「大統領選挙」とは?

関連ニュース

李在明・城南市長が出馬宣言 - 01月23日(月)18:45 

韓国最大野党「共に民主党」所属の李在明・城南市長が23日、大統領選挙への出馬を公式に宣言した。李氏は政界アウトサイダーで、過激な発言で知られるため、「韓国のトランプ」と呼ぶメディアもある=16年12月
in English
カテゴリー:

【デモ】 ”プッシー” これがジャスティス(正義) - 01月23日(月)17:01 

1月21日、「ウーマンズ・マーチ」と名付けられた反トランプデモの取材に出かけた。トランプ大統領が誕生した翌日、 いきなり反対派がワシントンに結集するのは、異例のことだ。  その前から、プッシーハットを編む準備が、ニューヨークの近所では始まっていた。 「プッシーキャット(可愛い猫ちゃん)」という言葉に、「女性器」をかけている。視覚的なシンボルとして、色も、左右にある耳のようなとんがりもユニークだ。  朝、宿を出て、バス停で最初に出会ったのは、このプッシーハットをかぶった5人連れの一家。彼らが持ってい...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

特別対談|2017年はどうなる?世界の変化と日本の行方:宮台真司(社会学者)& 萱野稔人(哲学者) - 01月23日(月)12:30 

大方のメディアの予想を裏切ったトランプ当選、そして僅差で支持者が上回ったイギリスのEU離脱を問う国民投票。今、世界はどんな変化を遂げようとしているのか――。2大トピックから探る、混迷の世界を生き抜く方法とは?スペシャル対談 宮台真司(社会学者)×萱野稔人(哲学者)トランプ当選とブレグジットの背景にあるグローバル資本主義の変化―2016年を振り返り、2017年以降を考える時に、トランプ大統領誕生は外せないトピックスだと思います。まずはトランプ当選を、お2人はどんなふうに捉えているか、というところからお聞かせください。宮台:僕はトランプ当選を待ち望み、家では、トランプが優勢と聞くと元気になり、ヒラリーが優勢と聞くと落ち込むという繰り返しでした(笑)。アメリカの多くの人たちと同じで、ヒラリーが大統領になれば、野放図なグローバル化が放置されて"茹でガエル"になると思ったからです。"茹でガエル"はアメリカだけじゃない。せっかくブレグジット(イギリスのEU離脱)という揺り戻しが起爆したので、第二弾の揺り戻しを期待したんですね。―"茹でガエル"にならないための揺り戻しとは、どういうことなのでしょうか?宮台:僕はグローバル化推進論者なので、どんなグローバル化の仕方なら後遺症が少ないかを考えます。適応限界を超えた速度でグローバル化すれば、先進国の共同体や社会から揺り戻しが起こり、感情的に...more
in English
カテゴリー:

ビル・クリントン元大統領、大統領就任式でイヴァンカ・トランプさんの方に視線が釘付け…妻のヒラリー氏はその様子に呆れる★2 - 01月22日(日)22:16 

大統領選挙では、ヒラリー・クリントン氏は、ドナルド・トランプ氏との間で熾烈な競争を演じ、両者のわだかまりは現在も晴れてはいません。 しかし、どうやら、ビル・クリントン元大統領に関しては、トランプ陣営の大ファンとなってしまったらしいことがRedditなどのコミュニティーサイトで話題となっています。 上の映像は、20日に行われた大統領就任式に出席したビル・クリントン元大統領の模様を撮影したものとなりますが、ビル・クリントン大統領は何か別の方向を見て、その視線はそちらに釘点けとなっているのが判ります。 一...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

マドンナ、反トランプの行進で熱い演説 - 01月22日(日)16:30 

マドンナはサプライズで登場すると、この行進は何にもならないと主張する批判者に対して、「ファック・ユー!」と言い放った。米首都のワシントンD.C.で行われた女性のデモ行進にマドンナがサプライズで登場し、首都に集まった大勢の人々の前で力強い演説を行った。 「聞こえますか? 世界を揺るがす準備は出来ていますか? 愛の革命へようこそ」とマドンナは行進の参加者に呼びかけた。「抵抗のため、女性としてこの新しい独裁の時代を拒否するため。危険に晒されている女性だけでなく、社会から取り残された全ての人達がここにいます」。「この恐ろしく暗い時代が始まり、私たちは目を覚ましたのです」とマドンナは続けて語りかけた。「最後には正義が勝ち、善が勝つという誤った満足感に私たちは浸っていたようです。今回の選挙では善は負けてしまいました。しかし、最後に勝つのは善です。つまり、これから長い戦いが始まるのです。今日は記念すべき一歩目を踏み出しました。私達のストーリーの1ページ目です。ここから革命が始まります」また、マドンナは「この行進は何にもならないと主張する批判者」にメッセージを残している。「ファック・ユー」とマドンナは言い放った。「ファック・ユー! これは本当に必要な変化の始まりです。犠牲が求められる変化なのです。皆さん・・・しかし、犠牲は革命にはつきものです」。マドンナの予想外の「ファック・ユー」発言はCNNとM...more
in English
カテゴリー:

【国際】ルペン氏「EUはもう死んでいる」★2 - 01月23日(月)17:42 

フランスの政党「国民戦線」のルペン党首は「Bild am Sonntag(ビルド日曜版)」のインタビューで、欧州連合(EU)はもはや生命力のある組織ではなく、EUがフランスに重みのある特恵を与えければ、フランスはできるだけ早くEUから離脱するべきだと述べた。 ルペン氏はEUを「失敗した実験」と呼び、終止符を打たなければならないと指摘した。またEUにとっての最後の救いの策として、加盟国の自主性を高め、EUが加盟国に提供するべき特恵を挙げた。 ルペン氏は、「EUは死んでいるが、まだそれは知られていない。EUはあ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【国際】ルペン氏「EUはもう死んでいる」 - 01月23日(月)14:56 

フランスの政党「国民戦線」のルペン党首は「Bild am Sonntag(ビルド日曜版)」のインタビューで、欧州連合(EU)はもはや生命力のある組織ではなく、EUがフランスに重みのある特恵を与えければ、フランスはできるだけ早くEUから離脱するべきだと述べた。 ルペン氏はEUを「失敗した実験」と呼び、終止符を打たなければならないと指摘した。またEUにとっての最後の救いの策として、加盟国の自主性を高め、EUが加盟国に提供するべき特恵を挙げた。 ルペン氏は、「EUは死んでいるが、まだそれは知られていない。EUはあ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

遠くない未来に米国民全員がトランプ敵視すると落合信彦氏 - 01月23日(月)07:00 

 大統領選挙中から繰り返し移民やイスラム教徒を敵視する発言を繰り返していたドナルド・トランプ氏は、常に命を狙われ暗殺の危険にさらされていると作家の落合信彦氏は指摘している。だが、敵はトランプ氏が考える外側だけにあるのではない。身内も油断ならないのだと、落合氏が解説する。  * * *  警備当局や軍・情報機関は、表向き「大統領を守る」姿勢を見せている。それは当然のことだ。  しかし、軍や情報機関が、時に最高司令官である大統領に牙を剥く時がある。そうなると一気にトランプの命は危機に晒される。  前例がある。  1963年のジョン・F・ケネディ暗殺事件だ。詳しくは私の著書『2039年の真実』に記したが、あの事件の真相はヴェトナム戦争への派兵に反対していたケネディに対し、CIAやペンタゴン、軍需産業が構成していた「軍産複合体」が起こした事件だった。  彼らは、ヴェトナム戦争の戦線拡大を目論んでいた。戦争で儲ける軍産複合体にとって、ヴェトナム戦争の拡大に否定的なケネディは邪魔だったわけである。CIAは、自らの利権を守るためなら、大統領にさえも銃口を向けるのだ。  トランプは国防長官に軍の元司令官を据え、将軍たちとの関係も今のところ良好とされる。軍との密接な関係から、前号で指摘した通り、ソ連崩壊とともに20年以上にわたって姿を消していた軍産複合体が復活する可能性さえある。  しかし、あっとい...more
in English
カテゴリー:

【SNS】美しすぎるコメント欄、ザッカーバーグCEOのFacebookページにはなぜ荒しが現れないのか 実は12人がかりでで削除 - 01月22日(日)21:35 

美しすぎるコメント欄、ザッカーバーグCEOのFacebookページにはなぜ荒しが現れないのか Mark Zuckerberg. Credit: kris krug/Flickr (CC BY-NC-ND 2.0) BusinessNews Posted 2 days ago 1月20日 http://business.newsln.jp/news/201701201209310000.html Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOのFacebookページはいつも穏やかで、荒らしや批判による炎上が生じたことはありません。しかし、一体、なぜ、ザッカーバーグCEOのコメント欄は一種の「100% Like」の状態を維持できているのでしょうか? New York誌によるスクープ記事...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

安倍首相はトランプ氏の完全なるしもべだと大前研一氏 - 01月22日(日)16:00 

 昨年末、あまりに急ぎすぎだと与党内からの批判も起きるなかカジノ解禁法(IR整備推進法)が成立した。経営コンサルタントの大前研一氏が、カジノ解禁法を例にとり、安倍首相の政治、外交手腕の空虚さを指摘する。  * * *  前回は、安倍晋三首相の通算在職日数が戦後歴代4位となり、このままいくと歴代最長を更新する可能性もあるが、アベノミクスや対米外交などを見ると、その主張には一貫性がなく、まるでカジノのルーレットのように、投げた玉が止まるまで当たりと外れのどちらに転ぶかわからない、と指摘した。今回は、そういう安倍首相の“ルーレット政治”が日本に何をもたらしているのか、ということについて考察したい。  まずは、昨年末に成立したIR(カジノを含む統合型リゾート施設)整備推進法(カジノ解禁法)をめぐる動きだ。これまでは国会に提出されるたびに廃案や継続審議になって3年も“店晒(たなざら)し”にされてきた同法案が突然昨年11月30日に審議入りし、極めて短い審議時間で可決・成立したのは、実に不自然だった。その疑問を解くカギは、11月18日の安倍晋三首相とドナルド・トランプ次期米大統領の会談にある。  大統領選挙でトランプ氏に大口の選挙資金を提供した献金者の1人にシェルドン・アデルソン氏という人物がいる。ラスベガス・サンズ会長で、トランプ氏と同じカジノ・不動産開発を手がける世界有数の資産家だ。ユダヤ・...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「大統領選挙」の画像

もっと見る

「大統領選挙」の動画

Wikipedia

大統領選挙(だいとうりょうせんきょ)とは、大統領を選ぶ選挙をいう。

各国別の大統領選挙に関する記事は、以下を参照。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる