「大杉漣」とは?

関連ニュース

テレ東「居酒屋ふじ」追加ゲストに水川あさみ&椎名桔平!本人役で出演 - 05月27日(土)14:00 

テレビ東京系ほかにて7月クール放送の永山絢斗&大森南朋W主演ドラマ「土曜ドラマ24『居酒屋ふじ』」の追加ゲストに、本人役として水川あさみ、椎名桔平がドラマに出演することが決定した。既に発表済みの篠原涼子、大杉漣に続いての本人役ゲストの発表となる。 【写真を見る】ドラマは永山絢斗と大森南朋がW主演を務める/(C)テレビ東京 水川あさみは第3話に出演。週刊誌の記者に「熱愛してますよね?」と言われ、追われる中で「ふじ」に逃げ込んでくる。一方、椎名桔平は「ふじ」に約30年前に実際訪れたこともある俳優として第5話の出演が決定した。 ■ 水川あさみコメント 現場は、とても良い空気で皆さんが迎え入れてくれたので居心地が良かったです。本人役は2度目なんですが、今回は水川あさみ役であり、そうでない部分もあるので、せりふとせりふの間を自然に埋めるように話すことを意識しました。 せりふで難しいところがあったのですが、言えた時はみんなでハグして喜びました。 ■ 椎名桔平コメント 「ふじ」に初めて来たのは約30年も前。役者の道を選んで間もない時でした。セットがあまりにリアルだった事もあり、撮影中に当時の自分を思い返したりしていました。本人役なので、自身の実際のエピソードも台本に取り入れてもらいました。大森(南朋)君や余(貴美子)さんといった、気心知る共演者と一緒でとても楽しい現場でしたね。 【関連記事】 ...more
カテゴリー:

天海祐希主演『緊急取調室』V字回復 第6話で14.3%に上昇 - 05月26日(金)09:17 

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)第6話が25日放送され、番組平均視聴率が14.3%だったことが、わかった。最高視聴率は15.9%(後9:50)だった。視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区。 【動画】キントリメンバー大集合の制作発表会見の模様  同ドラマは、初回17.9%の高視聴率でスタートし、第2話14.2%、第3話12.4%と下降していったものの、第4話12.4%で踏みとどまり、第5話13.2%、第6話と上昇に転じている。  天海が演じる取調官・真壁有希子を中心に、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーが、可視化設備の整った特別取調室で手強い被疑者たちと対峙していく、言葉の“銃撃戦”ともいえる鬼気迫るせりふの応酬が見どころの刑事ドラマ。田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、でんでん、大杉漣、小日向文世がレギュラー出演している。  第7話では、銀行員の大谷雅美(阿南敦子)が自宅マンションから転落死したのをきっかけに、被害者が通っていたサロンのネイリスト・茂手木恭子(鶴田真由)の女性顧客がこの6年に2人、恭子に金を融通したのち、自殺していたことが判明。捜査一課は雅美を含む3人の顧客に、恭子が自殺を強要したと推理し、キントリが犯行を裏付ける自供を引き出すという難題に挑んだ。 ...more
カテゴリー:

天海祐希主演ドラマ『緊急取調室』秘密の特別動画がSNSで話題 - 05月25日(木)07:00 

 女優の天海祐希が主演するテレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』(毎週木曜 後9:00)の公式サイトとは別の“隠しURL”で密かに公開していた特別動画の再生回数が、22日に1万PVを突破し、SNSでも反響を呼んでいる。特別動画では、天海、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世らレギュラー出演者勢ぞろいでドミノに挑戦。リーダーシップをバリバリ発揮する天海、少年のように無邪気にはしゃぐおじさまたちの姿が観られる希少なものとなっている。 【動画】キントリメンバー大集合の制作発表会見の模様  この特別動画のURLは、第3話(5月4日放送)と第5話(同18日放送)の劇中で、サラリと画面に映り込むような形で表示されただけだったため、なかなか見つけにくい仕掛けにあえてしていた。  その動画からもチームワークの良さをうかがい知ることができる“キントリ・チーム”だが、第6話(同25日放送)では、“分裂の危機”にさらされる。キントリは、女性顧客が3人も自殺しているネイリスト・茂手木恭子(鶴田真由)の取り調べを実施。ところが恭子によって感情とペースをひどく乱された有希子が、単独で不審な行動を取り、キントリの中に不協和音が生じる。一枚岩の結束を誇っていたはずのキントリは、一体どうなってしまうのか!? ■『緊急取調室』隠しURL動画 http://makabeyukiko.jp ...more
カテゴリー:

【キントリ週報】おじさまトリオのスイッチはどこにある? - 05月25日(木)05:15 

毎週木曜夜9時から放送中の天海祐希主演ドラマ「緊急取調室」(テレビ朝日系)。 【写真を見る】小日向文世は「若い女の子が2人くらいいたら違っていたかも」と爆弾発言!? 希代のヒットメーカー・井上由美子が紡ぐ難解でスリリングなストーリーに加え、天海、田中哲司ら実力派俳優勢ぞろいのレギュラーメンバーたちと一癖も二癖もある狡猾(こうかつ)な被疑者ゲストたちとの演技合戦も話題を呼んでいる。 前回第5話では、女優志望のAKB48・入山杏奈がゲストで出演。物語のキーパーソンとなる旅行会社の新入社員・福永絵梨を好演し、演技派俳優たちの芝居合戦の中でもきっちりと爪痕を残した。 本作で天海の脇をガッシリ固めているいぶし銀の俳優“おじさまトリオ”小日向文世、大杉漣、でんでんの3人によるコメントと共に見どころを紹介する、WEBサイト「ザテレビジョン」オリジナル連載【キントリ週報】。 今回は5月25日(木)放送の第6話の見どころと、おじさまトリオの本番への“スイッチ”について聞いてみた。 ――いつもお喋りが絶えないとのことですが、本番へのスイッチはどう切り替えられていますか? 大杉:僕はここ(右肩)にありますよ、スイッチ。 一同:(爆笑)。 大杉:コヒ(小日向)さんはどこにあるの? 小日向:え~!? どこかなあ(笑)。 でんでん:おっ? みんな場所変わったのかな? 俺も変えようかな~。 一同:(爆笑)。 大...more
カテゴリー:

天海祐希主演『緊急取調室』に存在する“隠し動画”が「和むなぁ」と話題に - 05月24日(水)23:56 

天海祐希が主演するドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00〜)で、ある“秘密動画”の存在がインターネット上でも話題となっており、この度その動画の再生数が1万PVを突破したことがわかった。この作品は、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる刑事ドラマだ。同ドラマには公式サイトとは別に、秘密ページが存在する。そのページとは、第3話(5月4日放送)と第5話(5月18日放送)の劇中で映し出されたURL「makabeyukiko.jp」に飛ぶと、閲覧できるものだが、サラリと画面に映り込むような形で表示されたURLだったため、なかなか見つけにくいにもかかわらず、敏感なキントリファンが続々とこのページを訪れ、今週月曜にはついに1万PVを突破。SNSでも反響を呼んでいる。反響の理由は、このページのみで見られる特別動画の内容だ。それは「ある日、キントリスタッフは天海さんとおじさまたちに1つのお願いをした」というテロップから始まり、天海、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世がドミノに挑戦するといったもの。部屋の中に大がかりなドミノを並べ、美しく倒そうと、わちゃわちゃする7人の姿が収められている。リーダーシップをバリバリ発揮する天海、...more
カテゴリー:

水川あさみ・椎名桔平、本人役で出演 テレ東・深夜ドラマ『居酒屋ふじ』 - 05月27日(土)14:00 

 テレビ東京で7月から放送される土曜深夜の連続ドラマ『土曜ドラマ24 居酒屋ふじ』(毎週土曜 深0:20~0:35)の第3話に女優の水川あさみ、第5話に椎名桔平が、それぞれ本人役で出演することが明らかになった。 【写真】第1話は本人役で篠原涼子が出演  同ドラマは、俳優の永山絢斗と大森南朋がダブル主演。東京・中目黒に実在する店「居酒屋ふじ」の店主で、2014年に亡くなった“おやじ”の半生を描いた同名小説『居酒屋ふじ』 (講談社)を原作に、役者を目指すも挫折しかかっている若者・西尾栄一(永山)が、大森(本人役)をはじめ、実名で登場する店の常連たちの語る言葉や、“おやじ”が残した逸話に刺激を受けながら、夢を追い始める姿を描くヒューマンドラマ。第1話には篠原涼子が、第2話には大杉漣が本人役で出演する。  水川は第3話で、週刊誌の記者に「熱愛してますよね?」と追われる中、店に逃げ込んでくる。「現場は、とても良い空気で皆さんが迎え入れてくれたので居心地が良かったです。本人役は2度目なんですが、今回は水川あさみ役であり、そうでない部分もあるので、せりふとせりふの間を自然に埋めるように話すことを意識しました。せりふで難しいところがあったのですが、言えた時はみんなでハグして喜びました」と見どころに言及した。  椎平は「ふじ」に約30年前に実際訪れたこともあるといい、「役者の道を選んで間もな...more
カテゴリー:

天海祐希とおじさまたちの隠し動画がSNSで話題に! キントリメンバーがドミノで大はしゃぎ!? - 05月25日(木)07:00 

ドラマ「緊急取調室」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の劇中で映し出されたURLから閲覧できる特別動画が話題となっている。 【写真を見る】恭子(鶴田)によって有希子(天海)は感情とペースをひどく乱されてしまう!?/(C)テレビ朝日 その動画のURLとは、既に放送済みの第3話と第5話で画面に映り込むような形で表示された「makabeyukiko.jp」。なかなか見つけにくいURLだったにもかかわらず、発見したキントリファンが続々と動画サイトを訪問し、ついに5月22日には1万PVを突破した。 気になる動画内容はというと、「ある日、キントリスタッフは天海さんとおじさまたちに1つのお願いをした」というテロップからスタート。そして、天海祐希を筆頭に、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世が登場し、なんとドミノに挑戦することに。 一同は、部屋の中に大がかりなドミノを並べ、美しく倒そうと、わちゃわちゃする7人は必見だ。ドラマさながら、リーダーシップを発揮する天海と少年のように無邪気にはしゃぐおじさまたちに、何度も見たくなること間違いなし! 特別動画では、チームワークバッチリなキントリメンバーたちだが、25日に放送される第6話では分裂の危機が到来する。キントリメンバーは、女性顧客が3人も自殺しているネイリスト・茂手木恭子(鶴田真由)の取り調べを実施。ところが、恭...more
カテゴリー:

天海祐希主演『緊急取調室』に存在する隠し動画が「和むなぁ」と話題に - 05月25日(木)07:00 

天海祐希が主演するドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系列、毎週木曜21:00〜)で、ある“秘密動画”の存在がインターネット上でも話題となっており、この度その動画の再生数が1万PVを突破したことがわかった。この作品は、天海演じる叩き上げの取調官・真壁有希子が、警視庁の取り調べ専門チーム「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」のメンバーとともに、数々の凶悪犯と一進一退の心理戦を繰り広げる刑事ドラマだ。同ドラマには公式サイトとは別に、秘密ページが存在する。そのページとは、第3話(5月4日放送)と第5話(5月18日放送)の劇中で映し出されたURL「makabeyukiko.jp」に飛ぶと、閲覧できるものだが、サラリと画面に映り込むような形で表示されたURLだったため、なかなか見つけにくいにもかかわらず、敏感なキントリファンが続々とこのページを訪れ、今週月曜にはついに1万PVを突破。SNSでも反響を呼んでいる。反響の理由は、このページのみで見られる特別動画の内容だ。それは「ある日、キントリスタッフは天海さんとおじさまたちに1つのお願いをした」というテロップから始まり、天海、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、でんでん、大杉漣、小日向文世がドミノに挑戦するといったもの。部屋の中に大がかりなドミノを並べ、美しく倒そうと、わちゃわちゃする7人の姿が収められている。リーダーシップをバリバリ発揮する天海、...more
カテゴリー:

東山紀之演じる刑事・天樹悠ら7人のスペシャリストたちが再集結! - 05月25日(木)05:00 

テレビ朝日系の水曜夜9時枠で、7月より東山紀之主演ドラマ「刑事7人」の第3シリーズが放送されることが決定した。 【写真を見る】高嶋政宏演じる沙村康介は、警視庁捜査一課12係の長として、第11方面本部準備室を指揮する/(C)テレビ朝日 同ドラマは、2015年7月クールに第1シリーズ、2016年には第2シリーズを放送。東山紀之演じる刑事・天樹悠を中心に、個性的なスペシャリストたち7人が、難解な刑事事件に挑んできた。 第3シリーズでは、「おまえらにはまだ、やってもらわなければならない“でかい仕事”が残っている」という謎の言葉を漏らし、「別動捜査隊」を解体した刑事総務課課長・片桐正敏(吉田鋼太郎)が自ら室長となり、犯罪が激増する東京臨海エリアを専従捜査する“最強の別動隊”「第11方面本部準備室」を発足する。 警視庁捜査一課12係時代の部下だった天樹(東山)をはじめ、12係に今も所属する沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、未来犯罪予測センターの山下巧(片岡愛之助)、法医学教室教授・堂本俊太郎(北大路欣也)が再び集結し、“シリーズ最強の敵”との戦いに身を投じていく。 第3シリーズでは、主人公・天樹の衝撃の過去が明かされる。12年前に、臨海エリアの一角で事故死したとされていた天樹の妻・清と娘・聖。妻子を一度に失くした天樹は心に深い傷を負ったまま、事故の詳細は一切語られる...more
カテゴリー:

上田誠、喜安浩平、福原充則ら11人の劇作家が描く“人生最悪の一日”をドラマ化 - 05月23日(火)10:52 

古田新太と小池栄子が、テレビ東京系列にて7月よりスタートする新ドラマ『下北沢ダイハード』(毎週金曜24:12~)の案内人を務めることがわかった。本作は、小劇場の聖地・下北沢を舞台に“人生最悪の一日”をテーマにしたパニック・コメディー。毎回、設定も登場人物も変わる1話完結型のコメディー・ドラマを、11人の劇作家がオリジナリティー豊かに書き下ろす。また、総合演出は、Perfumeや星野源ら人気アーティストのミュージック・ビデオをはじめ、ドラマ『かもしれない女優たち』の演出や、『カルテット』のエンディング映像などでも知られる関和亮。その他、スミスや山岸聖太など、ミュージック・ビデオ業界で超人気のクリエイターたちが演出を務める。そして案内人となる古田と小池が演じるのは、町のうらぶれたスナックの常連客と店のママ。オファーを受けた際の感想を聞かれると、古田は「さすがテレ東、うまい具合に考えたな。安くて面白いが一番」と答え、小池は「チャレンジングな企画に呼んでいただけるのは興奮しますね。色の違う11本の作品の良いスパイスになれるよう頑張りたいです」と意気込んだ。また、舞台となる下北沢にゆかりのある古田と小池。「おいらはほぼ毎日いるからね。ロケ地が全てわかるでしょ。絶対に聖地にならない所を狙って欲しいですね」(古田)「古いものと新しいものが絶妙に入り混じっている下北沢ですので、この町の不思議な空気...more
カテゴリー:

もっと見る

「大杉漣」の画像

もっと見る

「大杉漣」の動画

Wikipedia

大杉 漣(おおすぎ れん、1951年9月27日 - )は、日本の俳優タレント。本名は大杉 孝徳島県小松島市出身。明治大学中退。身長178cm、体重72kg。血液型はB型。ザッコ所属。

来歴 劇団活動との出会い

1970年代に人気を呼んでいた、蜷川幸雄寺山修司唐十郎らの演劇に通い、1973年、雑誌新劇に掲載されていた太田省吾の記事に感銘を受け、太田の劇団員募集広告に応募し研修生として採用される。同年6月、22歳で別役実作品門の「娼婦を買いに来る客A」役で舞台デビューを果たした。1974年、太田省吾が転形劇場を創設するにあたって初期メンバーとして参加。台詞なしに静かに舞台を歩んで演じる「沈黙劇」を原点として、舞台俳優としての本格的な活動を始め、転形劇場での活動に打ち込み全公演...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる