「大阪地裁」とは?

関連ニュース

【裁判】29歳男性に逆転無罪判決 他人のマンションに侵入し自慰行為をした公然わいせつ罪…大阪高裁 - 04月27日(木)12:11 

<公然わいせつ>29歳男性に逆転無罪判決 大阪高裁 4/27(木) 11:56配信 他人のマンションに侵入し自慰行為をしたとして、公然わいせつ罪などに問われた 堺市の男性(29)の控訴審判決で、大阪高裁は27日、懲役1年とした1審判決を破棄し、 逆転無罪を言い渡した。 現場に残された精液が男性のものかどうかが争われ、福崎伸一郎裁判長は、 1審の大阪地裁堺支部で行われたDNA型鑑定について 「(他人のDNAが混入した)混合資料であることを払拭(ふっしょく)できず、 合理的な疑いが残る」と述べた。 判決など...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

タトゥー彫り師は医師法違反か 初公判で無罪主張 - 04月26日(水)20:14 

 タトゥー(刺青、いれずみ)を施す行為は医師法違反にあたるのかが問われた裁判が26日、大阪地裁(小倉哲浩裁判長)で始まった。大阪府吹田市の彫り師、増田太輝被告(29)は初公判で「タトゥーを入れたことは…
in English
カテゴリー:

入れ墨彫師が無罪主張=医師法で初の正式公判-大阪地裁 - 04月26日(水)16:24 

 医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)の施術をしたとして、医師法違反罪に問われた大阪府吹田市の彫師増田太輝被告(29)の初公判が26日、大阪地裁(小倉哲浩裁判長)であった。同被告は「犯罪とされることは納得できない。タトゥーはアートだと信じている」と述べ、無罪を主張した。 弁護団によると、タトゥーをめぐり医師法違反罪で正式な公判が開かれたのは初めて。増田被告は2015年9月、罰金30万円の略式命令を受けたが従わず、裁判を申し立てていた。 検察側は冒頭陳述で、針を皮膚に突き刺して色素を沈着させる行為は、細菌に感染したり血管を傷つけたりする危険がある医療行為だと指摘。同様に針で眉などに色素を入れるアートメークで苦情が寄せられていると述べた。 弁護団は「タトゥーは危険ではなく、医療行為ではない」と反論。彫師に医師免許を要求することは、憲法で保障された表現の自由や職業選択の自由、タトゥーを入れたい人の自己決定権を侵害すると主張した。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

なでしこ大阪高槻の元運営会社が破産 丸山選手も在籍 - 04月26日(水)11:46 

 女子サッカーなでしこリーグのスペランツァFC大阪高槻の元運営会社が自己破産を申請し、大阪地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことがわかった。決定は14日付。同チームは元日本代表FWの丸山桂里奈さ…
in English
カテゴリー:

森友学園、校舎解体せず用地売却検討のワケ 保全管理人「国がどのような方針を立てるか…」 - 04月26日(水)07:30 

大阪市の学校法人「森友学園」が民事再生法適用を大阪地裁に申請したのを受け、大阪府豊中市の旧国有地での開設を断念した小学校校舎の扱いが焦点となっている。契約上、国…
in English
カテゴリー:

大阪・入れ墨事件:彫り師「タトゥーはアート」と無罪主張 - 04月26日(水)20:38 

大阪地裁の医師法違反事件 弁護側「医療行為に当たらず」  医師免許を持たず客に入れ墨(タトゥー)を施したとして、医師法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)の初公判が26日、大阪地裁であり、増田被告は「タトゥーはアートであり、犯罪とされることには納得できない」と無罪を主張した。
in English
カテゴリー:

彫師が無罪主張「医療ではない」 大阪地裁で初公判 - 04月26日(水)17:20 

医師免許を持たず客にタトゥー(入れ墨)を施したとして、医師法違反の罪に問われた大阪府吹田市の彫師増田太輝被告(29...
in English
カテゴリー:

【裁判】入れ墨彫師が無罪主張=医師法で初の正式公判―大阪地裁 - 04月26日(水)16:07 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00000071-jij-soci 時事通信 4/26(水) 16:03配信  医師免許がないのに入れ墨(タトゥー)の施術をしたとして、医師法違反罪に問われた大阪府吹田市の彫師増田太輝被告(29)の初公判が26日、大阪地裁(小倉哲浩裁判長)であった。  同被告は「犯罪とされることは納得できない。タトゥーはアートだと信じている」と述べ、無罪を主張した。  弁護団によると、タトゥーをめぐり医師法違反罪で正式な公判が開かれたのは初めて。増田被告は2015年9月、罰金30万円の略式命令を受けたが...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ダイキン元課長に懲役6年=架空取引で会社から詐取-大阪地裁 - 04月26日(水)10:12 

 IT関連会社などとの取引を装い、勤務先の空調大手ダイキン工業(大阪市北区)から計約9000万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた同社元課長長田益生被告(56)=懲戒解雇=の判決が26日、大阪地裁であり、小倉哲浩裁判官は懲役6年(求刑懲役7年)を言い渡した。 長田被告は起訴内容を一部否認し、「詐欺ではない」と主張。検察側は論告で「手口は巧妙かつ手慣れたもので、共犯者を勧誘するなど相当悪質だ」と指摘していた。 起訴状などによると、長田被告は2008年10月~11年10月、19回にわたりIT関連会社などに業務を発注したように装い、ダイキン工業から計約8977万円をだまし取ったとされる。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

愛媛大付属病院:「ずさん出術で死亡」遺族4人が賠償提訴 - 04月25日(火)07:30 

医師3人を業務上過失致死容疑で告発、愛媛県警が受理  愛媛大医学部付属病院のずさんな手術で母親が死亡したとして、遺族4人が大学と手術を担当した医師3人に計約5700万円の損害賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。24日、第1回口頭弁論があり、大学側は請求の棄却を求めた。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「大阪地裁」の画像

もっと見る

「大阪地裁」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 大阪地方裁判所...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる