「大脳皮質」とは?

関連ニュース

金沢大、脳の表面にシワを作るシグナルを発見 - 11月22日(水)16:16 

金沢大学は、脳回(大脳皮質の表面に見られるシワ)ができる仕組みを、独自技術を用いて明らかにしたことを発表した。
カテゴリー:

【薬】iPS細胞 アルツハイマー低減薬を発見 - 11月22日(水)04:32  newsplus

iPS細胞 アルツハイマー低減薬を発見 毎日新聞2017年11月22日 02時00分(最終更新 11月22日 02時00分) https://mainichi.jp/articles/20171122/k00/00m/040/175000c 京都大iPS細胞研究所の井上教授らの研究チーム  3種類の既存薬を組み合わせることで、認知症の代表的疾患、アルツハイマー病を引き起こす物質を抑える効果を確認したと、京都大iPS細胞研究所の井上治久教授(幹細胞医学)らの研究チームが発表した。アルツハイマー病患者のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った脳細胞に投与し、病因物質を約4割減ら...
»続きを読む
カテゴリー:

生理学研究所、 自分の行動が相手から評価された際の脳の働きの一端を解明 - 11月15日(水)10:08 

生理学研究所は、角谷基文氏と北田亮助教、定藤規弘教授の研究グループが、被験者自らが大喜利をおもしろく読みあげ、それを聞いた観客の反応を受け取った際の被験者の脳活動を、機能的磁気共鳴現象画像法(fMRI)を用いて測定した結果、大脳皮質の一部である内側前頭前野が、被験者自らが大喜利を読み上げた際に活動することがわかったと発表した。さらに、線条体が聴覚野から受け取る観客の反応に関する信号が、内側前頭前野の活動によって変化することもわかった。
カテゴリー:

【医療】アルツハイマー病、薬3種類の併用が有効 iPSで特定 - 11月22日(水)07:09  newsplus

http://www.asahi.com/articles/ASKCP02RGKCNPLBJ00F.html  認知症で最も多いアルツハイマー病で、患者の脳にたまる特定のたんぱく質を減らす効果がある薬を、京都大の井上治久教授(幹細胞医学)らの研究グループが、患者らから作ったiPS細胞を使って特定した。パーキンソン病の治療薬など3種類の組み合わせが有効という。22日、米科学誌セルリポーツに発表する。  アルツハイマー病の原因ははっきりしていないが、患者の脳に「アミロイドβ(ベータ)」というたんぱく質が発症前からたまることが分かっており、蓄積を減らせ...
»続きを読む
カテゴリー:

【神経科学】〈世界初〉大麻の成分が脳の神経回路を破綻させることを証明 大阪大学 - 11月19日(日)08:26  scienceplus

大阪大学大学院医学系研究科・木村文隆准教授らの研究グループは、 大脳皮質の神経回路形成に複数のメカニズムが関与することを解明した。 同時に大麻の有効成分カンナビノイドに類似した物質が不要なシナプスを整理すること、 大麻の摂取により本来必要なシナプスまで刈り込まれ、神経回路が破壊されることを世界で初めて発見。 米国科学誌「Journal of Neuroscience」に発表した。  これまで、神経回路の形成にシナプス前後の神経活動が大きく影響することは知られていたが、 具体的にどんな神経活動が関わっているのかは不明...
»続きを読む
カテゴリー:

「大脳皮質」の画像

もっと見る

「大脳皮質」の動画

Wikipedia

大脳皮質(だいのうひしつ、)は、大脳の表面に広がる、神経細胞灰白質の薄い層。その厚さは場所によって違うが、1.5~4.0mmほど。大脳基底核と呼ばれる灰白質の周りを覆っている。知覚、随意運動、思考、推理、記憶など、の高次機能を司る。神経細胞は規則正しい層構造をなして整然と並んでいる。両生類から見られる古皮質と、哺乳類で出現する新皮質がある。個体発生の初期には古皮質が作られ、後に新皮質が作られる。アルツハイマー病ではβアミロイドの沈着による斑が観察される。

各部の名称

大脳皮質の各部には名称が与えられている。しかし名称は一通りではなく、いくつかの異なる観点から与えられた名称が、混在したまま使用されている。

一つめに、脳溝などの、肉眼で確認できる構造を基準にして与えられたマクロ解剖学的な名称がある(大脳葉脳回脳溝など参照)。

二つめに、顕微鏡や染色技術などを用いて確認される微視的な構造を基準にして与えられたミクロ解剖学的・細胞構築学的な名称がある(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる