「大杉漣」とは?

関連ニュース

『ハロー張りネズミ』 解きやすいダイイングメッセージは視聴者のミスリードを誘ってる? - 07月22日(土)15:00 

(画像はYouTubeのスクリーンショット)21日にTBS系ドラマ『ハロー張りネズミ』第2話が放送された。大根仁監督が、「勝負の2話」と自信を語るストーリーは前編、後編の2部構成だ。1話は、依頼人、川田(伊藤淳史)から、入院中の奥さんに会わせるため、交通事故で亡くなった娘にそっくりの子供を探してほしいと依頼のシリアスな人情物語だったが、2話では、一転し企業サスペンスを展開。■ヤバそうな依頼四俵蘭子(深田恭子)の父は貿易会社の副社長。25年前、父は、自殺したと報道されていたが、当時、専務を務めていた舞原(中原丈夫)にハメられたのだと主張。25年の時を経て、事件当日の音声が届いたため、調べてほしいと訪ねてきた。音声には、父が「書類はミナミ(リリー・フランキー)に預けた」と録音されていた。所長の風かほる(山口智子)は、ヤバそうな依頼だと考えて話を最後まで聞かずに、依頼を断ってしまう。■ダイイングメッセージ七瀬五郎(瑛太)は「困っている美人は、放っておけない」と依頼を承諾。乗り気ではなかった、かほるも協力し、蘭子の父が死んだときの現場検証書類、死体検案書、現場写真を入手。全身打撲、全身複雑骨折の飛び降り自殺として処理されていたが、写真には「ARABIAN」(RとBが反転して)書かれたダイイング・メッセージが残されてた。五郎とかほるは「アラビアン」と解釈。■ネットでは犯人を予想する声が多数「...more
カテゴリー:

内山高志「嗅覚がなかった」ボクシングを始める前に挑戦したのは… - 07月22日(土)07:00 

プロボクシングの前WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン・内山高志が、7月23日放送の『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信と皆藤愛子、番組アナリストの都並敏史、秋田豊と共に、自身の“経験”をもとに、日本サッカーの成長について語り合う。11度の王座防衛を果たし、日本人歴代最長の6年3か月にわたり世界の頂点に立ち続けた内山。実は、小学生の頃からサッカーが好きで、中学校の3年間はサッカー部に所属していたという。当時からスピードとスタミナは武器で、それを生かしてフォワードをやっており、さぞ活躍していたのかと思いきや、「一番大事な点を取る嗅覚がなかったんです(笑)」とユーモラスな一面を見せ、スタジオの笑いを誘う。そんな世界チャンピオンに都並と秋田も興味津々。都並はサッカーとボクシングは試合の組み立てに共通点があると言い、試合中の戦術について質問。また、トレーニングの話題になると、信じられないような練習内容が明かされ、元日本代表の2人も思わず「え?」と声を漏らすほどの衝撃を受ける。また、メンタルがテーマになると、相手を精神的に上回るための方法を提言する。現在休養中でその去就にも注目が集まる内山の発言にも注目だ。 関連リンク グラウディオラ監督が語った“育成の根底”日本人コーチが見たス...more
カテゴリー:

内山高志「嗅覚がなかった」ボクシングを始める前に挑戦したのは… - 07月21日(金)18:55 

プロボクシングの前WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン・内山高志が、7月23日放送の『FOOT×BRAIN』(テレビ東京、毎週日曜11:00~)にゲスト出演。番組MCの勝村政信と皆藤愛子、番組アナリストの都並敏史、秋田豊と共に、自身の“経験”をもとに、日本サッカーの成長について語り合う。11度の王座防衛を果たし、日本人歴代最長の6年3か月にわたり世界の頂点に立ち続けた内山。実は、小学生の頃からサッカーが好きで、中学校の3年間はサッカー部に所属していたという。当時からスピードとスタミナは武器で、それを生かしてフォワードをやっており、さぞ活躍していたのかと思いきや、「一番大事な点を取る嗅覚がなかったんです(笑)」とユーモラスな一面を見せ、スタジオの笑いを誘う。そんな世界チャンピオンに都並と秋田も興味津々。都並はサッカーとボクシングは試合の組み立てに共通点があると言い、試合中の戦術について質問。また、トレーニングの話題になると、信じられないような練習内容が明かされ、元日本代表の2人も思わず「え?」と声を漏らすほどの衝撃を受ける。また、メンタルがテーマになると、相手を精神的に上回るための方法を提言する。現在休養中でその去就にも注目が集まる内山の発言にも注目だ。 関連リンク グラウディオラ監督が語った“育成の根底”日本人コーチが見たス...more
カテゴリー:

LINE WORKS、俳優 大杉漣さんを起用したTVCM第二弾「働き方改革篇」を公開 - 07月21日(金)11:00 

[ワークスモバイルジャパン株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/20202/28/resize/d20202-28-940976-0.jpg ] 「LINE WORKS」は、2017年2月よりLINE株式会社と共同でサービス提供を開始した「LINE」とつながる唯一のビジネスコミュニケーションツ...
カテゴリー:

小泉孝太郎のKY刑事再び!「警視庁ゼロ係」待望の新シリーズがスタート - 07月21日(金)06:00 

小泉孝太郎が主演を務める新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)が、7月21日よりスタート。第1話では、なんと主人公の冬彦が奇妙な遺体の第一発見者となる。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。第1話で冬彦は、オリンピック競技場建設予定地で、3つのボタンの仕掛けが施された首吊り遺体の第一発見者となる。テレビ中継で警察の防犯対策に苦言を呈すなど、相変わらず空気の読めない冬彦は捜査に立ち合おうとするが、同期の捜査一課の警視・伊達春馬(駿河太郎)に追い出されてしまう。捜査の結果、遺体は不動産会社勤務の富田信二(遠山俊也)で、3つのボタンはどれを選んでも必ず吊るされるようになっていたことが判明する。そんな中、杉並中央署の副署長に、元公安部参事官の警視正・氷川小百合(若村麻由美)が着任。スポーツカーで颯爽と現れた小百...more
カテゴリー:

大杉漣最低「居酒屋ふじ」2話「『バイプレイヤーズ』で若い子に人気あんだよ」と大森南朋がボヤく - 07月22日(土)11:00 

テレビ東京「土曜ドラマ24」でスタートした『居酒屋ふじ』。中目黒のはずれにある実在の居酒屋「ふじ」を舞台に、実際に店の常連の俳優たちが実名で登場する物語だ。原作は栗山圭介の同名小説。永山絢斗が演じる無名の俳優・西尾が主人公で、店で偶然知り合った大森南朋役を大森南朋が演じる。ナレーターはとんねるずの木梨憲武。大森も木梨も「ふじ」の常連だった。「テレ東、力あんな、今な」先週放送の第2話はいきなり大杉漣(大杉漣)が若いモデルの美女2人を引き連れて「ふじ」に登場! 大杉漣は美女相手にうさんくさい「陰毛占い」を提案する。陰毛を1本抜いて占えばブレイクも夢ではないというのだ。大杉漣、最低! しかし、ホイホイと美女たちは陰毛を抜いてきて、さらに大杉漣の言いなりで「静かな場所」へ連れて行かれてしまう。あっけにとられる西尾に大森南朋が呟く。「『バイプレイヤーズ』やってから若い子に人気あんだよ、あれ。テレ東、力あんな、今な。出てぇな、俺も」出てるよ、今! コテコテの関西弁を使っていた大杉漣だが、実際は徳島出身。『居酒屋ふじ』は虚実皮膜の物語だが、どちらかという“虚”に近いという印象だ。「ふじ」という異空間昭和の風情を色濃く残した居酒屋「ふじ」は、常連(諏訪太朗、平田敦子)はしつこく絡んでくるし、プライベートには土足で踏み込んでくるし、昔の話で盛り上がるし、みんなで亡くなった親父の純愛話に涙して、消極的...more
カテゴリー:

水川あさみに熱愛疑惑、大森南朋も巻き込まれ…『居酒屋ふじ』 - 07月22日(土)06:00 

永山絢斗と大森南朋がW主演を務めるドラマ『居酒屋ふじ』(テレビ東京系列、毎週土曜24:20~)の第3話が、7月22日に放送。水川あさみが本人役で登場する。東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台とした本作。今イチ人生がパッとしない売れない若手俳優・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめ、実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉や、「ふじ」の“おやじ”が残した豪快な逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、再び夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマだ。第3話では、熱愛疑惑で週刊誌の記者に追われていた女優・水川あさみが、居酒屋ふじに逃げ込んでくる。本人は濡れ衣だというが、記者に突きつけられた写真には、水川と密会している西尾の姿が……。週刊誌の記者から逃げるため、大森は水川を外に連れ出す。一方の西尾は、バイト先の工藤俊介(村上淳)や、偶然会った鯨井麻衣(飯豊まりえ)に、見栄を張って「連ドラが決まった」などと嘘をついてしまう。そんな中、ドラマ撮影中の大森の元に週刊誌の記者が現れ、水川の熱愛の件を問い詰めるが、大森はそんな記者相手に激怒してしまい……。 関連リンク 斉藤和義がドラマの主題歌を書き下ろし 鉄拳が『居酒屋ふじ』の”おやじ”イラスト...more
カテゴリー:

水川あさみに熱愛疑惑、大森南朋も巻き込まれ…『居酒屋ふじ』 - 07月21日(金)16:37 

永山絢斗と大森南朋がW主演を務めるドラマ『居酒屋ふじ』(テレビ東京系列、毎週土曜24:20~)の第3話が、7月22日に放送。水川あさみが本人役で登場する。東京・中目黒に実在する居酒屋「ふじ」を舞台とした本作。今イチ人生がパッとしない売れない若手俳優・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめ、実名で登場する常連客の著名人から語られる言葉や、「ふじ」の“おやじ”が残した豪快な逸話に刺激を受けながら、泣き、笑い、挫折を感じながらも、再び夢を追い始める姿を描いた人情味溢れるヒューマンドラマだ。第3話では、熱愛疑惑で週刊誌の記者に追われていた女優・水川あさみが、居酒屋ふじに逃げ込んでくる。本人は濡れ衣だというが、記者に突きつけられた写真には、水川と密会している西尾の姿が……。週刊誌の記者から逃げるため、大森は水川を外に連れ出す。一方の西尾は、バイト先の工藤俊介(村上淳)や、偶然会った鯨井麻衣(飯豊まりえ)に、見栄を張って「連ドラが決まった」などと嘘をついてしまう。そんな中、ドラマ撮影中の大森の元に週刊誌の記者が現れ、水川の熱愛の件を問い詰めるが、大森はそんな記者相手に激怒してしまい……。 関連リンク 斉藤和義がドラマの主題歌を書き下ろし 鉄拳が『居酒屋ふじ』の”おやじ”イラスト...more
カテゴリー:

「警視庁ゼロ係」に伊藤美誠選手が出演! 小泉孝太郎は『やっぱりトップの人だな』と感心 - 07月21日(金)07:00 

7月21日(金)にスタートする「金曜8時のドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』」(テレビ東京系ほか)の初回ゲストに、リオデジャネイロオリンピック卓球女子団体で銅メダルを獲得した伊藤美誠選手が本人役でドラマ初出演することが分かった。 【写真を見る】伊藤選手は“KY刑事”の冬彦(小泉)からなれなれしく話し掛けられる本人役として出演/(C)テレビ東京 伊藤選手は、捜査のために出版社を訪れた冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)と偶然出会い、“KY刑事”の冬彦からなれなれしく話し掛けられる本人役で出演する。 今回、伊藤選手と小泉孝太郎のコメントが届いた。 ■ 伊藤美誠選手コメント ――はじめてのドラマ撮影はいかがでしたか? 最初は緊張していましたが、しっかり話をしていくたびに自分の気持ちが穏やかになっていって、緊張しなくなりました。演技をする前は、ずっとそわそわしていて、「本当に大丈夫かな」と思いましたが、自分じゃないみたいな感じで、やっていくたびに楽しく演技ができたので良かったです。 今回ドラマに出演したことで、多くの人に卓球のことを知ってもらいたいと思います。 ――試合前とドラマ撮影、どちらが緊張しましたか? ドラマ撮影の方が緊張しました。試合前は緊張しない方なので、久々の緊張感というか、こんなにそわそわしたのは初めてです。 ――小泉さん、松下さん...more
カテゴリー:

小泉孝太郎の“KY刑事”再び!「警視庁ゼロ係」待望の新シリーズがスタート - 07月20日(木)17:04 

小泉孝太郎が主演を務める新ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SECOND SEASON』(テレビ東京系列、毎週金曜20:00~)が、7月21日よりスタート。第1話では、なんと主人公の冬彦が奇妙な遺体の第一発見者となる。本作は、同局の「金曜8時のドラマ」枠にて2016年1月クールに放送された『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~』の続編。作家・富樫倫太郎の小説『生活安全課0係 ファイヤーボール』(祥伝社刊)が原作となっており、小泉演じる“空気は読めないが事件は読める”エリートキャリアで究極のKY刑事・小早川冬彦と、松下由樹演じる“男まさりで口の悪い”ベテラン刑事・寺田寅三の“迷コンビ”が、「ゼロ係」の仲間たちと毎回さまざまな難事件を解決していく姿を描く。第1話で冬彦は、オリンピック競技場建設予定地で、3つのボタンの仕掛けが施された首吊り遺体の第一発見者となる。テレビ中継で警察の防犯対策に苦言を呈すなど、相変わらず空気の読めない冬彦は捜査に立ち合おうとするが、同期の捜査一課の警視・伊達春馬(駿河太郎)に追い出されてしまう。捜査の結果、遺体は不動産会社勤務の富田信二(遠山俊也)で、3つのボタンはどれを選んでも必ず吊るされるようになっていたことが判明する。そんな中、杉並中央署の副署長に、元公安部参事官の警視正・氷川小百合(若村麻由美)が着任。スポーツカーで颯爽と現れた小百...more
カテゴリー:

もっと見る

「大杉漣」の画像

もっと見る

「大杉漣」の動画

Wikipedia

大杉 漣(おおすぎ れん、1951年9月27日 - )は、日本俳優タレント。本名は大杉 孝徳島県小松島市出身。明治大学中退。身長178cm、体重72kg。血液型はB型。ザッコ所属。長男は写真家の大杉隼平。

来歴 劇団活動との出会い

1970年代に人気を呼んでいた、蜷川幸雄寺山修司唐十郎らの演劇に通い、1973年、雑誌新劇に掲載されていた太田省吾の記事に感銘を受け、太田の劇団員募集広告に応募し研修生として採用される。同年6月、22歳で別役実作品門の「娼婦を買いに来る客A」役で舞台デビューを果たした。1974年、23歳の時に太田省吾創設の転形劇場に入る。台詞なしに静かに舞台...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる