「天体ショー」とは?

関連ニュース

TOCOLより、スマホで天体動画が撮れる「PalPANDA UD/UDx」のアップグレードキット登場 - 12月13日(水)10:00 

TOCOLは2017年12月12日、スマホで土星・木星・金星・火星などの天体動画や写真が撮影できるスマホ天体望遠鏡「PalPANDA UD/UDx」アップグレードキット「PalBeans」の発売を開始した。発売記念として8,910円の同製品をキャンペーン特価5,400円(税込)で発売する。期間は12月12日~12月17日まで。同製品を組み込んだ「PalPANDA UD/UDx」に9.7インチタブレットを取り付けると、木星や土星はモニター上に12mm程度で映し出される。木星の縞はもちろん、土星のA環とB環が分離できる精度だ。像を大きくする「2倍/4倍 バローレンズ」とレンズの収差を補正する「フィールドフラットナー・レンズ」を組合せることで高倍率でもしっかり描写。木星の縞はもちろん、土星のA環とB環が分離できる精度だ。さらに本製品には「レンズ絞り機能」を搭載。これによりシーイング、ダンシング、シンチレーションを改善。シャープで安定した星像になり、土星の環などは揺らぎが止まったように見える(ディスプレイ表示や撮影された映像より眼視の方が効果は顕著)。また、レンズの諸収差が低減され、コントラストが高く鮮明な像になる。 (対象によっては絞りが小さすぎると逆に画質が低下)。このほか、月や明るい惑星などの観望や撮影の際、光量調節が簡単にできる。(絞りが小さ過ぎると像が暗くなり、月面では映像にノイ...more
カテゴリー:

天体ショー:ふたご座流星群、13日夜見ごろ - 12月12日(火)10:23 

 「3大流星群」の一つの「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろを迎える。今年は月明かりの影響がほとんどないため夜空が暗く、観察には好条件だという。
カテゴリー:

【画像】 物理学者 「地球が平らならこういう月食が観測されるはずなんだけど、ないよね?はい論破」 - 11月29日(水)10:46  news

「地球は球体ではなく平面」と考える地球平面論者を黙らせる写真付きツイートを天体物理学者が投稿 「地球が球体であること」は知識としては常識となっていますが、それを実感できる場面は少ないので、 「地球は平面である」と考える「地球平面論者」はいつの時代も一定数存在しています。地球平面論者に 「地球が球状であること」を説得するのは骨が折れる作業ですが、たった1枚の写真で黙らせることが できるのかもしれません。 天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン博士が、月の画像とともにツイートを投稿しました...
»続きを読む
カテゴリー:

【空を見よう】天体ショー ふたご座流星群、13日夜10時以降見ごろ 1時間に40個以上の予想 - 12月12日(火)10:50  newsplus

たご座流星群のイメージ ?1 「3大流星群」の一つの「ふたご座流星群」が、13日夜から14日にかけて見ごろを迎える。今年は月明かりの影響がほとんどないため夜空が暗く、観察には好条件だという。  国立天文台によると、出現のピークは14日午後4時ごろで、その前後の12~14日の夜には、晴れていれば空の暗い場所なら最も多いときで1時間に40個以上の流れ星が見られると予想される。  ふたご座流星群は、3大流星群の他の二つのしぶんぎ座流星群(1月)、ペルセウス座流星群(8月)と異なり、午後8時ごろの早い...
»続きを読む
カテゴリー:

冬空からのご褒美。ふたご座流星群を見るには12月18日が狙い目 - 12月01日(金)20:00 

毎月の「オススメの天体ショー」を紹介してくれる無料メルマガ『1日1粒!「幸せのタネ」』の著者・須田將昭さん。12月は何と言っても「ふたご座流星群」ですよね。今回の記事は、狙い目の日時や観察する際の必須アイテム等についてのアドバイスを記しています。 ほしぞら案内(12月) 恒例となりました、星空案内です。私は普段、夜11時ごろに駅から家まで自転車で走っているのですが、オリオン座もずいぶんと高く上って見えるようになりました。11月中旬は天気が悪いことが多く、あまり星が見えないうちに、急に冬の星空になった印象です。 さて、12月といえば「ふたご座流星群」です。今年の極大予報は14日の16時ごろですが、もちろん日本では見えていませんね。ふたご座が見やすくなってくるのは、やはり深夜の時間帯になります。新月が18日なので、月もその時間帯には西の空に沈んでいきますから、月明かりの影響も少なく、好条件です。 空の綺麗なところであれば、1時間に40個ぐらいの流星が期待できるそうです…が、実際には空の状態に大きく左右されます。街中の灯りの影響が大きいところでは、ぐっと少なくなって、数個程度だろうと思います。 以前にも書きましたが、何よりも大事なのは防寒対策です。「1時間」と一口に言っても、寒空の下、空を見上げて1時間、じっと立っていられますか? 私もさすがにそれは無理です。立ったまま見るのならどんなに...more
カテゴリー:

「天体ショー」の画像

もっと見る

「天体ショー」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 天文現象...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる