「大腸菌」とは?

関連ニュース

スマホで「食中毒を起こす可能性がある食べ物」を検知できる技術を研究者らが開発中 - 02月23日(金)14:00 

大腸菌やサルモネラといった食中毒の原因となる菌を検出するには、通常ラボで特殊な器具を使い時間をかけてDNA鑑定を行う必要があります。しかし、スマートフォンとアタッチメントを利用することで、一般の人でも簡単に少数の細菌を検出できる技術を研究者らが開発しています。続きを読む...
カテゴリー:

バイオジェン×日本科学未来館、中高生対象の「遺伝子ラボ2018春」3/17-18 - 02月19日(月)18:45 

 バイオジェン・ジャパンと日本科学未来館は2018年3月17日・18日、中高生向け実験イベント「遺伝子ラボ2018春~光る大腸菌から考える 私たちと未来の医療~」を開催する。参加費は無料、遺伝子型判定の実験や遺伝子組換え実験などを行う。申込みは3月2日まで受け付ける。 「遺伝子ラボ」は2017年3月に初めて開催され、参加者から好評を博したプログラム。バイオテクノロジー企業であるバイオジェン米国本社が2002年から実施している実験プログラム「コミュニティラボ」を導入したもので、日本の中高生に適するように企画されているという。 4回目の開催となる「遺伝子ラボ2018春」では、2日間のプログラムを通して、ゲノム編集技術を含めた遺伝子操作に対する課題や新しい科学技術が社会にもたらす影響について考える。1日目は、実際の診断に用いられる遺伝子型判定の実験と、光るタンパク質を合成する遺伝子を大腸菌に組み込む遺伝子組換え実験を体験。遺伝子の持つ多様性や、遺伝子操作についての理解を深める。 2日目には前日の実験結果を確認し、実験時に考察した仮説を検証。また、遺伝子を書き換える技術について、参加者と日本科学未来館の科学コミュニケーター、バイオジェン社員がディスカッションを行う。 申込みは日本科学未来館Webサイトから、応募の際は「連絡事項など」の欄に「参加動機、最近興味を持っていること」を200字程度...more
カテゴリー:

【平昌五輪】ノロ騒動 調理用の水が大便物質で汚染されていた 汚染された地下水で食事を作ったのが原因★3 - 02月14日(水)02:47  mnewsplus

平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される ソース:ゴゴ通信 2018/02/13 13:59:17 【簡単に説明すると】 ・平昌五輪で集団ノロウィルス感染 ・原因は調理に使われた地下水と推定される ・大腸菌も検出される 平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。 2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会...
»続きを読む
カテゴリー:

【平昌五輪】ノロ騒動 調理用の水が大便物質で汚染されていた 汚染された地下水で食事を作ったのが原因 - 02月13日(火)17:45  mnewsplus

平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される ソース:ゴゴ通信 2018/02/13 13:59:17 【簡単に説明すると】 ・平昌五輪で集団ノロウィルス感染 ・原因は調理に使われた地下水と推定される ・大腸菌も検出される 平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。 2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会...
»続きを読む
カテゴリー:

明るい生物発光分子=脳深部の活動可視化-理研 - 02月23日(金)04:43 

 脳の深い所にある神経細胞の活動などを可視化できる新たな発光分子を、理化学研究所と京都大などの研究チームが開発した。ホタルの発光機構を応用した従来の物より最大で1000倍明るく、体外からも確認できるため、マウスや霊長類の脳機能を自然な状態で観察できるという。論文は22日付の米科学誌サイエンスに掲載された。 ホタルに代表される生物発光は、基質「ルシフェリン」が酵素の力で酸素と結び付いて光る。この仕組みは神経細胞やがん細胞の生体内での働きを調べる技術に応用されているが、光の透過性が弱く、生きたまま自然な状態で体外から光を確認するのは難しかった。 理研脳科学総合研究センターの宮脇敦史チームリーダーらは、2013年に開発された透過しやすい近赤外線を発する人工基質を、ホタルの発光酵素を組み込んだ大腸菌に噴霧。より明るく発光するものを選別し、人工酵素を開発した。これらを組み合わせたマウスの実験では、肺や脳の深部で従来に比べ100~1000倍の明るさが確認できた。 【時事通信社】
カテゴリー:

「いつ、どこで作られた?」を自己申告する食パンやポテトが登場するかも?―食べられるグラフェン製造技術、ライス大学が開発中 - 02月18日(日)12:20 

米国テキサス州のライス大学は、パンやポテトなど、ある種の食物をグラフェン化する技術について概要を発表した。この技術を活用すれば、食物自体がRFIDタグやセンサーとして機能するようになる。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 研究を進めているのは、ライス大学の教授であるJames Tour氏の研究室。同研究室では、「炭素を含有するものはなんでも、グラフェンになりうる」を主要な研究テーマとしており、レーザーを用いて衣服などの表面をグラフェン化させるプロセスを開発している。 今回発表されたのは、このプロセスを食べ物に応用したもの。レーザーで食物の表面をグラフェン化している。James Tour氏は次のように説明している。 「これはインクではない。食物をグラフェン化させたものだ」 グラフェンには様々な可能性が秘められているが、その例のひとつとしてRFIDタグの組み込みがあげられる。Tour氏は次のように述べる。 「このタグは消費者に対し、食物がどこで採れ、どのくらいの期間保管されていたかといった情報を提供する。採れた国や街がわかるだけでなく、その後、どのようなルートを経てテーブルに辿り着いたのかがわかるようになるのだ」 グラフェンはまた、センサーとして機能させられるかもしれない。例えば食物内部の大腸菌や微生物を検知し、消費者にその存在を知らせるセンサー...more
カテゴリー:

【平昌五輪】ノロ騒動 調理用の水が大便物質で汚染されていた 汚染された地下水で食事を作ったのが原因★2 - 02月13日(火)19:27  mnewsplus

平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される ソース:ゴゴ通信 2018/02/13 13:59:17 【簡単に説明すると】 ・平昌五輪で集団ノロウィルス感染 ・原因は調理に使われた地下水と推定される ・大腸菌も検出される 平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。 2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会...
»続きを読む
カテゴリー:

平昌五輪ノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因 大便物質による大腸菌などが検出 - 02月13日(火)14:04  news

平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。 その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。 2月13日、疾病管理本部によると、平昌冬季オリンピックの警備会社の集団ノロウイルス感染の疫学調査の結果、 集団発生の原因と修練院団体の食事と思われる調理用の水が汚染されている可能性があることが明らかになった。 疾病管理本部は、修練院利用者1014人のうち94人がノロウイルスに感染された中、食事を食べた人と 食べて居ない人を比較するとノロウイ...
»続きを読む
カテゴリー:

「大腸菌」の画像

もっと見る

「大腸菌」の動画

Wikipedia

大腸菌(だいちょうきん、)は、グラム陰性の桿菌で通性嫌気性菌に属し、環境中に存在するバクテリアの主要な種の一つである。この菌は腸内細菌でもあり、温血動物鳥類哺乳類)の消化管内、特にヒトなどの場合大腸に生息する。アルファベットで短縮表記で''''''とすることがある(詳しくは学名を参照のこと)。大きさは通常短軸0.4-0.7μm、長軸2.0-4.0μmだが、長軸が短くなり球形に近いものもいる。

バクテリアの代表としてモデル生物の一つとなっており、各種の研究で材料とされるほか、遺伝子を組み込んで化学物質の生産にも利用される(下図)。

大腸菌はそれぞれの特徴によって「」と呼ばれる群に分類することができる(動物でいう品種のような分類)。それぞれ異なる動物の腸内にはそれぞれの株の 大腸菌が生息していることから、環境水を汚染している糞便が人間から出たものか、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる