「大統領令」とは?

関連ニュース

トランプ大統領:通商の部署新設、ナバロ氏が主導か - 04月30日(日)21:50 

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は就任100日となった29日、ホワイトハウス内に通商政策と製造業政策を担当する部署を新設する大統領令に署名した。  国家通商会議(NTC)のナバロ委員長が主導する見通し。ナバロ氏は大統領選中、トランプ氏に保護主義的な通商政策を指南した強硬派。政権発足後は影響力低下が指摘されたが、復権を示す動きとなる。
in English
カテゴリー:

籠池泰典氏は首相周辺の空気をうまく利用した「魔術師」か - 04月30日(日)07:00 

 数年前、場の雰囲気に合わせないことを「KY(空気が読めない)」などと避難する意味をこめた言葉が流布した。そしていま再び、「忖度」という似たような言葉が脚光を浴びている。諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、「空気」をうまく利用する人たちについて考えた。  * * * 「忖度」という言葉が、一躍脚光を浴びている。発信源はもちろん、国有地格安払い下げ問題で証人喚問された森友学園の籠池泰典理事長(当時)の発言だ。  小学校の建設のための用地として、9億5600万円の土地を、1億3400万円という破格の額で購入した。その際、安倍首相の口利きがあったかどうかを問われた籠池氏は、「忖度をしたということでしょう」と答えた。  忖度とは、「他人の心を推し量ること」という意味だ。それ自体は悪いことではない。むしろ、相手の身になって考える風潮は、日本の「おもてなし文化」などを発展させてきた。  でも、忖度も、行き過ぎると害になる。そのことは、1977年に出た山本七平の『「空気」の研究』に詳しい。山本七平は、人の意思決定に、得体の知れない「空気」というものがかかわっていると指摘している。 「結論を採用する場合も、それは論理的結果としてではなく、『空気』に適合しているからである。採否は『空気』がきめる」  圧倒的に力の差があるのを理解しながら、アメリカと開戦してしまったのも「空気」だ。その結果、負け続け、...more
in English
カテゴリー:

トランプ氏、アラスカ沖石油・天然ガス採掘緩和へ 大統領令に署名 - 04月29日(土)18:16 

【4月29日 AFP】米国のドナルド・トランプ大統領は28日、北極と大西洋における米海域の石油・天然ガス採掘に関する規制を撤廃する大統領令に署名した。≫続きを読む
in English
カテゴリー:

トランプ大統領就任100日 厳しい政権運営 - 04月29日(土)06:57 

アメリカのトランプ大統領が就任してから100日となります。トランプ大統領は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定からの離脱など公約を実現する一方、中東などからの人の入国を制限する大統領令は裁判所に執行を停止されるなど、厳しい政権運営も迫られています。
in English
カテゴリー:

【国際】米政権、クシュナー氏増す存在感 合理的政策が信条 元民主党支持のユダヤ人 「バノン落とし」仕掛け人 - 04月28日(金)22:17 

 29日で発足から100日となるトランプ米政権で、弱冠36歳のジャレッド・クシュナー大統領上級顧問が存在感を増しつつある。トランプ大統領の長女、イバンカ大統領補佐官(35)の夫で、ホワイトハウスの主導権争いで優位にあると伝えられる。その人物像に迫った。  「民主党にも共和党にも賛同できない点はある。良いところを掛け合わせ、駄目なところを捨てたい」。クシュナー氏は昨年11月発売のフォーブス誌の取材にこう語っている。もともとは野党・民主党の支持者だったクシュナー氏。党派にとらわれない合理的な政策実...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「偉大な米国への戦い」訴え=就任100日で演説-トランプ大統領 - 04月30日(日)11:57 

 【ワシントン時事】就任100日を迎えたトランプ米大統領は29日、ペンシルベニア州ハリスバーグで演説し、「米国を再び偉大な国にする戦いが始まっている」と訴え、自国中心の姿勢を鮮明にした。国際協調に否定的な考えを示し、「これからも米国第一だ」と強調した。 ダークスーツに赤いネクタイ姿のトランプ氏は、「USA、USA」との支持者の叫び声が会場に響き渡る中、ガッツポーズで登壇。大統領令などの連発でこれまでに60万人超の雇用が生まれたと成果を誇示した。歴代政権と比較し、就任100日で「最も株価を上げた」と得意げに語った。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

トランプ氏、就任100日 連発大統領令、乏しい成果 - 04月30日(日)06:00 

【ワシントン田中伸幸】トランプ米大統領が29日、就任から100日目を迎えた。1月20日の政権発足以降、大統領令を連...
in English
カテゴリー:

トランプ氏、就任100日に 大統領令連発も支持低迷 - 04月29日(土)17:28 

【ワシントン共同】トランプ米大統領が29日、就任100日の節目を迎えた。この日を意識し、実行力を印象付ける実績作り...
in English
カテゴリー:

トランプ政権100日 節目の成果に焦り 駆け込みで実績づくり - 04月29日(土)06:06 

 「まるで泥まんじゅうを作る子供を眺めているみたいだ」。米国の有名な政治ブロガー、ケビン・ドラム氏は、トランプ米政権が100日目の節目を前に駆け込みで実績づくりに取り組む様子をこのように形容した。トランプ政権は今週、100日目を迎える29日を明らかに意識して、税制改革やヘルスケア、予算に関わる政策を相次いで打ち出した。インフラ政策がこれに加わる可能性もある。大統領令も乱発された。
in English
カテゴリー:

『パージ:大統領令』独占本編映像 殺人し放題の夜、通行人はすべて自分たちを狙っている……[ホラー通信] - 04月28日(金)22:00 

増えすぎた犯罪の抑制のため、一年に一晩だけ殺人を含むすべての犯罪が無罪放免となる法律“パージ”を描いたスリラー、シリーズ最新作の『パージ:大統領令』が現在公開中だ。 シリーズ3作目の今作では、“パージ法”反対派の上院議員と、彼女を守るSPの死闘を描く。パージ反対派の最後の希望であるローン上院議員が当選すれば、大統領令でパージを廃止にできる。しかし、賛成派がそれを快く思っているはずがない。賛成派がパージ廃止を阻止するためにやることはただひとつ。 パージの夜にローン上院議員を始末すること。 今回ご紹介するのは、暗殺部隊から逃れたローン上院議員とSPが街をさまようシーン。当たり前のように死体が転がる常軌を逸した街なかで、突然ふたりが味わう恐怖とは……。一瞬たりとも安心できないパージの夜を体感できる映像となっている。 …あ~、びっくりした。果たして彼女たちは生き残ることができるのか? そして、“パージ”は廃止か、続行か? その結末は、ぜひ劇場で。映画『パージ:大統領令』はTOHOシネマズ日劇ほかにて公開中。ゴールデンウィークのお出かけにも是非どうぞ。 動画が表示されない方はホラー通信を御覧ください。 作品概要 製作:ジェイソン・ブラム 『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』×マイケル・ベイ 『トランスフォーマー』 監督・脚本:ジェームズ・デモナコ 『パージ』『パージ:アナーキ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「大統領令」の画像

もっと見る

「大統領令」の動画

Wikipedia

大統領令(だいとうりょうれい)とは、大統領制または半大統領制の国家において、大統領が制定する命令をいう。議会法律として定めることが困難な命令事項に関して定められる。

大統領令の一覧 関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる