「大発会」とは?

関連ニュース

広島中央卸売市場で初競り、瀬戸内海からの水揚げは例年の1.5倍で好調な滑り出し - 01月13日(土)07:51 

[Jステーション-広島ホームテレビ]2018年1月5日放送の広島HOMEテレビ「Jステーション」で、中央卸売市場の初競りが紹介されました。 「県西部の台所」に威勢のいい声が響く県西部の台所、中央卸売市場では、仕事始めの大発会が開かれ、初競りでは威勢のいい声が響きました。午前4時すぎ、大漁を願う三本締めで新年を迎えた広島市中央卸売市場。市場に並んだのは、活きのいいタイやカレイ。全体の入荷量は、平年並みだったものの、正月三が日の天気が良かったこともあり、瀬戸内海で水揚げされた魚は例年の1.5倍だったということです。競り人に注目の魚を聞いてみると、「サワラですね!やっぱり。サワラ1キロ4000円!」とのこと。競り人を驚かせたのは、山口県産のサワラ。数が少なかったこともあり、ご祝儀価格がつきました。広島水産の山本英治郎社長は、「今年はぜひ豊漁で、皆さんに腹いっぱい魚を安く食べていただきたいと願っています」といわれていました。青果市場でも初競りが始まりました。こちらの野菜は、去年の影響を受けているようです。青果市場では、果物は価格、入荷量ともに、平年並みのスタートとなりました。去年10月の長雨や台風での成長不良が影響した野菜は、入荷量が減少しています。中でも白菜などの葉物野菜は、例年と比べ4割ほど高い値がつきました。関係者によると、しばらくは高値が続き、雪によっては価格が不安定になることも考...more
カテゴリー:

「AIoT革命」は2018年の本命?--IT相場の行方は - 01月12日(金)11:35 

日経平均株価は、大発会からの3日間で大幅上昇をみせたが、その反動安も含めたスピード調整入りは健全な相場展開と考えられる。セクター別動向について、IT関連株の相対的堅調に注目したいと思う。
カテゴリー:

一億円あったらもう二度と働かないよな? - 01月09日(火)22:12  news

日経平均大引け 3日続伸、135円高の2万3849円 26年ぶり高値 https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LTSEC1_Z00C18A1000000/  9日の東京株式市場で日経平均株価は3日続伸した。終値は前週末比135円46銭(0.57%)高の2万3849円99銭だった。 昨年来高値を連日で更新し、1991年11月15日以来約26年ぶりの高値を付けた。 大発会から3営業日連続で上昇したのは2010年以来となる。世界的な株高を背景に投資家心理が上向いた。 株価指数先物の上昇に伴い、ファストリや東エレクなど株価指数への寄与度が大きな値がさ株に裁定取...
»続きを読む
カテゴリー:

2018年に入って大きく値上がりした23銘柄を分析! 「ブロックチェーン・仮想通貨」「全固体電池」など 新春相場で注目すべき「人気テーマ株」を一挙解説! - 成り上がり投資術 - 01月09日(火)17:30 

2018年は日米株式市場共に良好なスタートを切りました。まず、1月6日のNYダウは利益確定売りに押されましたが、ナスダック総合株価指数は5日続伸し、5日続けて過去最高値を更新しています。一方、1月5日の日経平均株価は続伸し、前日比208.20円高の2万3714.53円と、1992年1月6日以来、連日で約26年ぶりの高値を付けました。また、TOPIXも続伸し、同16.52ポイント高の1880.34ポイントと、1991年11月1日以来、26年2カ月ぶりの高値を付けました。日本が正月休み中の米国株高を受け、ハイテク株に買いが入り、日経平均株価を押し上げました。大発会は、まさに「ロケットスタート」でした
カテゴリー:

経済ニュースの"ここがツボ" 第96回 2018年は株価の大幅上昇でスタート - 日経平均3万円も!? - 01月09日(火)10:27 

2018年の日本経済は順調なスタートを切りました。年明け1月4日、大発会の日経平均株価は741円高の大幅高となり、大発会としては1996年以来22年ぶりの上昇幅となりました。翌5日も208円高の2万3,714円となり、1992年1月6日以来26年ぶりの高値をつけました。年明けの2日連続上昇は8年ぶりで、記録ずくめの新年相場です。
カテゴリー:

【経済】実感なきアベノミクス景気の正体を映す「二つのグラフ」。株価は上がっている。ところが… - 01月12日(金)19:29  bizplus

「実感が乏しい」と言われるアベノミクス景気だが、2018年は厳しさを増しながらも、数字の上では好景気が続くことになりそうだ。その“歴史的成長”を支える要因は三つ。米中向けを中心とした好調な輸出、消費増税前の駆け込み需要、2020年に迫った東京オリンピック・パラリンピック需要である。 だが、手放しで喜ぶのは早計だ。三つの要因による底上げ効果が薄れる可能性が高い2019年10月以降の景気動向は、日本経済の落とし穴になり得る。 米欧が相次いで金融政策の正常化(引き締め)を本格化しており、堅調な輸出がいつまで続くか...
»続きを読む
カテゴリー:

株価3万円?暮らしは 今年の景気大胆予測 1/10 2:31更新 - 01月10日(水)02:31 

新年恒例の「大発会」で、東証の日経平均株価は26年ぶりの高値でスタート。一部では、3万円台に行くのではとの声も聞こえてきます。経済のスペシャリストが、今年の景気を大胆予測します。
カテゴリー:

東京株、大発会から3連騰 8年ぶり、当面は堅調な動きか - 01月09日(火)20:29 

 連休明け9日の東京株式市場で日経平均株価は3営業日続伸し、終値は連休前の5日と比べ135円46銭高の2万3849円99銭となり、平成3年11月15日以来約26年2カ月ぶりの高値水準を付けた。大発会からの3連騰は、平成22年以来8年ぶり。世界的な株高を背景に投資家がリスクを取りやすい環境にあり、朝方の取引開始直後には節目の2万4千円まであと47円余りに迫る場面もあった。
カテゴリー:

株価3万は?暮らしは?今年の景気大胆予測 1/9 11:48更新 - 01月09日(火)11:48 

新年恒例の「大発会」で東証の日経平均株価は26年ぶりの高値でスタート。一部では、3万円台に行くのではとの声も聞こえてきます。株価はどこまで上がるのか?果たしてバブル到来か?経済のスペシャリストが今年の景気を大胆予測します。
カテゴリー:

【追跡】「脱デフレ」で上昇期待のMUFG株 国内事業の効率化でまだまだ伸びる!(石井治彦) - 01月09日(火)07:00 

2018年、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)は有望株のひとつとみている。さらなる上昇が期待できる、「脱デフレ銘柄」だからだ。また、三菱UFJ株は有名企業でありながら、安く買えるのがサラリーマン投資家にピッタリ。少ない手元資金で株式を複数保有でき、上昇時に半分だけ売って利益を得たり、下落時に買い増して平均取得単価を下げたりできる。ウォッチし続けて損はない銘柄だと思う。 メガバンクに米利上げの恩恵あり! 米国の政策金利(フェデラルファンド レート)の引き上げが続いていることで、日本の銀行株もようやく動意づいてきた(動意づく=株価がはっきりと動き出すこと)。 2017年12月1日付の日本経済新聞に「師走相場、株先高期待強く」の見出しが踊っていた。「米国の景気は底堅く、穏やかな利上げが続くとの見方が大勢を示す」と評価。そのうえで、「外為が一段と円安方向に動く可能性があり日本株を支えそうだ」と証券アナリストの見解を紹介していた。 実際に、12月12~13日に開かれた米連邦準備制度理事会(FRB)の米連邦公開市場委員会(FOMC)は金利を0.25ポイント引き上げ、年1.25%とした。 この流れを受けて、2018年1月4日の大発会で日経平均株価は、前営業日(12月29日の大納会)から741円39銭も上昇する「爆上げ」となり、終値で2万3506円33銭を付けた。翌5日も終値は208円20...more
カテゴリー:

もっと見る

「大発会」の画像

もっと見る

「大発会」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT大発会・大納会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる