「大阪地裁」とは?

関連ニュース

大阪・法廷に包丁:持ち込みの21歳女に実刑判決 - 06月27日(火)11:34 

 被告として出廷した裁判員裁判で包丁を所持したとして、銃刀法違反に問われた無職、原田恵美被告(21)に対し、大阪地裁は27日、懲役6月(求刑・懲役10月)の実刑判決を言い渡した。村越一浩裁判長は「秩序や安全が高度に守られるべき公開の法廷での犯行で、危険性は高く悪質」と指摘した。
カテゴリー:

政府「10億円相当の金塊や高級腕時計の持ち主を探しています。お心当たりのある方はいませんか?」 - 06月25日(日)18:17 

密輸された計約10億円相当の金塊や高級腕時計の没収の可否が争われた関税法違反事件で、没収を認める1審判決を破棄した大阪高裁判決が23日、確定した。 大阪高検が期限までに上告しなかった。検察側は今後、名乗り出た所有者に返還できるかどうかを判断する方針。  2審判決などによると、平成27年2月、大阪市内に住む密輸グループの男らが金塊計130キロ(約6億円相当)と高級腕時計586個(約4億6千万円相当)を化粧品と偽って関西空港に持ち込み、税関職員が発見。 男らは関税法違反罪などで起訴された。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

水泳教室事故:770万円の支払い命令 大阪地裁 - 06月23日(金)20:30 

 水泳教室に参加していた国本考太さん(当時24歳)=大阪市=が練習中に意識を失って死亡したのは安全管理を怠ったのが原因だとして、両親が教室を運営する同市内のNPO法人と元代表に約5500万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は23日、計770万円の支払いを命じた。
カテゴリー:

組合費天引き訴訟取り下げへ=職員組合と和解-大阪・泉佐野市 - 06月23日(金)17:52 

 大阪府泉佐野市は23日、職員給与からの組合費天引きをめぐって府労働委員会と最高裁で争っていた訴訟を取り下げることを決めた。市職員労働組合との対立を全面解決させ、全組合員を対象に事務手数料なしで天引きを再開する。 同市は、天引き中止は不当労働行為と認定した府労委の救済命令の取り消しを求めて提訴。大阪地裁・高裁は、一般職の地方公務員に労働組合法は適用されず、救済申し立てができないと判断していた。 市職労は「裁判所の判決を超える勝利和解だ」と評価。千代松大耕市長は「円滑な労使関係の確立に努めたい」とのコメントを出した。 【時事通信社】
カテゴリー:

門真女性殺人:両親「娘は二度殺された」被害者参加で陳述 - 06月22日(木)20:06 

 大阪府門真市で2015年12月、渡辺佐和子さん(当時25歳)を殺害し、遺体を切断するなどしたとして、強盗殺人などの罪に問われた無職、森島(現姓・長田)輝実被告(31)の裁判員裁判が22日、大阪地裁であった。渡辺さんの両親が被害者参加制度を使って意見陳述し、「佐和子は二度殺された」「(被告は)本当のことを話して」などと語った。
カテゴリー:

法廷に包丁持ち込み、被告に懲役6か月判決 大阪地裁 - 06月27日(火)11:15 

 裁判員裁判の法廷に包丁を持ち込んだとして銃刀法違反の罪に問われた大阪府東大阪市の無職、原田恵美被告(21)の判決が27日、大阪地裁であった。村越一浩裁判長は「法廷という安全が高度に守られるべき場所で…
カテゴリー:

障害者水泳教室で死亡「死因は熱中症」NPOに賠償命令 - 06月23日(金)21:16 

 水泳教室で知的障害のある大阪市の男性(当時24)が死亡したのは熱中症の予防措置をとっていなかったからだとして、両親が、運営したNPO法人とコーチに計約5500万円を求めた訴訟の判決が23日、大阪地裁…
カテゴリー:

【大阪】室内プールの熱中症死を認定 室温36度、水温32度 水泳教室に770万円賠償命令 - 06月23日(金)18:21 

http://www.sankei.com/west/news/170623/wst1706230061-n1.html  大阪府東大阪市で平成25年8月、室内プールでの水泳教室に参加していた国本孝太さん=当時(24)=が死亡したのは安全管理を怠ったためだとして、両親が教室を開いた大阪市のNPO法人と女性コーチに計約5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁は23日、熱中症が死因と認定し、計770万円の支払いを命じた。  両親側は控訴する方針。母親は判決後に記者会見し「水泳中に熱中症になるとはあまり知られていない。コーチがプールの環境を正し...
»続きを読む
カテゴリー:

水泳教室主催者に賠償命令=男性死亡「熱中症予防怠る」-大阪地裁 - 06月23日(金)17:50 

 水泳教室で男性が練習中に死亡したのはコーチが安全への配慮を怠ったためだとして、両親が主催者のNPO法人とコーチに計約5500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が23日、大阪地裁であった。山地修裁判長は死亡に対する責任を否定した上で、熱中症の予防を怠ったとして注意義務違反を認め、慰謝料など計770万円の支払いを命じた。 判決によると、精神障害があった国本考太さん=当時(24)=は2013年8月、大阪府東大阪市で障害者向け水泳教室に参加。周囲が異常に気付いてプールから引き上げた時にはけいれんしており、搬送先の病院で死亡した。 山地裁判長は、てんかんの発作とする被告側の主張を退け、熱中症と推認。一定時間ごとにプールから上げ、水分補給させる義務を怠ったと認めた。一方で、救急搬送の依頼など相応の対処をしたと指摘した。 判決後の記者会見で、国本さんの父親は「熱中症と認められて意義はあるが、練習メニューが過酷とは認められず、満足がいかない」と語り、控訴する考えを示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

認知症の夫殺害に執行猶予判決 老老介護、大阪地裁 - 06月22日(木)12:41 

大阪市旭区で昨年6月、認知症を患う夫=当時(85)=の首を絞めて殺害したとして、殺人の罪に問われた大槻美知子被告(...
カテゴリー:

もっと見る

「大阪地裁」の画像

もっと見る

「大阪地裁」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 大阪地方裁判所...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる