「大石静」とは?

関連ニュース

テレビ女優第1号にギネス認定 テレビの恋人・黒柳徹子の唯一無二の魅力【ザテレビジョン35周年特集】 - 10月14日(土)11:00 

テレビ放送の草創期から現在まで、テレビ、そして人々に愛され続ける存在がある。今年35周年を迎えたザテレビジョンと日本テレビ史のあゆみを振り返る【ザテレビジョン35周年特集】、今回は、テレビジョンの恋人・黒柳徹子をクローズアップする。 黒柳徹子を演じる清野菜名が“生徹子”と感激対面!! ■ 奇跡の50歳! 美しさに思わずため息【‘83年12/9号】 ザテレビジョンが創刊した‘82年当時、NHK紅白歌合戦で紅組司会を務めたのが黒柳徹子その人だ。ザテレビジョンはその翌’83年、4年連続5回目の紅組司会に就任した彼女の会見を取材。なんと、当時50歳。はつらつとした美貌にため息がこぼれる。 彼女ほど、その半生が日本中に知られている人も少ないだろう。幼少期を綴った著書「窓ぎわのトットちゃん」は800万部という戦後最大のベストセラーになり、「トットてれび」(‘16年NHK)、放送中の帯ドラマ劇場「トットちゃん!」(テレビ朝日系)と、半生が2度も連続ドラマ化されている。 幅広い世代から“徹子さん”と親しまれる黒柳は‘33年に東京・乃木坂で誕生。両親の愛情に包まれのびのびと育ち、奔放さゆえに通っていた公立小学校を1年で“退学”したエピソードは「窓ぎわのトットちゃん」でも描かれている。東洋音楽学校(現・東京音楽大学)声楽科を卒業後はNHK専属のテレビ女優一期生としてキャリアをスタートさせ、日本のテレビ...more
カテゴリー:

【テレビ】<NHK生放送がフリーズ!> “ハリネズミカフェ” 脚本家・大石静「ああやっていじくり回されて幸せかしら?」 - 09月28日(木)20:03  mnewsplus

9月26日放送の「ごごナマ」(NHK)で衝撃的な事件が起きた。 この日は東京・原宿にある猫カフェならぬ“ハリネズミカフェ”が最近人気ということで、店舗からの中継がオンエアされた。 店主から開店した理由を聞き、来店中の客に店の魅力を語らせたレポーターがスタジオに感想を求めた、 その時だ。スタジオにゲスト出演していた脚本家の大石静氏がハリネズミカフェの中継を見ながら 「ああやっていじくり回されて幸せかしら? すごい違和感。本来生きるべきところで生きていればいいのに。 犬とか猫とか、人間と長い歴史があるペッ...
»続きを読む
カテゴリー:

「トットちゃん!」第1週。黒柳徹子の母がツンデレ&サイコな旦那と出会って普通じゃない世界に - 10月09日(月)10:00 

倉本聰脚本によるドラマ『やすらぎの郷』で、想定していたターゲットであるシニア層のみならず、ボクのような昼間ヒマにしている(?)人たちの心をもガッチリ鷲づかみしてくれた新設の「帯ドラマ劇場(シアター)」枠。強烈なインパクトを残した『やすらぎの郷』の後を引き継いではじまったのは、黒柳徹子の人生を描くドラマ『トットちゃん!』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)だ。『やすらぎの郷』とはまったく違うタイプではあるが、これはこれでまたお昼を熱くしてくれそうなドラマになりそうな予感。予想以上にすんごく朝ドラっぽい!北海道の実家を離れ、東京の叔母夫婦の家で下宿しながら「東洋音楽学校」で声楽を学んでいた門山朝(松下奈緒)。ある時、帝都交響楽団主催の第九演奏会に合唱団として参加することになり、練習に行ったのだが、コンサートマスターの黒柳守綱(山本耕史)から「応援団ではないのだから、大声を出せばいいってものではないよ」と辛らつな言葉を投げかけられてしまう。落ち込んだ朝は実家に帰ろうかとまで考えるほど思い悩んでいたが、あんな事を言っておきながら「ボクも君が気になって仕方がなかったよ」なんて、デレな側面を見せる守綱。しかし、守綱と一緒にいるところを、東京へやってきた朝の父・周通(佐藤B作)に見られてしまう。父はブチ切れ、今すぐに北海道へ連れて帰ろうとするが、「演奏会が終わったら必ず朝を北海道まで送り届けるか...more
カテゴリー:

「大石静」の画像

もっと見る

「大石静」の動画

Wikipedia

大石 静(おおいし しずか、1951年9月15日 -)は、日本脚本家、エッセイスト、作家、女優。東京都出身。日本女子大学文学部国文科卒業。

来歴・人物

1974年、日本女子大学卒業後、女優を志し青年座研究所に入所"苦難の女優時代、がんとも闘って" 大石静さん(上)。24歳の時には甲状腺癌を発病し、その後間もなく舞台監督の男性と結婚。

宮川一郎に師事。1981年、永井愛と2人だけの劇団「二兎社」を設立し、二人で交互に女優と脚本を担当していた。1986年に水曜日の恋人たち 見合いの傾向と対策で本格的に脚本家としてデビューして以降、オリジナル作品を中心に多数のテレビドラマの脚本を担当している。1991年、脚本に専念するために俳優を廃業しただし廃業宣言はしていない。、二兎社を退団。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる