いで人気を博し、2007年の番組スタート以来、視聴率は常に2桁をキープする人気番組だった。 「視聴率同様、優れていたのがコストパフォーマンスの良さです。制作費も1本当たり、出演者のギャラ込みで700万円。この額は、キー局のゴールデンタイムの1時間バラエティー番組の半分以下。CM料金も“テレ東価格”のため、フジテレビやTBSに出稿してい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「太川陽介」の画像

もっと見る

「太川陽介」の動画

Wikipedia

太川 陽介(たがわ ようすけ、1959年1月13日 - )は、日本俳優タレント、元アイドル歌手である。本名、坪倉 育生(つぼくら いくお)。

京都府中郡大宮町(現:京丹後市)出身。東京都調布市在住。サンミュージックプロダクション所属。

身長171cm。妻は女優の藤吉久美子

来歴・人物

1976年、「陽だまりの中で」でレコードデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「昇れ!太陽くん」。芸名は都倉俊一によるもので、「太陽という文字を入れてみました」とのことである。

翌1977年、3曲目の「Lui-Lui」が太川自身最大のヒット曲となり、同年暮れの第1...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる