「大阪桐蔭」とは?

関連ニュース

ベースボールそのものを激震させた大谷翔平ーー今頃、驚いているのか、アメリカ人! - 04月25日(水)06:00 

日本でもなしえなかった3試合連続ホームランなど予想のはるか上をいく活躍を見せる、エンゼルスの大谷翔平。そのポテンシャルの高さは言わずもがな。 では、彼の何が今、ファンを惹きつけているのか? ライター・石田雄太氏とコラムニスト・えのきど いちろう氏が語る大谷翔平とは? * * * 石田(以下、石) えのきどさん、そのエンゼルスの帽子、今年買われたんですか? えのきど(以下、え) これね、松井秀喜が入ったときに買ったヤツだから8年前かな。最近はこれをかぶって田町(東京・港区)にあるエンゼル街って飲み屋街で、知り合いの大谷ファンとエンゼル活動してます(笑)。大谷君の活躍にみんな上機嫌ですよ。 石 僕はロサンゼルスにいたんで日本の温度感がわからなかったんですが、ワイドショーで連日、大谷選手が取り上げられるなど、かなりの大フィーバーだったようですね。 え バカ騒ぎですよ(笑)。評論家たちが「フォームをこう微調整した」とかいろんな理由をつけて語るんだけど、結局「スゴい、スゴい」と言ってるだけで、「大谷はなんであんなにスゴいのか?」って部分にはビタイチ触れることができない感じで(笑)。そこが大谷君のスゴさなんだけど。 ...more
カテゴリー:

東京六大学野球:立大と法大は引き分け - 04月22日(日)22:14 

 東京六大学野球は22日、神宮球場で第2週の2回戦2試合を行った。立大と法大は5-5で引き分け。立大の三井(2年・大阪桐蔭)は3試合連続となるソロ本塁打を放った。明大は六回に越智(4年・丹原)のソロ本塁打で先制。終盤も畳みかけ、東大を7-0で降し、勝ち点を挙げた。先発の伊勢(3年・九州学院)はリーグ
カテゴリー:

大阪桐蔭、「夏の山」どう登る 春季大会がいい経験に - 04月20日(金)18:51 

■しまっていこー 大阪桐蔭 「夏の山」 大阪桐蔭の西谷監督や選手たちから、この言葉を何度聞いたことか。選抜連覇を達成した4月4日から一夜明け、宿舎を出発する時、主将の中川卓也(3年)は気持ちをきっちり…
カテゴリー:

不調でも打率4割で独走、日ハム・近藤健介が今年こそ…の条件とは? - 04月19日(木)06:00 

今年こそ、史上初の4割打者誕生かーー? 日本ハム・近藤健介が、パ・リーグ打率部門のトップをまたも独走している。まだわずか16試合(4月18日時点、以下同)とはいえ、打率4割をキープ。出塁率はなんと5割以上という驚異的な数字だ。 「またも」というのは、ヘルニアの手術のため6月下旬に離脱するまで打率4割をキープしていた昨季のことがあるから。規定打席不足で公式記録としてのシーズン打率4割は幻となったが、昨季からずっと打ちまくっているのだ。 だが、パ・リーグ某球団のスコアラーが言う。 「今季は決して状態がいいとは思えません。スイングのシャープさも力強さも昨季のほうが上だった」 つまり、絶好調じゃないのに打率4割超え!? 「調子が良くない分、丁寧に打席でボールを見極めている感じ。ムリせず四球を選ぶという姿勢が結果につながっているんでしょう」(スコアラー) そう、近藤の高打率を語る上で欠かせないのが、圧倒的な四球の多さなのだ。 近藤が昨季のペースのままフルシーズン出場したとすると、単純計算で安打は173本。西武・秋山翔吾の日本記録216本(2015年、打率.359)や、イチローの日本時代の...more
カテゴリー:

大谷翔平を見守る女子たちは二刀流どちらでも「自分のやりたい野球をやってほしい」? - 04月18日(水)11:00 

「神保町☆女子大生Cafe」第86回。現役女子大生たちが、旬で話題の流行りネタについて言いたい放題のから騒ぎしちゃいます! 今シーズン、北海道日ハムから米メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに入団した大谷翔平選手(24)。成績は、打者としては3試合連続ホームラン、投手としては2戦2勝するなど圧巻の成績(4月17日現在)で話題を席巻! メジャーの舞台でも二刀流が通用することを証明しました。 とはいえ、年間を通しての出場が難しく個人成績で不利であるとか、ケガなどのリスクから、投手と野手のどちらかに専念すべきという声もあります。 そこで今回のテーマは「このまま二刀流でいってほしい? それともどちらかに専念すべき?」ーー野球好きJDたちの意見を聞きました! 「打者と投手の二刀流は調整がとても大変だと思う。ケガをするリスクも高まるだろうし…。それでも結果を残し続けている大谷選手は本当にすごい! 周りはいろいろ言うかもしれないけど、自分のやりたい野球をやってほしいなと思います」(若菜ちゃん・カコトリミングスクール2年・20歳) 「野球マンガの主人公に出てきそうなすごい選手ってなかなかいないですよね。だから、私はこのまま二刀流で活躍し続けてほしい! それに元々、二...more
カテゴリー:

立大が勝ち点2=東京六大学野球 - 04月23日(月)16:40 

 東京六大学野球春季リーグ戦第2週第3日は23日、神宮球場で3回戦1試合が行われ、立大が法大に2-1で勝ち、2勝1分けで、勝ち点を2に伸ばした。 立大は四回に藤野(3年、川越東)の適時二塁打で先制し、七回は笠井(3年、桐蔭学園)のスクイズで加点した。先発の田中誠(3年、大阪桐蔭)は九回に1点を失ったが、完投で今季3勝目。 [時事通信社]
カテゴリー:

東京六大学野球:明大と立大先勝 - 04月21日(土)23:22 

 21日、神宮球場で第2週の1回戦2試合を行った。明大は14安打9得点で東大に先勝した。立大は、二回に4番・三井(2年・大阪桐蔭)のソロなどで3点を先取し、リードを守って法大に勝った。
カテゴリー:

【中学受験2019】灘・東大寺など関西54校参加「難関私立中学高校進学相談会」5/20 - 04月20日(金)09:15 

 朝日学生新聞社主催、SAPIX特別協賛による進学イベント「難関私立中学高校進学相談会」が、2018年5月20日に大阪・梅田のハービスホールにて開催される。関西圏の難関私立中高54校が参加。個別相談のほか受験に役立つセミナーを多数実施する。入場無料、入退場自由。 相談会には灘、東大寺学園、洛南高附属など、関西圏を代表する難関中高をはじめとした54校が参加(4月16日時点)。個別相談ブースや進学相談コーナーにて来場者の個別の相談に応じるほか、学校案内資料コーナーを設置し、私立中高の特色ある教育を紹介する。さらに会場では、SAPIX小学部・中学部による受験相談コーナーなどを設置。中学高校受験に関する最新情報を一度に入手できる場を提供する。 また、会場には2箇所のセミナー会場を設け、参加校やSAPIX、朝日学生新聞社によるセミナーを実施。「灘・開成と考える AI/グローバル時代の子育て」と題した特別講演では、灘の和田孫博校長と開成の柳沢幸雄校長が登壇し講演を行うほか、両者によるパネルディスカッションが行われる。そのほか灘、東大寺学園、洛南高附属による「最難関校の算数・数学で求められる力とは」や、神戸女学院、四天王寺、西大和学園による「女子が伸びる理由、女子を伸ばすコツ」といったセミナーが行われる予定。 イベント自体は予約不要で入退場自由だが、各種セミナーは事前申込制。5月13日までWeb...more
カテゴリー:

【高校野球最前線】やっぱり投げてもすごかった根尾昂(大阪桐蔭)らセンバツで評価を上げた選手たち - 04月18日(水)12:00 

 センバツは大阪桐蔭(大阪)の優勝で幕を閉じ、春季地方大会もスタート。球児たちの目はもう夏に向いている。今年の夏の甲子園は100回目の記念大会。我々ファンも球児たちを追って、記念すべき夏の夢舞台を満喫…
カテゴリー:

こいつらを見るだけで入場料を払う価値がある! ビールに合うプロ野球選手は? - 04月17日(火)06:00 

プロ野球を球場で観戦していると、日常ではとうてい遭遇できない衝撃の瞬間を目の当たりにすることが多々ある。 骨と肉がきしむ音まで聞こえそうな猛スイング。まばたきをした瞬間に姿を見失いそうなスピードスター。マンガのように軌道がホップしてくる剛速球…。そんな、ビールがぐいぐい進む選手たちを紹介していきたい。 今季、最も旬な「球場で見たい選手」は、巨人の若きスラッガー・岡本和真(かずま)だ。毎年、飛躍が期待されながらも伸び悩んだ3年間。スタンドまで振動が伝わってくるフルスイングには4年目の今季にかける覚悟がにじんでいる。 昨年までの岡本は当てにいくような消極的な打撃が目立ち、決して球場で映える打者ではなかった。飛躍のきっかけは、昨オフに中村剛也(たけや、西武)に“弟子入り”したことだという。 「中村さんから『タイミングが合わないボールは当てにいかないほうがいい』と言われて吹っ切れました。今は甘い球を逃さずに、強くスイングすることが大事やなと思っています」 一方、パ・リーグで新風を吹かせているのも、入団4年目の若武者だ。ギニア人の父と日本人の母を持つ宗佑磨(むね・ゆうま、オリックス)の弾むような走攻守は、見ているだけで胸が躍ってしまう。50m5秒8の俊足に、遠投1...more
カテゴリー:

もっと見る

「大阪桐蔭」の画像

もっと見る

「大阪桐蔭」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる