「大河ドラマ」とは?

関連ニュース

【NHK】20年大河ドラマは長谷川博己主演「麒麟がくる」 明智光秀の生涯を描く★4 - 04月20日(金)01:03  mnewsplus

NHKは19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決まったと発表した。 主演は俳優の長谷川博己(41)、脚本は池端俊策氏が務める。 長谷川は大河ドラマ初主演。 大河出演は2013年「八重の桜」以来。 今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、ヒロインの夫を演じる。 東京・渋谷の同局で会見した長谷川は「感動しています。ちょっと実感が湧かなかったんですけど、たくさん写真を取られて、凄いことを引き受けたんだなと実感しています」と大役の感想。 「明智光秀...
»続きを読む
カテゴリー:

【コメント全文】2020年大河ドラマは長谷川博己主演「麒麟がくる」 明智光秀の半生を描く - 04月19日(木)21:39 

2020年のNHK大河ドラマが、明智光秀を主人公とした長谷川博己主演の「麒麟がくる」に決定。19日に脚本の池端俊策、主演の長谷川博己、制作統括の落合将による制作発表会見が行われた。 【写真を見る】脚本・池端俊策と再びタッグを組む長谷川博己ほか会見写真リポ 「麒麟がくる」は、大河ドラマで最も人気の高い戦国時代を初めて4Kで撮影する作品。中国の伝説で「王が仁となる政治を行う時に現れる聖獣」とされる麒麟が、戦国時代のどの英傑の頭上に現れるのか…というのがタイトルの由来となる。物語は史料がほとんど残っていない20代の明智光秀の青春時代から始まり、織田信長、斎藤道三、今川義元、松永久秀さらに秀吉や家康といった英雄たちが天下を狙って戦う群雄割拠の時代を描く。 脚本は大河ドラマ第29作「太平記」(1991年)を担当した池端俊策によるオリジナル。長谷川とは「夏目漱石の妻」(2016年NHK総合)以来のタッグとなる。また長谷川は2018年後期の連続テレビ小説「まんぷく」でもヒロインの夫を演じ、”朝ドラ”から”大河”へと連投となる。 以下、長谷川博己の会見コメント全文 ■ 大河主演が決まった今の心境 感動しています。ちょっとまだ実感がわかなかったんですけど、こうやっていろんな方に写真を撮られて…。ちょっと今、すごいことを引き受けたんだなって実感しています。 このお話をいただいたのは朝ドラ(「まんぷく」...more
カテゴリー:

【NHK】20年大河ドラマは長谷川博己主演「麒麟がくる」 明智光秀の生涯を描く★3 - 04月19日(木)20:48  mnewsplus

NHKは19日、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決まったと発表した。 主演は俳優の長谷川博己(41)、脚本は池端俊策氏が務める。 長谷川は大河ドラマ初主演。 大河出演は2013年「八重の桜」以来。 今年後期の連続テレビ小説「まんぷく」にも出演、ヒロインの夫を演じる。 東京・渋谷の同局で会見した長谷川は「感動しています。ちょっと実感が湧かなかったんですけど、たくさん写真を取られて、凄いことを引き受けたんだなと実感しています」と大役の感想。 「明智光秀...
»続きを読む
カテゴリー:

長谷川博己、2020年大河『麒麟がくる』主演! 明智光秀役"一年天下"狙う - 04月19日(木)18:18 

2020年に放送されるNHK大河ドラマの制作会見が19日に行われ、戦国武将・明智光秀を主人公とした『麒麟がくる』の制作が発表された。明智を演じる主演は俳優・長谷川博己。脚本はオリジナルで、第29作『太平記』を手掛けたことで知られる池端俊策氏が担当する。2019年6月にクランクイン予定。
カテゴリー:

20年NHK大河は「麒麟がくる」 - 04月19日(木)18:12 

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の発表会見で、撮影に応じる主演の明智光秀役、長谷川博己さん(左)と脚本の池端俊策さん=19日午後、東京・渋谷のNHK
カテゴリー:

長谷川博己、2020年大河に主演 明智光秀役「しっかりやり遂げたい」 - 04月19日(木)23:02 

 NHKは19日、都内の同局で会見を行い、2020年放送の大河ドラマが戦国武将・明智光秀を主人公とした「麒麟がくる」に決定したと発表。主演は俳優の長谷川博己、脚本の池端俊策氏が務める。  長谷川は、「オファーされた時も最初は実感が湧かなかったのですが、今こうして皆さんにカメラのフラッシュをたかれ、これはすごいことなんだ…と実感しております」としみじみ。「大河の主演らしく、と言うと変ですが、しっかりやり遂げたいと思っています」と笑顔で意気込みを語った。  「麒麟がくる」は、戦国初期の群雄割拠の戦乱の中、各地の英傑たちが天下を狙って命と愛を懸けて戦う、戦国のビギニングにして「一大叙事詩」。脚本は、第29作「太平記」を手掛けた池端氏のオリジナルで、大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、謎めいた前半生に光が当てられる。  長谷川は、今年10月スタートの連続テレビ小説「まんぷく」でヒロインの夫・萬平役を演じることも決定している。大河の主演オファーを受けたのは「まんぷく」の決定後だったそうで、「来年に朝ドラの撮影が終わって、すぐに大河の撮影。連投になるので、『これは難しいかな』と一瞬立ち止まったのですが、何しろ『夏目漱石の妻』(2016年NHK放送ドラマ)の時に、池端先生とご一緒してすごく楽しかったし、役者としてすごく良い経験ができました。また先生の作品に出たいとずっと思っていたの...more
カテゴリー:

大河ドラマ決定に“明智光秀ゆかりの地”歓喜 - 04月19日(木)21:03 

2020年のNHK大河ドラマが、明智光秀を題材にした「麒麟がくる」に決定した。これを受け、“光秀ゆかりの地” 比叡山の門前町 坂本(大津市)は歓喜に沸いている。
カテゴリー:

2020年のNHK大河は明智光秀が主役 「麒麟がくる」主演は長谷川博己さん - 04月19日(木)19:38 

 NHKは19日、2020年の大河ドラマのタイトルが「麒麟がくる」で、主人公の戦国武将・明智光秀役を長谷川博己さん(41)が演じると発表した。脚本は大河ドラマ「太平記」などを手掛けた池端俊策さんが書き下ろす。
カテゴリー:

長谷川博己、2020年大河主演に「光秀の三日天下じゃなく…」と笑顔 - 04月19日(木)18:16 

 俳優の長谷川博己が19日、都内で2020年の大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』の制作・主演発表会見に出席。晴れ晴れとした笑顔で主人公・明智光秀に抜てきされた喜びをあらわにし、笑いまじりに「明智光秀は三日天下ですけど、これをやり遂げた後は1年くらい天下がほしいです」と意気込みを語った。【写真】2020年大河ドラマ『麒麟がくる』制作・主演発表会見フォトギャラリー 今回発表された『麒麟がくる』は、第59作目の大河ドラマ。応仁の乱の後、無秩序の乱世をおさめようと戦国の英雄たちが登場する中、美濃の地で台頭する明智十兵衛光秀の半生を描く。制作統括の落合将は、斎藤道三や織田信長、今川義元、足利義明らとともに「群像劇として描きたい」と展望を語っている。 東京オリンピックイヤーである2020年の大河主演に大抜てきされた長谷川。脚本を担当する池端俊策から「人間の内面を表現できる俳優さんではピカイチ。ぜひ長谷川さんとやりたいと思った」と言われ、開口一番「感動してます」と喜んだ。「大河の主演をやるというのは、俳優にとって1つの目標。オファーされた時も、最初は実感が沸かなかったですが、今こうやって皆さんにフラッシュをたかれて“あ、これはスゴいことなんだな”と実感してます」と語った。 自身が演じる明智に関して「謎めいたミステリアスな人物。池端先生の明智光秀像が鮮烈に伝わってきて“これはやらなければならない”...more
カテゴリー:

長谷川博己、朝ドラからの大河主演は渡辺謙『独眼竜政宗』以来 - 04月19日(木)18:04 

 俳優の長谷川博己(41)が、2020年にNHKで放送される大河ドラマ(第59作)『麒麟(きりん)がくる』(脚本:池端俊策)に主演することが19日、発表された。長谷川は同局で今年10月から放送される連続テレビ小説『まんぷく』にヒロインの夫役で出演することも決まっており、朝ドラの撮影後、間を置かずに大河の撮影に入る見込み。このような“連投”は、1986年前期『はね駒』でヒロインの夫を演じ、翌87年の大河ドラマ『独眼竜政宗』に主演した渡辺謙(58)以来となる。 【写真】ふっくら 現在の大河『西郷どん』の主演を務める鈴木亮平  「明智光秀の謎めいた前半生に光を当てる物語。演技力、存在感、旬ということも含めて長谷川さんしかいない」(制作統括の落合将氏)と、長谷川に主演を打診したのは、なんと『まんぷく』への出演が発表された直後。「長谷川さんに断られたら、それまでだった。やりますと受けてもらい、きょう、発表できて感無量です」(落合氏)。  長谷川も「連投になる。難しいかなと思った」そうだが、オファーを受ける決断をした2つの理由を次のように述べた。「脚本が池端さんということで、以前『夏目漱石の妻』(2016年)でご一緒させてもらって、すごく楽しかったですし、役者としていい経験ができました。また池端先生の作品に出たいと思っていたので、こんなに早くやらせていただけるのなら。それと、題材が明智光...more
カテゴリー:

もっと見る

「大河ドラマ」の画像

もっと見る

「大河ドラマ」の動画

Wikipedia

大河ドラマ(たいがドラマ)は、1963年(昭和38年)から放送されているNHKのテレビドラマシリーズ。略称は大河

1984年から1986年にかけて放送されたNHK新大型時代劇と2009年から2011年にかけて放送されたスペシャルドラマ「坂の上の雲」についてもこの項で述べる。

概要

NHKにおけるドラマの枠の総称である。放送形態は1回45分・日曜夜・1年間(50回前後)放送。第1作放送開始以来、枠としての中断は一度もない。連続テレビ小説と並んで、NHK、ひいては日本のドラマの代表格としてメディアでも取り上げられ、視聴率の変遷がネットニュースなどで頻繁に取り上げられる。

作品内容は、日本史上の人物の生涯を描く一代記がほとんどである(まれに、架空の人物が主人公や主要登場人物を占める場合がある)。主人公は男性であることが多いが、2000年代以後女性主人公の作品も多く作られている。

歴代作品一覧

放送期間: 1月から12月の1年間。ただし花の生涯炎立つ花の乱」は9か月間。琉球の風」は6か月間。天地人龍馬伝江〜姫たちの戦国〜は11か月間2009年から2011年の3年間は12月に大型ドラマ坂の上の雲が放送されたため。。

主人公: 太字=女性。*=架空の人物。()=予定(未定)。

番組内容 題材

初期作品から井伊直弼、原田甲斐、平清盛平...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる