「大脳皮質」とは?

関連ニュース

あくびがうつる現象の疑問!親密な関係ほど伝染しやすいワケ - 09月14日(木)20:00 

友人があくびをしていると、つられてあくびをしてしまった経験はありませんか? あくびは“うつる”とよく聞きますが、医学的にも根拠があるものなのでしょうか。 今回は、あくびがうつる現象の原因や最新研究について、詳しく解説をしていただきました。 あくびが出るメカニズム  脳であくびを指示しているのは視床下部という古い脳と言われており、あくびをすることで体を睡眠モードから覚醒モードに動かす役割があると言われています。 あくびがうつるのは人間だけではない? あくびは新生児でも見られ、また多くの動物もあくびをします。 また、あくびがうつる現象は人間だけのものではなく、チンパンジーや犬でも知られています。 あくびに関する最新研究   あくびがうつる原因が、大脳皮質の第一運動野の原始的な反射によって、自動的に起こっている現象である可能性があるという研究結果※があります。 研究内容 36人の健康な成人に対し、他人があくびをしている動画を見せ、「つられてあくびをしてはいけない」と命じた時と、「自由にあくびをしていい」といった場合を設定し、あくびをした回数や、あくびをしたい感覚があったかどうかを調べました。 研究結果 「あくびをするな」と制...more
カテゴリー:

【科学】ダウン症治療の新物質に何故「アルジャーノン」と命名?京大に聞く ―小説では欠陥治療の犠牲になった白ネズミの名前 (ITmedia) - 09月05日(火)23:14  newsplus

2017年09月05日 19時25分 公開 なぜ「アルジャーノン」と命名? ダウン症治療に“光”の新物質 京大に聞く 京都大学が、ダウン症治療につながる可能性がある化合物を発見し「アルジャーノン」と名付けた。小説『アルジャーノンに花束を』と関係があるのか、それとも……。 [村田朱梨,ITmedia]  京都大学は9月5日、妊娠中のマウスに投与すると、胎内にいるダウン症の子どもマウスの症状を改善するという物質を発見し、「アルジャーノン」と命名したと発表した。脳の発達不全を起こすダウン症の、出生前治療につながる可能性がある...
»続きを読む
カテゴリー:

朝のチョコレート効果がすごい!集中力UPさらにはダイエット効果も? - 09月14日(木)10:00 

チョコレートは朝食べて集中力がアップする? みなさんの朝のメニューは何ですか?パンに目玉焼き、白いご飯にお味噌汁。またはシリアルやヨーグルトでしょうか。実はこれら定番の朝食メニューとはかけ離れている「チョコレート」が、朝の栄養にもってこいだというのです。 朝食で大切な役割のひとつが、起きたての脳を目覚めさせること。そのために効果的なのはブドウ糖を摂取することと言われていますが、チョコレートに含まれているブドウ糖が脳の血量を上昇させて活動を活発にしてくれるのです。 そしてもうひとつチョコレートに期待できる効果として、能率のアップです。チョコレートの成分はブドウ糖のほかにもたくさんあります。この能率に関連する成分は「デオブロミン」と「フェニルアセトアルデヒド」という2つ。 デオブロミンは大脳皮質を刺激して記憶力や思考力が高まると言われています。さらに自律神経を調節して、心理的なストレスの抵抗力を高める働きもあるのだとか。朝食べることで、1日のストレスも少なく済むかもしれませんね。 一方フェニルアセトアルデヒドは、チョコレートの香りの源とされていて、中枢神経系に作用して集中力や記憶力を高めると言われています。 関連画像をもっと見る 美容にもダイエットに効果が?チョコレートの栄養素 さて、ここで疑問なのは朝からチョコレートなんて食べて太るんじゃないか?ということ。でも実は...more
カテゴリー:

【医療技術】マウスでは無理だった脳にシワができる仕組みの研究 フェレットを対象に金沢大学が解明 - 08月30日(水)23:38  newsplus

マウスじゃ無理だった脳のシワができる秘密 金沢大が解明 世界初! 2017年08月30日 17時57分 http://sp.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/1/21721.html ※閲覧注意※ イタチの仲間のフェレットの脳は、マウスより発達していてシワがある(左はWikimedia Commons、右は金沢大学)  昔から脳にシワが多い人は知能が高いと言われるように、大脳皮質の表面面積が増えることで、より多くの情報を処理し、脳の機能が高まると考えられている。 金沢大学の研究グループは、ヒトに近い発達した脳を持つイタチの仲間のフェレットを対象...
»続きを読む
カテゴリー:

「大脳皮質」の画像

もっと見る

「大脳皮質」の動画

Wikipedia

大脳皮質(だいのうひしつ、)は、大脳の表面に広がる、神経細胞灰白質の薄い層。その厚さは場所によって違うが、1.5~4.0mmほど。大脳基底核と呼ばれる灰白質の周りを覆っている。知覚、随意運動、思考、推理、記憶など、の高次機能を司る。神経細胞は規則正しい層構造をなして整然と並んでいる。両生類から見られる古皮質と、哺乳類で出現する新皮質がある。個体発生の初期には古皮質が作られ、後に新皮質が作られる。アルツハイマー病ではβアミロイドの沈着による斑が観察される。

各部の名称

大脳皮質の各部には名称が与えられている。しかし名称は一通りではなく、いくつかの異なる観点から与えられた名称が、混在したまま使用されている。

一つめに、脳溝などの、肉眼で確認できる構造を基準にして与えられたマクロ解剖学的な名称がある(大脳葉脳回脳溝など参照)。

二つめに、顕微鏡や染色技術などを用いて確認される微視的な構造を基準にして与えられたミクロ解剖学的・細胞構築学的な名称がある(...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる