「大森寿美男」とは?

関連ニュース

【朝ドラ】19年春NHK朝ドラ、ヒロインに広瀬すず 記念の100作目『夏空』日本アニメの草創期描く★2 - 11月20日(月)18:12  mnewsplus

NHKは20日、2019年度前期の「連続テレビ小説」100作目が『夏空』(月~土 前8:00 総合ほか)に決まったと発表した。 ヒロインは女優の広瀬すず(19)が務める。 脚本はこれまで連続テレビ小説『てるてる家族』、大河ドラマ『風林火山』などを手がけてきた大森寿美男氏が担当し、日本アニメーションの草創期をテーマに描く。 戦争で両親を失った少女・奥原なつ(広瀬)。 傷ついた少女を癒し、たくましく育てたのは北海道・十勝の大地だった。 やがて成長したなつは、十勝で育まれた想像力を生かして、当時まだ「漫画映画」と呼ば...
»続きを読む
カテゴリー:

「大森寿美男」の画像

もっと見る

「大森寿美男」の動画

Wikipedia

大森 寿美男(おおもり すみお、1967年8月3日 - )は日本の脚本家映画監督神奈川県出身。

経歴

10代で演劇活動を始め、劇団「自家発電」を旗揚げし、作・演出を手掛ける。1990年代前半には渡辺えり子主宰の「劇団3○○(さんじゅうまる)」の公演1の1の6(1990年)、クレヨンの(1991年)、月に眠る人(1993年)等に出演。1997年には男的女式(おとこてきおんなしき)が第3回日本劇作家協会新人戯曲賞にノミネートされる。同年オリジナルビデオ新・静かなるドンで脚本家としてデビューした。

泥棒家族(日本テレビ)、トトの世界〜最後の野生児〜(NHK-BS2)において“社会に対する確かな視線”が評価され、当時史上最年少で第19回(2000年度)向田邦子賞を受賞した。

コメディから...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる