「大統領選」とは?

関連ニュース

ケニアやり直し大統領選、最高裁が現職の当選認める - 11月20日(月)17:38 

【11月20日 AFP】ケニアで10月26日に実施された大統領選の再選挙の結果について、同国最高裁は20日、現職のウフル・ケニヤッタ大統領の勝利を認める判断を下した。≫続きを読む
カテゴリー:

NAFTA再交渉に行き詰まりの様相、カナダ筋「全く進展なし」 - 11月20日(月)12:08 

[メキシコ市 19日 ロイター] - 米国、カナダ、メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が行き詰まりの様相を帯びている。事情に詳しい複数の関係筋によると、米国の交渉官のかたくなな姿勢に対して批判の声が出ているという。 7回にわたる再交渉会合が予定される中、現在は第5回目の会合が開かれている。メキシコ大統領選が始まる2018年3月よりも前に合意を得るには時間の余裕
カテゴリー:

前職ピニェラ氏がリード=チリ大統領選 - 11月20日(月)09:43 

南米のチリで19日、任期満了に伴う大統領選挙が実施され、中央選管によると、開票率約43%の段階で中道右派の野党会派「チレ・バモス」のセバスティアン・ピニェラ前大統領(中央)がトップに立った。
カテゴリー:

米ヘイトクライム、昨年は6212件と増加 背景に大統領選 - 11月18日(土)16:11 

米連邦捜査局(FBI)は18日までに、昨年報告されたヘイトクライム(憎悪犯罪)は全米で計6121件と近年にはなかった高水準に達したと発表した。2015年は5850件だった。 FBIの今回の報告書は、米国内の法執行機関が連絡してきた1500件以上のヘイトクライム件数に基づいたもの。 報告書の数字は米大統領選に伴いトランプ大統領の支持者を含め、ヘイトクライムが広がったとの指摘を統計的に裏付ける結果...
カテゴリー:

犯罪コメディ「ローガン・ラッキー」に見るアメリカ田舎者白人の鬱屈と悲哀、深い - 11月18日(土)09:45 

『オーシャンズ11』の監督が撮ったクライムコメディでありながら、"ヒルビリー"たちの悲哀と苛立ちも感じさせる複雑な一作。『ローガン・ラッキー』は非常に現代的な犯罪映画である。アメリカの田舎白人、ヒルビリーとはヒルビリーとは、もともとは「山に住んでいる白人」みたいな意味の単語だ。最初にそう呼ばれた人々はアメリカ東部にあるアパラチア山脈の南側に住み着いた人々。18世紀ごろにこの地に移民してきたスコッチ・アイリッシュの彼らはあんまり山の外と交流せず、狩猟をやったり密造酒を作ったりして生活し、地元でしか通じないアクセントで話すという、アメリカの中でも独自の文化を作った。この人たちのイメージがポピュラー文化の中で再生産されるにつれ、当初の強烈なスコッチ・アイリッシュの意味合いは薄れる。現在ヒルビリーという単語のニュアンスは、フラットな意味合いだと「白人の田舎者」、悪くいうと「どん百姓」「カッペ」くらいの感じらしい。一昔前にこの"ヒルビリー"という名前そのもので呼ばれていた音楽ジャンルがあった。それが今でいう「カントリー」である。日本でも知られている代表的な歌手と言えばジョン・デンバーやテイラー・スウィフト(デビュー当時はカントリー路線だったのである)あたりだろう。そして『ローガン・ラッキー』の冒頭で流れる曲が、いきなりジョン・デンバーなのである。これはまさに「これはヒルビリーの映画だよ!」と...more
カテゴリー:

揺れるトランプ政権 露疑惑と“情報操作” 11/20 12:45更新 - 11月20日(月)12:45 

ロシア疑惑に揺れるトランプ政権。その裏で米大統領選の期間中に、ロシアがSNSを使って“世論操作”を図っていたとの疑いが。世界を揺るがす情報戦争。いま何が起きているのか!?軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏と上智大学・前嶋和弘教授に聞くに聞く。
カテゴリー:

チリ大統領選、決選投票へ=前職と上院議員 - 11月20日(月)10:03 

 【サンパウロ時事】南米のチリで19日、任期満了に伴う大統領選挙が実施された。候補者8人全員が当選要件の得票率5割に満たなかったため、中道右派「チレ・バモス」のセバスティアン・ピニェラ前大統領(67)と中道左派「新多数派」のアレハンドロ・ギジェル上院議員(64)の上位2人による決選投票が12月17日に実施されることが決まった。 中央選管によると、開票率約90%でピニェラ氏は約37%、ギジェル氏は約23%の票をそれぞれ集めた。ロイター通信によれば、ピニェラ氏は投票後、記者団に「われわれは、より良い時代を導く正しい道を歩んでいる」と述べ、返り咲きに自信を示した。 ビジネスマンとして成功を収め、チリ有数の大富豪であるピニェラ氏は、市場重視の経済政策や無駄な歳出の削減などを公約。現バチェレ政権の穏健な社会民主主義路線の継続を目指すジャーナリスト出身のギジェル氏は、地方分権の推進や強大な大統領権限の縮小などを主張している。 【時事通信社】
カテゴリー:

ロシア疑惑の米司法長官、「この部屋にロシア人はいるか?」 スピーチで冗談 - 11月18日(土)21:02 

【11月18日 AFP】昨年の米大統領選へのロシアの介入疑惑をめぐり、ジェフ・セッションズ米司法長官が17日、ロシア大使と自らが会ったとされるホテルで行ったスピーチで「この部屋の中にロシア人はいるか?」などと尋ねる冗談を発した。≫続きを読む
カテゴリー:

米政界でセクハラ疑惑相次ぐ=トランプ氏にも余波 - 11月18日(土)15:23 

 【ワシントン時事】米政界で、過去のセクハラ被害を告発する動きが相次ぎ、波紋を広げている。上院補欠選挙の共和党候補に未成年者へのわいせつ疑惑が浮上。民主党の現職上院議員も女性司会者へのセクハラを認め、謝罪した。昨年の大統領選中にわいせつ行為の告発が相次いだトランプ大統領にも余波が及ぼうとしている。 渦中にあるのは、来月行われる南部アラバマ州上院補選の共和党候補ムーア元同州最高裁長官(70)。30代の頃、当時14歳の少女の体を触るなどのわいせつ行為をしたと報じられ、同様の被害の訴えが続いた。 ムーア氏は疑惑を否定するが、事態を重く見た共和党のマコネル上院院内総務ら重鎮は選挙戦からの撤退を要求。最新のFOXニュースの世論調査では、民主党候補に8ポイントのリードを許すなど苦境に立たされた。共和党が地盤とする同州を落とせば、上院(定数100)でぎりぎり過半数の51議席となり、トランプ政権の重要法案成立がますます危うくなる。 元コメディアンで民主党のフランケン上院議員をめぐっては、11年前に無理やりキスをさせられ、体に触られたとラジオ司会者の女性が告発。睡眠中に胸をつかもうとするフランケン氏の写真を添えてツイッターに投稿した。日頃フランケン氏から厳しい批判を受けるトランプ氏は16日、ツイッターで「ひどい写真だ。フランケンの手はこの後どこへ行ったのか」などと書き込んだ。 ただ、トランプ氏自身も...more
カテゴリー:

ジャクソン師、パーキンソン病公表=米公民権運動の指導者 - 11月18日(土)09:16 

 【ワシントン時事】米公民権運動指導者のジェシー・ジャクソン師(76)は17日、パーキンソン病を患っていることを公表した。3年ほど前から体に異変を感じていたといい、NBCニュースによれば、2015年にパーキンソン病と診断された。 ジャクソン師は声明で「パーキンソン病は停止信号ではない」として、公的活動の継続に意欲を示しながらも、病気の進行を遅らせるため、理学療法に集中する考えを表明した。今後は回想録執筆を進めるとともに、治療法確立に向けた啓発活動に取り組むという。 ジャクソン師は1960年代から、マーティン・ルーサー・キング牧師らと共に公民権運動を率いた。84年と88年の大統領選に名乗りを上げ、民主党の公認候補争いで敗退したものの、2008年大統領選でのオバマ氏勝利につながる黒人の政界進出の象徴となった。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「大統領選」の画像

もっと見る

「大統領選」の動画

Wikipedia

  • 転送 大統領選挙...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる