「大潟村」とは?

関連ニュース

大潟村の野菜でつくだ煮、第一弾はショウガ 潟上の業者 - 04月20日(金)07:38 

 秋田県潟上市昭和大久保のつくだ煮製造販売「佐藤徳太郎商店」(佐藤進幸=みちゆき=社長)が、大潟村産の野菜を原材料にした「畑のつくだ煮」シリーズの開発に取り組んでいる。東日本大震災の影響で自社工場があ…
カテゴリー:

米粉製品、欧米で好評 大潟村、輸出額で昨年度の3倍目指す - 04月18日(水)08:23 

 農産物加工品やコメの輸出拡大に向けて秋田県大潟村とJA大潟村、村内集荷業者などで設立した「大潟村農産物・加工品輸出促進協議会」の活動が3年目を迎えた。小麦粉を含まない「グルテンフリー」食品への需要が…
カテゴリー:

秋田県能代市にできた「ねぎ課」とは? 4月就任の「ねぎ課長」に聞いてみました - 04月09日(月)11:00 

組織の中にはさまざまな部署があり、それぞれ担当する業務を示す名前がついている。地方自治体で特産品に関わる部署の場合、「生産振興」「産業振興」といった名前をよく見かける。だが、秋田県内でも有数のねぎの産地で知られる能代市に、2018年度から新設された部署は「ねぎ課」だ。農業でも生産でも振興でもなく、「ねぎ」そのもの。わかりやすいうえに面白いネーミングのねぎ課とはどんな部署なのか。Jタウンネットは4月5日、能代市ねぎ課に取材を行い、課長の山田英さんから話を聞くことができた。課長の呼び名は「ねぎ課長」能代市を管区とする「JAあきた白神」のサイトに掲載されている「農産物情報」によると、能代市でねぎの栽培が盛んになったのは1970年代から。夏ネギ、秋冬ネギ、雪中ネギと一年通して収穫ができるため、県内はもちろん県外にも販売している。さらに2012年には、JAを通して流通するねぎを「白神ねぎ」として商標登録。首都圏などでのPRを積極的に行った結果、2015~6年には販売額が10億円を突破し、2017年度は14億円に到達したという。ちなみに、JAを介していないものは「能代ねぎ」として販売されている。需要はさらに伸び続ける見込みで、能代市としてもさらなる生産拡大に取り組むべく新設されたのが、ねぎ課というわけだ。名前のインパクトが大きいためか、ツイッター上などでもねぎ課の話題が見られた。 能代市役所に...more
カテゴリー:

八郎湖の水質改善を 大潟村のグループが冊子発行 - 04月19日(木)06:58 

 秋田県大潟村の村民有志などでつくるグループ「八郎湖水質改善サロン」が、会員の意見をまとめた冊子「八郎湖水質改善への提言」を発行した。代表の松岡正樹さん(82)は「八郎湖の問題解決には社会的、政治的な…
カテゴリー:

大潟の子 健やかに育て こども園で開園・入園式 - 04月10日(火)10:49 

 秋田県大潟村立大潟こども園(小澤睦園長)の開園式と入園式が9日開かれた。保育園と幼稚園の機能を一体化させた幼保連携型認定こども園で、4月時点の園児は104人。園児と保護者らが、幼児教育と保育の新しい…
カテゴリー:

「大潟村」の画像

もっと見る

「大潟村」の動画

Wikipedia

大潟村(おおがたむら)は、日本東北地方北西部、秋田県南秋田郡に所在する村。

概要

村の全域は、日本で2番目の面積を誇る湖沼であった八郎潟を干拓して造った土地であり池田一生(2014年10月1日). “秋田・大潟村:発足50年 コメ作り、あきらめない モデル地区、農政が翻弄”. 毎日新聞 (毎日新聞社)、干拓地として日本最大である。地方自治体としては1964年(昭和39年)10月1日に発足した新しい村で、既存自治体の合併や分割などを伴わない新設自治体としては日本最後である 。 男鹿市若美町の合併協議会に参加したこともあったが、単独立村を選択する。

地理

中央幹線排水路

大潟村の行政区域面積は、中央干拓地に加え、八郎潟調整池、東部承水路、西部承水路を含み(後述)、170.05km2である。

村域の中央部に北緯40度と東経140度の交点があり、日本で10度単位の交点がある地域はここだけである。現在この交点には...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる