「大手旅行会社」とは?

関連ニュース

エボラブルアジア、台湾最大手のライオントラベルに国内航空券のOEM提供開始 - 11月15日(水)05:29 

エボラブルアジアは、台湾最大手旅行会社の雄獅旅行社(ライオントラベル)が運営するオンライン旅行予約サイトに、国内航空券のOEM提供を開始した。 台湾からの訪日客は2016年に400万人を超えており、リピーターが非常に多いことから、ライオントラベルを通じて国内航空券を販売することで、台湾からの訪日ニーズに応える。エボラブルアジアでは2016年9月にグローバル転回事業部を新設し、ベトナム子会社を通じて海外でのオンライン旅行事業の展開を推進している。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

ハナツアージャパン、東証マザーズに上場承認 - 11月14日(火)05:20 

東京証券取引所は、HANATOUR JAPAN(ハナツアージャパン)のマザーズへの上場を承認した。上場日は12月15日。 証券コードは6561、公募で100万株、引受人の買取引受により155万株、オーバーアロットメントで382,500株を売り出す。売り出し株の大半は韓国の大手旅行会社である親会社のHANATOUR SERVICEが放出する。 HANATOUR JAPANは2005年9月1日に設立。訪日外国人向けツアーの地上手配を中心とする旅行事業、貸切バス・免税販売店・ホテルなどの施設の運営を手がける。社員数は8月現在で170名。 仮条件決定日は11月27日、ブック・ビルディング期間は11月29日から12月5日まで、公開価格決定日は12月6日、申込期間は12月7日から12日まで。みずほ証券、SMBC日興証券、SBI証券、岩井コスモ証券、エース証券、岡三証券、極東証券が元引受取引参加者となる。
カテゴリー:

訪韓客誘致へ 日本旅行大手10社のトップ招待=韓国観光公社 - 11月07日(火)13:07 

【ソウル聯合ニュース】韓国観光公社は7日、JTBなど日本の大手旅行会社10社の社長を10~12日に韓国に招待すると伝えた。  萎縮した訪韓観光市場を活性化させ、日本
カテゴリー:

「大手旅行会社」の画像

もっと見る

「大手旅行会社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる