「大阪放送局」とは?

関連ニュース

あのドラマ解説者も「忖度なし」の太鼓判! スペシャルドラマ『天才を育てた女房』の魅力 - 02月19日(月)16:00 

昨年11月の放送発表時、「あの岡潔がついにドラマ化される」と聞いて、「早く完パケ(編集が終わり放送できる状態の映像)が見たい」、そう思っていました。これはドラマ解説の仕事をしている特権なのですが、「放送前に1日でも早く見たい」と感じたのです。岡潔は世界を驚かせた天才数学者で、文化勲章を受章したほか、ノーベル賞受賞者の湯川秀樹、朝永振一郎の恩師。さらに、ドラマ『ガリレオ』で湯川学(福山雅治)が見せた「突然、道端で石を拾い、数式を書きはじめる」などの行動を本当にやっていた変人ぶりでも知られています。しかし、単なる偉人伝に留まらず、しっかりエンタメに昇華させるのが日本のドラマ。実話をもとに再構成したストーリーとなっており、「岡潔の偉業を称えつつ、妻・みちにも脚光を当てることで、日本人の琴線にふれる物語にしよう」というのです。【苦しい状況でもほほ笑ましい夫婦像】主なあらすじは、「大正13年夏、小山みち(天海祐希)は大阪で岡潔(佐々木蔵之介)と出会い、互いに特別な思いを抱くようになり結婚。しかし、潔は数学に打ち込むばかりで家計は苦しく、上司の京大教授に逆らうなど、日に日に追い込まれていく。誰からも認められず、苦しい日々が続く中、みちはどのように潔を支えていくのか」という夫婦の物語。これを見て、「『ゲゲゲの女房』『マッサン』『わろてんか』とか、朝ドラのような物語?」と思うかもしれませんが、確か...more
カテゴリー:

西川きよしが「目玉キャスト」で「わろてんか」出演 - 02月17日(土)11:23 

 NHK大阪放送局は17日、タレント西川きよし(71)が、NHK連続テレビ小説「わろてんか」(月~土曜午前8時)の最終章となる第26週(3月26~31日)の「目玉キャスト」として出演することを発表した。きよしは同週の26~28日に登場す…
カテゴリー:

【漫画村問題】NHK、漫画の海賊版サイトを閲覧するだけの行為は、日本の法律では罪に問われることはないと報道 - 02月11日(日)19:50  newsplus

漫画の危機!? 海賊版サイトの実態 2月11日 18時09分 「このままだと、若い漫画家が育たない」『あしたのジョー』で知られる漫画家、ちばてつやさんの訴えは、深刻なものでした。 いま、日本の人気漫画や雑誌の最新号が、著作者に無断で次々とインターネットにアップロードされている「海賊版サイト」が、若い世代を中心にじわじわと広がっています。著作権を侵害していると見られるサイトが何か月もの間、多くのアクセスを許していて、漫画家や出版社が危機感を強めています。海賊版サイトの実態を取材しました。(ネットワーク報道...
»続きを読む
カテゴリー:

長谷川博己、朝ドラ起用理由は「品格とカリスマ性」がポイント『まんぷく』 - 02月09日(金)11:00 

長谷川博己が、平成30年度後期連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)のヒロイン・安藤サクラと夫婦役で出演することが決定。2月7日に、大阪放送局と渋谷・NHK放送センターにて発表会見が行われた。 本作…
カテゴリー:

NHK上方漫才コンテスト組み合わせ決定 増毛中のアインシュタイン稲田が意気込み - 02月08日(木)16:00 

 関西の若手漫才師の登竜門『NHK上方漫才コンテスト』の組み合わせが8日、NHK大阪放送局で行われた。現在、104万円をかけて増毛中のアインシュタイン・稲田直樹が「王者にふさわしい見た目になりますので、絶対に優勝を逃さないようにしたい」と意気込んだ。 【写真】NHK上方漫才コンテスト組み合わせ決定  ブロック分け抽選会の結果、3度目の本戦出場となるアインシュタインはBブロックの3番手に決定。出場8組のうち6組が初出場というフレッシュな顔合わせの中、意気込みを問われると稲田は「僕は今、104万円をかけて増毛中でございます。見た目も王者に近い、王者にふさわしい見た目になりますので、絶対に優勝を逃さないようにしたいと思います」と高らかに宣言した。  相方の河井ゆずるから「よう、わからへんかったわ。104万円の話ようわからへんかったわ」とツッコまれると「ライオンのたてがみのようなフサフサな髪の毛で優勝を狙いたいと思います!」と再び力強く語った。ただ、現場はシーンとなってしまい、稲田は「しゃべらんかったら良かった。こんなんやったら」とボヤキ。稲田があいさつしようとすると、河井が静電気で驚くなど踏んだり蹴ったりの抽選会となってしまった。  『NHK上方漫才コンテスト』は3月2日の午後7時30分からNHK総合(関西ローカル)で放送される。 ■組み合わせ結果 Aブロック 1.ヒガシ逢ウサ...more
カテゴリー:

あのドラマ解説者も「忖度なし」の太鼓判! スペシャルドラマ『天才を育てた女房』の魅力 - 02月19日(月)15:55 

昨年11月の放送発表時、「あの岡潔がついにドラマ化される」と聞いて、「早く完パケ(編集が終わり放送できる状態の映像)が見たい」、そう思っていました。これはドラマ解説の仕事をしている特権なのですが、「放送前に1日でも早く見たい」と感じたのです。岡潔は世界を驚かせた天才数学者で、文化勲章を受章したほか、ノーベル賞受賞者の湯川秀樹、朝永振一郎の恩師。さらに、ドラマ『ガリレオ』で湯川学(福山雅治)が見せた「突然、道端で石を拾い、数式を書きはじめる」などの行動を本当にやっていた変人ぶりでも知られています。しかし、単なる偉人伝に留まらず、しっかりエンタメに昇華させるのが日本のドラマ。実話をもとに再構成したストーリーとなっており、「岡潔の偉業を称えつつ、妻・みちにも脚光を当てることで、日本人の琴線にふれる物語にしよう」というのです。【苦しい状況でもほほ笑ましい夫婦像】主なあらすじは、「大正13年夏、小山みち(天海祐希)は大阪で岡潔(佐々木蔵之介)と出会い、互いに特別な思いを抱くようになり結婚。しかし、潔は数学に打ち込むばかりで家計は苦しく、上司の京大教授に逆らうなど、日に日に追い込まれていく。誰からも認められず、苦しい日々が続く中、みちはどのように潔を支えていくのか」という夫婦の物語。これを見て、「『ゲゲゲの女房』『マッサン』『わろてんか』とか、朝ドラのような物語?」と思うかもしれませんが、確か...more
カテゴリー:

『小島慶子 気になるカノジョ』──朝ドラ・ヒロインに出産したばかりの安藤サクラさん…「すべての放送局に常設の託児所を!」 - 02月14日(水)10:00 

今年10月スタート予定のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロインに、昨年第1子を出産したばかりの女優・安藤サクラが起用される。NHKは育児をしながらの出演を「全面サポート」するよう現場に要請。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に思うあんなこと、こんなこと。 * * * 「朝ドラは憧れだったけど子供も産んでおばちゃんだし、もう考えてなかった」 今年10月スタート予定のNHK連続テレビ小説『まんぷく』のヒロインに決まった安藤サクラさんの言葉です。まだ31歳なのに、そんなこと思わなくちゃならないなんて! 確かに朝ドラといえば、若くて頑張り屋さんでおっちょこちょいな美少女の成長物語というイメージ。でも、もっといろんな主人公がいていいですよね。 安藤さんは昨年出産したばかり。これまで、赤ちゃんを育てながら朝ドラのヒロインを演じた役者さんはいないというのですから、今回のオファーは画期的だったんですね。初めは育児との両立は無理だと諦めていた安藤さんは、家族の後押しを受けて出演を決意したそうです。 まだ31歳の女性が年齢を負い目に感じなくちゃならないなんておかしいし、同じ役者という仕事を選んでも...more
カテゴリー:

長谷川博己、朝ドラ起用理由は「品格とカリスマ性」がポイント『まんぷく』 - 02月09日(金)11:00 

長谷川博己が、平成30年度後期連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)のヒロイン・安藤サクラと夫婦役で出演することが決定。2月7日に、大阪放送局と渋谷・NHK放送センターにて発表会見が行われた。本作は、インスタントラーメンを世に送り出した日清食品創業者の安藤百福(ももふく)と妻・仁子(まさこ)の夫妻をモデルにした物語。脚本は、大ヒットドラマ『ガリレオ』シリーズや、NHK大河ドラマ『龍馬伝』を手掛けた福田靖が担当する。ドラマで長谷川は、立花萬平という役を、安藤はその妻・福子を演じる。今回の配役について、真鍋斎チーフプロデューサーは「非常に的確な演技力で多彩な役を演じてこられ、そしてどんな役をされても、どんな環境の中にあってもある品格とカリスマ性を漂わせている」という理由で、オファーをしたことを明かした。これをうけた長谷川は、「品格とカリスマ性を持った長谷川博己です(笑)。萬平という名前は、結構気に入っています。うれしいです」と冗談を交えてあいさつ。続けて「“朝ドラ”は、20代の頃に何度かオーディションを受けさせていただいていて、何度も落ちておりまして、今回こうやってお話を頂くことになりまして、40歳で“朝ドラ”のヒロインの相手役というのは、ちょっとどうなのかなぁ、と最初迷ったんですが、百福さんをモデルとした役を演じるということと、“朝ドラ”というのは、ものすごく勢いのあるところだと思いま...more
カテゴリー:

長谷川博己、朝ドラ起用理由は「品格とカリスマ性」がポイント『まんぷく』 - 02月09日(金)10:54 

長谷川博己が、平成30年度後期連続テレビ小説『まんぷく』(NHK)のヒロイン・安藤サクラと夫婦役で出演することが決定。2月7日に、大阪放送局と渋谷・NHK放送センターにて発表会見が行われた。本作は、インスタントラーメンを世に送り出した日清食品創業者の安藤百福(ももふく)と妻・仁子(まさこ)の夫妻をモデルにした物語。脚本は、大ヒットドラマ『ガリレオ』シリーズや、NHK大河ドラマ『龍馬伝』を手掛けた福田靖が担当する。ドラマで長谷川は、立花萬平という役を、安藤はその妻・福子を演じる。今回の配役について、真鍋斎チーフプロデューサーは「非常に的確な演技力で多彩な役を演じてこられ、そしてどんな役をされても、どんな環境の中にあってもある品格とカリスマ性を漂わせている」という理由で、オファーをしたことを明かした。これをうけた長谷川は、「品格とカリスマ性を持った長谷川博己です(笑)。萬平という名前は、結構気に入っています。うれしいです」と冗談を交えてあいさつ。続けて「“朝ドラ”は、20代の頃に何度かオーディションを受けさせていただいていて、何度も落ちておりまして、今回こうやってお話を頂くことになりまして、40歳で“朝ドラ”のヒロインの相手役というのは、ちょっとどうなのかなぁ、と最初迷ったんですが、百福さんをモデルとした役を演じるということと、“朝ドラ”というのは、ものすごく勢いのあるところだと思いま...more
カテゴリー:

長谷川博己、朝ドラ出演決定で「品格とカリスマ性を持った長谷川博己です(笑)」 - 02月07日(水)22:00 

10月1日(月)スタートの連続テレビ小説「まんぷく」(毎週月~土曜朝8.00-8.15ほか、NHK総合ほか)で、ヒロイン・福子(安藤サクラ)の夫・萬平役に長谷川博己が決まった。 【写真を見る】安藤サクラ&長谷川博己の“夫婦役”に、期待の声が続出/(C)NHK 本作は福田靖の脚本による、福子とその夫・萬平の成功物語。モデルはインスタントラーメンを生み出した実業家である安藤百福氏と妻・仁子氏の半生で、戦前から高度経済成長期にかけての激動の時代を舞台に、たくましく生きる夫婦の姿を描く。 NHK大阪放送局で行われた発表会見では、制作統括の真鍋斎氏が「完全に“萬平さん=百福さん”というわけではないのですが、多面的な顔を持っているところや、清濁あわせ飲むような人生を歩んできたところが、二人に共通する部分だと思っています。そんな人物を演じていただくにあたって、非常に的確な演技力で多彩な役を演じてこられ、そしてどんな役をされても、どんな環境の中にあっても、ある品格とカリスマ性を漂わせている長谷川博己さんにご出演いただきたいと思いました」と起用理由を説明。 これを受けて、長谷川は「品格とカリスマ性を持った長谷川博己です(笑)」とあいさつ。20代のころには何度も“朝ドラ”のオーディションを受けていたそうだが、40歳で受けたオファーには迷いもあったと明かした。 だが、「『大衆の中にこそ変化の(時代が変わ...more
カテゴリー:

もっと見る

「大阪放送局」の画像

もっと見る

「大阪放送局」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる