「大文字」とは?

関連ニュース

ピクスタンプ、アルファベットを入れ子構造にデザインする印鑑「ILECO」の受注を開始 - 04月18日(水)10:15 

「ILECO」 さまざまなオリジナル書体の印鑑を取り扱っているオンラインショップ「ピクスタンプ」で、オリジナルデザイン印鑑「ILECO」の注文受付が、2018年4月17日(火)に開始された(https://picstamp.net/?pid=130575112)。名前のアルファベットを順番に前の文字の中に収めていく入れ子構造のデザイン。認印としてはもちろん、銀行印としても使用できる(銀行印としての使用の場合には念のため利用している銀行へ事前に要確認)。 「ILECO」は、まるでマトリョーシカのような構造のユニークなデザインの印鑑だ。デザイン確認対象商品とされており、注文の際に備考欄に「デザイン確認希望」と記入すると、デザイン案が仕上がり次第でメールにてデータが送られ、確認済みの返信メールを受けてから印鑑の作成に取り掛かる。 文字のみで構成され、シンプルかつ記号的でグラフィカルな印影となることが特徴。アルファベットは大文字と小文字に両対応している。注文時には、まず印材とサイズを選択。印材は、薩摩本柘 / アカネ / 黒水牛 / 認印 10mm / 認印 18mmから選べる。提供されているサイズのバリエーションのうち、銀行印として登録できるのは12×60mm、13.5×60mm、15×60mmの3種類。名前の文字が多い場合は、内側の文字がどんどん小さくなるため、大きめの印材が推奨されて...more
カテゴリー:

郵便とAmazonの関係を非難したTrumpは米郵政公社の徹底調査を命令 - 04月15日(日)19:16 

大統領は昨晩(米国時間4/12)おそく、郵政公社(U.S. Postal Service, USPS)の評価を目的とする大統領令を発行した。その命令は、郵便サービスを“財政的に持続不可能”、と呼び、“特別調査団によるUSPSの財務と運営の徹底的な評価”を求めている。 Trumpはかねてから、郵便を標的にしてきた。その最初の攻撃的ツイートは2013年にさかのぼり、そのとき彼は、土曜日の郵便配達を廃止する計画を嘆いた。しかし最近では、郵便サービスは彼のAmazonに対するひたすらな攻撃の砲火を浴びてきたようだ。 12月にTrumpは、再びUSPSをTwitterで攻撃し、“1年に数十億ドルを失っているのに、Amazonなどに請求する荷物の送料があまりにも安く、Amazonをより裕福にし、郵便局をますます貧しく無力にしている”、と述べた。 ただしもちろん、AmazonとUSPSの関係は、それほど単純明快ではない。 The New York Timesが言っているように、この大統領令はAmazonを名指ししてはいないが、しかしTrumpはこれまで、このオンラインリテールの巨人への攻撃を日に日に強めてきた。その怒りの多くはファウンダーのJeff Bezosに当てられたもののようで、彼はたまたまThe Washington...more
カテゴリー:

セキュリティ担当者「パスワードの月1変更に対応できない社員、危機意識低すぎ!」→炎上 - 04月15日(日)02:08  news

インターネットで、「パスワードを覚えられない危機意識の低い社員が多いことに唖然とする」と、 セキュリティ担当者の怒りの投稿が炎上ぎみの騒ぎを起こしている。 「何様のつもり」「やり過ぎ」という批判だけでない。じつは最近、「パスワードの変更は不要」という潮流になっているというのだ。 話題のきっかけは、女性向けサイト「発言小町」(2018年3月11日付)への投稿。 会社の情報システム部門でセキュリティ対策のマネージメントをしているという人が、セキュリティ強化のため、 「3か月に1回だったパスワード変更を1か...
»続きを読む
カテゴリー:

タイピングに不慣れな人がやりがちな失敗 - 04月11日(水)12:00 

タイピングにまだ慣れていないのに、無理をしてタッチタイピングに挑戦しても、うまくいかないかも。単純なタッチミス以外に、さまざまな失敗をすること必至です。不慣れな人がやりがちな「タッチタイピングの失敗」について、ヒトメボ読者に聞いてみました。 ブラインドタッチがうまくできない苦悩あるある ●CapsLockを押していきなり英文字になり混乱 「Siftを押そうとしてCapsLockを押してしまい、アルファベットが大文字になってパニックになった」(千葉・25歳女性) それまで調子よくタイピングしていて、いきなり大文字しか出なくなったら混乱しますよね。 ●Deleteを押そうとして混乱 「キーボードの種類にもよりますが、Deleteキーの周辺には別のキーが密集しているので、タッチミスをして予想外のことがよく起こりました」(東京・29歳女性) いきなり画面がスクロールしたり、ページの一番下に飛んだり、いろいろなことが起こります……。 ●電卓が連続で起動してしまい混乱 「Fキーの列に電卓を起動するキーのあるキーボードだったので、Backspaceを連打しているつもりで電卓ボタンを連打。画面が電卓だらけ……という失敗がありました」(東京都・31歳男性) あまりに同じ失敗をするときは、電卓キーを取っちゃうのもアリですよ。 ●突然文字がカタカナになってしまい混乱 「『無変換キー』...more
カテゴリー:

第581話 ファイル命名 - 04月10日(火)05:00 

ファイル名はやっぱり英語の方が安全かしら……、でもスペル間違いはイヤね……、大文字小文字とかスペースとかは……。
カテゴリー:

膨大な種類の漢字を網羅する中国語フォントを作成する方法とは? - 04月17日(火)08:30 

現在、私たちが見る文字の多くは手書きの文字ではなく、紙に印刷されたりコンピューターの画面に表示されたりする書体データの「フォント」です。フォントにはそれぞれ違う雰囲気を持った数多くの種類が存在しますが、数十種類の大文字と小文字で構成されるアルファベットなどのフォントと違い、最大で何万もの漢字を必要とする「中国語フォント」の作成には、多くの人々の並々ならぬ熱意が込められています。続きを読む...
カテゴリー:

【登山】実は迷いやすい「低い山」京都市近郊で遭難多発 高齢者が6割 - 04月15日(日)14:04  newsplus

 京都府内で山岳遭難事故が急増している。  事案を取りまとめる府警機動警ら課によると、昨年の発生件数(府警による認知件数)は前年の3倍以上、過去10年で最多の46件(56人)に上った。登山の専門家は、京都市近郊の比較的低い山に潜む特有の危険性を指摘。多発する遭難の背景や対策を探った。  好天に恵まれた3月31日、京都市左京区の大文字山(466メートル)の山頂近くは20人近い登山客でにぎわっていた。五山の送り火で「大」の文字のかがり火がたかれる火床周辺は樹木がなく、絶好の眺望スポットだ。  眼...
»続きを読む
カテゴリー:

「パスワードも覚えられない社員は危機意識低すぎ!」でネット炎上 専門家に管理のコツを聞いた - 04月14日(土)17:00 

会社のパソコンや銀行、アマゾンや楽天などの通販サイトに個人のスマートフォン...... 日常生活ではいくつものパスワードを使うが、全部覚えている人はどれだけいるだろうか。そのうえ、会社のセキュリティー担当から「定期的なパスワード変更」の指示が入ると...... インターネットで、「パスワードを覚えられない危機意識の低い社員が多いことに唖然とする」と、セキュリティ担当者の怒りの投稿が炎上ぎみの騒ぎを起こしている。「何様のつもり」「やり過ぎ」という批判だけでない。じつは最近、「パスワードの変更は不要」という潮流になっているというのだ。 何回もパスワードを変更するのは古い、変えないのが最近の潮流 話題のきっかけは、女性向けサイト「発言小町」(2018年3月11日付)への投稿。会社の情報システム部門でセキュリティ対策のマネージメントをしているという人が、セキュリティ強化のため、「3か月に1回だったパスワード変更を1か月に1回にする」と伝えたところ、社員から不満の声があがった。そればかりか、社員の中には2つのパスワードを使い回して交互変更している者もいて、「社員のセキュリティ感覚の低さは病気としか言えないレベルだ」と、悲憤慷慨した。 社員がパスワードを3回間違えるとログインできない設定にしているが、パスワードを忘れてパソコンの初期化を頼みにくる者が後を絶たない。「彼らは『紙に書かないように言...more
カテゴリー:

ドコモ、au、ソフバンの3キャリアがLINEに対抗するために新たなメッセージアプリを発表 ※格安SIM不可 - 04月10日(火)16:45  news

ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアが『LINE』に対抗するために新たなメッセージアプリ『+メッセージ』を 5月9日より提供開始する。 今までのSMSは最大全角70文字のテキストと絵文字を送受信が可能だったが、『+メッセージ』はドコモ、au、ソフトバンクの 3キャリアであれば文字数を気にすること無く携帯電話番号宛でメッセージや画像、動画の送受信が 可能となる(最大文字数2730文字)。 またスタンプや複数人での同時メッセージのやり取りが出来るグループも可能。 現在は3キャリアのみしか使うことができないが、将来的...
»続きを読む
カテゴリー:

【お空】一見オーロラのような、紫色の発光現象「スティーブ」 - 03月25日(日)20:49  newsplus

近年、夜空で紫色に発光する細いリボンのような現象がいくつか報告されている。「スティーブ」と名付けられた、オーロラとは異なるこの現象の発生プロセスが、市民科学者たちの協力も得て明らかになりつつある。 【2018年3月22日 NASA】 2016年7月25日の真夜中、カナダ・サスカチュワン州に住むアマチュア天文家Notanee Bourassaさんがオーロラを見ようと空を見上げたところ、紫色のひらひらとした細いリボンのような現象に出会った。オーロラを約30年間見てきた経験から、Bourassaさんはこれがオーロラではなく何か他のもので...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「大文字」の画像

もっと見る

「大文字」の動画

Wikipedia

大文字(おおもじ、capital letter, upper case) は、ギリシア文字やそれから派生したスクリプト(文字体系)で、文頭や固有名詞のはじめなどに使う大きな字形の文字である。本来は大文字のみで記述してきたが、筆記を簡単にするために角を丸めたりした文字から小文字が現れると、大文字と小文字がひとつの単語の中で混在して用いられるようになった。

大文字と小文字の区別があるスクリプトは、ギリシア文字、ラテン文字キリル文字アルメニア文字デザレット文字などである。グルジア文字のフツリ (Khutsuri) には大文字のみがある。

頭文字が大文字になる場合

単語の特定の文字(ほとんどは語頭の1文字だが例外もある)で大文字が使われるのは、次のような場合である。

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる