「大統領選」とは?

関連ニュース

パリス・ジャクソン、エリザベス・テイラー・エイズ財団のアンバサダーに就任 - 09月20日(水)15:30 

 マイケル・ジャクソンの娘で女優・モデルとして活躍するパリス・ジャクソンが、マイケルが懇意にしていた女優エリザベス・テイラーが1991年に設立したHIV・AIDS患者支援団体「エリザベス・テイラー・エイズ財団」のアンバサダーに就任したという。Vanity Fairが伝えた。【関連】「パリス・ジャクソン」フォトギャラリー パリスは現地時間18日にニューヨークで開催された「グローバル・シチズン・ライブ」に出席。自身のゴッドマザー(名付け親)であるエリザベスについて「彼女は情熱家で発言を恐れませんでした。本当の強者でした」とコメント。今よりもHIVやAIDSに対する偏見がひどかったロナルド・レーガン政権時代に、エリザベスがいち早く患者支援や治療法研究支援を開始し、ホワイトハウスや議会に働きかけ、1987年に初めて、それまで公式の場で語ることを拒んでいたというレーガン大統領にエイズ問題について公言させたと語ったという。 「それから30年後、私たちは大統領選の一般投票の得票数では負け、使えないバッテリーのごとく思いやりと共感力のない現大統領のもと暮らしています」とパリス。「彼の予算案ではHIVとエイズに取り組む医療補助費が大幅に削減されています。私はゴッドマザーの声を聞いてここにいます。私に聞こえるように主張しなさいと、治療法を模索する上で達成してきたことが台無しになるのを許してはならないと...more
カテゴリー:

米司法副長官が聴取受ける、コミー前FBI長官解任巡り=WSJ - 09月20日(水)13:24 

[ワシントン 19日 ロイター] - 昨年の米大統領選へのロシアの干渉疑惑を捜査しているモラー特別検察官のオフィスが、トランプ大統領がコミー前連邦捜査局(FBI)長官を解任した件についてローゼンスタイン司法副長官を聴取した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が19日に伝えた。
カテゴリー:

米次期駐ロ大使、大統領選への干渉「疑いようがない」 - 09月20日(水)09:55 

 アメリカのトランプ大統領が次期駐ロシア大使に指名したハンツマン元ユタ州知事が19日、去年の大統領選挙にロシアが干渉したのは「疑いようがない」と明言しました。トランプ大統領はこれまで干渉について立場をはっきりとさせていません。
カテゴリー:

FBI、トランプ陣営の元選対本部長を盗聴 ロシア介入疑惑 CNN EXCLUSIVE - 09月19日(火)17:16 

米大統領選でトランプ陣営の選対本部長を務め、ロシアが選挙に介入したとされる疑惑の焦点といわれているポール・マナフォート氏が、連邦捜査局(FBI)による盗聴の対象になっていたことが19日までに分かった。 FBIは外国情報監視法(FISA)に基づく裁判所の秘密命令を受け、昨年から今年初めにかけてマナフォート氏の通信を盗聴していた。選挙の陣営幹部に盗聴を仕掛けるのは異例の措置とされる。 捜査状況に詳...
カテゴリー:

麻薬戦争の国メキシコ。若者たちはなぜカルテルに入るのか? - 09月19日(火)13:00 

メキシコ。近年、日本企業が相次いで進出するなど、ビジネス面で注目を浴びるこの国は、あまりにも大きな闇を抱えていることでも知られる。「カルテル」――麻薬の製造と売買を行い、利益をあげる非合法組織。メキシコは、そんな麻薬カルテル同士の抗争が絶えない、世界で最も治安の悪い国の一つだ。英シンクタンク「国際戦略研究所(IISS)」調べによれば、2016年にメキシコで起きた殺人事件は23000件にのぼったという。これは内戦状態のシリア(6万件)に次ぐ数字であり、カルテル同士の抗争と、そこに政府軍や警察が絡んだ「麻薬戦争」の犠牲者は、一般市民にも及んでいる。自身が学生だった30年以上前から、メキシコでフィールドワークを行い、ストリートチルドレンの自立支援などにも関わってきたジャーナリストの工藤律子さんは、そんなメキシコの状況の変化に驚きを隠せないでいる。 ◇――30年前には、すでにカルテルが一般市民と近いところにあったのですか?工藤:全然…カルテルの存在なんか聞いたこともなかったです。確かに歴史を紐解くと、元になる集団は当時からあったようですが、一般市民を巻き込んだ殺し合いはなかったと思います。マリファナなどは当時から出回っていましたが、それが火種で無差別な殺人が起きたり、ここまで巨大で組織的な国際犯罪ビジネスが力を持つことはなかったですよ。スラムもわりとのどかな雰囲気でしたね。――そんなメキシ...more
カテゴリー:

Facebook、クリックした広告の履歴を見る “Recent Ad Activity” を追加 - 09月20日(水)14:17 

自分はFacebook広告に影響されない、と思っているかもしれないが、ときどき誘惑されることもあるはずだ。しかし、広告は必ずしも永久にどあるわけではないので、もう一度見てみようと思っても見つけるのは難しいことがある。Facebookはその答えとして、クリックした広告をまた見たいときのために、Recent Ad Activity[最近見た広告]という機能を作った。 Matt Navarraがこのスクリーンショットをシェアしたあと、TechCrunchが問い合わせたところ、Facebookはこの新機能を米国で一般公開したことを認め、ほかのどこの国でテストするか検討中だと語った。米国のユーザーは、モバイルアプリとデスクトップサイトのサイドバーから利用できる。 Recent Ad Activityには、過去3か月ほどの間に、ユーザーがクリック、コメントまたはシェアした広告があらわれる。意図的に保存した広告を見るためのタブもある。 残念ながら、3カ月ということは、2016年の米国大統領選挙でドナルド・トランプに有利な方向に進めるために、ロシアのスパイが購入した政治広告を掘り出すことはできない。 Facebookは、対象となる広告コンテンツの公表を再三拒否し、その広告とターゲット情報は広告主に属するビジネス上の秘密だと語った。しかし捜査令状があれば、Facebookは広告コンテンツやターゲッ...more
カテゴリー:

トランプ陣営元幹部を盗聴 大統領選中にFBI、米報道 - 09月20日(水)10:32 

【ワシントン共同】米CNNテレビは19日までに、ロシアによる米大統領選干渉疑惑を捜査する連邦捜査局(FBI)が選挙...
カテゴリー:

【話題】「世界統一政府」の提唱者は日本人ハーフ…EUの父と呼ばれる青山栄次郎の「カレルギー計画」は人類奴隷化計画の土台だった - 09月19日(火)22:02  newsplus

 今年5月のフランス大統領選挙でマリーヌ・ルペン陣営が敗北したことは、まだまだEUの結束力が衰えていないことを示す出来事だったのかもしれない。いわば“トランプの二の舞”を回避できたEUのパワーの源泉はどこから来るのか? そこには世界統一政府をめざす壮大な計画が横たわっているという。 ■EU結成の基盤となった汎ヨーロッパ主義  従業員も客もほぼ外国人という食料品店や飲食店を身近でもけっこう見かけるようになってきた。古くから移民政策を行い難民を受け入れてきたヨーロッパ各国では日本以上に普通の光景なのだろう...
»続きを読む
カテゴリー:

米捜査当局、トランプ氏の元選対本部長を盗聴 報道 - 09月19日(火)13:29 

【9月19日 AFP】米CNNは18日、米捜査当局が2016年の米大統領選前後に、秘密裁判所の命令の下でドナルド・トランプ陣営の選対本部長だったポール・マナフォート氏を盗聴していたと報じた。≫続きを読む
カテゴリー:

米捜査当局、秘密裁判所の命令でトランプ陣営元幹部を盗聴=報道 - 09月19日(火)12:11 

[ワシントン 18日 ロイター] - CNNは18日、米捜査当局が秘密裁判所による命令の下でトランプ陣営の選対本部長だったポール・マナフォート氏を2016年の米大統領選前後に盗聴していたと報じた。
カテゴリー:

もっと見る

「大統領選」の画像

もっと見る

「大統領選」の動画

Wikipedia

  • 転送 大統領選挙...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる