「天候不順」とは?

関連ニュース

【会津ブーム】「福島米が足りない」家庭用 「安いうまい」会津復権 買いたたき 変化の兆し - 01月22日(月)07:50  newsplus

http://kahoku.co.jp/tohokunews/201801/20180121_62005.html  福島県産米を巡る市場の風向きが変化している。高付加価値化が進む家庭用米は、会津産コシヒカリがインターネット通販で上位にランクイン。多量安定供給が求められる飲食店や中食向けの業務用米も、業者の引き合いが東日本大震災前より強まっている。ニーズの高まりは、東京電力福島第1原発事故による根拠のない風評が風化する潮目になるのか。福島のコメの生産と流通の今を探った。(報道部・門田一徳、福島総局・高橋一樹)  家庭向けコメ販売で「会津ブーム」が起...
»続きを読む
カテゴリー:

リクルート、民泊事業に参入へ 米AirbnBと業務提携 - 01月18日(木)18:52 

リクルートグループは、マンションの空き部屋などに旅行者を有料で泊める民泊事業に参入する。民泊仲介サイトで世界最大手の米AirbnB(エアビーアンドビー)と業務提携し、グループの不動産情報サイト「SUUMO(スーモ)」に掲載した賃貸物件の空室を、民泊用に紹介する。] スーモにある空室物件を活用 リクルートホールディングス傘下の子会社で、スーモを運営する「リクルート住まいカンパニー」(東京都港区)が、2018年1月17日に発表した。スーモは日本最大級の不動産情報サイトで、1月18日現在で国内の約623万件の賃貸物件を登録している。 同社は賃貸物件の情報提供を受けた際、従来どおりスーモで入居者を募集するとともに、空室物件の管理会社やオーナーに民泊用の活用を提案できるようにする。 民泊で活用する場合、同社と提携する民泊運営の代行会社が、家財の手配や民泊ルールの作成、帳簿管理、清掃などの業務を行う。 リクルート住まいカンパニーの広報担当者は、1月18日のJ-CASTニュース編集部の取材に、「4月以降や10月以降のシーズンは、借り手がつきにくく、長ければ1年、空室になるケースもある。民泊で空室を活用できれば、賃貸管理会社とユーザーの双方に貢献できると考えている」と話した。 「賃貸管理会社やオーナーも民泊のプロではない」としたうえで、「こちらが信頼している代行会社しか紹介しないので、初めてでも安...more
カテゴリー:

野菜が高い時の買物術!野菜摂取不足と家計ピンチを防ぐ3の方法 - 01月18日(木)10:45 

「異常気象や天候不順などによる不作で野菜の価格が高騰」というニュースを聞くと、食費がかさむと不安になるかもしれません。前回の記事では、不作による野菜高騰を解消するために、国や生産者、販売者が行っている取り組みを紹介しました。今回は、家庭での買い物でできる工夫をいくつか紹介します。 前回の記事(国や生産者、販売者が行っている取り組み) 小分け野菜を選んで、1購入あたりの量を減らす スーパーなどの小売店では、単身世帯や高齢者世帯向けに、野菜を小分けにして売るケースが増えています。大根、キャベツなら半分や1/4個にカットしたもの、ピーマンやじゃがいもなどは1個単位でも売られているので、野菜が高いときは必要な分だけ購入するのもひとつの方法です。実際に、野菜が高くなると多くの家庭で小分け野菜を活用するようです。総務省統計局の家計調査のデータをもとに、2016年の野菜価格高騰時に消費者がどんな買い方をしたのか、レタスを例に分析したところ(※1)、1カ月に購入した回数は前年と変わらなかったものの、1玉ではなく半分などにカットしたものを購入した世帯がかなりあったことがわかっています。 1…総務省統計局 統計Today N0.116 価格が安定している野菜で代用する 異常気象や天候不順に左右されない野菜もあります。代表的なのはもやしなどのスプラウト類、サラダ菜など。これらは栽培施設で作られるため...more
カテゴリー:

訪日外国人客の消費、初の4兆円超え 1人あたりは減少 - 01月17日(水)18:20 

2017年の訪日外国人旅行者による買い物などの旅行消費額(速報値)は、前年比17.8%増の4兆4161億円となった。観光庁が「訪日外国人消費動向調査」を、2018年1月16日に発表した。年間で初めて4兆円を突破し、5年連続で過去最高額を更新した。また、ビザ緩和や格安航空などの新規就航、クルーズ船の寄港などを背景にアジア中心に訪日客数が急増したことから、17年の訪日外国人客数(推計値)は前年比19.3%増の2869万900人と過去最多を更新(日本政府観光局が同日発表)。全体の消費額を押し上げた。 「8兆円」目標の達成、体験型メニューの拡充が課題 17年の訪日外国人客による旅行消費額を国・地域別にみると、最も多いのは中国で前年比14.9%増の1兆6946億円。台湾が9.5%増の5744億円、韓国が43.3%増の5126億円、香港が15.9%増の3415億円と続き、この4か国・地域で全体の約7割を占めた。 ただ、1人当たりの消費額は1.3%減の15万3921円にとどまった。中国人観光客による「爆買いブーム」が話題になった15年をピークに、2年連続で減少した。 費目別でみると、買い物代が全体の37.1%を占める1兆6398億円で最多だった。 政府は、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に「消費額8兆円」の目標を掲げている。外国人観光客のニーズが「爆買い」から「コト消費」に移ってき...more
カテゴリー:

17年ビール類出荷量、13年連続前年割れ 安売り規制と天候不順影響 - 01月17日(水)06:02 

 ビール大手5社が16日発表した発泡酒と第3のビールを含むビール類の2017年の出荷量は、前年比2.6%減の4億407万ケース(1ケースは大瓶20本換算)となった。13年連続の前年割れとなり、04年の統計開始以来の最低を更新した。
カテゴリー:

「スキージャーナル」従業員が破産申し立て 珍しいの? 弁護士に聞くと...... - 01月19日(金)10:00 

「月刊スキージャーナル」や「月刊剣道日本」などスポーツ関連の書籍を発行していたスキージャーナル(東京都北区)が、破産した。元従業員らが東京地裁に申請した。従業員が、こうして以前に働いていた会社の破産を申し立てるのは、よくあるケースなのか――。J-CAST会社ウォッチ編集部が弁護士に聞いた。 「労働債権を確定して、早期に返還を求める」 民間信用調査会社の帝国データバンクが2018年1月15日に公表したところによると、スキージャーナルは9日、東京地裁へ破産を申請、受理された。負債額は約4億1900万円(2017年5月時点)。申立人は元従業員ら21人だった。 1月17日のJ-CAST会社ウォッチ編集部の取材に、弁護士法人・響の天辰悠弁護士は、「(元従業員が破産を申し立てた事例は)一定程度件数はありますが、あまり多くはありません」と明かす。 その理由には、「費用面の問題があります」という。 破産の申し立てにあたって、債務者は裁判所に予納金を納め、代理人の弁護士に報酬を支払わなければならず、「すでに何か月か給与の支払いを受けられていないのに、こうした費用を準備するのは至難の業でしょう」と、天辰弁護士は話す。 従業員が破産を申請したことで労働債権を確定して、その返還を求めることになる。天辰弁護士は、そのメリットを「少しでも早期に未払い賃金を回収することができます」と指摘。「労働債権は、破産者の...more
カテゴリー:

イプシロンロケット3号機の打ち上げ成功  - 01月18日(木)13:04 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2018年1月18日、イプシロンロケット3号機の打ち上げに成功したことを発表した。17日に打ち上げ予定となっていたが、天候不順で18日に延期となっていた。
カテゴリー:

飲食店の倒産2割増 仕入れ価格や人件費の高騰響く 2017年 - 01月18日(木)10:00 

2017年の「飲食業」の倒産(速報値)は、前年と比べて19.2%増えて762件に達した。東京商工リサーチが2018年1月5日に発表した。2014年(768件)以来、3年ぶりに750件を上回った。仕入れ価格の高騰や人手不足による人件費増加などのコストアップが影響し、さらに景気実感の乏しさを背景とした個人消費の鈍さが、倒産の増加に拍車をかけているとみられる。 約9割が小規模・零細の飲食店の倒産 東京商工リサーチによると、2017年の飲食店の倒産状況は、全体の倒産件数が低水準で推移するなかで、2年連続で前年を上回った。 負債総額(速報値)は、前年比23.7%増の416億6500万円で、負債金額ベースでも2年連続で前年を上回った。負債10億円以上の大型倒産は前年と同じ4件だったが、負債1億円以上5億円未満が74件(前年比48.0%増、前年50件)と大幅に増加したことが影響した。ただし、全体では負債1億円未満が677件と88.8%を占め、小規模・零細企業の倒産がほとんどだった。 個人消費鈍く、今後も増勢に懸念 また、業種別でみると、最多が日本料理や中華料理、フランス料理店などを含む「専門料理店」の203件(前年比13.4%増、前年179件)。次いで、「食堂・レストラン」の200件(34.2%増、149件)、次いで、居酒屋などを含む「酒場・ビヤホール」が115件(35.2%増、85件)、「喫茶...more
カテゴリー:

2017年のコンビニの倒産と休廃業200件超え、過去最多に - 01月17日(水)10:00 

2017年のコンビニエンスストアの倒産は51件(前年比24.3%増)で、5年連続で前年を上回った。東京商工リサーチが2018年1月16日に発表。調査を開始した2002年以降、最多の53件(2003年)に迫る水準で、過去2番目を記録した。休廃業・解散と倒産の合計が初めて年間200件を超え、新陳代謝が進む業界構造が透けて見える。コンビニ業界は、店舗数の増加にともない売上高が右肩上がりで伸びているが、個人消費が低迷する中で、スーパーなど他業態との競合も激化し、個々の店は厳しい状況に置かれている。 激しい新陳代謝が進むコンビニ業界構造 東京商工リサーチの発表によると、2017年の倒産は51件と、最多を記録した2003年(53件)以来、14年ぶりに50件台に達した。 コンビニ業界の成長を反映し、倒産は2012年まで3年連続で減少をたどっていたが、2012年半ばから店舗数が前年比5%前後もの増加率に上昇。競合が激化した2013年を境に倒産は増加に転じ、5年連続で前年を上回っている。 負債総額も前年比30.9%増の18億1900万円と、2年連続で前年を上回った。小・零細規模の業者が多い業界の特徴を反映して、負債1億円未満が48件と9割超を占めた。 また、コンビニの休廃業・解散も、2014年から4年連続100件台で推移。2017年は前年比7.6%増の155件と過去最多を記録した。倒産との合計は20...more
カテゴリー:

【経済】街の酒屋を守る為の安売り規制でビール離れ…ハイボールに流れる? - 01月17日(水)04:38  newsplus

http://yomiuri.co.jp/economy/20180116-OYT1T50046.html  ビール大手5社が16日発表した2017年のビール類出荷量は、前年比2・6%減の4億407万ケース(1ケース=大瓶20本換算)と1992年の統計開始以来、13年連続で最低を更新した。  街の酒屋を守ろうと昨年6月に過度な安売りをさせない規制を導入した結果、店頭価格は6缶パックで1割前後値上がりするなどし、消費者のビール離れに拍車をかけた。  内訳はビールが2・9%減の2億459万ケース、発泡酒が4・0%減の5499万ケース、第3のビール...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「天候不順」の画像

もっと見る

「天候不順」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる