「大神島」とは?

「大神島」の画像

もっと見る

「大神島」の動画

Wikipedia

大神島(おおがみじま)は、宮古列島のひとつである。宮古島の北約4kmに位置し、行政区分としては沖縄県宮古島市に属する。2005年の合併以前は平良市に属していた。面積は0.24km2、人口は約30人(2017年1月現在)。

概要

集落は、港がある島の南側に集中する。集落から丘を登ると遠見台があり、宮古島池間島を展望できる。集落以外の島内の多くは聖域とされ、島民以外の(場合によっては島民も)立ち入りが禁じられている。2000年5月には島の約20%にあたる6万m2を焼失する山火事が起きている島の20%が焼失/大神島で原野火災 - 琉球新報、2000年5月8日。秘祭・祖神祭(ウヤガン)が開催されることで知られる。人が住み始めて約200年とされるが、秘祭の関係で島の歴史は島民の口承が中心となっており未解明なところが多い人口30人の島が「生活誌」 沖縄・大神島、「祈り」の歴史や文化、詳細に記録 琉球新報 1/29(日) 8:30配信 2017年1月30日閲覧。

島の周囲にはサンゴ礁が発達しており、海岸には...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる