「大泉洋」とは?

関連ニュース

【試写室】「モンテ・クリスト伯―」人間の複雑な感情を丁寧に描写 - 04月19日(木)07:05 

「嫉妬」という感情は厄介だ。 【写真を見る】もはや眼福でしかない! 山本美月の美しいウエディングドレス姿/(C)フジテレビ コントロールしようと思っても容易にはできない代物であり、意識すればするほど泥沼にハマってしまう。 嫉妬によっても何種類かあって、好きな人が他の人といちゃついているのを見せられたときに抱く感情、才能のある人間が上司や先輩に寵愛される姿を見たときに抱く感情などなど。 多かれ少なかれ、普通に社会生活を送っていたら誰もが抱く感情に違いない。 筆者の身の回りでも、好きな子がちょっと異性の先輩ととりとめのない話をしているだけで気になって気になってキーボードの「enter」キーがうまく押せず、ひたすら「shift」を押し続けて「固定キー機能を有効にしますか?」と問われていたことか。それくらい集中力が持っていかれてしまうのが、嫉妬というヤツなのだ。 そんな嫉妬が大きく物語のキーに関わってくるドラマがついに始まる。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は4月19日(木)夜10時よりスタートする、ディーン・フジオカ主演の連続ドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(フジテレビ系)を取り上げる。 今作は愛、将来、自由、仕事、自尊...more
カテゴリー:

三谷幸喜、斉藤由貴の出演は自ら懇願!アガサ・クリスティ原作ドラマ『黒井戸殺し』 - 04月14日(土)05:00 

脚本家の三谷幸喜が、アガサ・クリスティ原作の長編推理小説「アクロイド殺し」を野村萬斎、大泉洋ら豪華キャストでドラマ化した『黒井戸殺し』(フジテレビ系)が、4月14日(土)19時57分より放送。先日、都内で取材会が行われ、三谷が本作の見どころやキャスティングへのこだわりなどを語った。三谷は前回脚本を担当し、2015年にドラマ化された『オリエント急行殺人事件』制作の際、「これがうまくいったら(主人公の)勝呂武尊シリーズをまたやりたいですね、と周囲と話していた」と告白。さらに、アガサ作品なら「アクロイド殺し」がやりたいということを、当時から考えていたという。アガサ作品については、「脚本家として読み直すと本当によくできている」とリスペクトしている様子で、「学生の頃からファンだった」とニッコリ。故に、脚本を書く際もこだわりがあるといい、「変に脚色したりいじったりしてはいけないものだって思っているんです」と持論を述べた。今回の作品でも、アガサがやろうとしたことを崩さず、「可能な限り原作に忠実にしました。(作品時間)3時間で殺人事件は一回しかない。それでもお話が面白ければもつんだよというお手本のような作品。物語の推理の部分をぜひ楽しんで欲しい」と見どころを紹介した。また今回、三谷にキャスティング権はなかったというが、「こういう話なのでキャストを見てだいたい犯人がわかってしまうみたいな風にはしたく...more
カテゴリー:

「焼肉ドラゴン」鄭義信監督、こだわりの再撮影!真木よう子ら女優陣も賛同 - 04月13日(金)20:00 

 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」の試写会が4月12日、都内で開催。鄭監督と2016年上演の舞台版に出演した女優の中村ゆりが出席した。 ・「焼肉ドラゴン」トークイベントの模様はこちら!  高度経済成長にわく1970年代、関西の地方都市を舞台に、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む家族の絆を描く。映画では店主夫婦を「隻眼の虎」のキム・サンホと「母なる証明」のイ・ジョンウン、静花、梨花、美花の3姉妹を真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、静花の幼なじみで常連客の哲男を大泉洋が演じている。  鄭監督は「新人監督にとってはタイトで厳しいスケジュールだったが、たくさんの人に支えられた幸福な作品になった」と回想。キム演じる父親と市役所職員がもめるシーンについて、「最初は男たちがもめる様子を、3姉妹が見守っていたが、どうしてもしっくりいかず、翌日に再撮影のお願いをした」と明かし、「真木さんたち女優陣もそう思っていたらしく、真木さんは『私も賛成です』とすぐに握手してくれた。まさに家族が一丸になれました」と感謝を示した。  舞台版で次女の梨花を演じた中村は「カーテンコールのたびに、こちらが涙してしまうほど、お客様の反応が感動的だった」と振り返り、「おこがましいですが、初監督とは思えないクオリティ。映画を拝見し、すばらしい作品に参加させても...more
カテゴリー:

中村ゆりのクレームに鄭義信がタジタジ!?『焼肉ドラゴン』特別上映に監督感無量 - 04月13日(金)14:26 

4月15日(日)まで実施されている浅草九劇一周年記念企画「うずフェス2018」の1部として『焼肉ドラゴン』(6月22日公開)の特別上映が12日に実施され、鄭義信監督、本作の舞台版上演時に次女・梨花役を演じた中村ゆりが舞台挨拶に登壇した。 【写真を見る】『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)公開/[c]2018「焼肉ドラゴン」製作委員会 本作は、高度経済成長真っただ中の関西の地方都市を舞台に、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む6人家族の姿を描いた舞台「焼肉ドラゴン」を映画化した作品だ。故郷を奪われ、時代の波に翻弄されながらも力強く生きる一家の姿がユーモアを織り交ぜながら温かくつづられていく。 演劇界では知らぬ者のいない演出家であり、映画界では『月はどっちに出ている』(93)、『愛を乞うひと』(98)、『血と骨』(04)で脚本家としても名高い鄭義信が初監督に挑んだ本作。上映後に鄭と中村が舞台に登壇すると、客席からは大きな拍手が沸き起こった。鄭は満席の客席へ向けて「浅草までお越しいただいてありがとうございます。撮影期間が1か月しかない、新人監督にはなかなかハードな作品でしたが、今日皆さんに観ていただけてとても幸福な映画になったと思います」とコメント。 中村は「自分は舞台に立つ側だったので“フル”で『焼肉ドラゴン』という作品を観たことがありませんでした。今回映画を観て改めて、鄭監督は時代に翻...more
カテゴリー:

野村萬斎、"相棒"大泉洋を絶賛「本当にいい役者さん」 - 04月12日(木)16:38 

狂言師の野村萬斎が、主演を務めるフジテレビ系スペシャルドラマ『黒井戸殺し』(14日19:57~23:10)の見どころを語り、相棒役を務める大泉洋を絶賛した。
カテゴリー:

【試写室】「黒井戸殺し」野村萬斎を生かす大泉洋の芸達者ぶり - 04月14日(土)07:00 

突然ですが、3時間あったら何をしますか? 【写真を見る】大泉洋が時に子犬のような表情をする“癒やしの男”に/(C)フジテレビ 例えば映画など2時間~2時間半程度のものが多いから見られるし、友達とカラオケに行ってもたくさん歌えて満足できるくらいの時間だろう。 むしろ3時間あれば新幹線なら東京駅から新神戸駅まで行けるし、成田空港から韓国の仁川空港までだって行ける。 この楽しみ方がいろいろある時代に、3時間もの間ずっとテレビの前に座ってドラマを見ているのは難しいのかもしれない。時間の使い方、楽しみ方は人それぞれいろいろあっていい。 ただ、海外にも行ける時間を使ってでも見るだけの価値があるドラマに出逢ってしまった。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回は、4月14日(土)に放送されるスペシャルドラマ「黒井戸殺し」(夜7:57-11:10、フジテレビ系)を取り上げる。近年のドラマとしては異例の約3時間にわたる大作だ。 アガサ・クリスティが1926年に発表した人気長編推理小説「アクロイド殺し」を、三谷幸喜の脚本により日本で初めて映像化する本作。 原作の「アクロイド殺し」はアガサ・クリスティによる6作目の長編小説であり、エルキュール・ポアロシリーズ...more
カテゴリー:

三谷幸喜、斉藤由貴の出演は自ら懇願!アガサ・クリスティ原作ドラマ『黒井戸殺し』 - 04月14日(土)05:00 

脚本家の三谷幸喜が、アガサ・クリスティ原作の長編推理小説「アクロイド殺し」を野村萬斎、大泉洋ら豪華キャストでドラマ化した『黒井戸殺し』(フジテレビ系)が、4月14日(土)19時57分より放送。先日、…
カテゴリー:

俺は広瀬すずと結婚するために生まれてきたんだと思う - 04月13日(金)18:27  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180413-00010000-oricv-ent 今週あった話題の芸能ニュースを90秒の映像で伝える『今週のエンタメまとめ』。 4月13日は、綾瀬はるか、大泉洋、広瀬すず、ぺこ&りゅうちぇる、中山美穂&新垣隆をピックアップした。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

竜星涼が山本舞香に嫉妬!?「付き合いたてのカップルみたい(笑)」 - 04月13日(金)08:52 

Prime Originalドラマシリーズ「紺田照の合法レシピ」が、Amazon Prime Videoで見放題独占配信中。 【写真を見る】至近距離で紺田(竜星涼)に見詰められ、ちょっと戸惑う真希(山本舞香)/(C)馬田イスケ・講談社/日活 本作は累計発行部数30万部を突破した馬田イスケの飯テロ漫画「紺田照の合法レシピ」を実写ドラマ化したもの。「極道」「学園」「美食」の3ジャンルが化学反応し、見る者の食欲を痛烈に刺激する。 そんな本作で、任侠道の他に料理に心血を注ぐ高校3年生の紺田照を演じる竜星涼とヒロインで紺田の同級生・春真希を演じる山本舞香にインタビューを行い、撮影中のエピソードなどを聞いた。 ■ 竜星が苦戦したシーンは? ――原作を読んでどうでしかたか? 竜星:僕は原作がある作品は見てから現場に入るので、撮影前に読ませていただきました。すごく面白かったです。紺田は表立って心情を顔には出さないクールな人間ですが、料理を作ったりするシーンでは、紺田の心の声が本来の高校生らしい感情を出していて見やすかったです。 でも、これを実写化するとなると難しい面が多いかなと思いました。あくまで漫画だと成立する部分が多く、そこが面白いポイントだったりする気がしたんです。そこをどう実写化して、面白さをそこなわずに作品にするかということは、難しいポイントかなと。そこがカギを握るんじゃないかと思いまし...more
カテゴリー:

野村萬斎、2年半ぶりの勝呂武尊役に「回を重ねる充実感を得られた」と手応え - 04月12日(木)15:30 

4月14日(土)19時57分より放送されるドラマ『黒井戸殺し』(フジテレビ系)にて、名探偵・勝呂武尊(すぐろ・たける)を演じる野村萬斎からコメントが到着した。三谷幸喜が脚本を手がけた本作は、アガサ・クリスティが1926年に発表した人気長編推理小説「アクロイド殺し」の映像化。野村が主人公の勝呂を、バディである医師・柴平祐を大泉洋が演じる。三谷×アガサ・クリスティといえば、フジテレビ開局55周年特別企画として2夜連続で放送した『オリエント急行殺人事件』(2015年1月11日・12日放送)において初コラボレーション。今作と同じく萬斎が勝呂を演じ、平均視聴率が第一夜・16.1%、第二夜15.9%と、記憶に残る作品を世に送り出した。『オリエント急行殺人事件』以来、2年半ぶりに勝呂を演じた萬斎は「回を重ねる充実感を得られたと言いますか、再び勝呂武尊を演じることができて、とても嬉しくもありやりがいもありました。前回の『オリエント急行殺人事件』の時より、人間味が増した勝呂になったのではないかと思います」とコメント。テレビ初共演となる大泉については「彼が居ると場が明るくなり和みますね。今回、柴医師の台詞量もかなり多かったのですが、それにもかかわらずいつもにこやかに撮影現場を盛り上げてくれました。そして、洋君は本当に良い役者さんなので、ぜひ彼の演じる柴医師を楽しみにしていてください。撮影の中で、洋君と...more
カテゴリー:

もっと見る

「大泉洋」の画像

もっと見る

「大泉洋」の動画

Wikipedia

大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 - )は、日本俳優タレントコメディアン声優CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒業。北海道江別市大麻出身。妻はフジテレビドラマプロデューサーの中島久美子

略歴

北海道江別市大麻大泉エッセイ184 - 186ページ出身。父は北海道高等盲学校などの校長を歴任した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる