「太川陽介」とは?

関連ニュース

北海道・旭川のご当地グルメ、ジュンドッグ - 10月10日(火)15:10 

10月7日放送の「ぶらり途中下車の旅秋の北海道2時間スペシャル」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、札幌市営地下鉄東西線・JR函館本線で途中下車しながらぶらり旅した中で、「ジュンドッグのピジョン館」(北海道旭川市)が紹介された。 元は鳩小屋だった場所に店を構えるこちらは、ジュンドックのお店。 ジュンドックとは、北海道・旭川のご当地グルメ。中身が見えないようにわざと隠しているという、袋入りの一品だ。 「ジュンドッグトレー」(900円)を太川陽介さんがいただいた。 「ジュンドッグトレー」は、ジュンドッグと味噌汁・サラダ・飲み物のセット。 太川さんは1番人気だという「えびフライ」のジュンドッグを選んだ。 ジュンドッグの「えびフライ」は、なんとえびフライ丼を手巻きにしたようなもの。一本のえびフライが丸々入ったスティック状の一品だ。 具の味が逃げず、時間を置いてもおいしく食べられるということで手巻きにしているのだそう。 揚げたての海老フライに特製ソースをかけてご飯で巻いて完成。ソースは醤油ベースの秘伝のタレを使用している。 1番人気の「えびフライ」に使用するえびは、1日1,000本揚げることもあるのだとか。 運ばれてきた「ジュンドッグトレー」には、漬物まで添えられてまるで定食のよう。「わけわかんないです。ドッグってことは、パンでしょう?おしんこきてますよ」と戸惑う太川さんは、ジ...more
カテゴリー:

【芸能】盛り上がらない羽田圭介&田中要次コンビ、「バス旅」に太川陽介待望論が! - 09月27日(水)10:30  mnewsplus

人気シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)の第3弾が9月23日に放送された。 同番組は太川陽介と蛭子能収がコンビを組んだ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)の続編にあたり、作家の羽田圭介と俳優の田中要次が過酷なバス旅にチャレンジしている。 この2人のコンビは、2016年11月放送の「ローカル路線バス乗り継ぎの旅 特別編 熱海~金沢 人情ふれあい珍道中」(テレビ東京系)から始まり、今回で4回目。 だが、いっこうに盛り上がらないことで、視聴者からメンバーチェンジを希望する声が出...
»続きを読む
カテゴリー:

【テレビ】<テレビ東京>「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第3弾にワープ疑惑が浮上! - 09月27日(水)18:38  mnewsplus

人気シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)の最新回が9月23日に放送された。太川陽介と蛭子能収のコンビから、俳優の田中要次と作家の羽田圭介氏に代わっての第3弾(特別編を入れると4回目)。今回は宮城県・松島をスタートし、秋田県のあきた白神駅を目指した。  東北地方を縦断するルートで、しかも太平洋側から日本海側へ奥羽山脈を越えなければいけない難コース。番組中、羽田氏と田中が何度も話題にし、ナレーションの太川陽介も指摘したように「どこで奥羽山脈を越えるか」が最大のポイント。選択を誤ると...
»続きを読む
カテゴリー:

「太川陽介」の画像

もっと見る

「太川陽介」の動画

Wikipedia

太川 陽介(たがわ ようすけ、1959年1月13日 - )は、日本の俳優、タレント、元アイドル歌手である。本名、坪倉 育生(つぼくら いくお)。

京都府中郡大宮町(現:京丹後市)出身。東京都調布市在住。サンミュージックプロダクション所属。

身長171cm。妻は女優の藤吉久美子

来歴・人物

1976年、「陽だまりの中で」でレコードデビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「昇れ!太陽くん」。芸名は都倉俊一によるものと言われているが、実はサンミュージックプロダクション創業者の相沢社長が決めたもので、「太陽という文字を入れてみました」とのことである。

翌1977年、3曲目の「Lui-Lui」が太川自身最大のヒット曲となり、同年暮れの第19回日本レコード大賞を初め、各音楽大賞の新人賞を総なめにした。歌詞の最後で「Lui-Lui!」と叫ぶポーズが、太川のトレードマークとなっている。1978年よりNHK総合「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる