「大泉洋」とは?

関連ニュース

TEAM NACS、地元・北海道のテレビ局にボヤき連発 番販、再放送、録画も「やめて!」 - 01月20日(土)18:22 

 北海道から生まれた人気演劇ユニット、TEAM NACS(チームナックス)の森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の5人が20日、都内で2月4日放送のテレビ朝日系『HTB開局50周年記念 ハナタレナックスEX(特別編) チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅in小樽』の記者会見を行った。 【写真】進行役として番組にも出演する石沢綾子アナ  HTB(北海道テレビ)で放送中のローカル番組『ハナタレナックス』(毎週木曜 深0:15)に、予算もたっぷり(?)注ぎ込んで全国放送仕様にしたまさに“特別編”。今回で4年連続4回目の放送となり、TEAM NACSのメンバーも喜んでいるかと思いきや、主に安田、戸次、大泉がボヤキまくるいつもの(?)展開を見せた。  今年は2月3日から『第16回公演 PARAMUSHIR~信じ続けた土魂の旗を掲げて』を全国6都市で公演予定のTEAM NACS。一人ひとりが全国区の知名度で、テレビや映画、舞台、その他、さまざまな活躍を見せる中、メンバー5人がそろう唯一の番組である『ハナタレナックス』は2003年1月31日の放送スタートから15周年を迎える。さらに、今回の番組名にも冠しているとおり、北海道テレビは今年、開局50周年で、新社屋への移転も控えている。  さまざまな記念が重なった今回の特別編について、杉山順一プロデュサーは「北海道一の商業都市とし...more
カテゴリー:

大泉洋:「ハナタレナックス」特番会見で“恨み節” 「私にお金を出しな… - 01月20日(土)15:48 

 俳優の大泉洋さんらが所属する演劇ユニット「TEAM NACS(チーム・ナックス)」が20日、東京都内で行われた、メンバー5人が総出演する北海道ローカルのバラエティー番組「ハナタレナックス」(北海道…
カテゴリー:

女装ブーム?溝端淳平から山田孝之までイケメンたちの女装7選 - 01月20日(土)08:47 

 ちょっとしたブーム(?)になっている、イケメンたちの女装。「俳優の○○が美人女優顔負けの姿を披露」なんてニュースが度々話題になっています。  ということで今回は、そんな見目麗しい男性芸能人たちをご覧いただきましょう。 ◆城田優 WOWOWドラマで金髪美女役  2月17日にスタートするドラマ『バイ・バイ・ブラックバード』(WOWOW)で金髪美女役を務める城田優(32)。顔立ちはキレイなので美女であることに間違いはないですが、城田の場合身長190cm近くあるのでちょっとイカつい!  本人いわく「最初で最後の女装」だそうですが、友人でモデルのローラ(27)に似ているともっぱらの評判です。 ◆瀬戸康史 月9ドラマでの女装趣味の美男子役で大注目  俳優の瀬戸康史(29)が月9ドラマ『海月姫』(フジテレビ系)で見せる女装が大注目を浴びています。  女装が趣味の美男子役を演じるにあたり、人生初脱毛を経験。また1日1食ダイエットで6キロ減量、モデルや女優の画像を見てひたすら立ち居振る舞いを研究するなど、少しでも本物の女子に近づくように努力したそうです。 「女装は一番の不安要素だった」と瀬戸はインタビューで語っていましたが、素のままでも絶対問題ないでしょ! と世間の大半は思っているはず。 ◆志尊淳 NHKドラマでトランスジェンダー役に挑戦  売れっ子俳優の志尊淳(22)は放送中...more
カテゴリー:

チケット即完売!TEAM NACSが贈る約3年ぶりとなる待望の本公演千秋楽を全国47都道府県の映画館に完全生中継! - 01月19日(金)10:00 

[ライブ・ビューイング・ジャパン] [画像: https://prtimes.jp/i/3481/765/resize/d3481-765-942576-0.jpg ] 今や“日本一チケットが取れない演劇ユニット”と呼ばれる、森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真の5人からなる演劇...
カテゴリー:

大泉洋、“主演小説” でついに本屋大賞ノミネートへ! 本人からのコメントも到着! - 01月18日(木)12:00 

[株式会社KADOKAWA] 大泉洋を主人公にした「完全あてがき」の“主演小説”『騙し絵の牙』が2018年本屋大賞ノミネート決定 ! 文芸の枠組みを超えた異色作が、<2018年の10作>に選出! [画像1: https://prtimes.jp/i/...
カテゴリー:

大泉洋「恥ずかしい」北海道の看板番組が全国放送 - 01月20日(土)16:47 

 5人組演劇ユニット、TEAM NACSの大泉洋(44)らが出演する、テレビ朝日系バラエティー番組「北海道美食めぐりの旅in小樽」(2月4日午後1時55分放送)の制作発表が20日、都内で行われた。  メンバーが市内の食事や遊ぶスポットを…
カテゴリー:

大泉洋、『ハナタレナックス』制作に不満 「冗談みたいな金をよこしなさんなよ!」 - 01月20日(土)15:04 

 20日都内にてバラエティ番組『ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』(北海道テレビ・テレビ朝日系)の制作発表会見が行われ、TEAM NACSの大泉洋、安田顕、音尾琢真、戸次重幸、森崎博之が登場した。大泉を筆頭に安田、戸次らがテレビ制作サイドへの不満をぶちまけ、笑いを誘った。【写真】『ハナタレナックスEX(特別編)チームナックスとゆく 北海道美食めぐりの旅 in 小樽』制作発表会見の様子 本番組は、HTB北海道テレビの制作によるTEAM NACSの冠番組『ハナタレナックス』の全国ネット特別番組第4弾。今回は5人がレトロなボンネットバスに乗り込んで北海道・小樽をめぐる観光ツアーに出発。海の幸や洋食、B級グルメ、スイーツなど人気店のご当地限定メニューを賭けたクイズやゲームに挑戦したり、水族館でショーを観賞したり、視聴者プレゼントとしておみやげを手作りしたりと盛りだくさんの内容を披露する。 今回、5人そろっての出演ということを喜ぶ森崎や音尾に対し、戸次は全国放送により自身の素がさらけ出されてしまうことに「俳優をやる上で障害になっている」と番組への苦情をコメント。安田も同意見で、特に「番販ならびに再放送だけはやめてもらいたい。何年たっても牛乳をリバースする姿ばかり見せられる」などと不満爆発。 そんな二人に対して大泉は「私はそうは思いません。た...more
カテゴリー:

大泉洋の初主演小説が本屋大賞にノミネート! 待たれる映像化 - 01月19日(金)12:22 

俳優の大泉洋に“完全あて書き”した画期的な小説「騙し絵の牙」(KADOKAWA)が2018年本屋大賞にノミネートされた。 【写真を見る】ついに小説に主演した大泉洋 「騙し絵の牙」は、社会派作家・塩田武士氏による10作目の小説。塩田氏は昨年、小説「罪の声」で本屋大賞2017第3位に選出されており、今回は2年連続での本屋大賞ノミネートとなった。 この「騙し絵の牙」は構想の段階から、著者である塩田氏と出版社に加え、“主演”となる大泉と所属事務所の4者による綿密な打ち合わせと試行錯誤の末に誕生した、異色の文芸作品だ。執筆にあたり、塩田氏は4年にわたる丁寧な取材と俳優・大泉洋に対する綿密な分析、本人とのディスカッションを重ね、まるで大泉そのもののような主人公・速水輝也を生み出した。 物語の舞台は大手出版社。主人公である雑誌編集長・速水輝也は、ウィットに富み話術に長けた魅力的な男だ。精力的に仕事に打ち込む速水は、ある夜、上司から担当雑誌の廃刊を匂わされ、衝撃を受ける。組織に翻弄されるうちに、速水の心の内から異常なほどの執念が浮かび上がってきて――というストーリー。前作「罪の声」では昭和の未解決事件「グリコ森永事件」を扱った社会派作家の塩田氏ならではのリアリティある筆致で、出版界の光と闇をくっきりと描き出す。 当初から大泉洋の完全あて書きとして構想されただけあって、読み進むにつれ主人公に扮した大...more
カテゴリー:

大泉洋“主演小説”が本屋大賞ノミネート - 01月18日(木)14:56 

俳優の大泉洋(44歳)を主人公にした、完全あてがきの“主演小説”「騙し絵の牙」が、2018年の本屋大賞にノミネートが決定した。
カテゴリー:

真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋共演で伝説の舞台「焼肉ドラゴン」を映画化 - 01月17日(水)18:50 

真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋といった豪華キャストが集結し、演劇賞を総なめにした伝説の舞台「焼肉ドラゴン」が映画化されることがわかった。 原作となった舞台は、2008年に日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂(ソウル・アート・センター)のコラボレーションで製作され(11年・16年再演)日本の演劇賞を総なめにした作品。舞台でも作・演出をつとめた鄭義信が初監督する。鄭監督は脚本家として、『月はどっちに出ている』で第67回キネマ旬報ベストテン脚本賞、『愛を乞うひと』で日本アカデミー最優秀脚本賞・第72回キネマ旬報ベストテン脚本賞、『血と骨』で第78回キネマ旬報ベストテン脚本賞など数々の映画賞に輝いている。 舞台は、万国博覧会が催された1970(昭和45)年。関西の地方都市の一角で、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む亭主・龍吉と妻・英順は、静花(真木よう子)、梨花(井上真央)、美花(桜庭ななみ)の3姉妹と一人息子・時生の6人暮らし。失くした故郷や戦争で奪われた左腕など、つらい過去は決して消えないけれど、毎日懸命に働き、家族はいつも明るく、ささいなことで泣いたり笑ったり。店の中は、静花の幼馴染・哲男(大泉洋)など騒がしい常連客たちでいつも大賑わい。「たとえ昨日がどんなでも、明日はきっとえぇ日になる」、それが龍吉のいつもの口癖で、そんな何が起きても強い絆で結ばれた「焼肉ドラゴン」にも...more
カテゴリー:

もっと見る

「大泉洋」の画像

もっと見る

「大泉洋」の動画

Wikipedia

大泉 洋(おおいずみ よう、1973年4月3日 - )は、日本俳優タレントコメディアン声優CREATIVE OFFICE CUE(業務提携先はアミューズ)、演劇ユニットTEAM NACS、及び劇団イナダ組所属。身長178cm。北海学園大学経済学部卒業。北海道江別市大麻出身。妻はフジテレビドラマプロデューサーの中島久美子

略歴

北海道江別市大麻大泉エッセイ184 - 186ページ出身。父は北海道高等盲学校などの校長を歴任した...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる