「大河ドラマ」とは?

関連ニュース

【芸能】のん、「第3回全国ふるさと甲子園」に出演 “仮面女子”やご当地キャラと地域を盛り上げる - 07月25日(火)12:24 

2017-07-25 11:00 のん、「第3回全国ふるさと甲子園」に出演 “仮面女子”やご当地キャラと地域を盛り上げる  女優・のんは、東京・秋葉原で8月26日に開催される、“ロケ地”と“ご当地グルメ”をテーマに“行きたいまちNo.1”を決定する「第3回全国ふるさと甲子園」に応援参加する。「全国ふるさと甲子園」は、映画・ドラマ・アニメのロケ地から厳選された55地域が集合。当日は、「ロケ地」「ご当地グルメ」「お土産品の販売」を通して熱い“わがまち自慢”のアピール合戦を繰り広げ、来場者と特別審査員の“投票”にて「行きたいまちNo.1」が...
»続きを読む
カテゴリー:

【大河ドラマ】「おんな城主 直虎」第29話は11・9% 前回から0・1ポイント下降 - 07月24日(月)10:21 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000070-sph-ent スポーツ報知  23日に放送された柴咲コウ(35)主演のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜・後8時)第29話の平均視聴率が11・9%だったことが24日分かった。前回の12・0%から0・1ポイントのダウンとなった。  初回16・9%でスタートした同作品。第2話15・5%、第3話14・3%と2放送回続けてダウンしていたが、第4話で16・0%の大幅アップ。第5話も16・0%だったが第6話で14・5%とダウン。第7話12・9%、第...
»続きを読む
カテゴリー:

「アイツ最近、天狗に乗ってね?」 間違いに気づいてほしいヤバい会話 - 07月23日(日)21:00 

5才で大河ドラマデビュー、8才で帝国劇場最年少主役、17才で日本アカデミー賞新人賞受賞と華々しい経歴を持ちながら、最近は無職とフリーターを行ったり来たりしている俳優/ハイパーメディアフリーターの黒田勇樹です。生まれつき鼻は高いですが、どんなに売れても落ちぶれても、一度も調子に乗ったことがないのだけが自慢です。このコラムは、子供の頃から芸能の世界で台本や台詞に触れ続け、今なお脚本家やライターとして「言葉」と向かい合っている筆者の視点から、様々な「言葉の成り立ち」について好き勝手に調べる「妄想的」な語源しらべぇです。■「アイツ、最近、天狗に乗ってね?」©sirabee.com昼下がりのファーストフードで耳にした、女子校生たちの会話です。どうやら同級生のひとりが最近、部活動かサークル活動の最中に天狗に乗っているようです。天狗に乗る!? 妖術使いか、いや、妖怪使いか。天狗って妖怪の中でも結構上位ですよ! 強いですよ? 団扇ひと振りで、嵐とか起こしますよ! 乗りこなすなんて、どれだけ剛の者の話をしているんだ!?賢明な読者の皆様は、お気づきでしょう。彼女たちは「調子に乗る」と、それを表す比喩「天狗になる」を、混同したまま話が盛り上がってしまったため、大妖怪を乗りこなすスーパー女子校生を誕生させてしまったのです。■「心臓が出る」胸が張り裂けて、そこから血まみれの臓器が!?これも驚いた時...more
カテゴリー:

『おんな城主 直虎』、武田と今川の戦が避けられない情勢に 直虎は家康から難題を… - 07月22日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第28話「死の帳面」では、寿桂尼(浅丘ルリ子)が武田信玄(松平健)のもとを訪れ、武田に嫁いでいた鈴を駿府に返すよう要求。寿桂尼はさらに北条氏康を味方につけ武田への圧力を強める。北条の仲立ちによって今川と武田の争いはいったん落ち着くが、寿桂尼と氏真(尾上松也)の間には深い亀裂が。直虎と政次が寿桂尼の容態を鑑み、今川から徳川に寝返る算段を始める。直虎は寿桂尼と久々に対面し変わらぬ主従関係を誓うが、胸の内は井伊を守ることを第一としていた。【関連】『おんな城主 直虎』第29話フォトギャラリー 直虎は徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送り、上杉と同盟を組んで武田の今川攻めの動きを封じ込む策を進言する。いったんはこの策に乗ろうとした家康だったが、時を同じくして武田から今川攻めの誘いが来てしまう。戦が避けられないものとなりつつあるなか、家康から直虎へある難題が突きつけられる。 その頃、駿府では寿桂尼が死の床についていた。松下常慶(和田正人)は井伊と徳川の同盟の証として、しの(貫地谷しほり)を人質に出すよう要求するが…。 今川家の栄華を長きにわたって支えてきた寿桂尼がついにこの世を去る。直虎にとっては、脅威であり、手本ともなる存在。最後の対面で変わらぬ主従関係を誓ったものの、直虎に自身と似たものを感じていた寿桂尼は、その動きを読んで先手を打っていた…。 NHK大...more
カテゴリー:

クルマやファッションでわかりやすくカネ持ちアピールする男が人気だった【80年代モテ男論】 - 07月21日(金)16:02 

インターナショナルスクールに通いつつ、10代でモデルやDJとして活躍していたマイケル富岡(1961年生まれの55歳)。関西の大学でテニスサークルに所属し、最大公約数的なキャンパス生活を過ごしながら卒業後に就職のため上京。画材屋でレジを打つ毎日だった山田ゴメス(1962年生まれの54歳)。埼玉県の大学に通うため三重県から上京。学生時代はミニコミ誌制作に明け暮れ、その流れで出版社に潜り込み、編集者として働くようになった石原壮一郎(1963年生まれの53歳)。甘えと責任がアンニュイに絡みつく10代前半から20代を80年代とともに過ごした彼らの目に、バブル経済へと向かう時代の高揚感や光景は、どのように映っていたのだろう? ◆80年代ってどんな男がモテたんだっけ? 山田ゴメス(以下、ゴメス):当時は基本、お金を持っている男で、その羽振りの良さをファッションやクルマとかで、わかりやすく発信している男がモテましたよね。あと、このころから、若いコを中心に身なりが小ギレイになっていった。 マイケル富岡(以下、マイケル):メイクしている男(※1)もいたしね。 ゴメス:サーファー以外の長髪は許されない雰囲気で、代わりにモミアゲをバッサリ切った刈り上げ系のテクノカット(※2)が、YMOをきっかけに大流行。ファッションもトラッドやアイビー、ハマトラ(※3)と、総じて清潔っぽかった。 石原壮一郎(以...more
カテゴリー:

【柴咲コウ】柴咲コウ、歌手デビュー15周年記念ライブ<柴咲 寺院><柴咲 神宮>を開催 - 07月24日(月)21:20 

柴咲コウが歌手デビュー15周年を記念し、池上本門寺、平安神宮を舞台としたライブ<柴咲 寺院><柴咲 神宮>を開催する。 本年は女優として大河ドラマ『お...
カテゴリー:

柴咲コウ主演NHK「直虎」魔の手迫る11・9% - 07月24日(月)10:04 

 女優柴咲コウ(35)が主演し、23日に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第29話の平均視聴率が、関東地区で11・9%だったことが24日、ビデオリサーチの調べで分かった。前週は12・0%だった。  同作は男…
カテゴリー:

【ドラマ】『おんな城主 直虎』、武田と今川の戦が避けられない情勢に 直虎は家康から難題を… - 07月23日(日)11:38 

2017年07月22日 12:30 『おんな城主 直虎』、武田と今川の戦が避けられない情勢に 直虎は家康から難題を…  NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第28話「死の帳面」では、寿桂尼(浅丘ルリ子)が武田信玄(松平健)のもとを訪れ、武田に嫁いでいた鈴を駿府に返すよう要求。寿桂尼はさらに北条氏康を味方につけ武田への圧力を強める。 北条の仲立ちによって今川と武田の争いはいったん落ち着くが、寿桂尼と氏真(尾上松也)の間には深い亀裂が。直虎と政次が寿桂尼の容態を鑑み、今川から徳川に寝返る算段を始める。 直虎は寿桂尼...
»続きを読む
カテゴリー:

坂本龍馬研究者らが集結!直筆の手紙の見どころ解説 - 07月21日(金)19:09 

7月14日、東京・飯田橋の神楽座にて、「没後150年。『坂本龍馬の記憶』を語る会」シンポジウムが開催され、日本を代表する龍馬研究者・愛好者が一堂に会した。 【写真を見る】龍馬暗殺5日前の中江雪江への手紙。2016年12月新発見。文章に新国家と書かれている/「坂本龍馬大鑑~没後150年目の真実~」複製お宝資料 今年1月にその存在が発表された「龍馬から中江雪江への手紙」。同イベントでは、この手紙の文字から見えてくる“龍馬の真意”や、6月16日に発表されたばかりの「直筆の手紙6枚」の“歴史的価値と新解釈”をテーマに、龍馬研究者らがトークセッションを展開。龍馬の記憶を辿った。 登壇したのは、高知知県の尾崎正直知事(「崎」は“立つさき”)、京都国立博物館上席研究員の宮川禎一氏、佛教大学教授の青山忠正氏、福井市立郷土歴史博物館館長の角鹿尚計氏、全国龍馬社中会長の橋本邦健氏、高知県坂本龍馬記念館学芸員の三浦夏樹氏、坂本家10代目の坂本匡弘氏、全国龍馬社中副会長の小美濃清明氏。 イベント開始時、まず小美濃氏は「龍馬の全貌というものは、まだまだ掴めておりません。彼の実像はジグソーパズルのようなもので、ところどころ全く研究されていないところがあるんです。私はそこを掘り起こす作業を続けているところです」と自己紹介した。 そして議題は、龍馬暗殺の5日前に書かれた「坂本龍馬書簡」へ。福井藩・中江雪江宛てのこ...more
カテゴリー:

「強いだけではない、信玄の人間味を出せれば…」松平健(武田信玄)【「おんな城主 直虎」インタビュー】 - 07月21日(金)14:52 

 物語の序盤から幾度となくその存在がほのめかされてきた“甲斐の虎”武田信玄が、満を持して第28回(7月16日放送)から登場。勢力拡大を狙って、窮地に陥った今川に襲いかかろうとしている。平和な国造りを目指す直虎(柴咲コウ)の運命を大きく左右することになるこの戦国大名を演じるのは、「義経」(05)以来、12年ぶりの大河ドラマ出演となる松平健。若いころから演じてみたかったという信玄役に込めたその思いとは。 -武田信玄役をオファーされた時のお気持ちをお聞かせください。  今までいろいろな武将を演じてきましたが、武田信玄は若いころからやりたかった役なので、とてもうれしかったです。出番は多くありませんが、自分なりの信玄を作って行ければと思っています。 -信玄のどんなところに魅力を感じますか。  戦国ものというと天下取りの物語が多くなりますが、実際の戦国大名の中には、自分の野心のために天下を狙う人と、世の中を良くしたいという思いから天下統一を志した人がいました。信玄は、その後者の方だと思っています。信玄は領民に対しては手厚い保護をするなど、領土愛にあふれていましたが、領地の甲斐は山に囲まれた何もない土地でした。その領民たちの幸せを願う気持ちが、日本全土を豊かにしたいという思いにつながって天下統一を目指した人です。その反面、他の土地を奪って皆殺しにするような冷酷さもあるのですが。そういう...more
カテゴリー:

もっと見る

「大河ドラマ」の画像

もっと見る

「大河ドラマ」の動画

Wikipedia

大河ドラマ(たいがドラマ)は、1963年からNHKが毎年異なるテーマで制作・放送しているテレビドラマシリーズ。NHK大河ドラマとも呼ばれる。現在(2010年代)、制作・放送されている最新作は字幕放送(NHKの日本国内向けの放送のみ)と、連動データ放送(デジタル総合・BSプレミアムのみ)付きである。

1984年から1986年にかけて放送されたNHK新大型時代劇と2009年から2011年にかけて放送されたスペシャルドラマ「坂の上の雲」についてもこの項で述べる。

概要

主に日本史上の人物や事件などをテーマに、基本的に毎年1月から12月の1年間を通して放送される。なお、実在しない人物が登場することも多く、作品によっては主人公が架空の人物の場合さえもある。また、昔の人物や事件が多いものの、明治維新以降の時代を描いた厳密には時代劇ではない作品も存在する。

年末には総集編(ダイジェスト版。全部で3、4時間程度)も製作される。作品によっては翌年に放送されたケースもある。以前は総集編が放送された後で全話を再放送することはあまりなかったが、スカパー!の専門チャンネルにおいて、全話が放送されたり、NHK BSプレミアムで再放送されたりするケースも多くなってきている。

第6作竜馬がゆくまでが...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる