「大門寺」とは?

「大門寺」の画像

もっと見る

「大門寺」の動画

Wikipedia

大門寺(だいもんじ)は、大阪府茨木市大門寺にある真言宗御室派の仏教寺院。山号は神峯山。院号は金剛院。

本尊は如意輪観世音菩薩(秘仏)。本尊像と四天王像はともに平安時代の仏像重要文化財に指定されている(1987年指定)。紅葉の名所としても知られている。

歴史

寺伝によれば宝亀2年(771年)に開成皇子の開基とされる。当初は寺号を青龍寺と称していた。その後、空海がこの地を来訪して、滞在9年間に及び、その際に金剛・蔵王の2像を彫刻し、大門寺の守護神としたという「歴史」節の記述は「茨木の寺院 57.大門寺」(茨木市観光協会サイト)による。。

開成皇子は光仁天皇の皇子とされ、大阪府北部の山間部には大門寺以外にも高槻市の本山寺、同市の神峯山寺など、開成皇子開基伝承をもつ寺院が点在する。

貞観年間(859年~877年)には、本堂・無量寿堂・御影堂・三重塔・...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる