「大統領選挙」とは?

関連ニュース

オバマをフランス大統領にしようという運動が本格的に行われる 街中にもポスターが - 02月23日(木)17:52 

今年の5月に大統領選挙を控えたフランスだが、オバマ元米大統領をフランスの大統領選候補として 出馬させようという署名運動が行われている。請願運動を推進するこれらの署名ページには 「OUI ON PEUT(YES WE CAN.)」という文字が掲載されている。 運動を主導している人は「我々の目標は単純で、3月15日までに100万人の署名を獲得しオバマが 5月のフランスの大統領選挙に出馬するように説得する」と明らかにした。 請願ポスターはフランスの国旗がバックになっており、オバマの笑顔が前面にデザインされてその下に 「OBAMA 1...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

大統領選挙、決選投票へ=野党共闘で接戦か-エクアドル - 02月23日(木)11:53 

 【サンパウロ時事】南米エクアドルの大統領選挙で、選管当局は22日、与党の左派レニン・モレノ前副大統領(63)と野党の右派ギジェルモ・ラソ元銀行頭取(61)が4月の決選投票に進むと発表した。 得票率3位の候補は「ラソ氏を支持する」と早くも野党共闘を表明しており、決選投票は接戦が予想される。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

「お金のデザイン」のシリーズC調達額が15億円に、THEOを使う社員のポートフォリオも公開 - 02月22日(水)14:48 

資産を預けるとアルゴリズムが自動で資産運用を行ってくれるロボアドバイザーサービスはウェルスナビやエイト証券のクロエなどいくつかある。お金のデザインが提供するグローバル資産運用サービス「THEO(テオ)」もその内の1つだ。TechCrunch Japanでは2016年9月、お金のデザインがシリーズCラウンドで8.1億円の第三者割当増資を実施したとお伝えしたが、今回新たにFenox Venture Capitalが出資に参加し、調総額は15億円になった。 THEOは10万円から資産運用を始めることができるサービスだ。9つの質問に答えると、THEOは各ユーザーに最適な資産ポートフォリオを世界86の国と地域における1万1000銘柄以上の海外ETFから組成する。 お金のデザインは2013年8月に創業し、2016年2月にTHEOをローンチしている。2015年12月には東京大学エッジキャピタル、グロービス・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズらから総額約15億円を調達した。2016年9月には、ちばぎんキャピタル、静岡キャピタル、ふくおかテクノロジーパートナーズ、丸井グループ、ベネフィット・ワン、東京短資株式会社によるシリーズCとなる第三者割当増資を発表した。このシリーズCには、後に山口キャピタル、ぶぎんキャピタル、京都銀行グループの「京銀輝く未来応援ファンド投資事業有限責任組...more
in English
カテゴリー:

「イングランド銀行を潰した」伝説の投資家、ジョージ・ソロス氏の伝記から読み解く「神通力」 - 02月22日(水)09:00 

 米紙「ウォールストリート・ジャーナル」(電子版)は2月12日、著名投資家ジョージ・ソロス氏が、アメリカ大統領選挙でドナルド・トランプ氏勝利後の株式相場急騰を読み損ね、10億ドル(約1140億円)近い損失を出したと報じま [...]
in English
カテゴリー:

プーチンがっかり。トランプは本当に「反ロシア」に寝返ったのか? - 02月22日(水)04:30 

親ロシア、反中国の姿勢を見せるトランプ大統領ですが、ロシアでは早くも「トランプ氏は敵に包囲されて身動きが取れなくなっているのでは?」との見方が出始めているようです。このような状況を、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で世界情勢に詳しい北野幸伯さんはどう捉えているのでしょうか。記事中、トランプ大統領の「5人の敵」を挙げ、反トランプ陣営の力関係をわかりやすく解説しています。 敵に包囲され、身動きできないトランプ トランプ、戦略の基軸は、「ロシアと和解して、中国に対抗する」です。大統領選挙戦中も、大統領就任後も、一貫して「親ロシア、反中国」である。 しかし、「敵」が彼の外交を邪魔します。つまり、 「ロシアとの和解は許しません!」「中国と対立することは、許しません!」 と圧力がかかっている。何が起こっているか、見てみましょう。 ロシアの失望 ロシアは、世界一「トランプ支持率」が高い国です。プーチンの支持率は80%強ですが、トランプの支持率は、おそらく100%近いでしょう。なぜ? 選挙戦中から「ロシアとの和解」を宣言していたトランプなら「制裁を解除してくれるだろう」と期待している。 しかし、早速ロシアでは、「トランプ大丈夫だろうか?」というムードが漂い始めています。トランプ政権には、トランプ大統領の他に、「特に親ロシア」の大物が二人いた。ひとりは、「プーチンの親友」と呼ばれる、テ...more
in English
カテゴリー:

文在寅発足式で韓国国旗の「太極旗」を逆向きに掲揚WWコロコロウンコをイメージしたと思ってた - 02月23日(木)14:03 

韓国与党「自由韓国党」は22日、最大野党「共に民主党」から 大統領選挙への出馬を目指す文在寅(ムン・ジェイン)候補の 安全保障政策諮問グループ「共に国防安保フォーラム」の発足式で、 韓国国旗の「太極旗」が誤って掲揚されたと指摘した。  韓国行政自治部(省に相当)が発行した「政府儀典便覧」によると、 太極旗を縦に掲揚する場合は四つの線からなる「離」と呼ばれる卦(け)が 左上に来なければならない。ところが発足式で左右の壁に掛けられた 太極旗はどちらも「坎(かん)」と呼ばれる五つの線の卦が左上にな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

冥王星はやっぱり惑星? NASAの研究者が惑星の定義変更を提案 - 02月22日(水)18:25 

ただし太陽系の惑星が8個→110個に急増する定義。 冥王星は2006年、「惑星」の定義が明確化されたことに伴って、「惑星じゃなくて、準惑星」ということになりました。でもNASAの冥王星探査ミッション「ニュー・ホライズンズ」の主任研究官、アラン・スターン氏は、それ以前から新たな惑星の定義に異を唱え続けてきました。そして彼は今、惑星の定義を再度変更し、惑星としての冥王星を復活させようと提案しています。 スターン氏はその主張を「地球物理学的惑星の定義(A Geophysical Planet Definition)」と題する提案にまとめ、国際天文学連合(IAU)に提出しました。スターン氏による新たな惑星の定義はとてもシンプルで、簡単に言えば「宇宙空間にある、恒星より小さくて丸い天体」だと言い切っています。小難しいバージョンの説明でも、こんなに短く表現されています。 惑星とは、恒星より質量が小さく、核融合を経ておらず、軌道パラメータにかかわらず、自己の重力によって三軸楕円体で適切に描写できる球形になるほど十分な質量を持っている天体である。 ただ恒星より小さくて丸い天体ってことは、たとえば一般的に「衛星」とされている地球の月とか、木星のガニメデやエウロパとかも、この定義では「惑星」ってことになります。というかこの定義では、今見つかっているものだけで110個もの星が「惑星」になるそうで...more
in English
カテゴリー:

仏大統領選“最有力”マクロン候補、新たな国家作りアピール - 02月22日(水)12:48 

 4月から始まるフランスの大統領選挙の最有力候補、中道・無党派のマクロン候補がイギリスを訪問してメイ首相と会談、存在感をアピールしました。
in English
カテゴリー:

沈黙するTPP。安倍総理が「日米FTA」を水面下で要求された可能性 - 02月22日(水)05:00 

就任早々、TPPからの離脱を正式に宣言したトランプ大統領。一方で、先日の日米首脳会談に同行した麻生副総理とペンス副大統領との間で「日米経済対話」の議論が4月にもスタートすることが明らかになりました。かねてから「日米貿易の不均衡」を主張しているトランプ氏をトップに頂くアメリカは、日本に対してどのような要求を突きつけてくるのでしょうか。米国在住の作家・ジャーナリストの冷泉彰彦さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、アメリカが首脳会談において「日米FTA (2国間自由貿易協定)」を要求してきた可能性は高いと分析。さらに、それは「TPPでもFTAでもない名称になる可能性」も指摘しています。 TPP代替案としての日米FTAの可能性 2月10日から12日にかけて行われた日米首脳会談では、安倍首相とトランプ大統領のパフォーマンスばかりが話題になりました。ですが、その一方で、麻生副総理が同行したこと、そして麻生副総理とペンス副大統領による「日米経済対話」というのがスタートするというのも重要な問題だと思います。 さて、この「日米経済対話」というのは、一体どんな性格のものと考えたらいいのでしょうか? トランプ大統領とその支持者は、依然として日米の貿易不均衡に満足していないので、日本に「より譲歩を迫る」交渉が続く。 80年代から90年代の日米構造協議のように、「アメリカの人材や産業構造に問...more
in English
カテゴリー:

来年3月露大統領選へ プーチン氏再出馬か 2/22 2:32更新 - 02月22日(水)02:32 

プーチン露大統領の任期満了に伴う大統領選挙が来年3月11日に行われる見通し。地元メディアは、プーチン大統領が再出馬との見方を伝える。大統領任期は連続2期12年までで、当選すれば首相時代を含め2024年まで四半世紀に渡り国のトップに君臨へ。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「大統領選挙」の画像

もっと見る

「大統領選挙」の動画

Wikipedia

大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)とは、大統領を選ぶ選挙をいう。

各国別の大統領選挙に関する記事は、以下を参照。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる