「大阪地裁」とは?

関連ニュース

【人々は自由に話したり、考えたりできなくなる】「自由が縮む」共謀罪は治安維持法の再来 - 05月21日(日)09:53 

 「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が19日、衆院法務委員会で可決された。与党は23日の衆院通過を図る構えだが、 犯罪を計画段階で処罰する法案には権力の乱用を危ぶむ声が根強い。戦時中に思想弾圧に使われた治安維持法で逮捕され、 2年間勾留された林直道・大阪市立大名誉教授(94)=兵庫県芦屋市=は「政府への批判を封じる新たな道具にならないか」と案じ、審議の行方を見つめる。  1943(昭和18)年6月、大阪市内の自宅に数人の警察官が訪ねてきた。「ちょっと話を聞きたい」。警察署に連行...
»続きを読む
カテゴリー:

吹田市住民訴訟:「市長の随意契約は違法」大阪地裁 - 05月19日(金)21:40 

 大阪府吹田市が当時現職だった井上哲也前市長(60)の後援業者に随意契約で発注した工事を巡る住民訴訟の判決で、大阪地裁(西田隆裕裁判長)は19日、「市長が随意契約をしたのは違法」と判断した。一方、訴訟の前提となる住民監査請求が契約から1年の期限を過ぎていたとして、住民側の訴えは退けた。
カテゴリー:

時間外労働200時間超、違法な退職強要も 鬱病発症の元警備員が会社を提訴 大阪 - 05月19日(金)17:53 

 警備員として働いていた男性(49)=大阪府=が、過重労働により鬱病を発症し、さらに退職を強要されたとして、会社側に計約1300万円の損害賠償などを求める訴訟を大阪地裁に起こしたことが19日、分かった。男性は24時間勤務を3日間続け、時間外労働が200時間を超える月もあったと主張している。一方、会社側は同日開かれた第1回口頭弁論で請求棄却を求めた。
カテゴリー:

水俣病患者、チッソに勝訴 賠償金受けた後も補償の権利 - 05月18日(木)23:10 

 水俣病の原因企業チッソ(東京)側に勝訴して賠償金を受け取った人がその後水俣病と認定された場合に、チッソが認定患者に支払う慰謝料を改めて請求できるかが問われた訴訟の判決が18日、大阪地裁であった。北川…
カテゴリー:

チッソに補償命じる=水俣病、賠償確定の遺族勝訴-大阪地裁 - 05月18日(木)17:50 

 水俣病の損害賠償請求訴訟で賠償金を得たことを理由に、原因企業チッソが補償協定を結ばないのは不当だとして、水俣病認定患者2人の遺族が同社に補償を求めた訴訟の判決が18日、大阪地裁であった。北川清裁判長は「確定判決を患者に不利に解釈するのは相当ではない」と述べ、訴えを認めた。 訴えたのは2013年に死亡した女性の70代の遺族女性と、07年に死亡した男性の遺族。患者2人は水俣病関西訴訟で04年にそれぞれ650万円の賠償が確定した後、熊本県から患者と認定された。 チッソが1973年に患者側と結んだ補償協定は「締結以降に認定された患者にも適用する」と定めており、遺族は賠償金を上回る内容の補償を求めたが、チッソは確定判決を理由に拒否した。 北川裁判長は、補償協定には被害者全員の救済と再発防止が盛り込まれていると指摘。「甚大な被害をもたらしたことを反省し、司法で認容される程度を超えた救済を定めた」と述べ、賠償を受けた患者を除外するのは協定の趣旨に反すると判断した。 【時事通信社】
カテゴリー:

ガリガリガリクソンの闇が深すぎる - 05月20日(土)20:44 

金銭トラブルで係争中だったガリガリガリクソン 今月12日に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで大阪府警南署に逮捕され、13日に釈放されたお笑い芸人の ガリガリガリクソンが、闇金融まがいの暴利で知人に金を貸し訴えられていたことを、発売中の「フライデー」(講談社)が報じている。 同誌によると、知人は生活に困っていたためガリクソンに金策を相談。13年末から14年春にかけてガリクソンから金を借りては 返すを繰り返し、合計すると借りた金は1000万円以上。ところが、知人にもかかわらず利息は2割という暴利で支払った利息は...
»続きを読む
カテゴリー:

相続税法違反:和歌山県議に有罪判決 大阪地裁 - 05月19日(金)20:58 

 社会福祉法人への寄付を装った脱税事件で、相続税法違反の罪に問われた和歌山県議、花田健吉被告(58)に対し、大阪地裁は19日、懲役1年6月、執行猶予3年、罰金500万円(求刑・懲役1年6月、罰金500万円)を言い渡した。村越一浩裁判長は「立場と人脈を利用して寄付を受け入れさせ、脱税に重要な役割を果たした」と述べた。花田被告は即日控訴した。
カテゴリー:

和歌山県議に有罪=寄付偽装脱税-大阪地裁 - 05月19日(金)17:48 

 社会福祉法人への寄付を装った相続税の脱税事件で、相続税法違反罪に問われた和歌山県議の花田健吉被告(58)の判決が19日、大阪地裁であり、村越一浩裁判長は懲役1年6月、執行猶予3年、罰金500万円(求刑懲役1年6月、罰金500万円)を言い渡した。花田被告は控訴する方針。 花田被告は「脱税に加担したことはないし、報酬ももらっていない」と無罪を主張していた。 村越裁判長は「寄付は相続税対策として行われ、被告は偽装と知って協力した」と関与を認定、「被告がいなければ寄付の受け入れ先は決まらなかった」と述べた。また共犯者の「被告に直接金を渡した」との証言は信用できるとして、計900万円の報酬を受け取ったことも認定した。 判決によると、花田被告は2014年、不動産管理業の高木孝治被告(75)=一審有罪、控訴中=らと共謀し、高木被告の相続財産のうち約8億5000万円を県内の社会福祉法人に寄付したように装って相続税を過少申告し、約4億9000万円を脱税した。 判決後記者会見した花田被告は「寄付の受け入れ先を紹介しただけだ。犯罪に関与することはない」と主張した。 【時事通信社】
カテゴリー:

水俣病地位確認訴訟:遺族の補償の地位を認める 大阪地裁 - 05月18日(木)21:40 

 過去の水俣病訴訟で賠償金を得たことを理由に、原因企業チッソが補償協定を結ばないのは不当だとして、関西の水俣病患者2人の遺族が補償を受けられる地位の確認を求めた訴訟の判決で大阪地裁は18日、原告の訴えを認めた。北川清裁判長は「補償協定は広く救済を受ける機会を与えるもので、水俣病の認定を受けていれば適用される」と判断した。
カテゴリー:

【大阪】宗教法人の山に残土投棄容疑 僧侶ら逮捕 ホタルの名所の川が汚染され水道水の取水ができず - 05月16日(火)12:04 

宗教法人が所有する大阪府河内長野市日野の山中に無許可で建設残土を捨てたとして、府警は16日、この法人の僧侶や建設業者の元会長ら男6人を、府砂防指定地管理条例違反と府土砂条例違反の疑いで逮捕し、明らかにした。 この建設業者が残土を搬入したい業者から処分代金を受け取り、投棄を黙認した僧侶側に一部を渡していたとみている。 投棄されたのは、宗教法人「成田山不動院」(本部・鹿児島県指宿市)の河内長野別院の敷地だった。 生活環境課によると、逮捕されたのは同法人の僧侶の坂田義明容疑者(67)=兵庫県姫路市...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「大阪地裁」の画像

もっと見る

「大阪地裁」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 大阪地方裁判所...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる