「天然記念物」とは?

関連ニュース

全国で「ナンジャモンジャ」満開! 神宮外苑でも見られました - 04月27日(金)11:00 

2018年4月18日、高知県香南市の香我美図書館横に立つナンジャモンジャの木が、「雪をまとったように数々の白い花をつけている」と報じたのは高知新聞だ。4月23日の上毛新聞からは、群馬県太田市の「カワヅザクラとオリーブの里」で、ナンジャモンジャがかれんな白い花を咲かせていると報じられた。4月24日には、佐賀県神埼市にある大圓寺に植えられたナンジャモンジャの木が、「小ぶりの白い花をびっしりと咲かせている」と、佐賀新聞が報じた。東京新聞も同日、神奈川県茅ケ崎市の成就院でナンジャモンジャの木の花が見頃を迎えていると報じている。全国で一斉に開花を報じられている、ナンジャモンジャの木とは、なんじゃ? いったいどんな花、なんじゃ?......というわけで、Jタウンネット編集部が調べてみると、ナンジャモンジャの木は東京の神宮外苑にもあるらしい、と分かった。早速、神宮外苑に行ってみることにした。小さな白い花が可憐だったJタウンネット記者が向かったのは、JR信濃町駅から近い「聖徳記念絵画館」だ。絵画館入り口の正面階段上には鉢植えされたナンジャモンジャの木があり、白い花をびっしりと付けていた(写真上)。小さな白い花は春のそよ風にも微妙に揺れていた。鉢植えのナンジャモンジャの木はまさに見頃だった。絵画館の正面階段向かって左側に、ナンジャモンジャの花が見えるだろう。実は、絵画館を背にして左手には、三代目「ナ...more
カテゴリー:

自然界のトキにひな - 04月24日(火)19:52 

環境省は24日、新潟県佐渡島の自然界に暮らす国の特別天然記念物トキにひなが誕生したと発表した。野生下では今年初のふ化で、2012年から7年連続となる。写真はトキの巣=同日午前、新潟県佐渡市(同省提供)
カテゴリー:

佐渡:野生でトキのひな誕生 7年連続、今年初の確認 - 04月24日(火)18:24 

 環境省は24日、新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキのつがいから、ひなが生まれたと明らかにした。野生下でひなの誕生が確認されるのは今年初めてで、7年連続。
カテゴリー:

自然界のトキにひな=今年初、7年連続-新潟・佐渡 - 04月24日(火)15:55 

 環境省は24日、新潟県佐渡島の自然界に暮らす国の特別天然記念物トキにひなが誕生したと発表した。野生下では今年初のふ化で、2012年から7年連続となる。 ひなが生まれたのは、いずれも飼育施設から放鳥された7歳の雄と6歳の雌のペア。同日午前7時ごろ、同省のモニタリングチームが、雄からエサをもらうひな1羽の姿を確認した。 佐渡島では現在、このペアを含む41組で営巣が確認され、うち39組が抱卵している。同省の若松徹首席自然保護官は「今年は営巣や抱卵をやめるペアが多いのが特徴。現時点では思ったより芳しくない」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

神秘的なパワースポット!GWは佐賀・三瀬で新緑ドライブ - 04月24日(火)09:00 

福岡・天神から車で60分。標高400〜500mの佐賀県・三瀬エリアは、福岡都心部からのアクセスも良好!近場で自然に触れられる穴場だ。野菜や果物などの直売所も多くあるので、新鮮な食材をゲットできるのもうれしい。 【写真を見る】ダムによって形成された富士しゃくなげ湖。佐賀県最大 規模の人造湖で、「ダムの駅 富士 しゃくなげの里」から一望できる ■ 大自然の神秘に触れる「下合瀬の大カツラ」 地域の御神木だった大カツラは、推定樹齢1000年で樹高34m、枝張り25m。根元から「ひこばえ」と呼ばれる新芽が25本も生長し、20mもの根回りはカツラの樹として全国2位を誇る国の天然記念物だ。 [下合瀬(しもおおせ)の大カツラ]佐賀市富士町下合瀬 / 0952-51-8126(富士町観光案内所) / 見学自由 ■ 採れたて野菜を狙うなら午前中がベター「やさい直売所 マッちゃん」 県内外から訪れる客でにぎわう直売所。採れたての野菜や果物、米、加工品などが充実している。店内は空調設備も整い、快適に過ごせる。不動の1番人気は佐賀県産の大豆「フクユタカ」100%で作る名物の「ザル寄せ豆腐」(380円)。 [やさい直売所 マッちゃん]佐賀市三瀬村杠246-1 / 0952-56-2705 / 8:00~18:30(4~9月) / 無休 / 100席 ■ 直売所&4Dシアター!?「旬菜舎 さと山」 野菜や果物を...more
カテゴリー:

今週末の予定はコレで決まり!週末イベント5選・福岡県編[2018年4月27日(金)~29日(祝)] - 04月25日(水)09:00 

■ 小倉オクトーバーフェスト2018 / 4月27日(金)~5月6日(日) 【写真を見る】樹齢650年「将軍藤まつり」 大中臣神社 将軍藤まつり / 開催中~5月5日(祝) ドイツ直輸入の樽生ビールが約30種類登場するドイツビールの祭典。ヴァイス、ピルスナー、ドゥンケル、ボック等ドイツならではのビールが味わえる。ビールは各ブランド専用グラス、ジョッキで提供するため見た目も華やか。また、多種類のソーセージやプレッツェル、アイスバインなど、ビールに合うドイツ料理も集合。 [小倉オクトーバーフェスト2018]福岡県北九州市小倉北区城内2-1 勝山公園 / 4月27日(金)~5月6日(日) / 4月27日(金) 16:00~21:00、4月28日(土)~5月6日(日) 11:00~21:00 ■ 大中臣神社 将軍藤まつり / 開催中~5月5日(祝) 和様唐様の桜門で有名な大中臣神社に咲く藤は、樹齢650年と推定されており、福岡県天然記念物にも指定されている。広さ500平方メートルの棚から垂れ下がる濃い紫色の花は、豪華絢爛。祭り期間中は17時から21時頃まで藤のライトアップがされ、匂い立つ夜の藤を楽しめる。 [大中臣神社 将軍藤まつり]福岡県小郡市福童555 大中臣神社 / 開催中~5月5日(祝) / 0942-72-4008 ■ 糸島ハンドメイドカーニバル 2018 / 4月27日(金)...more
カテゴリー:

野生でトキのひな誕生、新潟佐渡 7年連続、今年初の確認 - 04月24日(火)18:24 

環境省は24日、新潟県佐渡市で放鳥された国の特別天然記念物トキのつがいから、ひなが生まれたと明らかにした。野生下で...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

日本が誇る光景!あしかがフラワーパークの藤が見頃 - 04月24日(火)16:30 

「あしかがフラワーパーク」(栃木県足利市)で県指定天然記念物の大藤をはじめ、八重藤や白藤が満開!見頃を迎え、国内外から多くの観光客が訪れ賑わいをみせている。 【写真特集】あしかがフラワーパークの藤ライトアップ 同園には、約350本のさまざまな藤が植栽されており、橋やトンネル、壁などの形で藤棚があり、日が暮れるとライトアップ。SNSでもその幻想的な光景が話題だ。 同園の担当者によると、藤は例年ゴールデンウィーク頃に見頃を迎えるが、今年は3月の天候がよかったため、一週間ほど早く、ゴールデンウィークの前半までが見頃ではないか、とのこと。また園内には藤のほか、ツツジも見頃を迎えており、色鮮やかなツツジと淡色の藤のコントラストは見目麗しい。 日が暮れるとライトアップされ、照明に藤が照らされると場内からは感嘆の声があがるとともに、あちらこちらから、その姿を納めるシャッター音が響いた。風がふくと、ふわりと藤の淡い香りが漂い、目だけでなく香りも楽しめる。 今年の4月1日にはJR両毛線の新駅「あしかがフラワーパーク駅」も開業。1時間に1本程度の運行ではあるが、アクセスは格段によくなった。今週末、幻想的な藤棚を見に訪れてみていはかがだろうか。(東京ウォーカー(全国版)・栗原祥光) 【関連記事】 ・北海道&東北の絶品グルメを都内で!GWは“アンテナショップトリップ”を楽しもう ・癒し度満点!GWは動物...more
カテゴリー:

野生馬の赤ちゃん、母乳飲みすくすく 宮崎の岬馬 - 04月24日(火)10:44 

 日本在来種の野生馬で国の天然記念物「岬馬(みさきうま)」が生息する宮崎県串間市の都井岬で、馬の赤ちゃん「春駒」が生まれ、母馬のお乳を飲んだり、寄り添って歩いたりして愛らしい姿を見せている。 見守り活…
カテゴリー:

【九州】えびの高原・硫黄山、県道横から立ち上る噴気「何年も入れなくなる可能性が…」火山学者が指摘 - 04月23日(月)16:03  newsplus

今月19日に250年ぶりに噴火したえびの高原・硫黄山では、噴火口から離れた西側の県道1号線付近からも新たな噴気が噴出するようになり、 勢いがますます増加している。  気象庁によると、えびの高原では宮崎県と鹿児島県霧島市を結ぶ県道1号線脇からも噴気が立ち上るようになった。 23日現在、噴気の勢いと量はますます増え、南側斜面の複数の火孔から立ち上る噴気と合わせて、高原全体に白いガスが立ち込めるようになってきた。  21日にヘリコプターで実施した上空からの観測では、県道のすぐ脇に地熱の高まりが見られ、噴気の噴...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「天然記念物」の画像

もっと見る

「天然記念物」の動画

Wikipedia

天然記念物(てんねんきねんぶつ、英:Natural monument、独:Naturdenkmal)とは、動物植物、地質・鉱物などの自然物に関する記念物である。天然記念物に対して、人間の文化活動に関する記念物を文化記念物(人文記念物、独:Kulturdenkmal)と言う。

日本においては文化財保護法や各地方自治体の文化財保護条例に基づき指定される。韓国・北朝鮮では、日本の施政下で施行された「史蹟名勝天然紀念物保存法」を基にした天然記念物の制度が定められている。ほか、天然記念物の保護思想が発展してきたドイツやアメリカ、スイス等の西欧諸国にも、生物種の指定制度はないが天然記念物の保護制度がある。

歴史と背景

天然記念物とその保護思想が発展した背景には、18世紀産業革命以後の近代化に伴い自然の破壊が進んだことによる、自然保護の動きの高まりがあげられる。

天然記念物という用語は、ドイツの...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる