「大阪大学」とは?

関連ニュース

安全、低コストの軟骨再生治療法、臨床応用の最終段階に - 12月11日(月)12:24 

大阪大学は、難治性で有効な治療法がなかった軟骨損傷の治療法として滑膜由来の間葉系幹細胞(MSC)を用いたスキャフォールドフリー三次元人工組織を開発。このたび、実用化への最終段階として第III相臨床研究と企業治験が進められることを発表した。
カテゴリー:

番客嬸への手紙——メッシュワークするSinophone【無料・予約不要】日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会 - 12月08日(金)04:00 

日本マレーシア学会(JAMS)関東地区研究会/日時:2017年12月9日(土)13時~16時/場所:立教大学池袋キャンパス5号館2階5203教室/タイトル:番客嬸への手紙——メッシュワークするSinophone/宮原曉(大阪大学グローバルイニシアティブ・センター)/コメント:及川 茜(神田外語大学)
カテゴリー:

過疎地の課題を解決する「御用聞きAI」--阪大石黒教授らが開発元のエルブズに出資 - 12月01日(金)18:46 

スマートフォンやタブレットを過疎地におけるサービス窓口として利用できる「御用聞きAI」のエルブズが資金調達を実施した。TIS、大阪大学ベンチャーキャピタルのほか、同大学院の石黒教授などが出資している。
カテゴリー:

パナ:血管内部を高画質カラー映像で 新医療機器を開発 - 11月28日(火)20:17 

世界初 大阪大学などと共同で  パナソニックは28日、血管の内部を高画質のカラー映像で確認できる世界初の医療機器を大阪大学などと共同で開発したと発表した。鮮明に状況が把握でき、動脈硬化や心筋梗塞(こうそく)などの治療に役立つと期待される。12月から医療機関向けに販売を始める。
カテゴリー:

阪大教授「『嫌韓流』は不定形的で自己矛盾的なので自己嫌悪に結びつく可能性が高い」 - 12月09日(土)12:45  news

▲9日、建国大-大阪大共同国際学術大会ポスター 韓国人を嫌う日本の「嫌韓流」は不定形的で自己矛盾的なので自己嫌悪に結びつく可能性が高いという指摘が出た。 安岡健一、大阪大学教授は建国(コングク)大アジア・ディアスポラ研究所と大阪大学大学院文学研究科の共同主催で9日午後2時、ソウル広津区(クァンジング)の建国大学常虚研究館106号で開かれる「人の移動と外国人嫌悪」を主題にした国際学術大会でこのような主張を含む論文「二つの嫌悪-嫌韓と世代間格差に関する試論」を発表する予定だ。 安岡教授は8日、事前配布し...
»続きを読む
カテゴリー:

【歴史】小早川秀秋の末裔「ご先祖は教科書に載らないままでいい」★3 - 12月03日(日)21:20  newsplus

【坂本龍馬も教科書から削除される可能性が(写真:AFLO)】  暗記重視の歴史教育を見直すため、教科書の収録用語を現在の半分程度に減らすよう「高大連携歴史教育研究会」(会長=油井大三郎・東大名誉教授)が発表した歴史用語の「精選案」が波紋を広げている。坂本龍馬や吉田松陰、上杉謙信などが削除対象となっているからだ。実はこれまでも、歴史教科書の“人選”は、一般的な知名度と必ずしも一致していたわけではない。たとえば昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主人公・真田信繁(幸村)は教科書には登場しない。  幸村の末...
»続きを読む
カテゴリー:

【歴史】小早川秀秋の末裔「ご先祖は教科書に載らないままでいい」★2 - 12月01日(金)02:29  newsplus

【坂本龍馬も教科書から削除される可能性が(写真:AFLO)】  暗記重視の歴史教育を見直すため、教科書の収録用語を現在の半分程度に減らすよう「高大連携歴史教育研究会」(会長=油井大三郎・東大名誉教授)が発表した歴史用語の「精選案」が波紋を広げている。坂本龍馬や吉田松陰、上杉謙信などが削除対象となっているからだ。実はこれまでも、歴史教科書の“人選”は、一般的な知名度と必ずしも一致していたわけではない。たとえば昨年のNHK大河ドラマ『真田丸』の主人公・真田信繁(幸村)は教科書には登場しない。  幸村の末...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】 日本人の8割が知らない 「がんの新常識」 - 11月24日(金)06:50  newsplus

医学の世界は「日進月歩」。少し前まで当たり前だった療法や診断が、今では時代遅れの場合もあるという! 日本人の2人に1人が生涯で1回はがんになり、男性の4人に1人、女性の6人に1人が、がんで命を落とす時代。 81年から日本人の死因のトップを独走しているこの疾病、ナノテクノロジーやコンピュータ解析技術などの進歩で、 この十数年、診断法や治療法なども飛躍的に進歩している。 たとえば抗がん剤。かつては「副作用が死ぬほどきついわりには、効果がそれほど期待できない」というのが一般的な印象だったかもしれな...
»続きを読む
カテゴリー:

「大阪大学」の画像

もっと見る

「大阪大学」の動画

Wikipedia

「地域に生き世界に伸びる」(英語:Live Locally, Grow Globally)

教育および研究

タイムズ紙系の教育専門誌「タイムズ・ハイアー・エデュケーション」による世界大学ランキングに毎年ランクインしている。2016-2017 では、第251-300位、アジア第28位、国内第4位である World University Rankings 2015-16 | Times Higher Education

上海世界大学学術ランキング (ARWU) では、2016年は第96位、国内第4位であるhttp:www.shanghairanking.com/World-University-Rankings-2016/Japan.html。

クアクアレリ・シモンズ社「QS世界大学ランキング」では、第55位(2014年)http:www.topuniversities.com/node/4405/ranking-details/world-university-rankings/2014、「2015年アジア大学ランキング」では、アジア全体で第13位、国内第2位であるhttp:www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2015/06/20150610_01。

世界大学ランキングセンター (CWUR) によるCWUR世界大学ランキング2015年では、第45位、国内6位であるhttp://cwur.org/2015/。

取り組み

男女共同参画社会基本法に基づく...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる